2009-09-10

国の予算の仕組み

民間ならAという部署から出た予算要求40,B50,C10を,経営判断でA50,B30,C30と組換える。

国はAという部署から出た予算要求40,B50,C10を,前年度実績で適正かどうかを判断する。

となると,どうなるか。

A 今年40あるー!!

40を20でできちゃったー!!

おれエライ!!

残りの20でもっとするぞー!!

B 今年50あるー!!

50を30でしちゃったー!!

余った20で,豪遊だー!!!(海外調査)

あ,25かかっちゃった!!

C 今年10しかないー!!

仕事は50あったけど,10でなんとか20をしたよー!!

来年で残りの30だー!!

予算要求

A 40で80の効果をだしたよ!!

だから,来年も40ちょーだい!!

B 50で55(35は無駄)したよ。

だから,来年は60くれよ!!

C 10で20したよ。

残りは30あるし,30ちょーだい!!

財務省

Aは40でできるんだから,今年は20で40のことやれよ。

Bはじゃあ前年とおりの50で,がんばって。

C はあ?10でなんとかしろよ。

余った20は俺たちが使うから!!(タクシーチケット!)

だから,必死にみんな使い切るのである。

なので,こう変えたらいい。

Aはえらい。40で80できるなんて!!

今年は50にするから,100にして!!

Bはしね!!ふざけてんじゃねーぞ!!

てめーらは30でやってろ!!

Cが30の仕事あるのはわかった。

とりあえず,20に増やすし,がんばって30の実績あげて!!

ということで,余らせて,きちんと事後評価して実績をあげたら,増額って仕組みにすりゃーいい。

それだけで,かなり予算は効率的になりますよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん