2009-06-18

陵辱ゲーム規制がなぜまかり通るのか

凌辱ゲーム規制問題の整理

【下地】

日本国内にエロゲ全般に嫌悪感を持つ層の存在議員を含む)

日本ユニセフ毎日新聞の「日本先進8カ国で唯一児童ポルノ単純所持規制していない」報道

【あらまし】

イギリスでおきた殺人事件の犯人が過激なポルノを多数所持

ポルノ規制する署名活動に3万人が署名

2008年イギリスのキース・ヴァズ下院議員強姦ゲーム存在する」←「ないだろ」

Amazonで購入可能な「レイプレイ」を発見。「存在するじゃないか!」

イギリス日本は慎みたまえ」

まとめようと思ったけど力尽きた。

いくら表現の自由侵害されると崇高なことを言っても、

「お前も凌辱もの好きなんだろ」と思われる。

思われてもいいんだけど、それが「よくないこと」だという認識のもとで判断される。

おおっぴらに規制に反対しようとすると、その人の性的趣向が疑われ、人格が貶められることになる。

この構造が本当に理解されない限り、個人で楽しむ性風俗はいつか淘汰されるだろう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん