2009-05-23

差別と区別

差別と区別は紙一重

そのボーダーラインは非常に曖昧なものであり、主観的なもの

一例を出そう

「この仕事は大変だから、女性のAさんより男性のBさんにやってもらおう」

ちょっと考えれば分かることだが、仕事の内容については言及していない

もし、「この仕事」が力仕事であれば、差別ではないと判断する人が多いのではないか?

男は力仕事をするべきで、女は力仕事をするべきでない

これは差別か区別か

実は、差別かどうかというのは、なぜそうなるのかという要因で判断しないといけない

その要因が理解できないと、差別と受け止められやすくなる

  • http://anond.hatelabo.jp/20090523232010

    力仕事だとしても差別じゃないかな Aサンのほうが力があるから任せるって事なら差別じゃないと思う 性別によって一律に決め付けて個性を見ないのはやはり差別 黒人や女性のIQの平均...

  • 区別と差別の混同を防ぐための、3つのこと。

    防ごうとしてもなかなか問題を根絶できないのが差別だと思う。 区別しているつもりで差別してしまっているかもしれないと意識すること。 当事者から、「不当な扱いだ」と言って...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん