2008-11-24

[]PARの書式

Action Replay DS(PAR)の書式を少し調べてたのでメモ

調べ切れてないのはあとで調べる。

単純書き込み

2XXXXXXX 000000YY
アドレスXXXXXXXに1バイトYYを書き込む
1XXXXXXX 0000YYYY
アドレスXXXXXXXに2バイトYYYYを書き込む
0XXXXXXX YYYYYYYY
アドレスXXXXXXXに4バイトYYYYYYYYを書き込む

条件分岐(32ビット)

3XXXXXXX YYYYYYYY
YYYYYYYY > XXXXXXXが真ならばD0D2まで実行する
4XXXXXXX YYYYYYYY
YYYYYYYY < XXXXXXXが真ならばD0D2まで実行する
5XXXXXXX YYYYYYYY
YYYYYYYY == XXXXXXXが真ならばD0D2まで実行する
6XXXXXXX YYYYYYYY
YYYYYYYY != XXXXXXXが真ならばD0D2まで実行する

条件分岐(16ビット+マスク)

7XXXXXXX ZZZZYYYY
YYYY > ~ZZZZ & WORD [XXXXXXX]が真ならばD0D2まで実行する
8XXXXXXX ZZZZYYYY
YYYY < ~ZZZZ & WORD [XXXXXXX]が真ならばD0D2まで実行する
9XXXXXXX ZZZZYYYY
YYYY == ~ZZZZ & WORD [XXXXXXX]が真ならばD0D2まで実行する
AXXXXXXX ZZZZYYYY
YYYY != ~ZZZZ & WORD [XXXXXXX]が真ならばD0D2まで実行する

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん