2008-10-07

胸に脂肪移植手術の記事

http://www.asahi.com/national/update/1007/TKY200810070171.html

胸に脂肪移植少女死亡 過失致死容疑で医師書類送検

 中学3年生だった少女(当時15)に胸の脂肪移植手術を行い、経過観察を怠った結果死亡させたとして、警視庁は7日、東京都渋谷区の「○○○整形外科医院」の○○○院長(66)=世田谷区=と元准看護師(29)=盛岡市=を業務上過失致死の疑いで書類送検した。同庁によると、2人とも容疑を認めているという。

 捜査1課によると、院長らは06年3月24日午前10時半ごろから午後1時半ごろにかけ、東京都日野市少女に、太ももから吸引した脂肪を胸に移植する手術を実施。手術後、鎮痛剤などを投与した。少女は同日夕、薬の副作用で窒息状態などに陥り、午後7時ごろ死亡した。

 同課は、院長らが術後に、血圧や脈、体温などに異常があった際に検知する機器を装着せず、経過観察も怠ったことが死亡につながったと判断した。院長と元准看護師はいずれも「安易に考えていた」と供述しているという。

この記事から「この少女病気を治すために手術を受けた」という正しい情報を読み取らなければならないのですが、自分は、他の記事を読むまで、そうまでして胸を大きくしてどうする?、と誤解したままでした。

読解力がなくて本当に申し訳ない。皆さんはだいじょうぶでしたか?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん