2008-04-04

哲学者梅原猛って、大川隆法江原啓之

朝日新聞の記事。檀ふみとの対談で。

http://www.asahi.com/kansai/kokoro/taidan/OSK200803070003.html

 檀 能に夢中になっておられるそうですね。

 梅原 ええ。2年ほど前から世阿弥の霊がどうも乗りうつってきたようなんです。40代の時は、聖徳太子柿本人麻呂の霊がきて「隠された十字架」「水底の歌」を書いたんですが、私は間もなく83歳ですからねえ(笑)

 梅原氏のところに、霊が、霊が来ている!

 ってか、こんなオカルト記事をよくも載せたものだ朝日さん。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080404003048

    本人曰く、勝新太郎も役に合わせて先に逝った盟友を呼び寄せたりしてたらしいよ。 田宮二郎とか市川雷蔵とか。 まあ梅原さんが60歳若かったらこう言うことだろう。 「ネタにマジレ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080404003828

      ネタじゃなくて、マジだろ、これ。 梅原 実は今、親鸞についても研究しているんです。つまり親鸞の霊も来ています。今年初めにはエジプトにも行きましてね。古代エジプトの太陽の...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080404004318

        いやネタでしょ。 笑いの神が降臨してるとか、ゴルゴが乗り移ったとか言わない? つか、マジだったら基地外以外の何者でもないし。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080404003048

    哲学者とは言え、やはり宗教を語るとなると、霊とコンタクトとれるぐらいでないとダメなんだろう(笑)。 梅原さんと言えば「誤解された歎異抄」だな。 親鸞会のサイトhttp://kazoku.sub....

  • 何これ?

    http://koerarenaikabe.livedoor.biz/archives/51156468.html http://d.hatena.ne.jp/kagami/20080404#p1 http://anond.hatelabo.jp/20080404003048 最近、こういうノリが流行ってるの?

    • http://anond.hatelabo.jp/20080404140857

      そのうち、アイロニーや比喩などが全く理解できない時代になるのかもな? 昔読んだ短編SFで「ハートを奪われた」とか「視線が宙をさまよった」なんて表現が理解できず、宇宙人の...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080404142651

        P・K・ディックだね。 「肩に手を置いた」という表現に「コイツの手は着脱可能なのかよwwちょwwwこえぇ」みたいに 恋愛小説を読んでその比喩表現にいちいち全力で戦慄し、宇宙...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん