2007-11-19

もう、会えないのなら。

大きなエネルギーが砲塔に収束している。

照準は地球

あと30分でメガ増田くらっしゃーが発射され、地球は崩壊する。

私を見捨てた人を許さない。

寂しかった私を癒すものは何もない。

たった一人の彼でさえも、地球のために私を裏切った。

今だからこそ、何の躊躇もなくこのスイッチを押すことができる。

人は私と私の大切なものを引きはなした。

この宇宙に私の大切なものは無い。

人は私の大切なものを届けようともしなかった。

もう二度と、大切なものはこの手に入らない。

ならば、いっそ、地球を壊してしまえ。

邪魔をするものも全て、壊してしまえ。

スイッチ押した瞬間、まばゆい光とともに地球燃え尽きた。

私は胸からぐっとこみ上げて来るものをこらえた。

悲しんでいる?なぜ?

もう、二度と会えないとあきらめたはず。

何日も、何日も涙を流して、決意したはず。

それなのに、どうして?

目の前でばらけていく地球のかけらを見ながら私はつぶやいた。

「さようなら、私の大切な、、、大切なバナナ

果物の王は、この世から完全に消え失せた。

喪失感だけが後に残った。

私はブリッジを後にした。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん