2007-10-20

無題

夜の冷たい風を突き抜けるようにエンジンをふかせば、

分厚い手袋の上から突き抜けてくる寒気に手はかじかんだ。

どこまで走っても見えないゴール。

僕はまっすぐな道を延々と走り続ける。

エンジン音と風を切る音だけが、目の前以外に感じとれる唯一の世界

白いはずの吐息を白いと感じることなく、ただ風に流れるがままに漏らしていく。

時おり見える真っ白な街頭が方々に突き刺さり、僕が往くべき道を照らしている。

しかし道は暗く、かじかんだ手が一層アクセルを緩めさせる。

気がつけば自動販売機の前で僕は止まっていた。

おもむろに財布から硬貨を取り出しては、自動販売機に投入していく。

まいどー」という、いかにも気の抜けそうな声。

僕は温かいココアを買い、かじかんだ手に温もりを取り戻すことにした。

手袋を外した手であつあつの缶をそっとつつみこむと

ふわっと両手にぬくもりが戻っていく。

プルタブを引き、少しずつ少しずつ、

あたたかいココアを口へ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん