2007-07-25

Re: http://anond.hatelabo.jp/20070725143440

それは被害者加害者が極限状態で長い時間を共に過ごし、

さらに加害者が予想外に紳士的であったり友好的であった場合のことであって、

快楽レイプ犯に対してストックホルムシンドロームが発生するというのは考えにくいんじゃないかなあ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん