「刷新の会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 刷新の会とは

2015-09-30

おおさか維新の会はつくれない

昨日、維新の党内で協議が行われ、大阪組は分党要求するもの執行部はこれを拒否、話し合いは平行線に終わった。大阪組は昨年、結いの党との合流をめぐって石原一派(次世代の党)と分党をした経験があるので、同じようにいけるだろうと甘く見ていたのかもしれない。

カネをめぐる離婚協議

すでに報道等でご存じの通り、この分党騒動はお金問題だ。いわゆる分党手続的には分派維新の党を解散して維新の党とおおさか維新の会を新設)をすることで大阪組にも10月から政党交付金が入る。いっぽうで維新の党分党せず、大阪組が離党しておおさか維新の会を作った場合、この新党には来年4月まで政党交付金は入らない状況に陥る。さらに受け取れる金額も分党した場合の半分になる。だから維新の党執行部は「大阪組はでていけ(離党しろ)」といい、大阪組は「執行部は分党に応じろ」という構図になる。

カネ以外の問題

お金以外にも大きな問題が出てきた。分党をしないと橋下さんが既に公表している新党名称「おおさか維新の会」はできない。これは既存政党名称保護されているため、法的に「維新の党」に類似する名称は使えない。橋下さんは「おおさか」は新党名称に使うと公言している。だから維新」が使えなかったら、おおさかの会?おおさか刷新の会?なんだかピンとこないような。

大阪組のタイムリミットは迫っている。11月22日大阪府知事大阪市長ダブル選の前に新党を作るなら、10月中に大阪組の国会議員分党協議をまとめるなり、離党するなりしないといけない。ただし首長ダブル選は国政の新党ではなく地域政党大阪維新の会」中心でやるだろうから分党協議を最悪12月まで引っ張ることもできる。それでもリミットは今年の12月までだ。(1月1日政党交付金基準日だから。)

さて、橋下さんは10月1日維新の党代表選告示に合わせて新党記者会見をする予定だったが、これはどうなるだろう。あるいは代表選大阪組がでて、代表を奪還してから分党を進めるというのも大阪組にはとれそうだ。

まずは明日に注目。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん