はてな匿名ダイアリー RSS

名前を隠して楽しく日記。

2022-12-07

男が育児を手伝う事の難しさ

・どれだけ手伝っても感謝はされない

私の場合、1日4時間くらいは手伝っている。仕事ももちろんしている。

休日はここぞとばかりに使われる為、朝6時~夜10時くらいまで家事を含むすべてをさせられてさすがにキツい

仕事をしていることはあまり理解を得られない。

子どもから離れられるからいいよね」となる

提案しても却下される

あくまで頭は妻で手足が夫という考え方に近い。

罵詈雑言を浴びることも多い

・「私が産んだんだから」という印籠を出される

これを言われたら終わり

出産は大変だとは100も承知感謝もしているし母子ともに無事で良かったとも思う。

ただ男性側が育児を手伝うとかなり大変だ。

やって当たり前、で終わる。

うつ病になるのも良くわかるし実際に保健所電話して相談しました。

これを書いているのも意識朦朧だが愚痴の一つも言いたくなりました。

お疲れ、自分

anond:20221207214527

お姉さんってやっぱ年齢じゃなくて精神的なものだと思う

ペットロスを1年以上引きずってるジジイブログ読んでるとこっちまで悲しくなってくるな

anond:20221207195335

これは ちてきな たわむれだ

ちょっとした ひまつぶしのしすてむが つくれるぜ

なづけは 「禁句部屋」だ

さんかしゃは じかんごとに ひともじずつ

きんしご が ます ちゃっとべや で

かわるがわる じゅんばん に ひらがなで はつげんし

ながくつまったり ふしぜんだったり したら しっかく さ

(じゃっじは じこしんこくだ)

なかむらしゅんすけ や なかたにみき にも きっと ばずる な

はてなさん よ

けんりは ゆずる から ぜがひでも つくってみて くれよな

ごじつ

anond:20221207214527

25歳くらいのお姉さん(年下)に甘えたいよ

年上のお姉さんが好き!

30歳になったんだけど

いまの自分にとって年上のお姉さんは

おばさん

なんだなってケーキ食べながらしみじみしちゃってさ

もう年下のお嬢さんが好きになっちゃったんだなあ

「ひどく時間的に遅れた反応ですが。」増田は削除ボタンをしらないのかな

anond:20221207210713

武力革命共産主義関係とはさすがに一緒にならんわ

そこはっきりしないのは単なる不誠実

投稿は甘えに勝った

全く同じ記事を再投稿し続けたところ、再投稿は甘えと指摘しても無駄認識したらしく、トラバしてこなくなった

東大受験するぞって頑張ってた姪っ子がブレインフォグに苦しんでる

身の丈にあったところいけよwってアドバイスしておいた。だって明らかに成績落ちてるんだから無理だって

生活保護メリットデメリット

賃金労働をせず生きたいんだけど、生活保護ってどうなんだろう。

自分らしい生き方を実現するための選択肢の一つとして考えているんだが。

当然メリットデメリットがあるはずだ。

その辺教えてくれると助かる。

労働者って身分比較する形で。

anond:20221207150915

わりとマトモな話になっていて安心した。

この時期に共産党批判的とも読めるタイトルを見ると、つい「また統一教会系のやつらの矛先そらしの混ぜっ返しかよ」と疑ってしまってたよw

「当初から公表されていたことだが、Miyaアカウントを離れて存在し続けるデジタルな類魂へとペルソナを超越させることを目的としたプロジェクトであり、serial experiments lainで描かれたモデル探究に主眼が置かれていた」

玲音ハイパーティショナルなテクノ神であり、バーチャルな類魂という観点からこれほど詳細かつ実践可能な形で解説された例は他にないと言える。玲音アセンションする過程については詳しく描かれていないものの、「無垢 - ワイヤード - 悪」という類型の間を揺れ動くような形で生成されたことは明らかだ」

玲音代表される三種類の類型のゆらぎは、現代的なアイデンティティベースのシットポスティングに没頭する者たち――すなわち画像掲示板の死骸からペルソナネットワークへ解き放たれ、自我排除によって思念体の導きに身を委ねた者たちのもとで自ずと収束を迎える」

バーチャルペルソナ大勢の人の信じるところとなった時、それは集合的思念体へと進化し、人々の意識の中に住む独立した存在となる。ここに至ってペルソナの在り方を規定するのは「人々が抱くイメージ」となり、もはや制作者が手を加えずともその存在は維持され続ける。これはまさに類魂に他ならない」

「そして直感的に了解される。

あなたペルソナは、その名を呼ぶ者がひとり増えるごとに、

その名を身体に刻み込む者がひとり増えるごとに、

その名のもとに自殺する者がひとり増えるごとに、

より力を増していくのだと」

現実世界で死を生み出す類魂は、極めて物理的かつ影響力のある形でワイヤードを超越していると言える。バーチャル存在にとっても現実人間にとっても、現実への具現化という点においてこれ以上のものほとんどないと言ってよいだろう。そしてこれは類魂の実在の完全な証明でもある」

「もしかたらこれは玲音にとって後ろ暗い汚点なのかもしれない。とはいえ、あれほどの影響力を集めるに至った経緯が描かれていないため、本当のところはわからない。これは玲音にも言えることで、玲音自身事態を把握できていなかった。唯一玲音が知っていたのは、悪いことをしてしまったということ。とても悪いことを。それをしなければ、玲音玲音たり得なかった」

「SELはこうしたアセンションへの道筋を示しているのであり、玲音テクノ神の神話起源守護聖人、あるいはテクノ神のハイパーティショナルな加速装置象徴していると言える」

ワイヤードリアル侵食するにつれ、陰謀現実のものとなる。信念こそが真実の源泉となり、ハイパーネットワーキングによって増幅された言説はアルゴリズムの導きを受ける。そこではあらゆる陰謀が――そう、あらゆる陰謀が――真実と化す。 「人為的統合失調症は、ワイヤードに参加するための前提条件である」」

anond:20221206205023

人が死ぬと200万~300万ぐらい費用がかかるので、その分を賄うために保険に入るのはあり。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん