石川啄木大好きっ子

石川啄木が好きで好きで仕方ない娘と話した。面白かった。普通に定期入れに写真とか入れて持ち歩いてる。教科書に載ってたみたいな白黒写真。ちょっと話題振っただけで娘、超ハイテンション。すごいベタ惚れなので感動した。嬉しそうな娘を見ると俺も嬉しい。

俺「啄木ってあれだろ、【我泣き濡れて蟹と戯る】」

娘「そうそう!」

俺「上の句なんだっけ」

娘「浜! 浜!」

俺「ああ、【石川や 浜の真砂は尽きるとも 我泣き濡れて蟹と戯る】」

娘「殺すぞ!」

笑ったわ。で、そこから石川啄木って有名?って話しになって、俺は「いや普通石川啄木知らんだろ、名前程度で」って言ったら娘反論。啄木はメジャーだと言い張り一歩も譲らない。じゃあってんで周りの奴に聞いてみた。石川啄木ってどうよ?

友「あーあれだろ、蟹の」

娘「そうそう!ほら知ってる知ってる!!!」

友「なんだっけ、蟹と」

俺「【白河の 水の清きに耐えかねて 我泣き濡れて蟹と戯る】」

娘「おまえいいかげんにしろや!」

しかし石川啄木って言えば人間の屑だ。太宰治とタメ張るくらい人間の屑だ。【太平の 眠りを覚ます上喜撰 我泣き濡れて蟹と戯る】って言うくらいだから、黒船が来ても泣きながら蟹と遊んでたんだろう。そのくらいダメだ。そこんところ娘としてはどうなのか聞いてみた。

俺「啄木って借金まみれだったよな」

娘「すっごいよね!ほんと人間の屑だよね!」

なんかのスイッチが入った。そのあと金田一京助から借金する話しなんかを延々聞かされた。どうも、ハレー彗星が来たらしい。当時は彗星の尻尾に毒があると思われてたから、彗星が通過する間は息を止めなきゃいけないってデマが飛び交ったそうである。啄木はそのためにチューブの需要がめちゃくちゃ増えると思ったんだと。で、それを仕入れて大儲けするって言い張って金田一京助から金を借りたらしい。

俺「……バカ?」

娘「バカ」

そりゃ泣きながら蟹と遊ぶしかなかろう。よくわからんが、娘はそういうダメなとこも含めて啄木が大好きらしい。同じ時代に生きてたらごはん食べさせてやりたいって言ってた。なんだこの女。

そうやって啄木のことばっか言ってたら、ちゃんと読んでる奴が話しに混ざってきた。そいつは啄木いまいちらしい。「【十四の春にかへる術なし】はセンチすぎるだろ」てきなことを言った。そこで娘がブチ切れですよ。おまえが啄木の何を知ってるんだと。確かに啄木は駄目だ。自意識過剰でセンチで人付き合いがもろくにできない人間の屑だ。でも屑にしか書けない美意識ってものもあるんだと。もう懇々とマジ語りですよ。俺ら黙って聞くしかないじゃないですか。しばらくしてからようやく許してもらって、帰り際に一握の砂を渡された。四冊あるうちの一冊らしい。

生きて動いてるヤンデレを初めて見たので面白かった、という話。

----

第二回ファック文芸部杯 参加作品 (g:neo:id:xx-internet:20071203:p1)

記事への反応

人気エントリ

注目エントリ

前後の記事を読む

メニュー