「web1.0」を含む日記 RSS

はてなキーワード: web1.0とは

2019-02-05

web1.0

そろそろweb1.0が再評価されてもいい頃だと思うんだよねえ

情報発信するだけならweb1.0の方がわかりやすくて軽い

阿部寛ホームページなんかも再評価されてるでしょ?

2018-03-04

スーファミミニ買ったんだけど、これに入ってるゲーム攻略とかコツググるWeb1.0な感じのページいっぱい出てきて懐かしいし楽しい

2017-02-13

インターネット上の文章レベルが落ちた

こんなこと言うと懐古厨とか言われそうだが、20年前のWeb1.0時代と比べて、明らかにインターネット世界文章レベルが落ちている。

具体名は書かないが、とあるメジャーとは言えないスポーツの日代表決定戦が先日あり、その内容を解説したコラムが某スポーツ雑誌公式サイトに書かれていた。

執筆者はその世界ではよく知られたライターであり、その人らしい、洞察に富んだ、かと言って煽動的でもない、かつボリュームの水増しもない、良質なコラムだった。判を押したような定型リライト記事ばかりのキュレーションサイトや、イケハヤちきりん等に代表される、無駄煽動的炎上狙いのブログサイトとは大違い。

しかし、読んでから気づいた。

2000年前後までのインターネットは、個人サイトでこのレベル記事を一杯見れたよね??」

今と違い、定型的な記事を書けるツールなんてない。

今と違い、キュレーションのパクり元に出来る公式サイトも揃っていない。

何かについて書きたい場合は、少なくともテレビ映像を見るか現地でライブで見た上で、本屋とかに行って専門誌に目を通して不足分を補完しないといけなかった。または、知人からフォローしてもらうか。

そして、ブロードバンドなんてないから、記事は出来るだけコンパクトにしないといけない。1ページあたり100KB未満が限度ラインとされていた。水増しなんてもっての外。

勿論、執筆対象には強い思い入れも持ち合わせていた。そうでなければ書けないからだ。

Web1.0時代は、これらの障壁クリアした素人ライターが一杯いた。彼らは報酬を求めなかった。アクセス数と、掲示板書き込みゲストブックの登録が増えることが報酬代りだった。

中には物理的な報酬を求める人も居るには居た。その代表例が、あのDeNA村田マリである彼女Web1.0時代異端児だった。

今、当時の素人ライター人達よりレベルが高いプロライターは何人居るのだろう?勿論、キュレーションに関わる1円ライターや、炎上ブロガー比較対象ですらない。

自分の手と足と目を駆使してネタ仕入れ、まとめ、想いを込めて発表する。これが出来てる記事割合が激減したのが、今のインターネット上のテキストである

今の姿しか知らないデジタルネイティブ世代は、ちょっと可哀想かも知れない。

2017-02-02

ナタリーの何がすごいのかわからない

ナタリー10周年 - natalie 10th anniversary

http://natalie.mu/10th/

これ。

ナタリーってモテキに出てきたりと「イケてるサブカルメディア」扱いされているけど、いったい何がいいのか分からない。

配信されるニュース公式発表ばかり。記事プレスリリースリライト

インタビュー独自に作っているけど、作品リリースに合わせて行われているから、レコード会社プロモの一つとして請け負っているだけだよね?

ここまで無味無臭公式発表オンリーサイトが、なぜこんなに支持されているのかわからない。

書いている人の顔が見えないから、読み物としても面白くない。たぶん、AIが書いていても誰も気づかないと思う。

アーティストファンだったらツイッターカウントフォローしているからわざわざナタリーリライトプレスリリースを読む必要ないし。

誰か何がいいのか教えてくれ。私にはWeb1.0遺産って感じがする。

2015-11-09

私の中のsds-pageさん

しばらくずっとbbsさんだと思ってた

アイコンがなんかweb1.0というかメガドライブっぽい

コメントは奇をてらうでもなく実に誠実で人柄が見て取れる

それ故にスターの数は今ひとつ伸び悩むけど意に介さないところが素敵

巡回する記事コメントの付け方もブクマするタイミングも似てておそらく考え方とか年齢とか生活環境が近いのだと思う

わたしのコメント最初スターをつけてくれることが多くて実は前から気になっていた

わたしおっさんだけどこの人にならあげてもいいと思ってる

2015-09-21

増田ブクマカーたちのアイコンを雑に文字表現する

http://anond.hatelabo.jp/20150920043545ブコメでwattoがアイコン言葉表現しようとして突っ込まれまくっていたのが面白かったので真似をする。

しかしpoipoichangのアイコンウサギじゃなかったのか。ハダカデバネズミなんて説明されなきゃわかんねーw

 

色系

FTTH 黒い人

xevra 赤い人

cloq 灰色の人

dd369 緑の人

kenchan3 白い人

Nihonjin 黄色い人

wacok 赤と黒の人

migurin 赤と青の人

guldeen 緑色黄色い人

hungchang 青くて黄色い人

kyuusyuuzinn 黄色と黒の人

quick_past 肌色の人

 

四角系

kash06 チロルチョコきなこ味

sds-page チロルチョコソーダ味

feita(2015/9/21現在) お菓子のおまけ

cider_kondo web1.0フレーム

u_eichi Excel95

 

人形

c_shiika 歯の出た人形

kutabirehateko 太った人形

ene0kcal アデランスのサンプル

megazalrock ナショナル坊や

 

実写系

hima-ari 裸電球

shields-pikes アルコール依存症

blueboy 白人

yoiIT 性別不明

uturi 磔刑にされた聖痕

akihiko810 シアンインク切れ

cyberglass サイバーグラス

 

マンガ絵系

orangestar 鉛筆描き風

nekora 1980年代

vlxst1224 厚化粧

wideangle 目しかない

kaionji 片目しかない

UDONCHAN 鼻がない

houyhnhm 口しかない

whkr 愛想がない

kyo_ju 胸がない

 

リアル絵系

kidspong 側頭部

suna_kago 側頭部

fusanosuke_n 側頭部

yas-mal 側頭部

itochan 側頭部

 

下手絵系

kaerudayo 子供に描いてもらったな

KIKUKO 子供に描いてもらったな

filinion 子供に描いてもらったな

inumash 子供に描いてもらったな

 

デフォもどき

death6coin いつのだ?

ysync いつのだ?

ohnosakiko いつのだ?

maidcure 上下反転

north_korea 左90°回転

hmmm 右90°回転

sharia 色調調整失敗風

neco22b コントラスト調整失敗風

straychef カラーコピー失敗風

uunfo ・_・ を足した

You-me オレンジ色の鉄槌が下る

gui1 なにがしたかったのかわからん

 

エンブレム

sny22015 月面写真

euda リエージュ劇場

Mukke 寺

 

文字

xKxAxKx け

ureyubo う

hidematu う

Lhankor_Mhy Y

m_yanagisawa Y

narwhal N

napsucks N!

garage-kid GK

KariumNitrate 我

KoshianX 狐

shinonomen 東

kashmir108 噠

Cujo 9

jt_noSke JT

kana-kana_ceo かな

lotus3000 ぬけられます

strange_dance 今日が駄目なら明日でも駄目。

 

動物

多すぎるのでパス

 

植物

いじりがいがないのでパス

 

始める前の期待を裏切ってちっとも面白くならないじゃないか!どうすんだこれ?

 

追記:

おば系

hyuki 怖くない

take-it 怖くない

lastline 怖くない

agathon 怖い

 

AA

TakamoriTarou T_T

John_Kawanishi ( ´∀`)

enderuku (凸)

taka_zyawa (・д・`)

rag_en *(’A`)

hatibuhaiker :(ノ’A`)>::(ヘヘ::

sthya __/      \/⌒   ⌒   \/(● ) (● )   ヽ| ⌒(__人__)⌒      |\   `⌒ ´     //\

2015-08-14

からラジオが好き。

郵便DM

1960年代郵便物が届くのが楽しみだった。おばあちゃんから手紙、孫からハガキ恋人からラブレター

     切手を集めたりする人もいた。

2000年代郵便の大半は広告とか請求書とか引き落としのお知らせとかだ。

テレビ広告コンテンツ劣化

1970年代テレビ面白かった。

1990年代テレビはつまらなくなった。

番組製作費の高騰で広告があふれ、内容が粗末になったからだ。

番組制作費の高騰の背景は、番組制作に直接寄与しない間接的な費用が増えることに一因がある。

独占的で特権的経営にもその原因がある。倒産する前の日本航空なんかと同じだ。

インターネット広告

1990年代から2000年頃、WEB1.0ネットはすごく面白かった。

2015年の今、一部を除いてネットは昔よりつまらなくなった。

広告コピペ通販サイトの数が飛躍的に増えたからだ。

機械的に検索上位のキーワードを並べたり、検索上位のサイトテキストを抜き出して並べて

広告得体のしれないコードを埋め込んだようなそんなWEBサイトが増えた。

広告効果測定とかSNSとかそんな直接内容と関係ないjavascript複数埋め込んだサイトが増えた。

WEB1.0時代には来訪者カウンターが読み込めないから本文が読めない、というようなナンセンスはなかった。

ラジオ広告

2015年の今でも、ラジオは内容に目新しいものはないが視聴体験は比較的快適だ。

NHK無料で聴けるのもありがたい。うるさすぎる字幕や「続きはCMのあと」というのもほとんどない。

からラジオが好き。せっかくいろんな技術があるんだし、他県のラジオも聴ければいいのにと思う。

2014-05-15

くそダサイ

会社ホムペがクソださい。

ホームページビルダーで作られたWeb1.0彷彿とさせるダサさ。

これでも、IT系会社なんだが。SIです。

作ってるシステムもクソださい。IEしか動かないし。

この前、プレゼンシンプルKeynoteで作ったら、手抜きと思われたらしく、

もっと装飾しろパワポでオートシェイプいっぱい使えとか言われた。

上の世代人間って昨今のデザインについてどう思ってんだろ。

自分会社システム使っててダサイって思わないのだろうか。

2014-04-04

崇高で理想的精神論啓蒙しているサイトによくあること

ありのまま自己受容」で会社組織で生きていけるものなんだろうか。

世間を離れた隠遁生活みたいなのをしている人が、よく「本当の人間関係とはこうあるべきでどうこう」という理想論を、ネット上でホームページなんか自力で(こういうタイプに限って出来合いのテンプレートを使わずweb1.0みたいなサイトである。)作って、とくとくと説いたりしているけど。

そういうサイトは、どんどん話がスピリチュアルで崇高な領域に行っちゃって、俗世間会社組織ママ友だののしがらみの中でもがいてる人をおいてけぼり

独身で何のしがらみもないところで、会社にも勤めず、一人で生きていくならそれでいいんだろう。

ある意味そういう生き方を割り切れない弱さのある人たちには、あんまり参考にならない。

ちょっとした慰めにはなるけどね、そういうユートピアな人も世の中にはいるのかもって。

2013-08-19

http://anond.hatelabo.jp/20130819022040

twitterもひどいデザインだ。

だいたい、tweet頻度が高い人が1人いるとタイムラインが全部一人でうまってしまう。

グループをつくって友達同士でやりとりするのなら便利だろうが、

デフォで全体公開なんだから、それはLineでやってよねと思う。

そして投稿した写真は一つ一つくりっくしないと見れないし、web1.0かよ。

アプリ使えって話なんでしょうけどね。

2013-06-09

あの頃のネット自然の中で秘密基地を漁ってるような感覚だった

http://anond.hatelabo.jp/20121209000955

自分ネットを始めたのは1999年で小3からだったけど、あの頃は自然の中で秘密基地を漁ってるような感覚だった。

特に個人サイトが消えてしまったのが哀しい。

個人サイトは、その個人がネットという世界表現したいリビドーが詰まっていたように見えた。

整理されていない雑多なサイト構成や、稚拙に濫用されたTABLEタグも、材木や廃品を用いたDIYによって作られたアジトみたいで楽しかった。

サイトを漁る時にはロボット検索エンジンは利用していたようにも思うが、登録型検索エンジンや、個人サイト同士のリンクから辿るのが主であり、それは草木の中で目当ての物を探す、面白い場所を求める冒険のようだった。

でも、気が付いたら、それまでとは異質で、均質な形をもった、ブログが目立つようになっていた。

つの間にかGoogleは、検索単語ダブルクオーテーションで囲まなければ、まともに使えなくなっていた。

Web2.0死語)の頃から、どんどん都市開発の波が押し寄せて、区画整理がはじまり個人サイト廃墟と化し、Infoseek楽天都市開発に買収されたまま打ち捨てられてしまった。

DIVタグにより整備されたサイト構成は、その見た目も、どこか没個性的無味乾燥としたものを感じるようになったと思う。

残ったのは画一的な建造物ばかりが建て並ぶソーシャルサイトブログWIKI都市圏で、そこではWeb1.0の頃よりも人間個人がクローズアップされるようになったけども、個人サイトは消滅した。自分は個人のウェブサイトとして作られ、サイト同士が繋がるネット上の表現物が好きだった。

あれだけ雑多で手作り感覚があった個人サイトは消えてしまったのに、個人サイト周りに巣食っていた、対人関係を消費するネットウォッチャーや、揉め事と言う名の床屋談義は、未だに息衝いているどころか、情報流通・蓄積を効率化していく流れに乗って、TogetterSBMまとめサイトを牙城に、ネットの娯楽として定着し、規模を肥大させたきらいすらある。

ネットにワクワクしないなら自分面白いのを探せ、作れ、本を読め、リアルに出ろ他のものに目を向けろ、というブコメ/TBが付いているけども、それは違う。

ネット以外でワクワクしても、ネットでワクワクしたかった感情とは関係がない。

自分2000年代前半までのネットが好きだった。

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書とかで語られるテキストサイト文化圏付近の諸処ではなく、それらについてはどうでもよく、全く無関係に、自分が見ていて、自分が好きだったインターネットの楽しさについて。

自分が見ていたインターネットの楽しさも、総体すればテキストサイト文化圏をも内包した2000年代前半の日本語インターネットとして言えると思うけども、今は時代によるサイト構造の発展と、均質性の中に取り込まれて、消えてしまった。

ようするに思春期を迎える前の幼児期に見た光景への郷愁かもしれないけど、今のネットよりもワクワクできたのは確かだった。

あの頃の世界が広く思える感覚と、乱雑で未整備だったインターネットが合わさることで目に映る光景だった。

2009-06-28

シリコンバレーで遭遇したありえない取締役

http://anond.hatelabo.jp/20090627152057

最近ブームに便乗してシリコンバレーから撤退中の女子でつ。|´・ω・)ノ

今年に入ってかなりたくさんの取締役さんとデートを繰り返してきたのですが、

ありえないレベルの低さにヘキエキ

特にあたしがコピーレフト的なのでオープンソース的のもちお中心なってしまうのですが

いやはやひどいひどいノ(´д`*)

ありえないランキング

5 ウェブ進化論

特に多いのがweb2.0

あー、この人バズワード大好きなんだと

このサービスweb1.0? web2.0? とか聞かれた日には(゚Д゚;

4 京都アピール

京都が原点なんだよね」とか(-Д-)

それ何任天堂期待?気持ち悪いから

3 マナーがひどい

たとえば、シリコンバレーから将棋を見るとか

仕事できなそう( -人-)

2 残念

ネットではいろいろ言われてますが、女子的にはやっぱりアウトですね

一番きついのが「人体実験を終了する」とか言い出すやつ

どんだけ上から見てるの?凸(゚Д゚#)

1 オープンソース

オープンソース的には~」とか嬉々として話すもちお

やめて~ ガツンと言われるよ~(/ω\)

やっぱり結婚相手にもちおは避けたいものです

ただただ、組織に伝染らないうちにひねり潰すのみです。

2008-11-24

怖いから増田に書くけど、amazon書評の評価って全然当てにならないよね。

というのは、とある知り合いがライフハック系の本を出版したので購入ついでにAmazonに星5の書評載せたのよ。

んで、出版者の他の知り合いも星4とか5の評価をAmazonにのっけてレビュー7,8件で平均評価4.7くらいになったの。

そっから一般人書評も入りレビュー15件前後で平均評価4.2くらいになったんだけど、

その時には第2版、3版と結構なヒット作に。

dankogaiの所でも取り上げられはしたけどあまり褒められてなかったし、

俺自身そこまでヒットするとは思わなかったから、

これがネットっつーかAmazonの力か、と思ってしまった。

書店平積みされはじめたのもAmazonランキングに入ってからだし。

それ以来、(今更だが)Amazon書評を全然信用できなくなった。

じゃあどうすんだっていうと自分にあったレビュアーさん探すか、

まぁ一番は書店に行って立ち読みして良さそうな本を買うことだなぁ、とWeb1.0時代の手法に逆戻りするのでした。

※文中の数字はちょっと誤魔化してます。

2008-10-28

今さらだし、どうでもいいけどニコニコ動画

ニコニコ」って略す人はWeb1.0で、

ニコ動」って略す人は2.0な感じがする。

ほんとどーでもいいな。ってか2.0って久々に聞いたな。

2008-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20080822100307

同感。

自分のみが持つ情報を公開することによって信頼を得る、というやり方はWeb2.0的な企業マインドに似てるかも。

情報を独占することで権威を守ってきたのがWeb1.0。自分のプライバシーを自分だけが独占している内は、「匿名によって好き勝手言える」という既得権益を守り続けることができるという構図。

2008-06-23

ここ3日くらい増田見てたけど

増田って、つくづく議論にも日記にも不向きなシステムだなぁ。

はてなBBS」が存在するなら、そっちの方がよっぽど便利だ。Web1.0万歳。

2007-12-13

nozzeとやらに

軽い気持ちで説明聞きに新宿まで行って。

金ねーよ、ってゴネたら総額21万に値下げされたので、仕方なく申し込んでみた。それが10月末。

12月になって開通したので、

実際に検索してみた。

プロフィールなんかはmixiなんかに比べてももちろんちゃんとしてる。

家族構成なんかもちゃんと書かれてるし。名前まではわかんないけど。

UIはいつの時代のweb1.0ですか?って感じだけども。これはひどい。使いづらい。

検索してて見つけたかわいい姉ちゃん何人かに交際申し込み。

wktkして待ってたら数日後に返事があって

10人(までしか1ヶ月間に申し込めない。)みんながみんな

「お断り お申込頂きましたが私の希望に合わないので」

だった。

あと検索してみてもだいたい年齢偽装してそうな女か、子持ちか、不細工なのしかいない。

クオリティ低いなー。

負け組って切ないですね。

twitter女子ユーザーの方がよほどクオリティ高いや。

2007-11-08

ネットリアル

むかーしむかし、ブログだのSNSだの、そんな無くって、要するにはWeb1.0な時代。

MSNチャットとかMicrosoftチャットとかが、とにかくエロ部屋で荒れていた時代。

それはそれは、素敵な時代だった。

ネットリアルとかけ離れていた。

だから相手のイメージは膨らむ。なぜかポジティブな方向に膨らむ。

本能のままの会話をして、相手に好意をもつ。もたれる。

上手くいかなくなったら消える。逃げる。

そういう世界が良いとは言わないけれど、リアル過ぎるネットは面白くない。

2007-09-18

ギークという単語を度々目にするけれど、最近ギークの定義って何なんだろう。自称したり他称したりしてるのを見ると非常に頭悪い感じを受ける。

あとアルファブロガーとかのアルファもよくわからない。Web1.0の時代の人でごめんなさい。

2007-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20070824001956

にゃー。

頭固い子なのにゃー。

もっとひらたく考えるにゃー。

ちょっと解説するにゃー。


IT → ICT

コミュニケーションを前提にするためにCを入れた。大人(政治)的方向性の指示。

PC → PUC

大人(政治的)の方向性に沿うようにUを入れた。略語は後から適当に考えたと見るほうが妥当。

ITとICTの区別を明確にできないように、web1.0Web2.0が何かを明確にすることができないように、PUCなんて旗印としてのただの記号。

後からそれらしいものが出たときに、「これこそがPUCの代表的な例です!」というための布石にすぎないのにゃー。

にゃー!

ちなみに、「使っているのを感じさせないけれど、それが無いと困る。」というようなPUCがメインで提唱しているようなプロダクションは、マーケティング理論の本をちろりと読むと必ずでてくるような一説あるよね。にょろん。だ。にょろん。

つまりなんということは無い、これはただの布石で、ただのビジョン。

未来はいつだって記号的な存在なのにゃー!

これが、ただの記号なら別に気にするひつようもないのだけど、

いいとしぶっこいたお金もあってそれなりに立場もあるひとが全力でアンドンつけたんだから、

あー、その方向にこれからは一定数の人がその向に挑むんだなと少し頭に入れておいたほうがいいにゃ。

つまり、このおっさんが「これがPUCです!」といえるような何かをつくると、もれなく成功への扉がひらけるにゃ。

もしくは、後かぶせでもいいからこれからは「コミュニケーションツールの時代です!」といって、何か記号を用意すると耳目があつまるにゃ。

もし、増田がそんな何かでひともうけしたら、そんときにはなにかカツオブシ的ななにかをくれることをわすれないようにするね。

2007-08-04

WEB2.0ってことは、WEB1.0があったんだよね。

何処に?

blinkの墓標が輝いている(参考:Mozillaの書12章10節)あれがそうなの? それとも『ほめぱげ』などというフザけた呼び名の表(参考:テーブルレイアウト)のこと? それとも、『タグ』と無要素文のあのカオス

ねえ、誰か教えてよ。何処にWEB1.0はあったの? 過去を振り返っても、「WEB 0.01 alpha」らしきものしか見つからないんだ。僅かにベータ版と、一般公開前の正式版らしきものは見つかったにしても。

Netscape 5みたいに、欠番メンバーだったの?

2007-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20070722040053

自分も東京の31歳だ。

バンドブームには若すぎて、女子大生ブームには遅すぎて、女子高生ブームには早すぎて、バブル後の就職氷河期世代。やっとの思いで就職しても、次の年から新卒取られずにずっと下っ端。Web1.0時代のITの進化について行けない上の世代の代わりに、なんの教育もなく責任ばっかり負わされて、名目ばかりの成果主義給料据え置きで今日終電で帰宅。

そういえば貧乏クジ世代って言われてたっけ。それでも「世代」としてくくられることなんてずっとなかったから、なんか新鮮。

そんなミドル70'sの希望の星がじぇいこんたちナナロク世代

元々増田は10年間違えてる。

2007-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20070614221901

web1.0としか言いようがない。というかネット企業なんだけど。

はてなは完全な別世界として、たまに参考になることもあるかって感じで見れる。

まあ仕事のために見てはいないんだが。

ネットはほんと広いし、年齢層も幅広いことを楽しめている。

って質問の主旨とずれてる?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん