「otune」を含む日記 RSS

はてなキーワード: otuneとは

2019-12-22

インターネット老人のネットウォッチの思い出とotuneの事

インターネット老人と言うからには少なくともこれぐらいの前の話をしないとかなと思い、もちろん当時の情報網羅とは言えない私個人の限られた範囲ネットウォッチの昔話をしてみます

ネットウォッチはそれこそNIFTYなどの商用パソコン通信の頃から行われていて、インターネット歴史と共に綿々と続いてきたものです。

パソコン通信などやる人はギークナードな人しかいないので、変人ばかりで、中には我を通すために他人の心情など関係ないといったタイプもたくさんいました。

多くの人が自分も我がままな人間なのに小さいなコミュニティを守るため我慢してる中、傍若無人な振る舞いをする人に、あいつムカつくよなとか、なんとか揚げ足取ってやろうとか、中にはリアル情報を集めて何とか酷い仕打ちをしてやろうという人も出てきました。

今と違って、このコミュニティが気に入らないから別の場所と言えるほどネット世界は広くなく、ヘイトのるつぼになりがちな状況でしたが、逆にネットウォッチ的なもの情報集約コミュニティというものも皆無に等しく、あったとしてもNIFTYのPatioなど仲間内クローズドもの限定されてました。

私がこの界隈にうろつき始めたきっかけの山田AGパソコン通信東京BBSで暴れてた変人で、非常識言動で多くの人を困らせていました。

彼に接した全ての人間が彼に不愉快な思いをさせられたといっても過言でなく、有名なvoidさんのようにその態度はないけど理屈はわかるといった救いもない人でした。

そんな中、インターネットに「ネットワーカー研究所」(通称ネ研)が現れ、パソコン通信やあちこちBBS群などの困った人たちの情報を集めたサイトができました。

中身は個人情報などもありましたが、騒動の生ログが羅列されているものほとんどなので、事情を知らない人にはなかなか簡単理解できないものが多かった記憶があります

私がネ研を知ったのは1998年1999年の頃で、あめぞうにもあやしいわーるどにも出入りをしてない健全生活(2ちゃんねるは一応存在してたけど、私は知らなかった)を送っており、山田AG周りの情報のみを見てたので、それ以外の人の話はあまり見ていませんでした。

前述の通り、生ログ収集がメインだったので状況把握が面倒で、おそらくですが、ネ研を見てた人の多くに横のつながりはなかったんじゃないかと思います

otuneさんもここを見てたはずだし、どこかのBBSですれ違ったりしてたとは思うのですが、全く見た覚えがなく、少なくともこの頃は有名なネットウォッチャーという扱いではなかったと思います

とはいえ検索で引っかかるようなオープン場所で、特定の誰かだけでなく多くの情報を集約したネットウォッチ活動の場として実際多くの人が見に来るサイトは他になかった気がします。

ただ、IP抜かれるのは死に値するため閲覧にすら串差してた時代個人管理サイトに気軽に書き込んだりメールして情報提供する人は多くなく、情報の新鮮さにはかけていました。

そして2000年5月ネオ麦茶事件が起こり、2ch知名度が一気に上がり、私もそこで初めてネットウォッチ板(通称ヲチ板)を知るわけです。

山田AGヲチ活動2chに移り、私も入り浸り、彼以外の人も覗き見するようになりました。

そこで体験したことはきりがないので、個々の出来事は避けます

その当時、どのスレを見てもヲチ板モットーウォッチ先 さわらず荒らさず まったりと」というのが徹底されていて、少しでも当人接触しようものなら酷く叩かれてました。

この標語、私がヲチ板に来た頃から言われていたと思うので、最初からあったものだと思います

ネットウォッチ本来ネット活動倫理からは外れる全うでないものから、せめてヲチ対象を含めた他人迷惑をかけてはいけない、という建て前もあったけど、私を含めネットウォッチする人はヲチ対象不愉快な思いをさせられた事がきっかけだったりするので、人に迷惑をかける行動はヲチ対象と同レベルに成り下がる、同じ肥溜めの中にいるにしても顔ぐらいは外に出しておきたいという気持ちもありました。

そういった意識があったせいかヲチ対象に対するネガティブ言葉もせめて笑えるものお笑いツッコミのようにエンターテイメントになるようなもの理屈で殴るようなものより喜ばれてました。

ツッコミ面白くなるのはそれはもうヲチ対象に直接言う方が面白い事が多く、住人であることを隠してツッコミを入れる人もいたけど、それをスレで「あれは俺だ」と報告しようもんなら袋だたきにあうという、自己顕示欲が強い人にはなかなか難しい感じでした。

さて、そんな中、その均衡が崩れたのが古式若葉で、スレ住人がネカマになってヲチ対象をいじり倒す事があり、それが面白いと人気に。

からヲチ板住人の苦々しい視線もよそに、ネット上のおかしな人をいじって遊ぶがネットウォッチ意味に含まれるようになっていきました。

その後、1ch.tvなどでもヲチ対象突撃するという手法が取られたけど、ヲチ板では最初はそういうのはよその板でやっくれないかという人もたくさんいました。

今でもヲチ板代表的出来事としてこの二つが上げられたりしますが、ヲチ板原理主義者としては少々不服ではあります

長くなって来たので歴史的な話はこの辺りにしますが、その後、ヲチ板ネット一般的になっていくうち、多少の頭おかしい人がいても目立たなくなり、隔離することも自分の逃げ場もつくれるので、そういった事が難しいネットゲームの世界だけになっていくのでした。

ただ、ネットウォッチ的なものがなくなった訳でなく、それが普通場所普通に行われてるため、ネットウォッチゲスな事だと認識されないまま広まっているように見えます

そのため、逆にネットウォッチと名の付くからには自分たちの普段やっているものよりも更に酷くゲスな事をやっているものだという印象を与えてしまいがちです。

個人的には本来ならネットウォッチという言葉ヲチ板衰退と共に消えていくべきものだと思っており、それに意義をこじつけ延命させる行為は歓迎できません。

ネットウォッチャーotuneさんの事ですが、私の記憶だとネットウォッチャーと言い出したのは本人でなく、周りが面白がって言い始めたことで、上記の通り、ネットウォッチは影に潜んでこっそりやるゲス行為ということをよく理解してる人なので、一番最初蔑称だったと思います

本人がそう名乗った時は少し驚きましたが、自虐的ものだろうし、今でもその意味で使ってると思うので、ネットウォッチのすごい人って言われてるのを見ると私としてはずーっと悪口言われてる人のように見えてます

本人も苦々しく思ってるかと思いきや、ここ数年だとは思うのですが、自虐的ながらもまんざらでもない様子が出てきて、ちょっとおかしな感じになってきました。

きちんとヲチしてるわけではないので何かきっかけがあったのか分かりませんが、ネットウォッチというもの本質を知っているはずなのに、あえて都合がいいようにズレた意味合いに動かし始め、遂には商売をはじめ、そもそもネットウォッチ自己顕示欲は相反するものという意識が強い昔の人から冷ややかな目で見られるようになっています

彼をネットウォッチャー的観点でいうと、「ネットウォッチの原点を知らない人に俺は昔から知ってるというマウントを使ってズレた事をしているネットゴロ、とはいえ、まだまだ手の施しようが無くなるほどひどいとこまでは行ってない(行くほど儲けてない)ので、熟成するまでまだもう少し」という感じです。

さて、増田とはいえ、私もヲチャとしてはあるまじき自己顕示欲を出してしまったので、深く反省をし、これからも「ウォッチ先 さわらず荒らさず まったりと」を実践していきたいと思います

ヨッピーotuneの件

あれ、ネットの人は比較ヨッピーが好きでotuneが嫌いで(というかおもしろライターは人気でウォッチャー嫌われ者で、というのは普通のことだと思うけど)、だからその方向でまとめたヨッピーは狡いな、と思った。

純粋にムカついてるのか計算なのかわからないけど、「感情」を全面に押し出すことでネット世論を味方につけようとしてる感じ。

こないだのtogetter最初から最後まで読んだけど、otuneの主張は一貫してて、ヨッピー必死に話を逸らしてたじゃん。otuneはただ以前の「タイトルPR】有無騒動」の経緯をまとめて、その時はヨッピーは今と違う考えだったよね、そこぼかすのは人に誤解を与えるよね、ということを言ってて

ヨッピーはとにかくそれに触れてほしくなくて「あんたの彼女が」「あんたの身内が」「あんたの方こそ」「じゃあ〇〇はどうなんだ」「ブクマどうこう、スターどうこう」って話を散らかしてた印象。

ブクマの方もotune過去醜聞持ってきたり、単に「ウォッチャー嫌い」で乗っかったりしてたけど、でも今回otuneは間違ったこと言ってなかったと思うよ。

ネットの反応はパッと見、「ヨッピーは単純で純粋感情的な反応をしちゃって、主張は散らかってるけど憎めない」みたいな雰囲気になってたけど、非常に「広告屋的」で「本質に触れさせず煙に巻いた」感じがあったよ。

2019-12-21

死ぬまでネトヲチだけできた人はいるのかしら

otune槍玉になってるけど。

hagexしかり。

傍観者気取ってても結局誰もがいつかは意識的にせよ無意識的にせよ当事者なっちゃってる気がする

これが承認欲求の業なのかしら。

anond:20191221164910

otune攻撃するのは「嫌いだから」とちゃんと言い切れるヨッピーはさすがに理性的だと思う。

2019-12-19

anond:20191219150905

ビジネス露悪って感じもしない(ビジネス露悪はhagexとかotuneとか)から、割とスッキリしていて好感は持てるけどな。

2018-07-08

anond:20180707231539

えーっと、otuneって何か下半身スキャンダルがあった人ってイメージあったけど、合ってるよね?

2018-07-01

低能先生複数いる」と西日本新聞が誤解した理由

西日本新聞記事で、「低能先生とはネット誹謗中傷する荒らしの『総称』」との記述があり、otuneが間違いを指摘している。低能先生とははてな荒らしをする特定個人を指す蔑称のことである西日本新聞記事はひどい誤解である

 

批判者の象徴”狙う? IT講師刺殺1週間 容疑者ネット複数と衝突|【西日本新聞

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/429024/

低能先生とはネット上で他人への誹謗(ひぼう)中傷を繰り返す人の総称。「ほんとお前は低能だよな」などと頻繁に書き込むことから名付けられたという。松本容疑者もそんな「低能先生」の一人だったとみられる。

 

ただ、確かに西日本新聞がそう間違えるのも分からなくはない。

低能先生」が「総称」だと誤解する理由も分かるのだ。

そもそもはてな匿名ダイアリー投稿は、有名匿名掲示板のようにハンドルネームの設定もできず、投稿IDも表示されないので、外部から投稿者を特定して識別する確実な方法は全くない。

その状況で、匿名ダイアリーユーザーの一部は、投稿文体文脈から「この投稿低能先生のもの」だと特定して、トラックバックを送ったり、まとめ記事を作ったり馬鹿にしたりしている。

しかし、その投稿が「特定個人である低能先生のものだとする保証は全くない。何となく流れで認められているだけだ。

場合によっては、「低能先生による自作自演のやり取り」だったり「低能先生を装った自作自演のやり取り」だったりするかもしれない。

しかし、そうした疑問を、匿名ダイアリー上で誰も出すことないし、答える者もいない。

そうした「低能先生」を巡る匿名ダイアリー上での狂ったやり取りを見た外部の者が、「低能先生総称で、匿名ダイアリーの中には低能先生として投稿する者が複数いるのではないか」と思っても不思議ではない。実際にそうだったかもしれない。

匿名ダイアリーから飛び出た低能先生が大量IDコールをしてアカウント停止になって匿名ダイアリーに戻ってくる、というやり取りも何となくこれは低能先生だと判断して行われているだけで、匿名ダイアリー上では個別人間だと特定することはできない。

「これは低能先生投稿だ」と鑑定している匿名ダイアリーユーザーにとっては「低能先生」は特定の一個人を指す言葉なのかもしれないが、判断される方からすれば「低能先生」は「総称」になったりもする。

匿名ダイアリー上でちょっと乱暴はてなユーザー批判する投稿を書いたりしたらトラックバックで「低能先生」と呼ばれてしまたこともあったとかなかったとか…。その頃は低能先生が何かは知らなかったから非常に不気味だったとか。

まり、今回の犯人は確かに低能先生」ではあったが、低能先生をめぐる匿名ダイアリー投稿の中で、低能先生認定されてた者は複数いたことは否定できないし、総称として受け取られていたことも否定できない。当時の低能先生をめぐるやり取りを外から見て、低能先生とは総称ではないかと誤解してもおかしくはない。

2018-06-27

津田だとかotuneだとかが語ってるの見るのはなぁ

2018-06-25

anond:20180625190129

知的好奇心を充足してくれるかどうかじゃないか

otuneときもいろいろ根掘り葉掘りすごかったじゃないか

2018-01-18

anond:20180118143845

  1. kiya2014がしゃべった
  2. otune
  3. ありむー脱村

選外 activecute,letterdustと結婚、kyo_juに飛び火

2017-07-12

ヨッピー記事コメント

ヨッピー記事コメントotuneの下の話してる奴らみて、こういう奴らがスマイリーキクチや唐沢弁護士粘着するやつになるんだなと。

野菜食っても脳みそは良くならないらしい。

2017-06-11

監視社会恐ろしい恐ろしいっていうけど

残業過労死とか見てると国はもっとちゃんと監視しろって思う

市民にできるのは、ドコモモバイル空間統計でも買って

門前仲町在住の20代女性が22時を過ぎてもまだ新橋にいるな」って調べたり

SNSやらの投稿時間位置情報からまだ会社に居るなって推測するくらいで

otuneみたいにツールで広域展開する人は少ないし(たぶん)

幕張町4丁目付近労働時間は1日20時間です」って晒す人はほぼいない

昔はもっと密告しあっていたのに、儀礼的無関心が進んだ結果

人民相互監視力が低下し、ブラック社会になってしまった

嘆かわしい

2015-05-22

マスダーキートン

キートン増田ギリシアローマ時代、競技は生死を賭けた神聖な戦いだったのです……

       観戦し、勝者に金を賭けることも神聖行為とみなされました。

       これが賭博起源ですね。賭博今日遊戯として発展し、一方ではネットサービスになった。

       一定間内に、言及先が燃える燃えないかに魂を賭け合うサービス……

       すなわちはてなブックマークです」



キートン増田「やめておけ。本ブログで発表したほうが、増田より伸びると思っているんだろう。

       だが、ブログデリケートツールだ。

       思ったより読まれないかもしれないし、思い通りの読者層にリーチするとは限らん。

       おまけにブログはアップされるまでに、タイトル、本文、タグづけの三動作……

       その点増田は書く、その一動作(ワンアクション)で終わる」


hagex「あ。大学生……」

キートン増田「哀れな生き物ですよ。一番燃えやすい。」

hagex「いいえ、そんなことないわ……大学生だって追い詰められると、勇敢に戦うのよ」



青二才「僕は一人ぼっちだ!」

キートン増田「それは素晴らしい悟りだ。それを知っていれば誰だって叩ける」



トピ主「あんた、あたしがうす汚いブロガーからブクマする気もしない…そうよね!? 

     そうよね…あたし、ウォッチャーだもんね、炎上屋よ…」

キートン増田「……ひとつだけ言っておく!

       自分ウォッチャーだと思って、そこから単著を出そうとする奴は、ウォッチャーとは言わない!

       それはアルファブロガーだ」



サイバーメガネ増田さん、僕は臆病者になれるでしょうか。

        村長の様な勇気ある臆病者に…」



kotoriko「なあ pha、こうやって人生無駄遣いするのも素晴らしいことじゃないか」


lastline「人間はどんなところでもブックマークできる。こいつに一言言いたいという心さえあれば」


キートン増田ハックル……ウイグル語で、“生きては戻らぬ死のブロガー”という意味なんですよ」


kanose「醜くて気の弱い犬はいじめられる。人間も同じだ」


こうもり「アンビバ女々!二年間………私を許してくれたかい?」

アンビバ女々「こうもり!!のろけを慎め。それから……毎朝、新鮮なミニコミ誌に絡むんだ!!」


荻上チキ人間は年をとる。大人になっただけだよ」

ちきりん「いいえ、マネタイズできなかった子供がここにいるだけよ」


隊長不思議だ……炎上を見ていると何もかも許せる

   自由のない国家も、醜い裏切りも、こんなにも苦しい頭髪も……

   そして死にゆSNS運命も……

   何もかも許して、生きてゆけるような気がする……」


キートン増田「時事性や勢いのあるネタでは、twitterより原始武器……

       たとえば2ちゃんねるのほうが、はるか燃え広がりが速い場合があるって教えたでしょう」


guldeen「いや、申し訳ない。悪いのはこの星なんだ。

     私は紳士なんだが、君のあまりの美しさに勝手にこの星が動いてしまうんだな」


kanose増田さんはあのシロクマを見て、どう思いますか?」

増田世界一幸せシロクマだ。安定した職業、贅沢な知名度、酒、ネットの友人たちからの畏敬。そして極上のキャラ付け……」

kanose「私は不幸なクマだと思いました。ネットに退屈しきっている。感動もない。そして……自分でそのことを知っている」


otune増田、君の戦い方は実にユニークだ!だが、ユニークすぎる!!オフパコは……できないな……」


xevra「匿名にクセのない文体、それにうんこネタは、実際には特定を避けやすく、ウケもいい。

    知ってやっているとすれば、あの男、ただ者ではない……」

xevra「……プリントアウトしてやれ!

    あいつはメンヘラだ」


orangestar「子供の頃、どうしてidはたくさんあるのって、シナモンに聞いたの。

      そしたらシナモンがこんなこと言ったわ…地上の全ての人々にひとつずつidがあるって。

      死んだ人にも、これからまれプロジェクトにも………」



jtのすけ「Mr.増田ブクマで一番大切なのは直観に導かれた大胆な発想だよ。言ってみたまえ!」


ラノベ天狗子供の頃、よくついたらを狩りにいった…最初の獲物はラノベ叩きだった。

      私の打ったRTは、炎上好きの琴線に触れた…叩き屋は足をひきずって逃げていった。

      ただしさを失った本読みは、生きているより不幸だ…だが、私は何もしなかった。

      和解をすべきだったのか…とどめを刺すべきだったのか…未だにわからない」



anigoka「増田さん、あなた、とっても煽り上手ね。でも必殺のうんこジョーク全然面白くなかったわ……」

2015-03-18

otuneってなんて読むの?

おつね?

おちゅーん?

2015-03-10

http://anond.hatelabo.jp/20150310152742

他は色々同意しかねるところはあるが、言われてみれば、トピシュに寄稿させるあたり、

久谷女子はそもそもゲス話が大好物集団だったんだなというのに気付かされた。

もともとそういうのが好きなら、そりゃotune下半身騒動なんていの一番に食いつくわな。

オバハンが井戸端会議でご近所の噂話してたのと一緒だろう。

場所井戸端じゃなくてweb上だったりコミケ会場だって違いだけだな、当世風なのは

2015-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20150308120927

それは下手すると逆名誉棄損で不利になる可能性がある。

少なくとも、訴状を送りたいので住所を教えろと何度もメールしたのに教えてくれない、ぐらいの

実績を作っておけばおけーだとおもうけど。

しかしアレだね、とっとと3者(メメotune久谷女子)会談して、3者全員がごめんなさいして、

ログ削除、ホテル代返す、本は発売停止、可能なら回収もしくは訂正記事掲載)ぐらいにしときゃ、謝罪文掲載なんてしなくてもよかっただろうにね。

金曜の夜にFB謝罪文出してたから、ああありがちなタイミングよなーいちいち姑息だわwwwなんて思ってたけど、週明けもまだ鎮火しそうにないな。

2015-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20150307101008

コケにされたからじゃなくまじださいから仕方がないなと思った。それでもotuneと比べたら掃き溜めに鶴だわ。

「「論理大好き男」を論理でつめてみたよ」って記事

これまでそれなりに話をしたことがあるような女性は全員自分よりも論理的だった気がしているので

そもそも女が非論理的であるということに実感が沸かない。

非モテ議論とかが好きな女性も居ていろいろ話を練ったりしたけど、

そもそも僕なんかだと

「あのotuneみたいな人ですらモテれるくらいなんだからネットで目立ってればモテるってだけだろ」

とか思っちゃうわけで、それ以上はもう考えたくない。それを近代的自我だとか世代論とかまで持って行って考えれるだけで凄いわ。


それはおいておいてこの記事ダメだな。

http://news.mynavi.jp/articles/2015/03/05/okonomi/

「俺はひとつのことにしか集中できない」とカレはやんわり説明しているのに、

たぶんこれについて何度も話されてるんだと思うのに、

「「独立したい」だから「今は籍を入れることは考えられない」にどんな相関関係があるでしょうか? ないよね、そうだよね!」

というようにしか伝わらないなんて論理へったくれもない。

そもそも「相関関係」って意味わかってんのか?


こういう言論統制タイプ男性は、自分女性よりも有利な立場に立って主導権をにぎっていたいタイプ自分が有利なように話し合いを進め、相手の心に寄り添おうとはしません。

これも、そもそも上の話を見たらさ…お互い様じゃねーか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん