「k-1」を含む日記 RSS

はてなキーワード: k-1とは

2020-12-26

コロナ騒動で株下げた有名人

クドカン 自粛要請無視してライブに行ったり、3蜜でMV撮影 感染後の発言まさか自分がΣ(゚Д゚)」

柳家睦 自粛要請無視してライブ開催

又吉 志村けん訃報が流れた日に翌朝4時まで飲み歩く

たむけん 国は保証しろ

坂本龍一 国は保証しろ

椎名林檎 自粛要請無視して東京公演強行

K-1主催者 再三の中止要請無視して強行開催

為末大 「出勤しちゃうんだ」と無神経極まりない発言

RAD野田洋次郎 自粛要請批判

キングヌー井口 補償しろ

野田秀樹 劇場自粛反対声明

鴻上尚史 公演自粛要請に反対し「演劇人として劇場公演の継続を望む意見表明いたします」とコメント

八嶋智人 イベント自粛要請批判

アンミカ 自粛要請中の3月後半に自身誕生会をする 再三の自粛要請無視して強行開催したK-1擁護

ケラリーノ・サンドロヴィッチ ツイで暴言を吐く↓

@

早速始まった。わかりやす過ぎる。

金だ。金を出せ。現金をすぐ出せ。日本だけだこんなの。国民安心して自粛させろ。何の為に税金払ってるんだ。

ばか。けち。どんどん人死ぬぞ。人殺し



コロナ騒動で株上げた有名人

YOSHIKI 1000万寄付

GLAY 医療施設に1000万とマスク5000枚寄付

ローランド 医療品を寄付

ヒカキン youtube で外に出るなと訴える

エガちゃん youtubeステイホーム

錦織圭 賞金全額寄付

熊川哲也 自粛要請バレエ公演中止 啓蒙活動

レオ様 13億寄付

リアーナ 5億寄付

シュワちゃん 1億1000万寄付

ブレイクライブリーライアンレイノルズ夫妻 1億1000万寄付

アンジェリーナ・ジョリー 1億1000万寄付

イリージェンナー 1億1000万寄付

クリスティン・ベル 1660万寄付

ジャスティン・ビーバー 慈善団体へ320万送金

アリアナ・グランデ コロナ生活行き詰まった人20人へ500ドル~1000ドル送金

ジョン・ボンジョビ 自身所有のレストランで黙々と皿洗い

2020-12-15

おまえら、そろそろK-1にゴメンナサイしろ

当時から吊し上げ過ぎだと俺は思ってたよ。

2020-11-27

今週末、日本競馬史上最大の戦いが行われる。

2020年11月29日日曜日。15時40分。

ジャパンカップ

一着賞金3億円の同レース日本競馬の年間最強馬決定戦である

しかし今年のレース日本競馬150年の歴史においてすら空前絶後の一大決戦とみなされるだろう。

なぜなら天地開闢以来はじめて「三頭の三冠馬」がひとところに集うからである

三冠馬

牡馬なら皐月賞日本ダービー。菊花賞

牝馬なら桜花賞オークス秋華賞

つのレースを制した馬に与えられる称号

ファンにとって三冠馬は本当に特別存在である

単純に強いというだけではない。

そこには人智を超えた何かが宿っているという「幻想」がある。

今年のジャパンカップにはその三冠馬が三頭も出走するのである

頭目はデアリングタクト

今年、史上初の無敗牝馬三冠を達成した。

さな牧場で生まれて、1200万円という競走馬としては破格の安値で購入された。

強風吹き荒れる過酷環境で鍛えられ、強烈な末脚で勝利を収めてきた、叩き上げの女傑である

頭目コントレイル

今年、史上8頭目牡馬三冠、そして史上3頭目の無敗三冠を達成した。

父は同じく無敗三冠馬ディープインパクト。馬名の意味は「飛行機雲」。

「空を飛ぶ」と称された父の航跡を辿り、同じ偉業をなぞってみせた天才である

頭目アーモンドアイ。

一昨年の三冠牝馬であり、現役最強の女帝である

ドルフも、オペラオーも、ディープも成し得なかった「芝GI・8勝」を達成した。

引退レースとなる今回にも勝利すれば、獲得賞金額でも歴代1位となり「史上最強馬」として語られることになる。

この戦いを何に喩えたらいいだろう。

満員の東京ドームで開催されるジャイアント馬場VSアントニオ猪木

K-1エース武尊RISE神童那須川天心宿願の対決。

メッシ率いるアルゼンチン代表C・ロナウド率いるポルトガル代表によるW杯決勝戦

若きフロイド・メイウェザーJrと全盛期のマニー・パッキャオタイトルマッチ

七冠を達成した羽生善治と八冠を制覇するだろう藤井聡太による名人戦番勝負

あるいは……

多くのスポーツファンが夢見て、しかし叶わなかった戦いの数々。

しかし今年のジャパンカップは紛れもない現実だ。

我々はこの目でそれを見ることができる。

アーモンドアイが見事に引退花道を飾るか。

コントレイルがあまりに偉大すぎる父を超えるか。

デアリングタクトがいま再びエリートどもを喰らうか。

それとも三強以外の馬がここに割り込んでくるのか。

歴史的な熱戦となるか、世紀の凡戦となるか。

すべての可能性を覚悟しよう。

我々はただ目に焼き付けるだけだ。

そして、あなたの目にも焼き付けてほしい。

無敗の牝馬三冠デアリングタクト

https://www.youtube.com/watch?v=u-WOUyVpF90

無敗の三冠馬コントレイル

https://www.youtube.com/watch?v=WjShgQD6wbo

三冠牝馬アーモンドアイ

https://www.youtube.com/watch?v=NUzfbtsoQYM

2020-10-27

女って今の日本社会状勢では完全に詰んでね?

フェミ理想男女雇用均等により男性雇用パイを奪い合い

しか男性より労働耐性が低く

挙げ句の果てに貧困ゆえ結婚相手としても敬遠される

制服着てる18過ぎれば凄まじい勢いで己の価値が下がっていくし、警察の手厚い保護がなくなって社会に放り出されるし

節制して美貌を維持しても社会法規制やしがらみが昔より遥かにキツすぎて

から下動かなくなっても生きてる限り俺の勝ちみたいな無敵の金もない底辺同然のDQNみたいなのがチンポしたいために近づいてくるだけで、

本当に金も稼いでて一角社会的地位があるいい人は周りにそんな人間いるからやばそうって近づかないし、最初からセフレ扱いでしか認識してくれなくなるから

女詰んでね?まぁ自己責任だけどさ

空手初めてイキった中学生レベルK-1ヘビー級選手リングの上で殴り合いして勝てるとでも思ってたのか?完全平等ってそういうことだぞ

2020-10-06

まれた時から肉体的に劣っている女が優遇されるのなら

弱い男がK-1に出ることもいいんだろうか。

もちろんハンデつけて、ちゃんと弱い男が勝てる可能性も50%になるように。

俺がプロ格闘家より弱いのは遺伝子のせいなんだから、その権利あるよね?

2020-09-11

アンチアンチってなんだ……アンチとは……

K-1DXでアンチ募集してる。

芦澤竜誠という、選手をぶん殴りたい奴を募集してるのね。

引退してて、一年?くらい経つ。言うことが激しくて賛否のあった選手

大会連続出場して、運営から寵愛を受け、更なる強敵をあててもらったら連敗を重ねてしまった。

俺も応募した。

アンチアンチではない気がする。物珍しさかなやっぱ。

その応募フォームに「芦澤の嫌いなところ」という欄がある。

全く根も葉もない事も書けるんだろうけど、赤の他人だし人格や顔をバカにした事は書きたくない。

嫌いなところを探す為に動画記事を漁った。

後ろ回し蹴りに憧れてるんだろうけどできない。

ラップがしたいらしいけど聞いてて恥ずかしい。

両手を広げて相手挑発した上で負けちゃう

まぁまぁ長文になりつつも、一応送れた。

嫌いなところとは言うが、俺はホントに彼が嫌いだろうか?

試合前のインタビュービビってどもっちゃったり、右のパンチカウンター合わされてテンパっちゃう顔。

派手好きで背中向けるように回転して打撃うつけど、結局決めきれない情けなさ。

ラップが好きで、ラップを歌いながら入場し、ダウン取られまくって普通に負ける。

一流になる素質はあるのに、どうみても二流止まりの芦澤。

遥か底辺だが「俺はこんなもんじゃない」と心のどこかで思ってる、アラサー底辺のおれとおんなじじゃないか

なんだか応援したくなってしまった。

アンチ募集の一次審査に通った。

明日二次審査だ。

どうしよう、俺はホントアンチか?わからない。アンチとは、アンチとはなんだ。

2020-09-06

総合格闘技は本当に最強か?

喧嘩に近いか総合格闘技は最強でしょ

ネットの言説の主たるはこの言説に集約される。打って組んで投げて寝て、というマーシャルアーツが高いレベル競技化されているからだ。確かに対応力は一番高く見えるし、実際に殆どの打撃と寝技対応できることだろう。

ルールが関わる?

格闘技ルールによって強さが変わると言われる。わかり易い例では柔道ルールで戦えば柔道家が強く、ボクシングルールで戦えばボクサーが強いという基準だろう。比較的わかりにくいものでは柔道家と柔術家が戦ってもお互いのルールで一長一短が決まってしまうし、肘なしK-1選手ムエタイKNOCK OUT選手が戦ってもかなり間合いが変わってくる。縦肘と言われるガードから割り込みが使えるため、積極的に狙おうとする者、距離をとって戦おうとする者等スタイル割れてくるからだ。クリンチが得意な選手も戦法を変えざるを得ない。また、勘違いされやすいが、競技柔術柔道総合格闘技ではまるで使える技術が変わってくる。総合における柔術場合、例えばマウントポジションでは鉄槌やパウンドを狙いにゆくが、柔術試合ではあくまマウントからサイドを取って腕十字や肩固めなどを狙ってゆく傾向が強い。決定的なのは双方が足を出した状態から掛けるベリンボロなどの技法だろう。簡単に言えば足を引っ掛けてローリングしつつ相手の背後からバックチョークを狙う技だが、総合ではまずやる人がいない。理由簡単で、総合柔術の流れは基本的に上から下へと力を発揮するように振る舞うからだ。マウントではパウンド、足関節状態では掛けずに立ち上がって踏み潰したほうが良いなどだ。そもそも思想が違う。柔術組合わなければポイントが取れないため、ベリンボロを仕掛けても相手がそれを返す攻防が発生する。総合ではそんなやり方に付き合う必要性がない。また、柔術ルール柔道家が戦っても不利だ。柔道家は抑え込みを防ぐために畳の上で団子になる癖が身についており、積極的関節技に移行しない。逆に柔術家は崩し、払い、投げの練習希薄なため容易に投げられて一本を取られる。それぞれのルール内ではそれぞれの格闘技が強い。これは格闘技常識であり、この発想なくして最強の格闘技とは何かと言われても絵空事である

路上の想定

それでもルールなしなら総合が強いでしょう? と思う人もいるだろう。経験豊富という意味同意するところもあるが、多少疑問が残る。幾度となく議論されたストリートファイトでの各格闘技様相だ。この辺りはUFCDEEP)、RIZIN巌流島あたりの総合系の舞台を見るとわかりやすい。UFCDEEPケージ(金網)による円形に近い舞台を使う。このせいで必ず壁際が発生し、レフリーストップもかかりにくい環境にある。このため各選手ケージ際での攻防を明確に練る必要性が出てくる。抑え込まれた側はフロントチョーク状態を維持しつつ相手の手を抜いたり三角締めを狙いにゆく攻防となり、押し込んだ側はどうにか足を抜いてマウントやサイドを取ろうとする。リングのようにレフリーが割って入ってもとに戻されることもないので、壁際独特の力の使い方が必要になる。リングはただ中央に戻されたり、スタンディングに移行するだけなので特筆するところはないだろう。問題は一風変わった巌流島だ。巌流島舞台設定は面白い相撲のような円形舞台から外を崖として設定し、三回落ちたら負けというルールを設定した。なおかつ寝技は30秒以内しか行えない。これは路上での寝技が一対多を想定したものであるからという。結果的試合は打撃とタックルが得意な選手が多く勝ち上がってくる。普段日の目を見ない武術系・プロレスの人も勝っているあたりが新鮮でもある。

筆者はこの巌流島を見ているうちにある思いに囚われた。総合いくら強くても、ケージに押し込まれことなく落下するというシチュエーションでは、アマレス選手が最も強くなってしまうのではないか、ということだ。事実巌流島のある大会においては、低空タックルと押し込みのみで優勝してしまった元拓殖大学レスリング部のプロレスラーがいた。想定が事実なら相手即死である

ルールと言うより、状況

居酒屋を考えてみよう。お座敷とカウンターがある。この2つのうちお座敷の闘いが圧倒的に強いのは言うまでもなく柔術家だ。座った状態競技が始まることもある柔術フィールドのものがお座敷といっても過言ではない。調子に乗った酔っ払いがお座敷で騒いでいたら速攻で制圧できること請け合いだ。一方カウンターでの攻防が発生した場合、強いのは軍隊格闘系になる。彼らから言わせればカウンター武器の宝庫だからだ。割り箸は折って差し込む武器になり、グラスは相手の鼻を折る武器になる。中身がある場合かけてしまえばいい。

裏口の路地ならどうだろうか。柔術家は途端に不利になる。足場が悪く思うように転がることもできない。逆に強いのは打撃系になるだろう。ではどの打撃系が一番強いのか。ずばり空手家だと思う。路地裏の動きが制限された状態では総合選手がよく見せるタックルのための大振りなフックはそうそう出せないし、ストレート系をメインに戦うことになるだろう。素手怪我しないために動き回る顔はそうそう叩けなくなってしまう。この条件に最も合致するののが空手だ。空手には顔面攻撃がないが、この場合は有利に働く。空手試合においては他の立ち技系に比べて出入りが単調な傾向にある。内側に入って鈎突きや突き、下段回しをゴリゴリに押し込んでゆくが、横のフットワークに乏しい選手が多く、回り込みやロープワークなどの発想がない。しかしこの単純で素早い出入りこそが路地裏では生きる。突進力もあるので前に出ながらかわせない連打を浴びるのは恐怖すらある。

他方、ガッツ石松が数人を相手にして路地裏に誘い込んで全滅させたというエピソード存在する。これはガッツ氏のウェイトとリーチがあって為せる技だ。ボクシングが一競技として路地裏格闘に向いているわけではないと思う。むしろボクサーは横軸が自由に移動できる公園などで強さを発揮するとのではないか。その場合総合でも十分強いと言えるかもしれないが。

いずれにせよ、格闘技ルールと言うより状況の想定で動ける範囲ややれることが変わってきてしまうため、こうした自然ルール=場所の想定がかななり重要だ。場所によっては総合が何が何でも強い、という前提は崩れ去るのではないかと感じている。

2020-08-24

久々の朝倉未来の流血動画を見る

朝倉未来=元不良の総合格闘家

今回朝倉未来ゲーム実況のサワヤンゲームズとコラボし、ボコボコにされた後、瓦割りでも挑戦的な態度を取られ、YouTubeとはいえ忖度なしでムカついてる様子だった。

結果的に彼が取った選択はサワヤン兄弟を呼び出して総合格闘技ルールで「ボコにする」というもの。これがまた陰惨な内容。サワヤン演出的にイキってるとはいえたかキック初心者に過ぎない。そこにスパーと称した朝倉の左ロングフックがガンガン決まって、得意のカウンターまで決まり始める。兄弟兄貴鼻血を出して倒れ込み、弟もフルスイングの餌食になった。

朝倉選手コラボ動画スパーこそ毎回するとは言え、全く力を入れないマススパーが多かった。K-1王者安保瑠輝也選手コラボした時もかなり肩の力が抜けていた。ところが今回は、目つきが門下の練習生に向けるマジ目線だ。体格差もあるとは言え、本気10割として6割以上のパンチを放っているように見えた。流石にパウンドはかなり力を抜いたものだったが、立技はほぼ試合のノリでやっていたように見えた。左フックのカウンターが芯に決まった際の"ゴッ"という当たり方はかなりエグいものだった。

要するにこれは何かといえば、ヤンキーが調子に乗ったYouTuberを"シメた"動画しかない。だから朝倉目線試合喧嘩のノリで眼の奥が笑っていなかったし、フックもまるで容赦がなかった。結果的普通試合よりリンチ感が出てしまい、動画から嫌な空気が漂うことになってしまった。

増田的にはだいぶ大人げないという所感を持たざるを得なかった。無冠とは言え王者に近い男だ。運営側スターを守る気風があるとは言え、一般選手以上には強い。それが素人キック練習生を6~7割のガチカウンター込みのパンチボコボコだ。もはや体重差があるから、などという理屈通用しない。スタンド状態でKOがあってもおかしくなかったし、半分試合スパーとは言えない状態だった。

この人は結局王者でいることより街の喧嘩師でいることを選ぶのだろうか? 確かにスパーという名目でお互い口約束同意した場合事故があっても大きな責任には問えない。

コメント欄は相変わらず和を繕う声で満ち溢れていて、日和見主義に恐怖さえあった。

唯一の救いはパウンドマジでなかったところだけか。

2020-08-17

男性憎悪と「中王区」

ヒプノシスマイクというコンテンツ概要については省略します。

アパルトヘイトを持ち出すまでもなく中王区は間違っている。

自分に言い聞かせるけれど、どうしても中王区に憧れる気持ちが消えない。

あの壁の中は現実よりずっと幸せ世界ではないかと思ってしまう。

途中まで情報が少なくて勘違いしていたのだけれど、ヒプマイの世界はH歴が始まるまでは普通男尊女卑社会なのね。

コミカライズで乙統女がクーデター宣言したあとの人々の発言が顕著で。

(『ヒプノシスマイク-Before The Battle- The Dirty Dawg』1巻 track-1

「女が調子に乗ってんじゃねー」

「さっき映ってた偉そうなババアみたいにしてみろや!」

「女なんてのは男の道具なんだよ!」

「ざっけんなよ! 何が女主体だ!」

という感じで。ありふれた罵声が名もなき男性たちから叫ばれていて、作品の設定は戦時下だけれど、ベース現実と同じような社会なのだとわかる。

そう思うと中王区の、男性だけを圧迫する異常な政治カタルシスを感じてしまう。復讐心を満たしてくれるわくわくした気持ちになって、ざまあみろと言いたくなる。

まあみろ、これからはあの「偉そうなババア」が社会を作るんだ。彼女が「男」から権力を奪ってくれたんだ!

さて、とはいえ作中でも中王区は別に全ての女性が救われる世界ではない。

乙統女はクーデター成功させて、異常な政治男尊女卑社会を壊そうとしている。でもこれは壁の中に入れる選ばれた女のための世界だ。

壁の中に入れなかった女性たちは普通の延長線上の社会に取り残されているのだろう。

男性けが圧迫されることになった世界に、それこそ「クソ女ども」と憎まれながら。

(これは想像込みだけれど、作中の名もなき女性たちの生活がさほど変わっていないことを考えると劇的な変化は無いのだと思う)

それでも権力を手にして壇上に立っている三人を見ると夢をみてしまう。

たとえ壁の中に入れる選ばれた優秀な女にはなれなくても、彼女たちがその場所に居る世界なら。

性別理由に黙って減点するのをやめてくれって言っただけで、ま〜んとか、フェミガーとか罵られずに済むのかな。

一言一句、隙なく論理的にどんなときも冷静でないと許さないと言われながら、暴言と変わらない批判を繰り返されなくて済むのかな。

女に生まれてきたことが嫌になるような叩き潰されかたをしなくて済むのかな。

正しくないことを言えば、中王区への憧れはそんな感傷的なものだけじゃなくて。

強い女に庇護されたいとか。

勝った側の仲間でありたいとか。

性別を消費し返してやりたいとか。

この憎悪をすっきりさせてほしいとか。

だめなものもたくさんあるよ。

念のため言うと中王区がフェミニズムとはまったく違う思想だとはわかっているよ。

ただこうして、だめなところもわかっているけれど夢をみてしまうんです、って言い訳を書くのも、これ書いておかないと揚げ足を取られてボロクソにされるからなんだよね。

ヒプマイが中王区とどんな決着をつける結末になるかは期待はしていない。丁寧に作られた楽曲キャラクターと比べて、ストーリーがあまりに雑なので、無難に終わってくれたらいいほうだと思う。

せめて性別関係なく人間尊重される平和社会を作ろう、くらいの落としどころにならないかな。

女たちの中王区が男たちの正義制裁されるところ、見たくねえな。

2020-07-22

コロナウイルス危険だとか言ってる奴らってK-1イベントを散々文句言ってたけどあれ結局何もなかった。

危険を煽ってる奴らの言うことはだいたい嘘。

2020-07-21

おまえら、そろそろK-1にゴメンナサイしろ

あれで開催しても特に問題なかったじゃん。

俺は当時から一部の人否定のようなコメントは行き過ぎだと思ってたよ。

2020-07-15

久保優太vsピケオー

youtubeで今更見た。

久保選手技術勝ちですね☆」などのコメントが並んでるけど工作員K-1低迷期を彷彿とさせる"接近戦はクリンチ祭り雑魚フィジカル戦法"に色めき立ってるとかマジで正気か?

鎖国状態にして日本人ツエーwwwの現運営ビジネス的におりこうさんだと思うけど、クリンチ戦法の復権とか同じ轍を踏みまくってて変わらないなあと思ってしまった。まあもともと新生K-1には興味ないけど。

2020-07-10

おまえら、そろそろK-1にゴメンナサイしろ

あれで開催しても特に問題なかったじゃん。

俺は当時から一部の人否定のようなコメントは行き過ぎだと思ってたよ。

2020-07-04

anond:20200704180919

Wikipedia案件だが、暗記してる範囲で答えろと言われたらいくつかある。

まず総合格闘技への先見性があった。

実践喧嘩を重視していて、映画にも腕十字を決めるシーンがある。

あの時代総合を表舞台表現したのはリーくらいしかいなかった。

(ただし中国拳法自体擒拿術など武器格闘の側面もある)

ムエタイ選手にも戦って勝ってるし、彼のベースである詠春拳実践であることを証明している。

K-1番長ことジェロム・レ・バンナが彼の大ファンで、彼をして自らのウェイトのほうが大きなわりに、戦えばリーのほうが勝つ、とまで言わしめた。

バンナは彼を見て格闘技を始めたからだ。

リー詠春拳ベースとした(どちらかといえば路上系の)ジークンドーを創始した。

今でも世界中に会員がいる。

2020-06-22

anond:20200622104255

あれはK-1からあんなことになったんだぞ

プロレスだったらもうちょい試合になってる

2020-06-03

anond:20200603100108

あの基準そのままで再開したとして。

アリーナでも1000人限界とかなってもライブとか上手く儲けられるんだろうか。

連中の損益分岐点がどのくらいの客が入ればOKと設定されてたのか知らんけど、今許される上限まで入れても赤字になりそうな印象がある。

からK-1にかこつけて、上限緩和を陳情するような動きがいっぱい出てくるんじゃないかな、と思った。

それとも、まだその動きはないみたいだけど、いずれチケット値上げとかで対応するのかな。

anond:20200603094913

ならんだろ。

K-1は結局「観客に感染者がいなかった」パターン

感染者がいても感染が広まらなかった」パターンではない。

感染者が観客にいるかどうかは運任せのところが大きいし、

そもそも感染が拡大した今となっては参考にならない。

あんな一例だけで判断できるわけがない。

素直に論文を読め。

そういえば結局K-1コロナの件どうなったんだろう?

もしあれで大して感染が無いならそれはそれで重要発見になると思うのだが

2020-06-02

コロナ怖いのわかるけど野外ライブ別に中止にしなくても良かったんじゃないかなー

屋内でも椎名林檎のとかK-1とか患者出なかったんだし

2020-05-02

今考えてみるとK-1の開催は英断だった。

2020-04-25

K-1 に行った人の追跡調査は?

結局観戦者の中から発症した人は出たのだっけ?

いずれにしても、もう今後K-1イベントに大型の会場を貸そうという自治体はないだろうな

2020-04-22

エンタメ自粛について考えた結果心が折れてしまった件

エンタメ業界で働いている。

一部の熱狂的なお客様のいるジャンルの娯楽を作っている。 

4月中頃からリモートワークに切り替わり、今は自宅で日々を過ごしている。

先行きが見えないので当然で、出来る仕事は限られている。

一体どこから自分給料が捻出されているのか不思議で仕方ない。

こんな状況で生活が長く保つ訳がない。

 

SNSで、

エンタメ業界補償を!」

文化を維持するために救済を!」

という有難い声を見掛ける。

自分も、自粛まりかけ(休校要請あたりの頃)は、

「なんでマラソンはやってるのにエンタメ自粛なんだ!?

オリンピック開催の為の生贄じゃねーか!」

政治家が会食してんじゃねーよ!」

「#自粛給付はセットだろ!(例のタグ)」

などと憤っていた。

 

会社の問い合わせ電話口で「何故この状況でイベントを中止しないんだ」と一銭も落としていない奴から言われたときは、「じゃあお前がその分支払ってしてくれるのか?」と言いたかった。

結果的にそのイベントは中止になり、当然赤字となった。

散々叩かれていたK-1イベントもとても他人事には思えず、悪者のように取り上げていた報道には本気で殺意が湧いた。

「こんな時だからこそ無料配信します!」という大手エンタメ企業の波に焦りを感じていた。そんな体力はうちにはなかった。

このままでは経済的に死んでしまう。

そうこうしているうち、ウイルス封じ込めは失敗し、ライブエンタメ以外の自粛も始まり、今に至る。

憤っていた頃には分からなかった深刻な状況を理解しはじめ、「自粛したこと意味があった」と分かったことでやや気持ちが救われた。

ご存知の通り、エンタメ特にライブエンターテインメント業界は、いま瀬戸際状態だ。

弊社の名前エゴサしたところ「●●は大丈夫だと思うけど…」と言われていたが、そんなことは全然ない。貴方推しが散々世話になっているあの会社この会社も、明日潰れてもおかしくはない。大手の状況は知らんけど。その大手も雇っている、個人仕事を受けている大勢の裏方スタッフは、更にままならない状況下だと思う。

では、これからエンタメ業界はどうしていくべきか?

どうしたらクリエイタースタッフキャスト関係会社社員派遣アルバイト生活していけるのか?

三密を避けながら、これまで通りエンタメ本業として続けていけるのか?

 

恐らく、今後ライブエンタメから配信に乗り出す会社は増えていくだろう。

この状況でも(この状況だからこそ、の方が適切だろうか)Netflixは売上が上がっていて、そのほか配信界隈は好調のようだ。これから音楽ライブは勿論、お笑い声優ミュージカルダンスコスプレといった専門的なライブエンタメジャンルに特化したサービスが本格的に参入してくると予想している。家に居ながら提供できるもの模索していく流れにならざるを得ないのは事実だ。

 

しかライブから配信に切り替えるといっても、ドラマの収録も出来ず、ワイドショーリモート出演のこの状況では、以前と同じクオリティを保ったコンテンツを配給していくのは困難だ。ヘアメイクスタイリストカメラマン、照明、音響編集作家ディレクター…そういった本来多くのプロの手で作られていたものが、現状の急場しのぎでやっているものと同等のクオリティであるはずがない。

 

そして「餅は餅屋」というように、既に何年も配信の実績があり生業としているプロが既に居る。これだけ溢れている配信コンテンツの中で人気者になるには、そのための研究や才能といった何かしらのチカラが必要なはずだ。

配信は気軽」かもしれないが、「気軽に配信プロにはなれない」のではないかと思う。配信主はこれまでの生業での人気という貯金を切り崩していくことになるだろう。

 

また、キャストクリエイター独自に発信することは可能だが、裏方スタッフには仕事が回らない。稼働出来て、ヘアメイクスタッフスタイリストくらいだろうか、それにしても三密の環境は避けられないだろう。劇場ライブハウスで働く技術スタッフに関連させることは更に難しい。無観客イベントをするにしても、スタッフキャストは三密不可避だし、何より採算が合わないだろう。

 

最近話題に上がる再放送については、作品権利を持ってる会社には利益が入る可能性があるが、裏方スタッフにまでロイヤリティが入るという契約は聞いたことがない。

クラウドファンディングで有志から資金を募るにしても、不可抗力によるクオリティ限界が知れてしまっている状況では、これはもはや善意募金のようなもので、健全商売とは言い難く、このコロナショックの不景気最中では長続きしないと思っている。打撃を受けているのは何もエンタメ業界だけでなく、これまで応援してくれていたファン生活自体が危ぶまれている状況なのだから

公的補填なしに、これまで通りのエンタメの存続は難しいだろう。

現在エンタメ補償現実的ではないことを理解した上での、自分結論だ。

 

じゃあ、実際にエンタメ税金補償するとなった場合

何が基準となるのか?

文化価値優先順位妥当補償金額。これらを定義するのはとても難しいと思う。

 

エンタメ業界に限った話ではないが、天才、凡人、善人、クソ野郎、いろんな人がいて、才能がある者が必ずしも人格者ではなく、どうしようもない人間ほど人気があったりと、労力を掛けた分の報酬があるわけではない。

「この人は素晴らしい作品を創る」と思うこともいれば、「しょーもない作品創りやがって」と思うこともあった。

これはあくま自分感想であって、正反対感想を持つ人もいる。

人の数だけ感性があり、エンタメに何を求めるかは人それぞれ。

から文化価値本来平等であるべきだと思っている。

 

…という、自由度が高く将来性が未知数というエンタメ特性は、公的保障ととても相性が悪いと感じる。

もちろんエンタメが全くない社会ヤバい

でも、正直、逼迫しているこの状況で、これまで存在していたエンタメ全部が必要か?と言われると、そうじゃないんじゃないか

「この状況を乗り越えられない小規模エンタメは淘汰されるほかない」というのは、信条には反するが、そうかもなという気持ちもある。

アイドルはジャ●ーズ、お笑いは吉●、音楽は●●レコードアニメスタジオ●●、演劇劇団●●…というように、好き嫌いはあれど大多数の人が知っている国民存在社会エンタメを担うのはそれなりの体力のある会社に託されることなのかもしれない。

 

 

そして。そして何より。

 

現在進行形で、危険に晒され身を挺して社会を支える人がいる。

安全なところで文化的な活動をする人と、危険地帯生活を支えている人と、どちらがお金をもらうべきなのかは明白だ。

いま、限られたお金社会を成り立たせるために今最前線で戦っている人は、十分な恩恵を受けられているのだろうか?

 

病院患者を救おうとしてる人

支援必要なひとを預かってくれる人

生活必需品を届けてくれるお店や宅配の人

社会インフラを保つために働いてる人

困った人の相談対応をしている人

 

この人たちとエンタメ作ってる自分たちが、並び立って「お金をください」と言えるのか。そして、今後国から支えてもらうだけの社会役割を果たすことができるのか。

 

最後自分が考えるきっかけになったツイートを貼らせて頂く。

(すみません、埋め込み方が分からないのでURLです)

https://twitter.com/Pkn2zVN6iC1DHmX/status/1250599556472958976?s=20

 

知恵や技術物資での支援が難しい状況下、いま苦しい人の為になるものは何だろう。

絵? 歌? アイドル? Nintendo Switch? 総理大臣が自宅で寛ぐ映像

 

誰にとっても有難いのはやっぱりお金だ。あなたはこれだけ価値のある仕事をしてくれたと一番わかりやす可視化されるものだ。経済的だけじゃなく、精神的にも救われる。

 

昨日スーパースタッフ急募張り紙の時給を見て、混雑したレジをさばく店員さんの姿に「割に合わない」と感じてしまった。

この労働を「感謝気持ち」で済ませてはいけないのではないか

見合った対価を払わず人の良心に付け込んでいるだけではないのか。

 

もし自分最前線で働いてる立場だったら、安全なところで自分のやりたいことやってる文化人が国から補償が貰えるってなったら、「その金俺に回せよ!」ってブチ切れると思う。

 

これまでお世話になってきたエンタメ業界が辛い中踏ん張っている中、水を差すようなことを言って本当に申し訳ない。

自分自身、エンタメ業界しか経験せず年を取りつぶしが効かず、生涯独身のつもりだったので結婚の予定もなく、正直これから生活には不安しかない。

 

でも、いまは「エンタメ補償を!」と言う気持ちになれない。

 

たくさんの人に感動を届けたい。そう考えて就職して、作品を作った。

でも、本当にこれからも、必要なのだろうか。求められている活動なのだろうか。

自分たちの経済的事情ばかりを気にして、エンタメという文化を笠に着て、安全地帯に留まっているだけではないだろうか。

 

今一番辛い立場の人が元の生活に戻れたと感じる日まで、この気持ちは続く気がする。

その日まで自分エンタメを続けているだろうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん