「The Japan Times」を含む日記 RSS

はてなキーワード: The Japan Timesとは

2018-10-06

吉村市長ががサンフランシスコとの姉妹都市を解消した件の英語報道

ttps://www.npr.org/2018/10/04/654474739/osaka-ends-ties-with-san-francisco-in-protest-of-comfort-women-statue

ttp://time.com/5416425/japan-osaka-san-francisco-comfort-women-statue/

ttps://www.nytimes.com/2018/10/04/us/osaka-sf-comfort-women-statue.html

ttps://www.bbc.com/news/world-us-canada-45747803

ttps://www.japantimes.co.jp/news/2018/10/05/national/san-francisco-mayor-denounces-osaka-counterpart-unilaterally-ending-sister-city-ties/

ttps://edition.cnn.com/2018/10/04/us/san-francisco-sister-city-comfort-women-trnd/index.html

ttps://www.irishtimes.com/news/world/asia-pacific/osaka-drops-san-francisco-as-sister-city-over-comfort-women-statue-1.3652055

2017-11-29

https://anond.hatelabo.jp/20171129002307

続き

https://www.facebook.com/toshiyukimasui/posts/10155873099067498

望月という記者は、質問と称して一方的発言した後、「話は変わります」と言って別の話をはじめることによって回答が無かったかのように行動している。一方的他人非難して反論を認めない行動は全然質問ではないし卑怯である

https://twi55.com/isoko20171114/

https://www.facebook.com/toshiyukimasui/posts/10155827796537498

https://www.facebook.com/kent.gilbert.5/posts/1489204257837096

The Japan Times actually ran a relatively balanced piece about the comfort women issue on October 27th.

https://www.japantimes.co.jp/opinion/2017/10/26/commentary/japan-commentary/comfort-women-issue-far-black-white/#.WfbOuNBl82w

https://www.facebook.com/toshiyukimasui/posts/10155816700477498

> 続いて韓国教科書です。今回、私が一番驚いたのは、この韓国教科書に書かれた歴史観でした。この国の歴史観日本にとって脅威だといっても過言ではありません。世界教科書の中でも極めて珍しい、「テロリスト史観」によって貫かれているからです。「我が国の先達はここまで追い詰められ、テロをせざるを得なかった」、そういった歴史が延々と綴られているのです。

http://bunshun.jp/articles/-/4520

2017-03-02

海外でも報道され反響を呼んでいます

それがThe Japan Timesだった時の騙されたような気分。

2012-10-21

ペニーに関するJapan Timesによるファルケンボーグインタビュー

ペニーの一件が示した、日本成功するには技術だけでは足りないということ」

Penny situation shows it takes more than skill in Japan

The Japan Times, Sports Scope

By Jason Coskrey

原文: http://www.japantimes.co.jp/text/sp20120515jc.html

先週、ブラッド・ペニー日本を去るというニュースが出ると、一部の日本のファンは素早く、かつ過激な反応をみせた。

今となってはソフトバンクホークスの「元」選手となったこの投手を、ファンはツイッターで責め立てた。「デブ」「詐欺師」「第二の(ケイ) イガワ」...他にはここで書くことのできない俗悪な言葉もあった。

ペニーソフトバンクでのキャリアは基本的には64球(6失点、自責点4)で終わった。なので、彼はそもそもこのような反応を呼び起こすに足りるほど長くチームに在籍していたわけではないようにも思える。

この先発のあと、ペニーアメリカに戻り痛んだ肩の治療をした。その後、彼は短期間ホークスにもどり、そして退団を申し入れ、それを認められた。日本に住み、プレーすることに慣れることができなかったからだ。

「あるとき、(ペニー球団)双方がもう道を分かつほうが良いと確信したんだ。」ソフトバンクの抑え投手ブライアン・ファルケンボーグは言った。「彼はハッピーじゃなかった。チームもハッピーじゃなかった。だからお互いに別々の道をいくことに同意したんだ。」

「これで、ホークスも前に進めるし、ブラッドも前に進める。そこにしか和解がなかった。」

ペニー以前にも日本にうまく順応できなかった選手は大勢いるし、ペニー最後でもないだろう。ただし、多くの選手は少なくともシーズンの最後まではなんとか耐える。

このことが彼に上記のような辛辣言葉が浴びせられたおもな理由だ。ファンは、順応できずに葛藤する選手、あるいは順応できずに辛いときを過ごす選手は許すことができる。でも、(他にいい言葉がないのだが)「逃げ去る」だけの選手を堪忍することはできないのだ。

ペニーは、他の多くのケースと同様、日本野球レベルに通用しなかったわけではない。しかし、単に技術の問題なら、こんなにも多くの(外国人)選手日本野球から消え去るということはないだろう。

「多くの理解が必要なんだ」二度のNPBオールスターファルケンボーグは言う。彼はMLBでの6シーズンののち、2009年から日本でプレーしている。

「これは独自の野球文化、すこし違った仕方で物事を行う文化なんだ。アメリカより良くはなく、アメリカより悪くもない。ただ、"違う"んだ。」

NPBのチームは(外国人)選手技術に関しておおまかな情報を得ることはできる。でも、彼が新しい環境にどのように反応するかを知ることは、ほとんど不可能だ。

「誰が日本環境を気に入って、誰が気に入らないか、あらかじめ知ることのできる奴なんかいないよ」ファルケンボーグは言う。

「もし、違うチームにいたら僕の日本での経験は全く違ったものになっていたかもしれない。違う監督、違うシステムだったら、僕はみじめな思いをしていたかもしれない。別の街に住んでいたら、福岡でも三ヶ月も二軍に送られることになったら、僕はみじめなことになっていただろう。」

「(日本で)成功するかしないか日本野球を楽しむことができるかどうかには多くの要素が関わってくる。」

二度のセリーグMVPで、今日本での12シーズン目を迎えているアレックス・ラミレスは初めて日本に来た外国人選手に、アメリカで学んだことを忘れるように常々忠告している。

これは多くの選手にとっては難しい忠告だ。うまく従うことのできる者もいるし、そうでない者もいる。

日本でやっていくには、強い精神力、忍耐力、そしておおらかな心が必要だ。試合クラブハウス雰囲気言葉食べ物、住環境、移動状況、その他多く諸々の微妙な違いに選手達は順応しなければならない。

「こっちに来て、こっちの環境が気に入らない理由は人によって千差万別なんだ。」とファルケンボーグは言う。「レストラン英語のメニューがないから、街に出てレストランに入って食べ物を注文できないことが気に入らない奴もいる。福岡では車の運転の環境を凄く気にする奴もいるね。」

野球に関していえば、違ったやりかたで物事が行われるから、一部の選手にはそれを理解するのが、ただただ難しいんだ。」

日本での生活をうまくこなすことができずに、プレーをし、小切手を受け取り、義務を果たすや否や最初飛行機に飛び乗って去って行った選手は数多くいる。そして、対応する能力と、環境にしがみついていく忍耐のある一部の選手がいる。ペニーの最大の失敗は、この二つのカテゴリーのどちらにも属すことができなかったことだ。物事が大変になるやいなや、彼は退団し逃げ去った。彼は(またもや)日本野球スムーズに移行するには技術だけでは足りないということを示したことになったのだ。

「深いところまで飛び込んでいかなきゃいけないんだ。」ファルケンボーグは言う。「『まあ、ちょっと向こうまで行ってみて、どんなもんかやってみるか』っていうわけにはいかないんだよ。本気で行って、アメリカでやるのと同じように試合自分のプレーを捧げなきゃいけない。そしたら、こっちでの何らかの結果がついてくるんだ。」

ペニーの一件が示した、日本成功するには技術だけでは足りないということ

ペニーの一件が示した、日本成功するには技術だけでは足りないということ

Penny situation shows it takes more than skill in Japan

The Japan Times, Sports Scope

By Jason Coskrey

原文: http://www.japantimes.co.jp/text/sp20120515jc.html

先週、ブラッド・ペニー日本を去るというニュースが出ると、

一部の日本のファンは素早く、かつ過激な反応をみせた。

今となってはソフトバンクホークスの「元」選手となったこの投手を、

ファンはツイッターで責め立てた。「デブ」「詐欺師」「第二の

(ケイ) イガワ」...他にはここで書くことのできない俗悪な言葉もあった。

ペニーソフトバンクでのキャリアは基本的には64球(6失点、自責点4)で

終わった。なので、彼はそもそもこのような反応を呼び起こすに足りるほ

ど長くチームに在籍していたわけではないようにも思える。

この先発のあと、ペニーアメリカに戻り痛んだ肩の治療をした。その後、

彼は短期間ホークスにもどり、そして退団を申し入れ、それを認められた。

日本に住み、プレーすることに慣れることができなかったからだ。

「あるとき、(ペニー球団)双方がもう道を分かつほうが良いと確信

たんだ。」ソフトバンクの抑え投手ブライアン・ファルケンボーグは言っ

た。「彼はハッピーじゃなかった。チームもハッピーじゃなかった。だか

らお互いに別々の道をいくことに同意したんだ。」

「これで、ホークスも前に進めるし、ブラッドも前に進める。そこにしか

和解がなかった。」

ペニー以前にも日本にうまく順応できなかった選手は大勢いるし、ペニー

最後でもないだろう。ただし、多くの選手は少なくともシーズンの最後

まではなんとか耐える。

このことが彼に上記のような辛辣言葉が浴びせられたおもな理由だ。ファ

ンは、順応できずに葛藤する選手、あるいは順応できずに辛いときを過ご

選手は許すことができる。でも、(他にいい言葉がないのだが)「逃げ去る」

だけの選手を堪忍することはできないのだ。

ペニーは、他の多くのケースと同様、日本野球レベルに通用しなかった

わけではない。しかし、単に技術の問題なら、こんなにも多くの(外国人)選

手が日本野球から消え去るということはないだろう。

「多くの理解が必要なんだ」二度のNPBオールスターファルケンボーグ

は言う。彼はMLBでの6シーズンののち、2009年から日本でプレーしている。

「これは独自の野球文化、すこし違った仕方で物事を行う文化なんだ。ア

リカより良くはなく、アメリカより悪くもない。ただ、"違う"んだ。」

NPBのチームは(外国人)選手技術に関しておおまかな情報を得ることは

できる。でも、彼が新しい環境にどのように反応するかを知ることは、

ほとんど不可能だ。

「誰が日本環境を気に入って、誰が気に入らないか、あらかじめ知るこ

とのできる奴なんかいないよ」ファルケンボーグは言う。

「もし、違うチームにいたら僕の日本での経験は全く違ったものになって

たかもしれない。違う監督、違うシステムだったら、僕はみじめな思い

をしていたかもしれない。別の街に住んでいたら、福岡でも三ヶ月も二軍

に送られることになったら、僕はみじめなことになっていただろう。」

「(日本で)成功するかしないか日本野球を楽しむことができるかどう

かには多くの要素が関わってくる。」

二度のセリーグMVPで、今日本での12シーズン目を迎えているアレックス

ラミレスは初めて日本に来た外国人選手に、アメリカで学んだことを忘れ

るように常々忠告している。

これは多くの選手にとっては難しい忠告だ。うまく従うことのできる者も

いるし、そうでない者もいる。

日本でやっていくには、強い精神力、忍耐力、そしておおらかな心が必要

だ。試合クラブハウス雰囲気言葉食べ物、住環境、移動状況、そ

の他多く諸々の微妙な違いに選手達は順応しなければならない。

「こっちに来て、こっちの環境が気に入らない理由は人によって千差万別

なんだ。」とファルケンボーグは言う。「レストラン英語のメニューが

いから、街に出てレストランに入って食べ物を注文できないことが気に

入らない奴もいる。福岡では車の運転の環境を凄く気にする奴もいるね。」

野球に関していえば、違ったやりかたで物事が行われるから、一部の選

手にはそれを理解するのが、ただただ難しいんだ。」

日本での生活をうまくこなすことができずに、プレーをし、小切手を受け

取り、義務を果たすや否や最初飛行機に飛び乗って去って行った選手

数多くいる。そして、対応する能力と、環境にしがみついていく忍耐のあ

る一部の選手がいる。

ペニーの最大の失敗は、この二つのカテゴリーのどちらにも属すことがで

きなかったことだ。物事が大変になるやいなや、彼は退団し逃げ去った。

彼は(またもや)日本野球スムーズに移行するには技術だけでは足りな

いということを示したことになったのだ。

「深いところまで飛び込んでいかなきゃいけないんだ。」ファルケンボー

グは言う。「『まあ、ちょっと向こうまで行ってみて、どんなもんかやっ

てみるか』っていうわけにはいかないんだよ。本気で行って、アメリカ

やるのと同じように試合自分のプレーを捧げなきゃいけない。そしたら、

こっちでの何らかの結果がついてくるんだ。」

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん