「SKYACTIV」を含む日記 RSS

はてなキーワード: SKYACTIVとは

2018-05-31

anond:20180528220209

デミオガソリンエンジン SKYACTIV-G 1.5 ( アクセラ15S と 同じタイプ ) に 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R )を搭載したほうがふさわしい理由は、こちらでございます。(SKYACTIV-DRIVE と 同じ 6段変速にするため。)

アクセラ15S : SKYACTIV-G 1.5 + 6MT ( SKYACTIV-MT : C66M-R )

車両重量:1,280㎏( 15S の 2WD の SKYACTIV-G 1.5 + SKYACTIV DRIVE)

車両重量:1,360㎏( 15XD の 2WD の SKYACTIV-D 1.5 + SKYACTIV DRIVE)

デミオ15S : SKYACTIV-G 1.5 + 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R )

車両重量:1,040㎏( 13S の 2WD の SKYACTIV-G 1.5 + SKYACTIV DRIVE)

車両重量:1,150㎏( XD の 2WD の SKYACTIV-D 1.5 + SKYACTIV DRIVE)

1280-1040=240kg

1360-1150=210kg

まりデミオのほうがアクセラよりも200kg軽いのです。

あとは、デミオでは F66M-R の マニュアルトランスミッション の ほうが 、C66M-R の マニュアルトランスミッション よりも さらに 軽量化されているため 、明らかに 6MT採用したほうがふさわしいと思います

なぜなら、デミオディーゼルでも採用されているからです。

まりガソリンエンジンでも F66M-R の 6MT を 採用すればいいわけです。

もちろん、将来のデミオには、 SKYACTIV-X 1.5 にも対応させるため、SKYACTIV-MT は 6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

しろSKYACTIV-X 1.5 で ガソリンエンジンデミオディーゼル感覚運転できるように対応するためにも、6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

まりSKYACTIV-G 1.5 でも、デミオディーゼルマニュアルトランスミッション 6MT (F66M-R) と 同じタイプ運転できるようにするためにも、6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

そのため、SKYACTIV-MT は、 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R )を採用するべきです。(もちろん、15MB廃止です。)

あとは、動力性能の向上と 製造生産効率さら高まるからです。(15MB を 廃止することで、デミオ製造統一ができるからです。)

なぜなら、デミオ SKYACTIV-G 1.3 の SKYACTIV DRIVE でも、6段変速オートマチックトランスミッションからです。

※F66M-Rの6MTは、F35M-R型(以下 従来5MT)と比べたら、約52%のトルク容量アップ及び,6速化に対応しながら5%の軽量化を実現しました。 もちろん、シフトリンク機構も約17%の軽量化を実現しました。 もちろん、部品点数の削減と10%の軽量化を実現しました。

 F66M-Rの6MTは、F35M-R型(以下 従来5MT)と比べたら、23%の抵抗低減を図り,ベストインクラスとなる低抵抗化を実現しました。

 F66M-Rの6MTは、F35M-R型(以下 従来5MT)と比べたら、45%のオイル量低減と,撹拌抵抗の低減を実現しました。

 F66M-Rの6MTは、リバース専用シンクロ廃止を実現しました。

 よって、デミオSKYACTIV-G 1.5 でも F66M-R の 6MT絶対採用するべきなのです。

2018-05-28

これからMAZDA について思ったこと。( DEMIO / MAZDA2 AXELA / MAZDA3 ATENZA / MAZDA6 CX-3 CX-5 CX-8 ROADSTER / MX-5 ROADSTER RF / MX-5 RF対象です。 )

ラインナップは、このようにすればいいと思います。( DEMIO / MAZDA2 AXELA / MAZDA3 ATENZA / MAZDA6 CX-3 CX-5 CX-8 ROADSTER / MX-5 ROADSTER RF / MX-5 RF対象です。 )

DEMIO / MAZDA2 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 1.5(最高出力:77kW〈105PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:220N・m〈22.4kgf・m〉/ 1,400 – 3,200rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : F66M-R)

SKYACTIV-D 1.5(最高出力:77kW〈105PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:220N・m〈22.4kgf・m〉/ 1,400 – 3,200rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 1.5(最高出力:82kW〈111PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:144N・m〈14.7kgf・m〉/ 3,500rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : F66M-R)

SKYACTIV-G 1.5(最高出力:82kW〈111PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:144N・m〈14.7kgf・m〉/ 3,500rpm) + SKYACTIV DRIVE

デミオガソリンエンジンについては、完全にアクセラと同じSKYACTIV-G 1.5 を搭載したエンジンにすればいいと思います

なぜなら、15MBを完全に廃止すればいいと思ったからです。

15MBのSKYACTIV-Gエンジンは、ハイオク専用です。それに対して、アクセラSKYACTIV-G 1.5は、レギュラーガソリンエンジン対応しています

あとは、最大トルクが 148N・m〈15.1kgf・m〉/4,000rpm に対して,アクセラSKYACTIV-G 1.5 の 最大トルク が 144N・m〈14.7kgf・m〉/ 3,500rpm です。

まりアクセラSKYACTIV-G 1.5 + 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R ) のガソリンエンジンのほうが効率がいいということになるのです。

これからデミオは、アクセラSKYACTIV-G 1.5 + 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R ) と同じにして デミオの量産化を図ってください。

なぜなら、製造生産効率さら高まるからです。(15MB を 廃止することで、デミオ製造統一ができるからです。)

まりお客様のことを考えたら、そちらのほうがふさわしいということであること間違いありません。

しろデミオディーゼル車両重量がアクセラ車両重量よりも 180kg も 軽いため、 SKYACTIV-MT は 6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。(デミオディーゼル SKYACTIV-D 1.5 + 6MT(F66M-R):1,080 kg アクセラ SKYACTIV-G 1.5 + 6MT(C66M-R):1,260 kg)

あとは、F66M-Rは、C66M-Rよりも軽いため(もちろん、リバース専用シンクロ廃止されているため)、SKYACTIV-MT は 6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

もちろん、将来のデミオには、 SKYACTIV-X 1.5 にも対応させるため、SKYACTIV-MT は 6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

しろSKYACTIV-X 1.5 で ガソリンエンジンデミオディーゼル感覚運転できるように対応するためにも、6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

まりSKYACTIV-G 1.5 でも、デミオディーゼルマニュアルトランスミッション 6MT (F66M-R) と 同じタイプ運転できるようにするためにも、6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

そのため、SKYACTIV-MT は、 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R )を採用するべきです。(もちろん、15MB廃止です。)

あとは、動力性能の向上と 製造生産効率さら高まるからです。(15MB を 廃止することで、デミオ製造統一ができるからです。)

なぜなら、デミオ SKYACTIV-G 1.3 の SKYACTIV DRIVE でも、6段変速オートマチックトランスミッションからです。

CX-3 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

AXELA / MAZDA3 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : D66M-R)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

CX-5 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : D66M-R)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.5(最高出力:140kW〈190PS〉/6,000rpm 最大トルク:252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

・ATENZA / MAZDA6 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : D66M-R)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.5(最高出力:140kW〈190PS〉/6,000rpm 最大トルク:252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

CX-8 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

ROADSTER / MX-5 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-G 1.5(最高出力:96kW〈131PS〉/7,000rpm 最大トルク:150N・m〈15.3kgf・m〉/4,800rpm) + 6MT (SKYACTIV MT)

SKYACTIV-G 1.5(最高出力:96kW〈131PS〉/7,000rpm 最大トルク:150N・m〈15.3kgf・m〉/4,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

ROADSTER RF / MX-5 RF (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:116kW〈158PS〉/6,000rpm 最大トルク:200N・m〈20.4kgf・m〉/4,600rpm) + 6MT (SKYACTIV MT)

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:116kW〈158PS〉/6,000rpm 最大トルク:200N・m〈20.4kgf・m〉/4,600rpm) + SKYACTIV DRIVE

2018-04-03

MAZDADEMIO Diesel EngineSKYACTIV-D 1.5 の SKYACTIV-MT(F66M-R) について思ったこと。

MAZDADEMIO Diesel EngineSKYACTIV-D 1.5 の SKYACTIV-MT(F66M-R) について思ったことは、商用車専用も製造すればいいと思います

まり商用車専用コンパクトカー製造すればいいと思います。(もちろん、乗車人数は運転席と助手席の2人のみです。)

それ以外は、大容量のラゲッジルーム荷物専用)を用意すればいいと思います。(つまり、後部座席は大容量のラゲッジルーム荷物専用)です。)

もちろん、運転席と助手席とかなど、運転機器に関しては、乗用車専用のデミオと同じです。

もちろん、i-ACTIVSENSEを全部搭載してください。

2017-08-22

MAZDASKYACTIV - X (ガソリンエンジン) について思ったこと。

 MAZDASKYACTIV - X (ガソリンエンジン) について思ったことは、総排気量が 1リッター、1.5リッター、2リッター、2.5リッターを用意すればいいと思います

 なぜなら、さらに燃料代の削減ができると思ったからです。

 なぜなら、電気自動車火力発電所の燃料の消費量よりも、マツダスカイアクティブガソリンエンジンのほうが全然燃料の消費量が少ないからです。

 さらに、MAZDASKYACTIV - X (ガソリンエンジン) が世界中に広まれば、将来の世界中の燃料代が安くなると思ったからです。

2017-08-13

MAZDA SKYACTIV-X

将来のMAZDASKYACTIV-Xのエンジンについて思ったことは、デミオアクセラアテンザCX-3CX-5ロードスターの全部の乗用車に対し、一気にMAZDASKYACTIV-Xのエンジンを搭載して、一気に発売し、一気に大量生産すればいいと思います

将来のMAZDASKYACTIV-Xのエンジンについて思ったことは、MAZDA独自の軽乗用車の全部の乗用車に対し、一気にMAZDA自動車SKYACTIV-Xのエンジンを搭載して、一気に発売し、一気に大量生産すればいいと思います

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に地球大掃除ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に地球温暖化の削減ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に資源節約ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に燃費の削減ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に燃料の節約ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に楽しい車になると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に自動車生活環境が良くなると思ったからです。

2013-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20130529180618

これはどういう意味

プリウスは高速みたいな止まる必要のない道でこそ、最大限の効率を達成するのであって

ハイブリッド車ストップ&ゴーの多い市街地でこそ、最大限の効率を達成するのであって

高速だと余り意味ないよね。止まらないなら重量の分SKYACTIVの方が有利かも。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん