「CX-3」を含む日記 RSS

はてなキーワード: CX-3とは

2018-05-28

これからMAZDA について思ったこと。( DEMIO / MAZDA2 AXELA / MAZDA3 ATENZA / MAZDA6 CX-3 CX-5 CX-8 ROADSTER / MX-5 ROADSTER RF / MX-5 RF対象です。 )

ラインナップは、このようにすればいいと思います。( DEMIO / MAZDA2 AXELA / MAZDA3 ATENZA / MAZDA6 CX-3 CX-5 CX-8 ROADSTER / MX-5 ROADSTER RF / MX-5 RF対象です。 )

DEMIO / MAZDA2 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 1.5(最高出力:77kW〈105PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:220N・m〈22.4kgf・m〉/ 1,400 – 3,200rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : F66M-R)

SKYACTIV-D 1.5(最高出力:77kW〈105PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:220N・m〈22.4kgf・m〉/ 1,400 – 3,200rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 1.5(最高出力:82kW〈111PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:144N・m〈14.7kgf・m〉/ 3,500rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : F66M-R)

SKYACTIV-G 1.5(最高出力:82kW〈111PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:144N・m〈14.7kgf・m〉/ 3,500rpm) + SKYACTIV DRIVE

デミオガソリンエンジンについては、完全にアクセラと同じSKYACTIV-G 1.5 を搭載したエンジンにすればいいと思います

なぜなら、15MBを完全に廃止すればいいと思ったからです。

15MBのSKYACTIV-Gエンジンは、ハイオク専用です。それに対して、アクセラSKYACTIV-G 1.5は、レギュラーガソリンエンジン対応しています

あとは、最大トルクが 148N・m〈15.1kgf・m〉/4,000rpm に対して,アクセラSKYACTIV-G 1.5 の 最大トルク が 144N・m〈14.7kgf・m〉/ 3,500rpm です。

まりアクセラSKYACTIV-G 1.5 + 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R ) のガソリンエンジンのほうが効率がいいということになるのです。

これからデミオは、アクセラSKYACTIV-G 1.5 + 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R ) と同じにして デミオの量産化を図ってください。

なぜなら、製造生産効率さら高まるからです。(15MB を 廃止することで、デミオ製造統一ができるからです。)

まりお客様のことを考えたら、そちらのほうがふさわしいということであること間違いありません。

しろデミオディーゼル車両重量がアクセラ車両重量よりも 180kg も 軽いため、 SKYACTIV-MT は 6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。(デミオディーゼル SKYACTIV-D 1.5 + 6MT(F66M-R):1,080 kg アクセラ SKYACTIV-G 1.5 + 6MT(C66M-R):1,260 kg)

あとは、F66M-Rは、C66M-Rよりも軽いため(もちろん、リバース専用シンクロ廃止されているため)、SKYACTIV-MT は 6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

もちろん、将来のデミオには、 SKYACTIV-X 1.5 にも対応させるため、SKYACTIV-MT は 6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

しろSKYACTIV-X 1.5 で ガソリンエンジンデミオディーゼル感覚運転できるように対応するためにも、6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

まりSKYACTIV-G 1.5 でも、デミオディーゼルマニュアルトランスミッション 6MT (F66M-R) と 同じタイプ運転できるようにするためにも、6MT (F66M-R) を採用するべきであること間違いありません。

そのため、SKYACTIV-MT は、 6MT ( SKYACTIV-MT : F66M-R )を採用するべきです。(もちろん、15MB廃止です。)

あとは、動力性能の向上と 製造生産効率さら高まるからです。(15MB を 廃止することで、デミオ製造統一ができるからです。)

なぜなら、デミオ SKYACTIV-G 1.3 の SKYACTIV DRIVE でも、6段変速オートマチックトランスミッションからです。

CX-3 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

AXELA / MAZDA3 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : D66M-R)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

CX-5 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : C66M-R)

SKYACTIV-D 1.8(最高出力:85kW〈116PS〉/ 4,000rpm 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/ 1,600 – 2,600rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : D66M-R)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.5(最高出力:140kW〈190PS〉/6,000rpm 最大トルク:252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

・ATENZA / MAZDA6 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + 6MT (SKYACTIV MT : D66M-R)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:110kW〈150PS〉/ 6,000rpm 最大トルク:195N・m〈19.9kgf・m〉/ 2,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

SKYACTIV-G 2.5(最高出力:140kW〈190PS〉/6,000rpm 最大トルク:252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

CX-8 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-D 2.2(最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm 最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm) + SKYACTIV DRIVE

ROADSTER / MX-5 (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-G 1.5(最高出力:96kW〈131PS〉/7,000rpm 最大トルク:150N・m〈15.3kgf・m〉/4,800rpm) + 6MT (SKYACTIV MT)

SKYACTIV-G 1.5(最高出力:96kW〈131PS〉/7,000rpm 最大トルク:150N・m〈15.3kgf・m〉/4,800rpm) + SKYACTIV DRIVE

ROADSTER RF / MX-5 RF (SKYACTIV TECHNOLOGY)

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:116kW〈158PS〉/6,000rpm 最大トルク:200N・m〈20.4kgf・m〉/4,600rpm) + 6MT (SKYACTIV MT)

SKYACTIV-G 2.0(最高出力:116kW〈158PS〉/6,000rpm 最大トルク:200N・m〈20.4kgf・m〉/4,600rpm) + SKYACTIV DRIVE

2018-04-03

これからMAZDA の i-ACTIVSENSE搭載 グレードについて思ったこと。( DEMIO AXELA ATENZA CX-3 CX-5 CX-8対象です。 )

DEMIO AXELA ATENZA CX-3 CX-5 CX-8対象です。

 これからMAZDA の i-ACTIVSENSE搭載 グレードについて思ったことは、最低限これだけは全部の車種に搭載してください。

 なぜなら、安全性の向上と更なる生産力をあげてほしいと思ったからです。

・BSM と RCTA

HBC

・ALH

・DAA

・LDWS

360度ビューモニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)

・リアパーキングセンサー

アドバンストSCBS

・SCBS R

SBS

アクティブドライビングディスプレイ

2018-03-02

すごくイライラする人がいるんだけど理由がわからない。

この一年間、仕事を一緒にやってる2年目の後輩にすごくイライラしている。

だいたい3つ以上のことを順々にお願いすると最初のことが放ったらかしになっていたり、かける時間の割に出来が雑(10分でできることに1時間近くかかって、しかも去年の日付が残ったままとか)だったり、仕事の順序立てが悪かったり(3日前に頼んだ明日までの業務の前に、今日見つけてきた1ヶ月先の仕事をやってたりする)するわけだが、全く仕事ができないわけではない、言ったことはやるし、私が忘れていたこともやってはくれることもある。それに、2年目ならまだまだ仕事の整理や順序立てがおぼつかないのは当然だし、それは私が指導すべきというのが正論だろう。

あと思い当たることといえば、私が2年間躍起になって変えてきたことを否定された(その時理想は語ってくれたので、文書に起こしてと言ったらいつの間にか忘れられていた。)し、周囲の評価も高くないし、いかにも知識が薄い(CX-3miniどっちがいいと思いますか、と聞かれたとき全然車種違うぞって思ったり)とか、嫌いだからいろいろ目につくところは言えるんだけど、よく考えてみると、一般人ならそんなこともあるだろうと思う。まだまだ気に食わないところがあるのだけれど、もはやそれは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」のレベルのように思う。

理由なく人を嫌うのはプライベートのつきあいなら切ればそれで済む話だが、仕事上のつきあいだし、ましてや仕事を一緒にやってる後輩なのだから指導や助言、協力するのは義務だろう。しかし、それらも忘れられることもあって、どんどんやる気が減退していく。私は上司からは今年度で異動が確実と言われているので、今の仕事のことを何とか伝えなきゃいけないのだけれど、どうやったら伝わるのだろうか、と日々悩んでいるのだけれど、相変わらず後輩はマイペース仕事しているのでイライラがまた募っていくのである、どうすりゃいいんだ。

2017-09-06

MAZDAサポートカーS について思ったこと。

MAZDAサポートカーS について思ったことは、デミオアクセラアテンザCX-3CX-5ロードスターの全部の車種へ、完全に標準装備してほしいと思います

なぜなら、安全第一だと思ったからです。

なぜなら、中古車でも安全装置が完全に標準装備してほしいと思ったからです。

とにかく、事故が起きた時はホントに遅いと思うからです。

とにかく、ぶつかったときホントに遅いと思うからです。

2017-08-13

MAZDA SKYACTIV-X

将来のMAZDASKYACTIV-Xのエンジンについて思ったことは、デミオアクセラアテンザCX-3CX-5ロードスターの全部の乗用車に対し、一気にMAZDASKYACTIV-Xのエンジンを搭載して、一気に発売し、一気に大量生産すればいいと思います

将来のMAZDASKYACTIV-Xのエンジンについて思ったことは、MAZDA独自の軽乗用車の全部の乗用車に対し、一気にMAZDA自動車SKYACTIV-Xのエンジンを搭載して、一気に発売し、一気に大量生産すればいいと思います

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に地球大掃除ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に地球温暖化の削減ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に資源節約ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に燃費の削減ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に燃料の節約ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に楽しい車になると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に自動車生活環境が良くなると思ったからです。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん