「(500)日のサマー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: (500)日のサマーとは

2018-10-25

アメリカ映画必見リスト(2)

↓の続き

https://anond.hatelabo.jp/20181025112507

1999年

ファイト・クラブ

マグノリア

マルコヴィッチの穴

アイズ・ワイド・シャット

スター・ウォーズ エピソード1~3

マトリックス

アメリカン・ビューティー

ストレイト・ストーリー

2000年

トラフィック

レクイエム・フォー・ドリーム

あの頃ペニー・レインと

グリーン・デスティニー

メメント

キャスト・アウェイ

2001年

A.I

ロード・オブ・ザ・リング

地獄の黙示録 特別完全版

マルホランド・ドライブ

バーバー

イン・ザ・ベッドルーム

チョコレート

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

アザーズ

ゴーストワールド

2002年

ボウリング・フォー・コロンバイン

25時

ギャング・オブ・ニューヨーク

スパイダーマン1・2・3

ボーンアイデンティティボーン・スプレマシー/ボーン・アルティメイタム

アバウト・シュミット

さよなら、さよならハリウッド

パンチドランク・ラブ

ファム・ファタール

エデンより彼方に

2003年

キル・ビル Vol.1/Vol.2

エレファント

ミスティック・リバー

ロスト・イン・トランスレーション

ビッグ・フィッシュ

21グラム

2004年

クラッシュ

華氏911

ミリオンダラー・ベイビー

2005年

宇宙戦争

ミュンヘン

ブロークバック・マウンテン

ヒストリー・オブ・バイオレンス

カポーティ

キング・コング

ジャーヘッド

グッドナイト&グッドラック

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

ニュー・ワールド

イン・ハー・シューズ

ボブ・ディラン ノー・ディレクションホーム

ブロークン・フラワーズ

2006年

父親たちの星条旗硫黄島からの手紙

今宵、フィッツジェラルド劇場で

インランド・エンパイア

リトル・チルドレン

トゥモローワールド

アポカリプト

スキャナー・ダークリー

レディ・イン・ザ・ウォーター

リトル・ミス・サンシャイン

ブラック・ダリア

ボラット

2007年

ノーカントリー

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

イントゥ・ザ・ワイルド

ゾディアック

グラインドハウス

リダクテッド 真実の価値

JUNO

扉をたたく人

アメリカン・ギャングスター

コッポラの胡蝶の夢

アイム・ノット・ゼア

2008年

ダークナイト

チェンジリング

グラン・トリノ

レスラー

ウォーリー

チェ

ハート・ロッカー

ランボー 最後の戦場

フローズン・リバー

アメリカンティーン

レイチェルの結婚

ミルク

2009年

ウォッチメン

第9地区

イングロリアス・バスターズ

アバター

インビクタス 負けざる者たち

闇の列車、光の旅

かいじゅうたちのいるところ

(500)日のサマー

プレシャス

スペル

2017-12-27

未熟者、クリスマスに振られる。

28歳にして、初めてのちゃんとした彼女だった。



相手はかなり高嶺の花だった。同い年だが、かなり格上だった。


今年の5月ごろにアプリ出会い8月から付き合い、落語バレエミュージカルと楽しく過ごした。

クリスマスイブも楽しくデートして(正確に言うと、したつもりだった)、翌日のクリスマスの夜に振られた。

年末にかけてあまり会えずにいて、予感はあった。

付き合う前に、相手Amazon Primeおすすめ映画として「(500)日のサマー」をあげてしまった。まぁ、その辺りからそんな結末の予感はあったのかもしれない。

絶対にうまくいかないなぁ、などと考えてしまっていた部分はあり、自分自分で嘘をついてしまっていたのかとも思う。

とまぁ、強がってはみたが「振られた」と言うショックは自分の生きてきた28年間の中で初な訳で、尋常ではないダメージを受け、かなりボロボロな感じである。(仕事には支障をきたさぬようにせねば)


しかし、そのショックを受けたことで、改めて自分自身を気付かされた。

中途半端で幼稚であまちゃん」な自分を。


改めて生まれてこのかた、なんとなくで大体であったんだなぁと思う。


幼少期にヴァイオリンを仕込まれ、好きでもなくなんとなく続け、ヴィオラになんとなくたどり着く。なんとなくなので、結局のところさほど上達もしていない。速いパッセージ日和るし、音程も外すし、そもそも読譜尋常じゃなく苦手だ。幼少期の指番号で弾く感覚のままなので、弾いててすぐにお手上げになる。

どこかで、歩みを止めて変えなければいけなかった。ただ、してこなかった。


中学受験に塾に通わされ、ドリルなどさほどやらなかっったが、なんとなく慶應入学した。しかも補欠合格だった。それから、何か究めんとすることもなくただなんとなく過ごした。

中学自由研究では賞をもらったし、高校の時には論文が全校生徒から選ばれ冊子に載った。すごく頑張ったと言うか、なんとなくやって、グータラして乗り切れてしまっていた。

そのままエスカレータで、大学に入った。経済学部だった理由は多分明確にはなかった。なんとなくカッコ良いかである。そのまま、普通に進級した。3年になった時、就活を目の前にして自分の中に迷いが生じた。このままで良いのかと。そして、留年した。


留年したら、何か変わるか。

そんなことはなかった。


元来の自分の人付き合いの苦手さが増し、ゼミもなんとなく抜け、授業にも一切いかなくなった。

2回目の3年は、多分一切単位を取らなかったと思う。当然また留年した。

そして、3回目の3年は卒業しなくちゃと言う気持ちで通った。なんとか4年になった。

ただ完全に人とは話してなかったと思う。コミュニケーションがとにかく苦手なのだ


心配した母親セミナーに連れ出し、そこでの恩師との出会いから多少元気になり4年の後半社会復帰し、人との交流もする様になった。

ただ、就活をしていなかったため、独学で公務員を目指すと言う名のもと空白期間をし、試験の落ち着いた夏就活をしてみた。公務員試験勉強の数的処理がIT親和性が高そう、なんかITかっこいい。そんな感じで、面接を受け、今の会社へ入った。小さい会社だが、社長が魅力的な人だった。


そして、社会人生活が25歳の秋から始まった。


ITと言うと聞こえは良いが、SIer下請け孫請けと言う様な会社だった。クラウドシステム構築を行った。1ヶ月目にはテスターとして駆り出され、4ヶ月目には大手SIerに常駐した。

駐中コミュニケーションが苦手で、人に聞いたりするのは苦労した。

1年がたった頃、常駐を終了し、自社での持ち帰りの開発案件に参画した。

とにかくがむしゃらに働いた。

10から24時、土曜・日曜日も出たし、徹夜作業もした。


開発は楽しかった。

ただ、その中でもやはりコミュニケーションは苦手だった。人に聞く、相談するのは苦手だった。

開発の他に、テスターマネジメントを頼まれたが十分に期待に応えられたとは言えなかったと思う。


結局自分自身マネジメントできていない。なんとなく辿り着いて居るやつには、人を管理すると言うのは荷が重かった。遅延させ、徹夜&増員で事態は乗り越えた。


その後、去年27歳の秋、とある大企業に常駐する様になった。

常駐先の男性のチームリーダーがとにかく魅力的だった。パワフルで、カッコよかった。

緊張しながらも、意見をしていき、そのリーダーに認められ、案件としても拡大していき、自社の仲間も一緒に常駐するまでになった。


そのリーダーは色々教えるのが好きで、本当に色々教わった。

自分も成長した気でいた。


そして、今年の5月彼女出会った。

ちょうど自分に自信がついてきていたし、付き合うとこまで行ったのだろう。


そんな5月、憧れのリーダー転職を決めて去って行ってしまった。

ショックだったが、仕事はそう言うものなのだろうと思い、自分がそのリーダー役割をと思ったが、所詮は成長した気だけであり全然ダメだった。

要件定義マネジメント能力・育成・ロジカルどれもこれも未熟者半端者だった。元来のコミュニケーションの苦手さが原因かもしれない。

プロジェクトがポシャったり、遅延したりした。


とまぁ今まで大体が、なんとなく流されてたどり着き、失敗してもそれで良しとしていた。

中途半端でちゃんと継続して地肉になっていない、変わっていないそんなまま、今になっていた。


プロフェッショナルとしてとことんやっていたのか。

ちゃんと成長してきたのか。身につけてきたか

ダメだったのだろう。不十分だったんだろう。


自分ダメさが、彼女に振られることへ繋がったのだと思う。


職場が元リーダーがいなくなり刺激的でないとかは言い訳だろう。

自分が至らない部分が多いのだろう。

自分自身に甘えて居るのだろう


しっかりと目標を立てて、考えて計画して行動する。成長する。


来年クリスマス、その時もおそらく彼女はいないと思う。ただ、ちゃんと成長した大人になった自分になっているはずだ。そして、振ってくれた彼女にも感謝できるくらいの器量はありたい。

20代もあと2年弱。もう時間はない。

2016-05-06

この映画を好む人間ヤバい! 2016 男編&女編

作品クオリティ自体とそれを好く人間のヤバさは関係ありません。



男編


1. 『ダークナイト』(成熟しきれてない)

2. 『レオン』(どんなに言い繕ったところでロリコン

3. 『スターウォーズ』(見た目も生き方もアレ)

4. 『桐島、部活やめるってよ』(ルサンチマンが強い)

5. 『愛のむきだし』(ダメサブカル人間である可能性が強い)

6. 『ガールズ・アンド・パンツァー』(オタクというわけでもないかもしれないが、ほぼ確実にアレ)

7. 『レザボア・ドッグス』(マスキュリンでぼんくらという最悪な取り合わせ)

8. 『ファイト・クラブ』(軟弱な文科系であればある分だけダメさが比例する)

9.コマンドー』(ユーモアセンス勘違いしている可能性が高い)

10. 『ホット・ファズ』(主体性のない人間



女編


1. 『塔の上のラプンツェル』(高確率メンヘラ

2. 『アメリ』(高確率メンヘラ

3. 『ベティブルー』(高確率メンヘラ

4. 『ビューティフル・マインド』(支配欲の強い差別主義者)

5. 『KING OF PRISM』(ドラッグ中毒

6. 『かもめ食堂』(ほぼ確実にサイコパス

7. 『ゴースト ニューヨークの幻』(高確率メンヘラ

8. 『新しい靴を買わなくちゃ』(白痴である可能性が高い)

9.ルビー・スパークス』(高確率メンヘラ

10. 『マレフィセント』(倫理道徳が欠落している)



[追記]

「『(500)日のサマー』や『バッファロー'66』が入ってないのは手落ち」というご意見に関しましてはまったく仰る通りであり、『この映画を好む人間ヤバい!』編集部におきましては慙愧の念にたえません。

2010-01-13

運命だった

今日仕事帰りに「(500)日のサマー」っていう映画を見てきた。渋谷なんて今じゃめったに行かないし、場内はカップルだらけだし、最初は来るとこ間違えたなと思ったけど、映画が終わる頃にはガン泣きで、これはおれの映画だって思っていた。他にもそう思ったやつがいたら、そいつとはいい酒が飲めそうだ。

あ、最初に書いておくけど、これは映画感想じゃないよ。

以下おれの話。

当時、おれはある居酒屋バイトをしていて、バイト代のほとんどを近所のレコ屋に費やしていた。

ある日、そのレコ屋に新しいバイト女の子が入ったって話を聞いて、休憩時間制服のまま、見に行ったことがあった。第一印象は「地味」だったけど、黒髪がつやつやしてんのと、表情が明るいのはちょっといいなとおもった。

でもそれだけ。おれはカウンターを通り過ぎ、いつも通り新入荷とエサ箱だけチェックして店を出た。

それから数ヶ月過ぎた頃、朝まで飲んだ帰りで、めずらしく午前中にそのレコ屋に行ったときのことだ。

店内には彼女だけがいて、かかっていたのは、あんまり有名じゃないかもしれないが、当時おれが一番好きなバンドだった。

気になってちらちらとカウンターを見ていると、彼女は店内に客が少ないのをいいことに、レコードプレイヤーCDプレイヤーを使って次々と好きな曲をかけているようだった。信じられないことに、そのどれもがおれが好きな曲で、正直おれのためにかけてるんじゃねーかと思うくらいだった。

それがきっかけで、おれは彼女意識するようになった。彼女カウンターにいるときを狙って、彼女の好きそうなレコードばかり買った。一度、今かかってるのは何か、とたずねてみたこともあるが(もちろん知っていてきいた)、対応はそっけなくてひどく落ち込んだ。

彼女とはじめて話をしたのは、彼女と同じレコ屋に友だちがいるバイト仲間がセッティングしてくれた飲み会でのことだ(合コンではない)。

シフトあがりで少し遅れて飲み屋に行くと、すでに飲んでいたらしい彼女は笑って手を振り、「ずっと話してみたいと思ってたんです」と言った。きいてみると、あの朝にかけてた曲も、おれが好きそうなの選んでかけてくれていたらしい。その日どうやって口説くかばっかり考えてたおれは、こりゃ運命じゃなきゃ嘘だろと思った。

そこから先はとんとん拍子だ。おれたちは連絡先を交換し、休みの日に映画を見に行った。その帰りに、俺は彼女に付き合ってくださいと言った。彼女は、付き合うとかよくわからないと言ったが、おれのこと嫌いですかときくと、そんなことはないと言った。「じゃあいいじゃん」といって、おれたちは恋人同士になった。

彼女といると話題は尽きなかった。彼女は良く笑ったし、笑うのを見るたびにおれは安心した。デートにはいつも、彼女に貸すものを持っていき、それを返してもらう口実でまた次の約束をした。

しかし彼女大学生で、おれはフリーターだった。そのうち、学校で何してんのかなと考えるだけで不安になった。いちど、彼女大学に遊びにいったことがあるが、大学に通ったことのないおれには異世界に思えて、具合が悪くなった。

だんだんと、おれは彼女をうたがうようになった。学校が忙しいというのは嘘だと思った。不機嫌そうな顔をしていると、彼女は必ず心配してくれるので、おれはそれを繰り返すようになった。彼女はあまり笑わなくなってしまったが、自分でもどうしていいのかわからなかった。

なんでいつも機嫌が悪いのか、と彼女がきいたとき、おれは何も言えなかった。いつまでもだまっていると、彼女は泣きながら「もう無理」と言った。おれのこと好きですかときくと、彼女はだまって首を振った。

付き合った期間は半年キスはしたけど手はつないでない。最後の方にいちどだけ、無理やりつないでみたけど、手に全然力が入ってなくて悲しかった。セックスは2回だけ。お互い実家だったしな。

まあそんな具合で、彼女とおれは別れた。

そしておれはなぜか怒っていた。最初から彼女はおれのこと好きじゃなかったんだなと思い、ムカついて仕方なかった。見返してやりたくて、すぐに別な女とつきあったが、そうこうしているうちに彼女はレコ屋を辞めてしまい、会うこともなくなった。

いざ会えないとわかると、おれはすげー落ち込んだ。お約束すぎて笑えるが、酒とパチンコにハマったりもした。

当時の彼女は、そんなおれの愚痴を嫌な顔ひとつせずにきいてくれ、おれは感動のあまり「おまえと親友になりたい」と言い、うまれてはじめてビンタされた。それが4年位前。

で、「(500)日のサマー」の話だけどさ、ダラダラと書いたおれの思い出話とは、音楽がきっかけってくらいしか似てない。

ただひとつでかいのは、ラストシーンサマーをみて、ああ彼女幸せに暮らしてるといいなって、たぶん初めて思えたことだ。

おれは彼女が好きだった。でもうまくやれなかった。それが運命だったってやっとわかった。

こんなこと書いてるの、嫁にばれたら恥ずかしいので、はじめて増田に書いた。読んでくれた人ありがとう。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん