「黒字倒産」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 黒字倒産とは

2019-08-18

残業あるところに成果なし

突発的なトラブル対応みたいに一時的に(2~3日くらいとか)業務量が上がることは仕方ないと思うけど。

そうじゃない、慢性的残業しているところは成果出てないと思う。

成果が出ないか残業していないではなく、残業してるから成果出ない。

目先の作業をとにかく片付けるだけになってる

残業状態ではとにかく目先の業務を片付けることが第一目標になる。

その業務本質とかそういったことはどうでもよくて右から左に。

それがちゃん効果を上げるか、行ってもよいものかどうかなどは全く考慮しない。脳死状態で手を動かすことが第一

業務以外のことはどうでもよくなる

たとえば1日3時間残業すると、休憩含めて拘束時間12時間

通勤が往復2時間とすると14時間。残り10時間で飯風呂睡眠その他の雑務になる。

6時間も寝たら4時間しか残らないな。

それを週5でやるわけだから当然、人生の5/7はただ生きてるだけになる。

週末にはへとへとになってるから寝てるくらいしかやることができない。

そういう生活だと人生で一番詳しいのが仕事って状態になるので、仕事しかすることができなくなるし、他に興味もなくなっていく。

(残業ゾンビが家に帰ってもやることがなかったり、定年後にすることがないみたいな状態になるのはこれ)

ただ本当に仕事をするうえで大切なインプットを根こそぎ落としてしまっているので、できることは脳死作業になるから別にスキルが上がっていくわけでもない。

信じられないミスが増える

正常な判断力を失った残業ゾンビが行った作業はどんどん信頼性が低下していって、後から見返すとどう考えても正気じゃないミスが含まれている。

だけど本人もそれをチェックした側も誰も気づけない。誰も正常な判断ができないから。

そういったミスは成果に対して価値のないマイナスとなる。それを防ぐという名目で役に立たないチェック作業会議が増えて残業時間けが増える。

残業ゾンビ残業ゾンビをつくる

これは本当に実感があるのだが「俺が残業してるんだからお前らもしろよ」って気持ちになる。もちろん相手の都合など関係ない。

体調不良だろうと家族の看病だろうと「ほーん休めるっていいご身分だな、仕事しろよ」って感想しか出なくなってくる。

敬意を払う基準が成果や能力では無く労働時簡になる。政治的に正しくないのはわかっているし、もともと自分もそういう考えは大嫌いだったはずなのでまだ口には出していない。

---

では単純に残業をやめればいいのだけど、すでに残業蔓延しているところはそれができない。

長時間労働が「当たり前」になっている

業務スケジュール長時間労働前提になっている。業務量や会議時間なども。

まり残業込みで100%と認識されてるから残業を除くことが出来ない。

たとえば月20日労働で160時間。1日2時間残業残業40時間とすると労働時間の合計は200時間

残業無しの160時間から考えると1.25倍の成果(=アウトプット)が出ている。

逆に200時間基準にすると、160/200=0.8となり残業無しの時間は8割の成果(=アウトプット)しか出せなくなる。スケジュールに影響する作業である

から残業をやめる場合一時的に「達成目標が2割減」になることを許容しなければいけないが、目先のことしか考えない残業企業はそれができない。(できていたらとっくにやめてる)

一時的に」と書いたのは、普通のペースに戻せば残業状態に起因する価値のないマイナスが減り、そのぶんの労力を効率化に回すことによって処理量を回復させる可能性があるからである

(とはいえ残業状態100%と認識されていると、何をしても「残業無しでこれなら残業していたらもっと成果がでていた。評価低」と難癖つけられるので業務効率化をするメリット従業員側にないけれど)

すでに残業代を払っているから働かせないと「損」

これは巷に蔓延るみなし残業企業の言い分である

あれはもともと「実質残業込み労働契約」だと考えられているから、昨今の働き方改革はしごを外されたようなものだろう。

みなし45時間場合は、「1日10時間労働」と解釈して入社するのが正しい。「仕事が早く終わったら早く帰れるから残業代分お得」とか考えるのはあんころ餅より甘い。なぜなら「仕事は前倒しで片付ける」のが残業仕草からである

ちなみに裁量労働も似たようなもので、あるのは「残業する裁量」のみとなる。

残業しないと生活できない

これはこれで割と居る。それもそのはず、基本給で年収300万の人でも月40時間残業が0になると、年937,500円のマイナスになるからかなりごつい。

1日2時間残業をやめるだけで年収100万近く下がるとなるなら、残業した方が楽に決まってる。

---

以上により、残業企業では本当の意味での成果(=売り上げ、利益事業スケールアウト)を出していくことが難しい。

どころかむしろ、消耗した従業員の取り替え先がみつからないと事業規模を縮小することにすらなる。(人手不足黒字倒産というやつである)

まっとうな企業は「仕事をする→余暇で疲れを癒やす情報仕入れる→仕事に生かす→成果に繋がる」といったホワイトサイクルを回して成果を積み上げていけるのだけど、残業企業は「仕事をする→仕事をする→仕事をする→退職過労死」のバッドエンドしかない。

ただ前述したように、すでに残業に染まっているところが抜け出すのはよほどの覚悟(一時的に成果2割減)が必要になる。

まだ残業ゾンビになっていない労働者にできるのは、残業企業に近寄らないことである

・みなし残業企業を避ける (裁量労働は注意深く避ける)

残業時間の平均を見る (平均取って月30hなどと言っているところは、押し上げているものが多数存在するってことだ)

企業理念や話を聞く (お客様第一とか言っているところは、従業員健康二の次ってことだ。あと自分で考えて動ける人材とか言っているところも注意深く避ける。むしろマネジメント層が何も考えてなくて自分で考えて動かないと駄目なだけかもしれなくて、そういうところで求められる「自分で考えて動く」こととは「自分で考えて残業する」ことである)

リスクヘッジとしてはまず、みなし残業企業機械的に避けておくことをお勧めしたい。あとは企業によるので自分の目で確かめてくれ。

2019-04-21

終身雇用は悪なんだろうか

最近経団連会長終身雇用無理とか言ってたんだけど、ひとつ会社に関わり続けて経験を積むこと自体は悪いことじゃないと思うんだよな。

特にこれからは、製品を作りきっておしまい、じゃなくてサービスとして長く続けていかないといけないし。そうすると汎用的なスキルだけじゃなくて、そのサービスに対する経験値が重要になってくる。サービスは続いていくものから最初に作ったものから時代に合わせて変化していくし、それを閉じることになったとしても、その経験を生かして次をスタートさせることもできる。

そういう意味残業を抑えたり労働環境を良くしたりと、負荷を下げて「短期的な成果より長く続けられること」を目指さないといけないんじゃないかって思ってる。逆に従業員を消耗したら使い捨てにしている、定着率の悪いところはサービスを続けることが出来なくなって、黒字倒産みたいな形になるんじゃないか

日本終身雇用年功序列かいうののセットになって語られているため、若者搾取イメージしかなくなっちゃってるんだけど、年功序列を外して「正しい報酬で長く働いて貰う」とすることが、これから目指すべきところなんじゃないかね。

2019-01-25

anond:20190125171013

会社倒産するのは赤字からじゃないぞ。黒字倒産する会社もあるんだよ。黒字倒産でぐぐってみよう。

2017-12-19

カルビーにまつわる思い出話

そろそろ人生手仕舞いしようかという時期に差し掛かったウチの父親ときどき昔の話をしてくれる。戦後すぐのドサクサの話は、それなりにおもしろい。

カルビーのことがニュースになっていたので、思い出した。そういえば、カルビーの出てくる話もあったなと。

老人の昔語りを、別に記録もとらずに聞いたうろ覚えの内容だから事実とかなり違うことがあるかもしれない。虚偽が混じってしまったら、まあそういうもんだと笑って流してもらえればありがたい。

_____________________

親父は、大阪で袋屋をやっていた。包装資材問屋だ。それも戦後すぐ、物資が不足している時にうまい具合に包装紙を手に入れるツテがあったこから気がついたら事業ができていたという、伝統も何もない若い会社いちばん下っ端の小僧だった。創業すぐの頃は朝鮮人が闇でつくって売る飴の包装紙の卸売がメインの仕事だったが、すぐに広島にあったカルビーが大量に注文をくれるようになった。親父は、リュックサックを背負って店の前に現れたカルビー社長を覚えているという。やがて商売の半分以上はカルビーにぶら下がるようになった。

カルビー創業者は、米軍とのコネ小麦粉砂糖の払い下げを確保し、それをもとに商売を広げていた。広島原爆で荒廃していたが、その原爆商品名に入れるような宣伝もやっていた。いまでは考えられないかもしれないが、「原爆=スゴイ」というポジティブイメージも当時はまだあったのかもしれない。

そのカルビーが、倒産した。発注生産が追いつかない黒字倒産だったらしい。親父はオート三輪に乗り込んで債権を回収しに広島に向かった。

たまたま親父の会社倉庫が空いていたのを、カルビー大阪支店代わりに借りていた。最終的にそこを差し押さえることで、親父の会社破滅的な損害は免れた。

黒字倒産だったのでカルビーはすぐに復活した。ただ、それを期に、親父の会社は、少ない大得意にぶら下がるような商売をやめ、小口顧客を広く求めるような経営方針に転換した。たまたまポリエチレン袋が普及を始める時期で、包装紙からプラスチックへと主力商品を転換することで、親父の会社も急成長を始めた。カルビーとはそれっきり縁が切れた。

_____________________

古き良き時代みたいに言われる戦後復興から高度成長期だけど、あの時代、けっこう倒産も少なくなかった。倒産した会社からぶんどってきた半端な品物を親父が持って帰ってきたことも記憶に残っている。時期的にいってカルビーのものではなかったはずだけれど、オマケのおもちゃとかも差し押さえたとか言ってたから、ひょっとしたらそういうのも家に転がっていたのかもしれないなと思う。

そんな波乱万丈を経て、押しも押されぬ有名ブランドとなったカルビー。ま、たいしたもんだよな、とも思う。


どうでもいい昔の話でした。


追記:ブコメ情報ありがとう

http://b.hatena.ne.jp/entry/352161724/comment/ustar

そうか、昭和28年倒産だったんだな。

陸軍倉庫跡に会社をつくったのは、そういえば親父も話していたわ。そっから持ちだした物資がけっこうあったとか言ってたけど、まあ、噂レベルだろう。

掴まされた不渡り手形、なんか最終的にうまいこといったような話もあったんだけど、覚えてないな。また聞いとくわ。

2016-11-08

http://anond.hatelabo.jp/20161107104928

これをなんとかしようとしてるのがリフレ派なんすよ。

景気を良くして中小企業収益回復させてブラック化せずともよいようにする。

または、景気の回復によって雇用を増やすことによって、ブラック企業従事者が他のまともな会社転職できるようにする。

と、いうことを狙ってやっているわけ。

このときブラック企業経営者に二つの選択肢がある。

改心して労働者大事にするか、あるいは労働者に見捨てられて倒産するか。

ただこの場合倒産は、借金で首が回らなくなって終了、後は地獄がまっている、という悲しい倒産ではなく黒字倒産というやつ。

景気がよくて企業は儲かっているけど、労働者が集まってきてくれないので解散という状態

ここからならブラック企業経営者ももう一度やり直すチャンスを得ることができる。

リフレ派は法律で一発規制!みたいな派手なこと(経済政策を伴わない法規制だけの策とか上手くいくわけないけど)をやってるわけじゃないし、効果じわじわ進んでるから何やってるのか理解されにくいけど、だいたいこんな感じのことをやってる。

2016-09-01

[]世界で初めて黒字倒産した韓国imf

これは、日本資金を信じて無理に企業が規模を育てていったせいだった。

ドルが不足しても、日本と結んだスワップ協定があるので、大丈夫だと安易対処している途中、ドル保有高が底をついた。

そのとき日本スワップ協定を破棄して、韓国imfの泥沼に陥れたんです。

そのとき日本スワップしていなければ、韓国imfに陥ることもなかっただろう。

日本スワップしてなければ、今頃は韓国サムスンのような企業が30個はあったはずなんです。

 

本当に政府には売国奴がいっぱいいます

我が国には外貨準備高があり、国の信用格付けが最高なのに、

一体なぜまた信頼できない協定を結んで日本を助けてあげるのでしょうか?

2014-12-17

http://anond.hatelabo.jp/20141217080754

土建って、資材費を億単位で立替えたりとかザラだから

手元資金が100億あったとして別に驚かないけど

つーか手元資金内部留保をあえて混同させてるんだろうけど

安易にその金を使っちゃうと、入金遅れてショート黒字倒産

なんて話にすぐなるぜ

2014-03-27

気軽に借金してんじゃねぇよ

クレカも含めて、返済することが頭からトンでるやつは、借金してんじゃねぇよ

消費者金融を使うなんてアホ…と切り捨てるのは簡単ですが、現在、1000万人以上がお金を借りている状況を考えるとそうも言ってられないという話。 - クレジットカードの読みもの

URL略。普段は引用元は明示する主義だが、PV増えるって指摘されて削った。まあググるだろ)

そういう煽り文句から行くなら、

「アホがハマったら抜け出す手助けする公的機関つくれ」

「アホが簡単に借りられねぇように規制しろ

「そもそもアホになるな」

とか、そういうのからだろうがダボが。治安悪くなるんじゃボケ

安全借金存在しない

正確に言えば、安全借金は、踏み倒せる借金だけ。

から出世払いだの将来返してくれれば良いだのの、親だ親戚だから借金けが安全

借りられる借金は全て、返せなかったらどうなるという契約になってて、

返せないリスクがある以上、安全借金存在しない。

単純な話だな。

(なお、全て小口融資に限定する。住宅ローン事業融資だと言われると議論が発散する)

銀行カードローン消費者金融闇金安全度の違い

安全度は違うが、何がどうって判ってねえとどうしようもねえ

最初にいっとくが、借りる目的に関しては別な。

まり「返せないリスクが高い/低い」というのは、「その融資元が安全危険」とは直接関係がない。

これは混乱しがちだから覚えておくと良い。

大抵の場合、返せないリスクが高くなる度にカードローン消費者金融ヤミ金レベルが上がるだけで、

それは借りる側の問題。

じゃあ、何が違うかというと、「返したいときに返せるか」「適法な取り立てをするか」「借金以外の絡みがあるか」の3本になる。

返したいときに返せるか

最近CMで「何時でも返せる!」と強調してるのは、つまり「何時でも返せない」のが普通ってこった。

家を買うとき住宅ローンだって、繰り上げ返済に手数料を取ったりされる事もある。

これが、ヤミ金だと「返しに行ったら居ない」「受け取らない」「受け取っても少額のみ」などが普通になる。

まり、返済計画を相手に握られるので、常に金利のみずっと払い続けることになったりする。

適法な取り立てをするか

基本的借金をして安全危険だというのは、返せないリスク念頭にあるからだ。

カードローン適法な取り立てをする。金利も安い。つまり、返せないリスクが低い人にしか貸してくれない。

消費者金融は、昔は適法でない取り立てもあったし、比較ヤミ金に近いところでもあった。

ただ、色々あって比較カードローン依りになってきているし、いきなり怖い人がやってきて殴られたりすることはほぼ無い。

で、ヤミ金はなんでもありなので、リアルウシジマくんが世の中に居ないとは断言できない世界になる。

借金以外の絡みがあるか

これは、現在ではほぼヤミ金のみ。

仕事斡旋、お手伝い、ある種の「弱みを握られた人」という人材プールたゆたう事になる。

そもそも、「金を借りなければならない」状態は、詰んでる

今日はこれだけは覚えて帰ってもらいたい。

  • 「金を借りなければどうしようもない状態」は、既に詰んでる

こと小口融資に限って言えば、金を借りた方が良いなんて状態は、存在しない。

俺の好きな漫画の「茄子」に確かこんな台詞がある。

「使うためにする借金は無くなってしまう。増やすためにする借金しかしてはいけません」

融資をする際に「使うための借金」なら、他から返してもらう必要がある。

それはつまり、「未来労働」を前借りする為に、手数料を払って変換してもらっている状態になる。

これが「稼ぐための借金」なら、その金が金を産んで、返してもらえることになる。

事業融資に関してはこの境目が曖昧になるので、黒字倒産だの自転車操業だのになる)

ただし世の中には、以下の様な状態も確かに存在はする。

もうどうしようもなくなって、お金を借りなくてはいけない状況になってしまった時

URL略)

そして、そういう状態というのは、「最もお金を借りてはいけない状態」と言える。

そういう時の「間違った選択」というのは、「金を借りること」だったりする。

あの記事には「お金を借りなければどうにもならないと感じたら、まずは法テラス相談しよう」と書かなければいけなかった。

ハッキリ言ってしまって、金を借りるというのは、既に何かマズイことが起きている。

ガソリンタンクに穴が開いたままの車に、ドンドン給油しても意味は無い。

1000万人以上が消費者金融からお金を借りているのであれば、1000万人以上がかなりマズイ事になっているということだ。

どう消費者金融と付き合うか

返済計画を立てろ。

例えば、色々あって一銭もないのに親が死んだ。

毎月20万の定期収入があるなら、月5万の返済一年で、60万の葬式なら上げられる。

その代わり以後は月15万で生活する必要がある。

毎月3万の定期収入しか無いなら、月5千円の返済一年で、6万円の火葬と骨壷のみになる。

そういう、小口融資を借りる際に、最長一年以内に返済できる計画を立てて借りろ。

それが分相応の借り方だ。

こういう時に、「とりあえず」で数カ所から借金して100万円揃えたりするから破滅するのだ。

最後

「どうしても金を借りないといけない」と強く感じたら、まず法テラス相談しよう。

借金して借金返済をしようと思ったら、国民生活センター多重債務相談窓口に電話しよう。

消費者金融で金を借りなければどうにもならない時には、金を借りてはならない。

2011-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20111201094501

ていう自分自身の身勝手感情から来る「よかった!」という気持ちの方がつよいんです

これ本当。世の中の自営業者の方の奥さんとか、みんな同じ気持ちじゃないかなぁ。

義父義母(旦那の父母)が40年やってる中小企業黒字倒産で畳んだ時、経理を担当していた義母がそんな感じの事を言ってたなあ。

「毎月従業員の給料をどうやって出そうか、ちゃんと出せるのかといつも肝を冷やしてたけど、これからはそんな心配もしなくてよくなるの!こんなに気持ちが軽いのは初めてよ!嬉しい!」って晴れやかな顔をしてた。

逆に義父は抜け殻のようになってたけど。

2011-01-04

http://anond.hatelabo.jp/20110104133702

グルーポンイメージ・信用度の失墜に関して、まさにそのとおりだと思います。

堀江氏は、法律マネー人間のすべてだと思っているんでしょう。

あとは、せいぜいゲーム理論

フィードバックといった考え方が無いんだ、永遠に焼き畑式。事業計画を含めて一方向的な考え方。

別の教訓としては

ネット商売やグローバル化などによる一極集中の、黒字倒産危険性が明るみになりましたね。

近江商人の「三方よし」を念頭に置いていれば、こういう自体に発展しなかったでしょう。

自分にも肝に銘じておきます

2010-09-29

http://anond.hatelabo.jp/20100929091856

そうしてないと安心できないってタイプは確かにあって、

それは、勘違いや思い込みと形容してもいいかもしれない。

 

 

しかし、

女の特徴のように描かれているが、日本社会そのものの特徴です。

 

例えば、少し前の事例になるけど、警察裏金問題では、 

捜査協力費の偽造に手を貸した者しか出世できないというバリアがあったことが示された。

共犯関係にある者(弱みを握り合った者同士)しか信頼しないという社会的な仕組みです。

 

すでに崩壊しているのかも知れないけれど、いわゆる談合や、業界の横並びも、

共犯関係にない者を、業界から干すことで排除してきた経緯がある。

それが浸透しきったのは1970~1990年の間かな。

 

中小企業がどこも自転車操業をせざるを得ない(得なかった)のも、同じ。

 

一度不渡りを出せば、直ちに黒字倒産になるような弱みを、鈴を、首輪を付けている

安心感があるから、大企業は余裕で下請けいじめができる。下請けは逆らうことが直ちに

倒産意味するから。

 

そのようにして日本の「統治」は行われている。

 

 

 

 

http://anond.hatelabo.jp/20100929091856

2010-02-09

コマーシャルと掛けまして麻薬と説きます

打ち始めるとなかなか止められない。そして無理に止めると狂って死ぬ。

景気のいい中企業とかがコマーシャルなんかを打ちはじめて知名度があがって益々売上げが伸びると、こ

れがなかなか止められない。

今度は逆にやめると売上げが落ちるんじゃないかという強迫観念にとらわれる。止めたからっていきなり

売上げが落ちるわけでもないし、知名度もスコーン!と無名に戻ってしまうわけでもない。地元の有力企

業としての地位は揺るがないし、しばらくはコマーシャルの余韻もある。

だが、せっかく捕まえたカモを逃がすまいと広告代理店からの煽りも相当あるせいもあり、やめられない。

これで売上げが下がったりなんかしたら、その原因探求よりも先に増やしたりしちゃう。

商品のネタが尽きた挙句には売上には何の貢献もしないイメージ広告に走っちゃう。

一定の知名度を獲得した後は頻度を下げて効率的なところを探っていくべきなのに、墜落するのが怖くて

巡航高度でもエンジン全開のまま。気づいたらありえない燃料を消費(広告宣伝費を計上)しちゃって、

巡航高度以前に飛行そのものが継続できるかが問題に・・・。

で、我に返っていきなり止める。そんなことしたら「実はあの会社ヤバイんじゃないか?」って噂が立つ

にもかかわらず、自分だって業界団体の飲み会とかで「コマーシャル止めたあたりからヤバイと思ってた

んですよ~。」と、倒産した会社の噂話してたにもかかわらず、でもやっぱりいきなりやめちゃう。

そうすると案の定、取引先が警戒して仕入れが厳しくなる。小さい取引先に限って「うちは額が少ないか

ら3日以内に振込みで。」とか言い出す。でも現金無い。あるのは3ヶ月以上の手形の山。銀行の与信も

事業拡大で使い切ってもうない。

・・・やむをえん、手形割引きまくり。=死亡フラグ発動。

割引手数料利益分がすっかりパー。

帳簿上は黒字だが相変わらず現金なくてギリギリなところにきて、割り引いた手形不渡りで戻ってきて

死亡。

黒字倒産のいっちょあがり。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん