「駒落ち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 駒落ちとは

2021-04-29

将棋をはじめて半年で2段になれた

簡単でした。

戦法は角交換振り飛車が主力

角交換できない時は四間飛車か向かい飛車で頑張る。

やったことはすくない。

詰将棋1日1問

すぐ答え見てました。

NHK将棋棋譜自動再生しながら

録画で解説を聞く

自分でも次の動きを考える。

あわせて、連動して動かした駒をメモ

安い駒から動かす。

手番を確保しながら駒を動かす。

上二つをやっているときは、

駒の効いてる箇所に数字を置いていく。

0なら0

1つなら1

2つなら2

3つなら3

テンポはひたすら速く。駒の特性考察しながらやる。組み合わせを丸暗記。

対局で勝ち負けに拘らない。

動きの悪かった駒はないか

一手でも早く詰ませる手はなかったか

他にどんな手で詰ませられたか

守りをもっと硬くできたか

などなどいっぱい改善点を洗い出していく。

選択肢の多い局面誘導していき、

気付きにくい詰めろをかけていく。

選択肢の多い局面への誘導

駒落ち将棋みたらいい。

将棋ウォーズの指導対局でよくやってる。

勝率は6から7割で2段までいけた。

2021-03-12

ソシャゲの持ち物検査レアなしだと露骨駒落ち将棋)が辛すぎる

前回のイベントは中位のレアキャラで色々工夫して攻略法探せたんだけど、今回はレア度の低いキャラなんて使ってんじゃね―よとゲームから足切りされまくるので超辛い。

「仲間たちと力を合わせて攻略だ!ただし低レア、テメーは駄目だ」をキャラゲーでやられちゃうと愛が失われる。

ウマはそういうの無くて「おいお前、まだSSRキャラも剃ってないけどそのうち刷るから相性のいい奴らを鍛えて待ってやがれ」だからあいいかなって

2021-03-02

ライスシャワーURA勝利たからウマのレビュー書いてええよな?

ちな評価はC(S~G中)や。

内訳は

グラフィック A

キャラ   B

ストーリー  B+

ゲーム性  C

快適さ   E

や。

先に悪い所から解説するでー

快適さ E

「画面遷移毎のロードの多さ」の一言に尽きるな。

長さやないで、多さや。

あとは「細かいイベントの頻度の高さ」は、基本良し悪しやが上と組み合わさって悪い方向にいっとるわ。

レース前の一括ロードはしゃーなしやが通常の育成中にちょっとずつ遅延が積み重なるのがストレスフルやね。

ストーリー文章出てくる所にスキップはあるんだが、画面切り替えがあるからなんだかんだテンポが下がるわな。

1ターンの間にメインストリー→育成ウマストリー→育成→成功判定→サポイベ→サポイベ→サポストリーとかなると「→」の間にちょっとずつ待ち時間が挟まるねん。

まあ昔から色んなゲームでよくある話なんやが、これ育成ゲームでやられると本当キツイわ。

とにかくテンポ悪化するかんな。

一度見たイベントは完全にスキップして画面の右にでも結果の数値とログだけ出すとかして欲しかったわ。

んでこれには罠があってな、ダルいから短縮版にしっぱにするやろ?

すると初めて優勝したウマ娘の勝ちシーンスキップしてしまうねん。

ログで見ようとしてもログには短縮版しか書いてないねんな。

未読スキップはあるんだが、これ結局スキップするだけで短縮版にしないから見飽きてると長いんよな……。

まあこっちの注意力の問題なんやけど……ログには全部版残すとかやって欲しかったわ。

ゲーム性 C

まあ「パワプロ」+「ガチャ」やね。

問題は「ガチャ」の部分やねえ……。

パワプロ部分はよーできてると思う。

パターン手探りで探して、最終的には作業ゲーになるってのは育成モノの宿命やし、そこまでの過程はいいと思うわ。

距離~長距離になるにつれて難易度が上がって、同時にそれまでの育成方針から変化させていかないといけんのはええね。

でも結局はガチャやねん。

ネットだとSSRいらんよRで十分って意見もあるがなあ……。

いややっぱいるって。

多分そう言ってる人らカード見方が分かってないんやろな。

見るべきは固有イベントの一番下にある金特やわ。

ウマの強さは半分は金特の数で決まると言っても過言やない。

金特なしは強スキルを第1段階までしか強化できないってことでしかない。

なしだとURAはキツいとかじゃなくて、そもそもストーリー中で閉店ガラガラになるわ。

つうか金特が自動なのが偉いわ。

自動イベントで金特手に入るってのは、育成中にスキル覚えるの目当てに追いかけなくて済むってことや。

まり本来の育成に集中できるってこと。

これはガチで差がつく。

それがガチャ排出からな……つまりガチャで引かなきゃ始まらないってこと。

いわゆる「課金しない限りは駒落ち将棋」や。

ゲーム性が最終的に効率的パターンみつけて作業することだけあってプレイヤースキル最後は介入しなくなるんでな、駒落ち挽回できないのがマジで辛いわ……。

ストーリー B+

実在競走馬物語を上手くゲームに落とし込んでていいと思うわ。

同時期に居た馬同士のライバル関係とかな。

熱血スポーツ物だけど現実は厳しいって感じの作りがええわ。

どれも最後まで乾燥すると育ててよかったって気持ちになるわ。

今のメインシナリオもそれぞれの馬ごとのストーリー邪魔にならない位置にあるのもええな。

あくまで裏ステージって感じやし、それで勝ったり負けたりで大きくウマごとの話が変わらんってのがな。

ハルウララでURAファイナル優勝しても、別にそれでキャラ変わらず皆のマスコットのままだったのはえ世界やなってウルっと来たわ。

育成モード以外でも親密度上げればそれぞれのストーリーが見れるのもええな。

キャラ B

それぞれのキャラが立っててええと思うわ。

でも、それ無理がない?ってのも結構いるのはうんーやね。

めっちゃ味付け濃くしたほうがオタクに受けるってことなんやろねえ。

とはいえそれぞれのユーザーにとって当たりのキャラマジで大当たりになるにはそういうのが大事なんやろな。

まあ全く異次元の方向から無理なキャラ付けされてるのはおらんからそこはええね。

デザインも上手く分けつつ似た血統はなんとなく分かるようになっとるし。

まあ全体に無難にようまとめたわと思う。

グラフィック A

まあこれは文句ないわ。

ゆうて温泉イベ見るともうちょい頑張れたんじゃねえかな……って気持ちは湧いてくるが。

大事なのは動いててカッコイイことやしそこができてるんだからオッケーやね。

走ってるときの躍動感は本当良う出来とる。

スキル発動してギュイーンって伸びるときにおお伸びてる伸びてるって感じられるような動きやかんね。

これほんとう大事よ。

このゲームぶっちゃけ一番楽しいのはレース後半でスキル発動してギュイーンってしてるの見る所やから

そこでグラフィック微妙だったら育成する楽しみがだいぶ目減りするわ。

ソレ考えたら風呂なんて適当でええね。

総合 C

本当グラとキャラストーリーはいいねん。

ただ逆にゲームとしてはガチャロードが大幅に足を引っ張って快適さからは遠いねんな。

マジなパターン大まかに見えてあとは試行回数稼いでみてから軌道修正ってモード入ってるときにさくさく作業できないのはアカン。

あと大会勝ってもゆうてこれ金特の力ちゃうか?ってなるのがよくないんやがないとやっぱほぼほぼ勝てないバランスから使うしかないのがな。

俺はゲーム攻略してるのかさせられているのか、攻略させられているならとにかくサクサクがやっぱ脳が程よく死んでええねんな。

そこが惜しいわ。

ちなみにアニメの方は良い所しかいか総合評価 A や。

当たり前やね。


プレイした人なら分かると思うが、マジでライス(中距離・長距離 混合)の育成はムズいんでこれクリアしてエアプ言われるならもうええわ。

2018-03-12

与野党ゲーム将棋にたとえたい

民主主義国家世界にたくさんあり、

それぞれの国で与党ガー野党ガーと日々やっているわけですが、

そういった政治ゲームは、ある国ではクーデターであったり、内戦であったりと、

血なまぐさいことになっているのは周知の通りです。

そうじゃない場合は、四の五の言わず選挙で戦おうじゃないか、てことになってると思います

で、この選挙という制度ですが、制度としては多くの国で変わらないと思うんですけど、

ゲームルールとして見るなら、かなり差が出ているんじゃないかと思うんですね。

将棋に例えると、平手で与党野党が戦える国なんてのはまずほとんどなくて、

大体駒落ち将棋にあります。要するにハンデ戦与党のほうが断然有利なんですよね。

とある国では角落ち戦だったが、別の国では飛車落ち戦かもしれない。あるいは4枚落ちかもしれない。

なので、とある国の定跡と同様に戦っても、野党が勝てるとは限らないんですね。

あ、ちなみに上手(駒落とす側)が野党で、下手が与党ね。大体与党に有利なゲームから

現代将棋の定跡は日々更新されているように、野党も以前と同じようにやってては絶対勝てない、と思うんですよね。

よく「ブレない政党から良い」という話を聞きますけど、

矢倉は終わった」と言われるように、矢倉ばっかり指してたら、そりゃ勝てないわなってことになります

戦略を変えないとならないんですよねえ。

私は国会デモ官邸デモ効果的ではないとは思っておりますが、

はっきりいいますと、与党側はその対策はばっちり研究していると思うんです。

例えば昨日の棋王戦で永瀬七段が

とっくに終わったと見られた角換わり棒銀採用し、結果渡辺棋王にボロ負けしたわけですが、

恐らく永瀬七段は、何か新しい趣向を秘めつつ、あの形で挑んだのだと思います

しかしながら、渡辺棋王は、それを上回る対策を持って臨んだというわけです。

ここで永瀬頑張ったね、次頑張ろうね、などと盛り上がることも悪くはないんですが、

まあ結局負けてますからね。

しかしたら反安倍政権の人たちは、デモをすることで「良いデモだったね」とか盛り上がってるだけなんでしょうか。

何万人集まったのが成果、などと喧伝してますけど、

きっと、デモでは勝てない、という、そういうルールなんですよ、日本は。

そういう現実を見ながら、勝つ戦略を立てなければならないと思うんですよね。

連日将棋中継を見ていたら森友問題が盛り上がっていたので思わず書いてしまいました。

結局何をいいたいのかというと、

与党側だったらそりゃ黒塗りの資料だってしますがな、

不都合な真実はすべて隠し通せるものなら隠しますがな、

改竄したわけではないちょっと訂正しただけだとも言いますし。

それがルールですから。「民主主義ルール」とかじゃないよ、日本ゲームルール

それがキタナイとか卑怯とか言ってちゃ、まあ言うのは勝手ですが、

あと他国の「民主主義なるもの」を引き合いに出して比較してガーガー言ってますが、

それ、ルールが違うんですよね。だから定跡も違う。

どうもその辺、いつも野党の側に物足りなさを感じてしまうんですね。

私ら将棋ファンは、新手や新定跡を見たいわけです。それと同様です。

そういうもの野党にも出てくるタイミングだとも思ってます

2017-11-08

PIXTAにまともな将棋盤・駒の素材を

昨今の将棋ブームなんだけど。

将棋ファンとしては各サイトで見かける将棋盤・駒の写真が軒並み数百円で買える安物の書き駒だったりして、いつもゲンナリするんですよ。いや、それが「初心者にもわかりやす将棋ルール」みたいな記事イメージ画像ならいいんだけど、格調高いプロ棋士同士のタイトル戦を紹介する記事にまでそういう安物の画像を使わないでいただきたい。

将棋ドラマ映画の監修でプロ棋士が一番気を使うのが演者の駒の持ち方であるように、何気なく見ていても、例えそれが将棋本質には関係ないと理解していたとしても、ファンの目には相当な違和感をもたらしてしまうのです。

というわけなので、ピクスタで生計立ててるようなカメラマン様におかれましては、将棋道場にでもお願いして高級な盤駒を借りて、立派な素材をストックしておけば、いまなら高い需要が見込めると思うのです。ざっと見たところ、まだまだ質・量共に不足しています。これは将棋ファンからのお願いでもあります

素材を使う側への啓蒙のほうが重要かもしれないけど。

(追記)

将棋に詳しいカメラマンなら、各種代表的な戦型、頭金や底歩など格言通りのシーン、囲い、有名な局面千日手持将棋、「その駒」がよく働いている局面での駒のアップ、振り駒でバラ撒かれた駒、初型、駒落ち詰め将棋、有名な詰め将棋王手飛車、次の一手、必至、などなど、山ほど撮っておくとライバルを蹴散らせるかも。これ自分で撮りたくもなってきたな…。

2017-06-24

https://anond.hatelabo.jp/20170624074840

まずは

どうぶつしょうぎ

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.gmode.dobutsushogi&hl=ja

で「読む」感覚を掴んだら、

タデ将棋

http://kumonshuppan.com/kumontoy/kumontoy-syousai/?code=54477

で駒の動きを覚えましょう。

我が家ではスタデ将棋は高かったので、リサイクルショッププラの駒と盤を買ってきて、

一つ動けるところは黒じるし、いくつでも動けるところは赤じるし、桂馬だけは暗記として覚えました。

駒の動きを覚えたら、六枚落ち対局。考えて動かせているなと感じたら平手(駒落ちだと同年代の子と対局する時の参考にならないため)。

同時に、一手詰めの問題を盤で再現してあげて、一人の時にも楽しめるように。

児童館に行って同年代の子と指したりと、毎日楽しく将棋しています

2016-04-02

2016 将棋 第1期電王戦 勝敗予想


第1期叡王戦を勝ち抜いた山崎隆之叡王と、第3回電王トーナメント優勝ソフトPONANZA」による2番勝負、「第1期電王戦」の第1局が一週間後の4月9日10日に行われるので、勝敗予想を書いてみた。


事前貸出・改良修正不可ルールの下での勝率は?


2014年の第3回電王戦からソフトの事前貸出・改良修正不可・マシン統一などが義務化された。このルールは今回の電王戦までずっと変わらない。
ではこのハンディ有りルールでのプロ棋士将棋ソフトとのレーティング差はどのくらいか?
プロ棋士発言をもとに結構てきとーに計算してみた。


年月日ソフト推定レート前年との差
2013.4.61650-
2013.11.111735+85
2014.12.71800~1850+65~115
2015.12.23 ? ?


年月日ソフト推定レート前年との差
2013.11.112020以上-
2014.12.72100以上+80
2015.12.23 ? ?


だいたい1年につき、プロ棋士から見てソフトR80~100程度上昇している、と言えそう。


また、先手番と後手番では事前に研究しなければならないゲームツリーの量が大幅に違うことから勝率がかなり変わるようである

永瀬六段の発言を真に受けるとすると、本来勝率約52%の先手番と後手番の差が約80%(R300)もの差になっている。



山崎叡王の勝算は?


昨年(2014.12.7)の時点でAperyとSeleneプロ棋士先手でR1825くらいとして、昨年の時点でPonanza半年リードしていて+40~50、この一年で+80~100と考えると、
今年のPONANZA(2015.12.23ver)は先手番でR1945~1975程度、後手番は+300としてR2245~2275ぐらいなのではないだろうか。

使用されるPCが去年より弱体化(5960x→6700k,メモリ64GB→32GB)しているが、それでもせいぜいR30くらい下がる程度だろう。


プロ棋士側の現在レーティング山崎叡王R1766。(ちなみに羽生四冠R1923

数字の上では山崎叡王の先手番期待勝率23~26%後手番約5~6%。なので山崎叡王が後手番である第1局については、どうも勝てる確率絶望的に低いと思われる。

一方で先手番の第2局については一発入る可能性も否定出来ない。
しかし、二日制になり局面誘導の練習がやりずらくなったこと、PONANZASelene等他ソフトに比べて事前研究対策が上手であること、
今回のPONANZAが相当強いという情報があることなどを考えると、すんなりと勝たせてはもらえないだろう。

もちろんソフト側にバグや、かなり有効なハメ手が存在すればもっと差は縮まると思われるが、山崎叡王の発言から推察するに、今回のPONANZAにはそれもなさそう。


以上を踏まえて

本命 山崎叡王 0-2 PONANZA
 対抗 山崎叡王 1-1 PONANZA

と予想する。


個人的には、事前貸出有りで、かつ先手で勝利したとしても、それは駒落ちしてさらに下手側が先手になるようなものだと思っているので、別に感動したりはしなさそうだなぁ。

まあそれでも山崎叡王が1勝でもすれば、あまり深く考えない将棋ファンは喜ぶだろうし、興行としてはありかもね。



もうプロ棋士将棋ソフトに勝てないのか?


日本将棋連盟ドワンゴは、一般人平等でないと気付いてしまいそうなルール駒落ち森下ルール、持ち時間に差をつけるetc…)を避ける傾向にあるようなので、
これ以上プロ棋士側に有利なルールを制定するとなると、使用するPCスペックさらに下げるしかないだろう。

しかし、例えばCPUをXeon4個から6700k1個に変えても、一般人にはスペックダウンしたことがよくわからないが、
デスクトップPCからノートPCタブレットに変わるとさすがにハンディがあるという印象を拭えない。

また、スポンサーであり対局PC提供しているガレリアは一応ハイスペックPCが売りのブランドなので、
これ以上スペックを落とすことはブランドイメージに傷がつきかねないだろう。



よって、「プロ棋士将棋ソフトにもう勝てないのか」という問いについては
「『多くの一般人から見て公平に見えるルール』で七番勝負を行う場合名人でさえもバグやかなり有効なハメ手等を見つけないかぎり)勝ち越すことはかなり難しい」
と言えそう。


ちなみに、事前貸出なし(レート+400以上、角落ちくらい?)、PCスペック制限をしない(クラスタ化でレート+400)と仮定すると、1945+800=R2745となる。
2013年の第2回電王戦ルールでは、もはや1勝も出来ないだろう。


2016-02-28

ああ、ちくしょう

今日将棋道場に行ったら、上級者と駒落ちでやったんだけど。

まさに俺の理想とするような手を指されて負けた。

  

悔しいんだけど。悔しさが無いみたいな感じ。

まったく読めなかった。

どういう手かとういとに、1手で2つ以上の含みを持たせる手をさされたわけだけど。

将棋って1ターンに1手しか動けないから2つ以上の意味のある手をさされると負ける。

  

具体的には、飛車に当てての銀打ち。別段響いてないから、勝ったなって思った。

だけど、数手後に角金交換が起こって。勝ったなって思ってたら。なんと詰み。

そう、飛車に当ててきたとき別に詰め路じゃなかったけど、駒交換が起こった後にイキナリ必死になってた。

こういうやられかたは初めてだけど、これこそ俺が目指してるある一定の完成形。

定跡本とかでたまに出てくる妙手はこういう奴が多い。

  

これを、あっさり指された。

相手アスペ丸出しの言ったら絶対普通生活無理な奴。

ああ、これこそが将棋狂いだよなあ。って感じ。

  

会話も成立しないくらいの発達障害具合だからヤバイんだけど。

う~ん。やられた。

  

で、何が悔しいか考えてみたら。

俺は、本業のほうでも将棋と似たようなことやってるくせに、本業がこのレベルに達していない。

ぶっちゃけ本業がアンマリきじゃないから本気にもなれない。

本来なら、本業はせめて将棋くらいは超えていなきゃいけないのになあ。

  

ダメだなあ俺は。

もっともっと自分を鍛えないとなあ。

努力が足りない。

その悔しさを感じた。

リアル将棋ネット将棋の違い

最近リアル道場に通っている。

ネットのほうがたくさん指せるし、すぐソフト検討できるから効率がいいと思っていたが、リアル道場もいいところが多い。

  

駒落ち(ハンデあり)で上級者と戦える

駒落ちっていうと、なんだからやる気が出ないという人もいるかもしれない。

でも、駒落ちならば、自分よりうまい人にフルボッコされないギリギリで戦える。

上手なほうも、かなり真剣にやるから意図の読みあいが成立し、分かりやすい上達ができる。

ハンデ無しだと、同じくらいの相手しかできないから、お互い教えることができないが。上級者とやればハンデの中で実践を行えるので教えてもらうのも便利。

さらに、駒落ちの定跡がすばらしい。

ハンデアリなので、「論理的こういう風に指すしかない必然の手」がカナリ高いレベルで作られている。なので、これを勉強すれば、「将棋絶対的な手の応酬マックスの読み」を体得できる。

この考え方や研究のしかたを学べるのがでかい

  

逆に、駒を落とす側になっても、スリルあって結構面白い

駒を落とすときは、できるだけ無理攻めして相手にウケミスさせるんだけどさw

元々不利なスタートなわけだから、混戦にしてギャンブルにしてつけ込もうって感じで。

結構これでなんとかなるんだけど、ギャンブル感が楽しくて楽しくてやめられないw将棋というか麻雀に近い。

  

小学生に負ける

中高生どころか、小学生にすら負ける。

こんな競技はナカナカない。

水泳だろうが、柔道だろうが、流石に小学生には圧勝数学なんかでも、小学生にそうそう負けることは無い。

だが、将棋小学生に負けうるw

かわいい見た目だが、中身は俺と同じ人間だなと思って、俺もマッタク手を抜かない。負けたら頭を下げて教えてもらう。

こんな経験、ナカナカないよw

  

女の子かわいい

将棋やってる女の子ってかわいいんだよ。

まあ、アレな感じの女の子が多いんだけどさw

そういう地味な娘と会話が成立するのが将棋

この快感ヤバイよ。

バサンとかでも、アレ丸出しな感じの人多い

  

④オッサンかっこいい

将棋やってるおっさんって見た目がヤバイ人が多い。

でも、技術職っぽいコダワリ感や、ああ、人間ってココまでなれるんだっていう感慨がある。

深い人間性のある人間とつながれる快感がある。

皆、社会人としてある程度働いた人達ばかりで、そういう深さを感じながら対等に付き合える

本当に俺性格が悪いと思うんだけど、おっさんに勝ったときは、できるだけ教えているwおっさん説教する快感がやべえwwwwwww

  

⑤対戦相手ごとに戦形を想定できる

ネットだと、何されるか分からない。

四間と思ったら、三間、居飛車。だから、全部を平均的に対応できる戦形を選ばないといけない。

でも、リアルでは、ある程度その人ごとの戦形があるので、それだけに絞って勉強すれば、上の段位の人でも一発入れられる。

ブッチャケ、家でソフトに入れてソフト研究させて。その結果を持ち込めばソフト研究で勝てるw

特に駒落ちなら変化が少ないから、1つだけの戦形に絞ってソフト検討させたら、相当勝てる。

そういう風に、勝つための技術介入度が違う

  

相手心理読みで結構読みが合う

ネットだと顔も年齢も分からないから論理的に読めるだけ読まないといけない。

でも、リアルだと、小学生なら我慢がきかないから我慢を強いる手が必要な筋にしたり。

おっさん相手なら、深く考えるのが苦手だから、ウケミスを狙って多少無理でも攻めまくったり。

おじいさん相手なら、最新の定跡に持ち込んで短手数で罠張ったり。

あと、相手思考の表情や見ている目線場所とかで、何考えてるか読めるから。それを上回る手だけを考えやすい。

  

時間制限無し

相手の手の意味をじっくり考えながらさせる。

基本、自分は10秒くらいで指すし、考えどころもせいぜい2分くらいしか考えないんだけど。相手が熟考するタイプだと俺もじっくり相手の手の意味や広がりを考えられる。

「あ~なるほどー」と。1つの手に2~3つの意味合いや含みを見つけることが多くなったように思う。

ネットだと、ついつい、自分勝手読みしちゃって、深く読んだいい手を発見しにくい。

そのほうが時間制限あるネットはいいことが多いんだけどね実際。

  

ネットだと、どーせ後でソフト検討させて教えてもらうわけだから、その場では適当に指す。

でも、これだと含みとかを感じられないから、上達が遅くなってしまう。勝率は上がっても、純粋なその場で意味合いを感じる能力が低くなる。

これは反省点。

  

あと、時間切れ勝ちがあるから、読めなくても相手時間削る手で最期の読みを打ち切ったりしがち。

特に終盤は同じ棋力の相手しかネットは来ないからごまかしガチ

リアルでは十分読みきって指せるから、やっぱ終盤力のつき方は違うかも。

まあ、終盤力なんてのは、実戦でやるよりは、終盤の本でガリガリ鍛えたほうが効率いいから実践での読みの鍛錬はソフト検討で十分かもしれないけど。

  

⑧段位もらえてうれしい

自分の実力をリアル世界で持てるとウキウキ気分がいいね

人に聞かれて、答えられると格好いいっぽいじゃんw

2013-09-29

ちきりんさんが将棋をはじめたようだな……

なぜかはてなでは評判の悪いちきりんさんだが、普通に頭のいい人だと思うのですぐに強くなるだろう。

そのうちphaさんとの対局とか見てみたい。

それにしても、ちきりんさんでさえハムの駒落ちに苦労するのか……。

あれに勝てない人は将棋に向いてないだけだと思ってたけど、認識を改める必要がありそうだ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん