「間引く」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 間引くとは

2017-09-09

https://anond.hatelabo.jp/20170908230300

近親相姦法規制の是非について、いろいろ議論拡散しててモヤモヤするので自分なりにまとめてみたい。

<2017/9/10 12:21 ブクマ数187users 追記した。イヤマウンターへの回答になるか分からないけど…あと微細な誤字修正

 2017/9/10 23:01 ブクマ数350users 良い指摘も貰ったので再追記&読み辛い記号は省略して浄書した。>

近親相姦と近親婚の区別

まず、近親間の「性交」と「婚姻」を分けて考える必要がある。

前提の確認として、2017年現在日本には、成人(=18才)した近親間のセックスを取り締まる法律はない。

ただし、13歳未満に対しては例え同意があっても強姦罪強制性交等罪)が構成される。(刑法第177条)

18歳未満であれば、地方自治体が定める青少年保護条例に基づいて規制されうる。(淫行条例

また、3親等以内の近親間は婚姻はできない。(民法第734条)

成人した近親間の合意に基づくセーフセックスなら許容されるか?

たとえ法律的に禁じられていなくとも、現時点では、近親間でセックスすることについて、単純に不快感を感じるから反対するという意見大勢を占めると思われる。

しかし、不快感だけに戻づいて法規制を行うことは、「ゲイ不快から反対する」となんら変わらず、その他の行為にも「利害関係にない他人の心情」という不確かな要件法規制を成しうるため、不快感法律根拠にするのは避けるべきだろう。

規制根拠としては、「年長者が年少者に対して、権力的優位を利用して性交する虐待可能性がある」から禁止という論理展開をとるのが適当だろう。

そして「権力的優位を利用した強制性交」というところまで抽象化すれば、これは何も近親相姦に限らないと気付くはずだ。最近大学教授学生を言いくるめ性的関係を迫る事件が起きた。

慶応大教授女子大生を「洗脳不倫 “先生とだったら世界征服も”週刊新潮 2017年9月14日掲載

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09061659/?all=1

年齢差、年収差、肩書、男女…あらゆる要素で権力勾配は生じうる。相手の弱い立場につけ込み強制的関係を迫るのは近親間に限らない。20歳差以上もある男女や玉の輿と呼ばれる婚姻を訝しむ人は、暗黙的に権力勾配による強制性を疑うのだろう。

かと言って、権力勾配がない平等な男女でなければ性交婚姻できないとするのは現実的ではないように思われる。

生物として長年同棲した人間は互いに性欲を感じない」という意見もある。(ウェスタマーク効果

では、年長・年少の差異(=権力勾配)がない双子が、生まれてすぐ別々に過ごし、互いに成人した後出会ったのちの近親相姦はどうか?

成人した両者が合意の上で、子どもも儲けず血も交わらない安全なセーフセックスをする分には、外部の人間がそれを規制する根拠は乏しいと思われる。

「両性の合意に基づく婚姻」の捉え方

現在日本には同性婚制度が存在しないが、近年の議論として、「同性愛者・両性愛者・性転換者(LGBT)にも同性同士の婚姻を認めるべき」という意見がある。

日本国憲法第24条では、「婚姻は、両性の合意のみ」に基いて成立すると定めている。

ここから(もちろん歴史的な経緯からも)長らく「婚姻とは、男女間の契約であることが含意されている」と認識され、現在同性婚は認められていない。

しかし、この「両性」には男同士・女同士も含まれるとして、LGBTにも婚姻を認めるべきという容認論が出てきた。

アメリカでも同様の議論がなされ、リベラル派は賛成し、宗教保守派は反対している。

保守派は、反対理由として「LGBT間の婚姻が認められるならば、近親婚、複婚(ポリガミー一夫多妻多夫多妻制)、児童性愛ペドフィリア)も認めることになるだろう。」と主張している。

http://www.hrc.org/blog/texas-legislators-argue-same-sex-marriage-leads-to-incest-polygamy-pedophil

まり、「両性」にLGBTが含まれるなら、なぜその「両性」が近親ではダメなのか?なぜ「両性」が2人の関係でなければならないのか?3人でも4人でも彼らが合意すれば外野が口を出す必要はないではないか?相手児童でもいいのではないか?(いやダメである。)という論理だ。

親子ときょうだいの区別

次に、近親の組み合わせが、親子ときょうだいの場合を分ける必要がある。

一般的に、親子ならば、父×娘、母×息子。

きょうだいなら、兄×妹、姉×弟が想定される。

しか最近LGBTを擁護する世論考慮すれば、近親相姦・近親婚においても父×息子、母×娘、兄×弟、姉×妹の組み合わせすら理論上ありえる。

そして、異父母きょうだい×異父母きょうだい、親×連れ子、親×養子、連れ子×連れ子、3親等まで広げれば叔父×姪、叔母×甥、祖父母×……さらにそれらの複婚関係……といった創作の題材になりそうな組み合わせも無限にありえる。

多様性絶対善」なのか?形を変えた優生学批判されないか?

「近親交配しないのは不利な劣性遺伝子顕在させず、生物的な多様性を保持するため」として近親交配に反対する意見がある。

ここで注意したいのは、劣性(潜性)遺伝とは、即、不利な形質を示すわけではない。

もちろんハプスブルク家ロマノフ家の例を出すまでもなく、近親交配によって虚弱体質等の潜性遺伝子顕在することもありえる。

しかし、サラブレッド育成や家畜品種改良に見られるように、近親交配(インブリード)によって、人間が有利と認める形質を顕現させる交配は日常的に行われている。

では、優れた(とされる形質を持つ)人間を顕現させるための手段として近親交配を行うことは許されるのか?

かつて優生学として批判されたのではなかったか

優生学」とは、表層的には「優れた人間人為的に作り出す」を意味するが、もっと抽象化すれば「社会に貢献する人間遺伝子操作で生み出す」ことである。「優れた子を産み、社会へ貢献せよ」という繁殖圧力が埋め込まれている。

同様に、遺伝子多様性を守るべきという立場は、(遺伝多様性を備えた「=優れた」)子どもを儲け、社会に貢献することを暗示的に求めていないか?

「多様な遺伝子(=新たな「優れた人間」の基準)を持つ子を産め」という圧力である

日本の国力を維持するために子どもを2人以上作るべき」という意見は、時代遅れの家父長制として批判されるだろう。

では、この考えを拡張した「人類繁栄遺伝子多様性のために、近親相姦子どもを儲けるべきではない。遺伝子的に遠い組み合わせを選ぶべき」という意見優生学として批判されないのだろうか?

なぜ、見ず知らずの他人社会のために、子ども遺伝子多様性を考え子作りしなければならないのだろう?また、子どもを作らなければならない社会的圧力は、不妊夫婦LGBTカップルにも襲い掛かる。

(※再追記)「遺伝子多様性」についてコメント重要な指摘があった。

要旨としては、「一個体単体での多様性存在しない。遺伝子多様性とは、社会全体で見たときに様々な遺伝子をもった個体がいて、あらゆる環境変化にも社会全体として生き残る可能性のある個体を総体として保持する状態を指す」というものだ。

まさに、そのとおりである

元増田コメント欄 http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170908230300 で、「近親交配は遺伝子多様性を狭める」「『血が濃い』子どもを産むのは多様性に反する」といった反対論がいくつか見受けられた。

似た遺伝子を持つ近親が交配することで生まれ子どもは、その遺伝子一族が持つ因子以外の多種多様な因子を持たず不都合が生じるといった主張だろう。

これを受けて、一族が持つ因子と異なる個体と交配することを「遺伝多様性」と表現した。

だが、「社会全体の遺伝多様性」と捉えなおしても、やはり結論は変わらないだろう。

社会全体の遺伝子多様性考慮せよ」ということであれば、近親交配で生まれた「血の濃い」子どもだろうが、高齢出産で生まれ障害児やダウン症児だろうが、互いに遠い因子を持つ両親からまれた「(元コメントが支持する)多様性を実現した」子どもだろうが、すべてイコールなのである

どんな組み合わせの子もも、何に役に立つかわからないから全て尊いのだ。

酷い貧血で苦しむ鎌状赤血球を持つ個体は、マラリアに耐性を持つ。

「血が濃い」ことによって何らかの潜性遺伝が顕現し生活不自由を生じるかもしれない。だが、それすらも何らかの環境で役立つかもしれないのだ。


カンブリア大爆発で生まれた珍奇な生物は、ほとんどが「失敗作」だったかもしれない。

生物ミクロにおけるあらゆる試みは、現時点で正しいかどうか判断できない。

しかしたら将来、障害児が持つ因子がを生かしておくことが正解だったと判断される時代が来るかもしれない。

ミクロレベルでは、将来どんな因子を持つのが有利なのか判断できないし、そんなことを判断して子孫を作るわけではない。

(※再追記ここまで)


互いに愛し合う両性は、人類遺伝子多様性を守るために子どもを儲けるのではないはずだ。

多様性を善とするならば、近親交配で生まれ子ども多様性一種として認められないのか?

「生まれ子ども可哀想」という意見もあるだろう。

「やーい、インブリード」「お前の母ちゃんふーたり」「淫乱家族」「本能自然の摂理に反している」「相続税が複雑になる」といった差別罵倒を受けるかもしれない。だが、これはLGBTが受けてきた偏見のものである歴史は繰り返す

富裕層節税に使う」といった意見は単なる税制の失敗であり、状況に合わせた税制改正対応すべきであって、税制設計ミスが人々の自由恋愛を拘束してよい理由にはならないだろう。

意図的遺伝子編集は許されるか?

近年、CRISPR/Cas9の登場で、生物遺伝子を直接改変する「ゲノム編集」が技術的に可能になってきた。

まるでタトゥーを彫るごとく、遺伝子編集し、発現する特質コントロールする時代がいずれ訪れる。

多様性が善」ならば、各人が好き勝手自分遺伝子編集することは許容されるのか?

自分の子希望通りに設計する「デザイナーベビー」もいずれ可能になるだろう。

果たしてデザイナーベビー子どもに対する人権侵害なのか。アメリカ宗教保守派は、受精卵にも人権は生じると主張する。だが、精子卵子状態から設計」し始めたらどうなるのだろう?

予め遺伝子由来の病気が顕現することが分かっていて、予防的にゲノム編集による遺伝子治療を施すこととの線引きはどうするのか?

また、近親交配に反対する理由として挙げられていた、生活上不利な劣性(潜性)遺伝子の発現を抑えることができるのならば、近親交配は許容されるのか?

「近親交配で生まれた『失敗した』子どもは間引かれる」という意見もある。だが、遺伝子治療によって間引く必要がなくなったらどうなるのだろう?

女性を交換財産としていた時代の名残

文化人類学観点から近親婚に反対する意見がある。

「女は、他の家に嫁がせ血族ネットワークを拡大し一族繁栄を図るための道具」という認識から、女は他の一族に対するプレゼントとして考えられていた時代があった。

まり、「身内で女を消費するな。嫁入り前の性交大事な贈答物が『キズモノ』になる」から近親相姦を禁じる論理だ。

これも現在では、前時代的家父長制と批判されないだろうか?

婚前交渉を『キズモノ』となじる貞操観念も、もはや薄れつつある。

そもそも婚姻」の意味が変容しつつある

何のために婚姻をしていたのか?

家督」を守り繋げるため?

子どもを育てるため?

相続上の利益を守るため?

家族になったという感情的な満足を得るため?

婚姻制度形骸化し、婚外子一般化しているフランス北欧では、事実上多夫多妻制度に移りつつある。

皮肉なことに、女性は一度子どもを儲けると長期間にわたって身体不自由が続くため、自由恋愛事実婚社会では一夫多妻に近い形態をとる。(奥さんが子育てをしている間に、男が他の女に会うなんてスキャンダル最近もあったね。)

一人の恋愛強者男性精子バラまき、多くの女性子どもを産ませる。恋愛弱者遺伝子は途絶える。(安心したまえ、恋愛強者の子ども達は社会全体とキミの税金でしっかり育てるから。)

まり一夫多妻制の基では、社会遺伝子プール多様性を減らす方向に働く。

これは、社会遺伝子多様性を守るために規制されるべきだろうか?

自分の頭の整理のために書き散らしたので、結論はない。

※「気持ち悪い」「素直に近親相姦したいだけって言え」⇒つまりフィクションお姉ちゃん最高!飯田ぽち。先生の「姉なるもの」好評連載中!

http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM09000031010000_68/

相手クトゥルフ神だったらいいよね!自然に反したおかし衝動創作物で紛らわそう!

2017-07-02

正論を極め続けた先にあるものは何?

確かに車椅子の人でもLCC電話連絡もせずに気兼ねなく乗れるべき

いつかは、全出版物点字化と音声データ作成義務化される日が来るかもしれない

結局コストが上がって割りを食うのはマジョリティになるわけじゃない?

結果排斥され、間引くという歴史は繰り返すかもしれない

2017-06-24

[] バジルを定植して外へ

水耕栽培バジルを外へ。

永田農法プランターを準備した。

そこへバジルを定植した。

窓際にはたくさんのバジルペットボトルたちがいたのに

さみしくなった。ベランダもさみしくなった。

今日から旅行なので水やりは留守を守る息子たちが

行うだろう。

鉢底石とパーライトだけでプランターがいっぱいになったので

日向土は使わなくて済んだ。苦土石灰というか卵の殻も

混ぜた。

そのうち間引く

全部じゃなくてもいいけど、3つくらいはちゃんと育てよ!

2017-04-12

上昇婚(笑)揶揄されるけれど

こんな記事ホットエントリにあがっていた。

東大社会学先生に聞いた「私たちのまわりに“いい男”がいない理由

http://wotopi.jp/archives/53980

女性高学歴高収入化している今の世の中にあって、女性が望む旧来のような上昇婚は難しい、同類婚ですら厳しい、とのことだ。

世間では、よく「高望みしてるから彼氏ができないんだよ」とか「スペックなんか関係なく本当に好きな相手結婚すべき」とか言われ、女性が上昇婚を目指すことは否定的に捉えられている。男女平等が以前より進んだ今、女性が上昇婚なんか望むから、求められない男性が増えて結婚率が低下している、とまで言われ、上昇婚を望むこと自体悪者扱いだ。今時の若者向上心がないとかさんざん文句垂れてるくせに、結婚相手に対してだけは、上を目指そうとするのは批判される風潮。

そもそも男性だって多くの人は女性を選ぶとき若さ容姿のよさを求める人はたくさんいるだろう。そういう意味での上昇志向批判されることは少ない。

私は、女性がより自分より高スペック男性を求める上昇婚志向に賛成だ。理由はしたに書く。自分も、運よく自分より上だと思える相手結婚できた。これは本当に運がよかった。

日本でしばらく働いた後に、海外大学院に入り、卒業後はそのまま海外就職した。でも長く住むのは日本がよかったので日本に帰ってきて、それなりのお給料をもらっている。

偉ぶるつもりもないが事実としてたぶん学歴年収でいったら、日本人女性のうち上位3%くらいにはいるのだろう。そうすると、自分より上にいる男性というのは、数が少ないうえに基本売れているので、本当に出会いがないし、仲良くなっても私の経歴などがわかった瞬間引く人が多い。お見合いサイトなどにも登録したが、そもそも自分より上だなと素直に思える人がおらず、結局外国人結婚した。

個人が上昇婚を支持する理由は2つ。

ひとつは、一昔前より男性育児参加するようになったからといって、妊娠して出産するのは女性側なわけで、産休育休の間しばらくは社会から離れ、給料が下がってしまうのは圧倒的に女性側だ。そのときに頼る相手は基本夫なわけで、それが自分より頼れない相手だったら安心して子供を産めない。この頼る、というのは基本的には金銭的に頼るという意味だ。別に夫が不慮の事故で働けなくなったからといって離婚するとかそういうことではない。自分貯金もしているので平気だとは思っている。でも、起こる可能性が比較的高そうな事態なので、そのとき金銭的に余裕があるかどうかは重要だ。

もうひとつセックス問題

セックスは色々な体位プレイがあろうとその成り立ちからして、基本は「男が女を攻める」という男性優位な構造だ。私はどうにも、自分より優れていない(と自分が思う)人からセックスの際に攻められるのが我慢ならない。優れているかどうかのポイントは私にとっては「稼げる能力」だ。小島慶子さんの日経デュアル記事にも、夫が専業主夫で妻が稼ぎの大黒柱夫婦がベッドに入った間だけ女のロールを演じなければいけないことに違和感を持つ妻の話が出てくる。人によっては、優劣の基準顔面偏差値だったりするかもしれない。

から、将来こういうことが気になりそうだな、と思う結婚したい女性は、「上昇婚(笑)」なんて揶揄する外野自分人生関係ないんだから無視して、どんどん自分より上だと思える人に出会えるように活動してほしい。せっかく頑張って勉強して働いて身につけたもの評価しない人や世間のいうことなんて聞く必要がない。日本で無理だと思ったら、海外に出ましょう!アジア圏以外では、高学歴高収入女性のほうがモテるし、日本では上位層が売り切れてても世界市場で見れば上位層はたくさんいるから。

※他の人の結婚観を否定する意図はないです。上昇婚派が無理して考えを変えなくてもよいのではという意見でした。

2017-03-31

工場に人が集まらない

って言うけどさ

口が臭い

タバコ吸う人

をクビにすればマトモな人が来てくれるよ。

あと節電と称して蛍光灯間引くのやめろ。貧乏くさい。

2017-03-14

残業時間上限の爆弾

月100時間以上の残業違法になるそうですね

http://www.jil.go.jp/press/documents/20120904.pdf

医師の)週当たり全労働時間は、4 割が「60 時間以上」。(「60~70 時間未満」「70~80 時間未満」「80 時間以上」の合計)

現状(実質夜勤なのに宿直と見なされていることでごまかされている分を無視しても)月100時間越えてる医師は3割ぐらいいる(実質夜勤の宿直が夜勤と見なされるようになるともっと増える)

こういう医師残業できなくなるとどうなるか。

おそらく時間外夜間対応の人手を間引くことになると思われる。

すると夜間救急をとてもやってられないところがかなり出てくる。

もしくは。

田舎病院医師を(金やキャリアで引っぺがして)都市部に持ってきて維持するということになるかもしれない。

サービス残業でとりあえず抑えていた地獄の蓋は、もうすぐ開く

2016-11-29

餅で老人を間引く安楽死のように

老人という金金金キンコをこじ開けるのは金鉱採掘といいます

2016-10-09

http://anond.hatelabo.jp/20161009191116

もともとが話が国家行為と言うものがある以上それによって死ぬはいるという話で

政策それ自体構造として人が死ぬ可能性をはらんでいるというのは制作自体検討してみないとわからないのですが、例えばt4作戦障害者間引くかいうやつ、あれもいまやろうと思えば身内の心労を防ぐ福祉的な側面も大きいと思いますよ(是非は別として)

政策それ自体とは別に政策の実行者の不手際故意不正)なども含めてというイメージで話していました

故に福祉だろうがなんだろうがという論調で話しています

2016-09-29

http://anond.hatelabo.jp/20160929110659

そもそも若者パイが減少してんだから、移り住んでくる人を減らさない、ということはおおよそ定年後の連中を引っ張ってくるのと同義だぞ。

しろ労働人口率を維持するために、年寄り間引くほうが財政健全化には有効だろ。

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160624011738

植物なら枯れ葉は間引くが、人間界ではできないわけでして。根っこから枯れる運命

2016-03-15

保育園少子高齢化問題、なぜ産めと強要されるのか

少子高齢化問題

これはもう既に一般に広く認知された問題人口全体に占める子供割合が低下し高齢者割合高まることで、様々な社会現象引き起こしているのは周知の通り。
今や高齢者予備軍を含めた50歳以上の人口が5割を超え、社会保障費が国の歳出で大きな割合を占めている。


人口が多い分どうしても政策高齢者優遇にならざるをえない。
数の理論有権者の数からも)からすれば当然である新生児は数の点で弱者である。
昨今話題保育園に始まる諸問題も、数の弱者でありかつ数年我慢すれば当事者当事者でなくなることが大きな要因となって
今まで余り多くの声が政権に届くことはなかった。(届いていても優先されてこなかった)


なので個人的には昨今の保育園問題話題になっているのは歓迎している。
数の弱者が救われるためには、世の中の倫理感による救済しか無いからだ。
(もしくは正しく世代を超えた投資新生児にしようという気運の高まりによる救済もある)


ところで、数の問題という点で少子高齢化問題最初に上げたが、本当に本質理解している人がどれだけいるかは気になっている。
少子高齢化問題の解決方法を問うと皆口をそろえて「出生数をあげろ」という。
新生児が増えても生産労働人口が増え社会を支えるようになるまでは15年のタイムラグが有る。
もちろん、生産労働人口が増える以上に老人が減ればよいのだが、長寿化や国の手厚い保護によりなかなかそうはならないだろう。


少子高齢化問題は言い換えると「老人より子供が"相対的に"少なくなること」であり、つまるところバランスである。
つまりシーソーゲームであり、片方に新生児が、片方に高齢者が乗っている状態である。


そのバランスを整える際に「出生数を上げろ(要するに産めと強要される)」という考え方にあまり偏重がある。
これが単純なシーソーゲームなら、多い方を減らせばいいという考え方が発生するのは自然のはずである。


もちろん、皮肉なことに、倫理観により増えた高齢者を減らす(殺処分する)ことができないから法律的にも)、というのがまっとうな答えだが本当にそうなのだろうか?
社会バランスを考えた時に、増えすぎた高齢者を養い続けることが果たして倫理観として正しいのだろうか。
無理やり生かされる高齢者のことを本当に思っているのだろうか。
増えすぎた高齢者という負債を負わされる何も知らない子どもたちのことを本当に思っているのだろうか。
未来にために子供を作ろうという貴重な夫婦のことを本当に思っているのだろうか。
甚だ疑問である事なかれ主義国民性もあるので、そうなるのは仕方ない。
しかし、今本当に高齢者に生きろと言い続ける社会倫理観からも正常なのか?
これを今一度問う必要があるのではないだろうか。


日本には安楽死が認められていない。
子供や孫に、迷惑を掛けたくなくても自ら死を合法的にかつ経済的合理性を維持した状態で(誰にも迷惑をかけることのない方法を)選択することが、今の日本ではできない。
だから増え続けた高齢者は、子供や孫の世代負債を残し続けることを強要される。


夫婦世代子供を生むことを強要される以上に、高齢者社会に対して負債を残し続けることを社会から強要されている。


今一度問う。
果たしてこれが、倫理的に、社会全体の幸福のためになっているのだろうか、と。


ここから個人的な考えになるが、やはり増えすぎた高齢者間引く事が可能な、間引かれることを自ら高齢者が選択できるような制度必要だと思う。
具体的にはどうするか、だが、下記の2点を法で認めるだけで良いと考えている。
  1. 医師による安楽死許可 (合法であることを国が確実に保証する)
  2. 安楽死を選んだ老人の資産相続される際、限度額無しの免税を実施


もちろんこれを悪用しようと考える人は少なからず出てくるだろう。
その抑止力として、医師による安楽死以外の安楽死には殺人罪を今までどおり適応すればよいだろう。


免税にした理由は、新たな生産労働人口世代に対し高齢者が多く所有する資産を移動させるためである。
新たな資本を得ることで、生産労働人口世代子供を産みやすくするためである。
(もちろんこの免税自体に産めという強要が少なから存在する)


一方で減らし、一方で増やす、これを推進することで社会人口バランスを素早く調整できるのではないかという考えである。
バラマキには限界がある。個人の利益に訴求するこの方法が認められれば、より早くより短い期間で少子高齢化問題は解決し、
さらにその先も高齢者を減らしていくためのバイアスが個人レベルでかかるため、日本は再度経済復興できるだろう。


自ら死を選べない高齢者に救済を、無理やり生かされる以外の方法があっても良いのではないかと考える時期が目の前に来ている。
次の世代により多くを残せる方法自分は選びたい。

(この文章は64になる筆者が昼食の20分をつかって書かれた)

2016-03-09

http://anond.hatelabo.jp/20160304123656

鬼子として間引く事もあれば、福を招く福子として大事にすることもある両極端よな

2016-02-11

http://anond.hatelabo.jp/20160208222602

3日ぶりに風呂に入ったので少し進めた

今日は玉げを中心に全体的に間引く感じで

おれは体毛が薄くて、チン毛も薄いんだが、

それでもなかなか進まない

カミソリだからか?

これからやる人は、道具と心構え(毎日少しを1週間やるぐらい)を準備したほうがいいと思うわ

2015-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20150828134251

それはいいんじゃないか、別に

人が選別された結果低能がブラック企業に勤める。

非常に合理的社会経営だと思うよ。

ただ、数が増えすぎてブラック企業を温存することが非効率過ぎてきたので、間引く必要はあろうと思う。

2015-06-18

正義

正義の反対にあるのは正義」という人がいる。これを自分は信念という言葉に置き換えて理解している。以下は単純な仮定で、勝手理解だが、これを元に話をしたい。

ヒーロー物でヒーローが「この世を良くあらしめよう」と信念がある。対して、悪役が「私は欲望にまみれた強奪至上主義世界を実現する」という信念もある。これらがぶつかり合うのだからという具合であるしかし、私はそうは思わない。まず正義がどんなときにあるのかを考える。正義とは三省堂によると、"正しい道理。公正"とある。これに基づくなら、正義が成り立つのは、正しくない道理や不公正があるときであり、対置されるもの正義であるとは考えられない。

ここで不公正をもう一度考えてみる。先ほどの例ならば、不公正はもちろん悪役であると言える。他人のものを奪う世界の実現を目指すのだから、現時点での道徳基準で考えるならば不公正と言える。しかし、悪の親玉を支持する下っ端はそうは思わないはず。むしろ自分らの信念の実現を目指すのだから、それは正義であると言える。この意味において、正義正義対置されるだろう。

しかし、これは他人を害して実現する仮の正義だ。不公正を持ってして行われるものは、正義とは言えないはずである。だから私は、「正義の反対にあるのは正義」という考えには賛同できない。もちろん、余談だけれど現実は白黒がはっきりつかず、一方が他方を害する形での正義は少ない。この問題は、道徳価値準則が異なるから起きる。例えるならば、殺すことを許さな人間と増えすぎた生命間引くことが正義とする宇宙人の考えが、一致するとは限らないからだ。

2015-04-03

http://anond.hatelabo.jp/20150403133642

そうなんだよね。

健全精神健全な肉体に宿るといい、健全人間であれば必ず正社員で働いている。

こういう身分格差は氏と育ちを間引くフィルタリングとして有用からもっと積極的差別していかないとな。

差別ダメっていうやつが引き取ってくれるよそいつは。とっとと契約切っとけ。

2014-11-07

最近思うこと

思っていることを脈絡なくだらだらと書いていく

消費税は上げないだろう、今上げたら大変なことになる

これから内需を拡大するべき、グローバルは後からついてくると思う

企業国内生産日本国民に買ってもらえるものを作るべきだし、日本人もなるだけ日本製品を買うようにするべきだと思う

内需が回ればそれだけで景気は良くなると思う

もちろん日本資源が乏しい国だから輸入に頼らざるえない部分もあるけど、もう少し内需を拡大した方がいい

また、内需関係して、割り箸を使ったほうがいいと思う

割り箸エコじゃないという理由で、廃止する飲食店が増えたが、実際は、日本林業を守るためにも必要

森を管理にするには、ある程度木を間引く必要があり、その木を活用する必要がある

昔は、建築現場の足場などに使われていそうだが、今は使い回しがきく鉄製のものに取って代わり需要がなくなっている

間引く木だけでなく、メインの植林も、安い外国産木材が使われ需要が減っているが

日本戦後林業に力を入れていた関係もあり、木材資源は十分にあるコストは少し上がるが、日本林業と山を守るためにも日本木材を使うべきだ

そうやって、林業に限らず、日本産業お金を使うことが、経済を回す原動力になると思っている

最近は、経費削減の為に公務員を減らそうという動きがあるが、仕事を作り雇用を守ることが大事な気がしている

要は、必要のない無駄なことをさせるのではなく、必要仕事を見つけてやらせればいいだけ

ばらまきだって無駄に箱物や道路を作るのではなく、有効的にばら撒けばいいと思ってる

2014-07-29

人を殺してはいけない理由

  • 生物として、自分と同じ種を減らす事は得にならないことが多いから

実際、得になる場合は殺すこともある。赤ん坊間引く事は普通に生物界ではある話だし、先に生まれたものが他の卵を壊すこともある。

これらはその全てが生まれると結果的に全員に十分な栄養がわたらず死んでしまうので、種として残るためには他を殺すのが最善だから

同種食いも生きてくために必要なら起こる事。

さらに、人間の例で言えば、縄張り争いなどで自分の得のために人を殺すことが当たり前に行われてきたし、

それは悪でも何でも無く、むしろ正義だった。

今でも戦争下は特別で、人を殺しても正義とされる事はある。



  • 普段、人を殺してはいけないのは、それを許すと損する可能性が大きいから

人を殺しても良い、ということは自分も殺される可能性がある。

それを防ぐために一律、全ての人間に殺すことを許可しない様な社会を作ってるだけ。

実際、大きな権力を持ってて自分が殺される可能性が無ければ自由に殺してた王族なんてのはいくらでもいる。

逆に自分達が殺されないように、王族殺しには大きな罪になるようにし。そのような不公平法律が成り立つなら別に人を殺したって構わない、ということになる。

別にそれは殺す、殺さないだけではない。

例えば人の物を盗んではいけない、これもそれと全く同じこと。

議論する余地もない。

なんで議論になるかすら意味が不明。

2014-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20140719172943

タイミングの違いでしかない罠。

事前に捨てるか後で捨てるか。育てられないならどの道間引くし、健康問題考えれば先に捨てた方がいいだけだな。

2014-07-12

エイズって、女にとって価値のない男を間引くために産まれたウィルスなんじゃね?

エイズホモの病。

2014-06-17

http://anond.hatelabo.jp/20140617192033

から(内々でもなんでもいいから池沼間引くべきだと俺はいつも言ってる。

関わった全ての人間に対して不幸しか生まないからな。無論本人も不幸だ。

知的障害者天使!とか言ってるのは池沼ビジネスで飯食ってる奴らだけだろう。

現実は単なる欲望に正直なだけの獣。

池沼が産まれたら間引いても良い、ということになれば出生率改善するだろう。

2014-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20140609203050

違う違う。東京に人が多すぎるの。

東京の人を間引くならどんな方法でも大賛成。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん