「金色夜叉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 金色夜叉とは

2020-09-01

MTG婚活と金夜叉ちはやふる

タイトルで落ちた話なのだけど、MTG婚活という言葉を聞いて、金色夜叉みたいなかるた会の話があって、それが一種のバトルまで昇華したのがちはやふると思うといろいろ面白くなってきた。

なおかるた漫画でいえば「ちはやふる」が有名すぎるけど、そのちょっと前に書かれた「かるた」(竹下けんじろう)も男性向けながら地味に面白から見るんだぞ。

2020-07-10

anond:20200710191913

巌窟王エドモン・ダンテスが団友太郎になってたりな。

金色夜叉なんかもアメリカの女より弱き者が元ネタらしいな。

2020-06-20

ずーっとブツブツ言ってるおっさん

それはもう十年以上前の話だ。

僕は朝五時には起きて、五時半くらいに家を出て、五時四十分くらいの電車に掛け乗り、そこから乗り継ぐこと約2時間という結構通勤時間とある職場毎日出勤している生活だった。

そこへ行くには、電車パターンが幾つかあって、一番早いのであれば一時間二十分で着く。

どうしてそれを選ばなかったかと言うと、ある路線を使うと非常に快適に通勤出来るからであった。

それは特急列車で、ゆったりした座席があり、しか特急料金がないのである

そして、目的駅につくまでしっかりと睡眠を取るのだった。

ところが、時折この快適な睡眠邪魔する人がいる。

毎日ほぼ同じ時間特急を利用していたのだけれど、朝は同じ人が乗り込むことが多いので、曜日に寄ってはやたらめったら会話をする人がいたりするわけだ。

それで、そういう乗客とかち合わないように、曜日によって時間を変えたり色々工夫して快適になり始めた半年くらいたった頃。

 

どういうわけだか知らんが、なぜかそんな風に時間をずらしても、いっつも同じ時間帯の列車に乗ってくるある一人の四十代後半くらいの男性がいた。

敢えて表現すると、頭がうっすらはげたメガネを掛けた背が低めの小太りのサラリーマン風のおっさんである

別に特にそれが目立つと言うよりはむしろ雑踏にいたら誰も気付かないようなおっさんである

でも奇妙なことに、何故かいっつも一両か二両くらい、あるいは同じ車両に乗り込むプラットホームの待機ポジションにいるのである

余りにいつもいるので、二ヶ月くらいそれが続いて、正直気味が悪くなってきた。

こっちは一定ではなく、ランダム時間を変えているのに、である

但し、こちらに意識を配っている気配はまったくない。

そもそも全く知らんおっさんである

そのうえどうやったらそんなピッタリ時間を合わせられるのか、まるで理解できない。

 

ほんとに気味が悪くなって、敢えて三十分くらいずらしたら、その時はいなかった。

また路線を変えても現れない。

ストーカーされてるわけでもないんだなぁと思って、元の時間に戻したら、ふと気付いたらまたいるのである

何なんだあれ? と思ったけれど、一旦無視することにした。

しかし、毎日毎日そいつはいつもいるのだ。

でもそのうちあまり気にならなくなり、慣れてしまって、そして通勤し始めて一年くらい経ったときのことである

 

その日は何故かおっさんはいなかった。

たまーに、だけどいないことは確かにあった。ほんの数回だとは思うけど、あるにはあった。

でも別にそれを不思議に思ったり、心配したり、あるいはその逆にホッとしたこともない。

但し、いないならいないで、「今日おっさんいないんだな」くらいには思っていた。

で、ほんの少しくらいはあたりを見渡していないことを確認する癖がついていた。

だってねぇ、慣れたっつってもやはり気味が悪いことには違いないから。

からおっさんに対する意識はあったのだけど、この日は全く不意を疲れた

電車に乗り込んでも、僕はいものように辺りを見渡すことをしなかったのである

 

全く度肝を抜かれるほどびっくりした。

なんとそのおっさん、僕が座ろうとしたボックスシートの窓際の席に既にいたのである

本気で心臓が飛び出るかと思った。

一体いつそこに座ったんだ? と。

 

でもその前も横も後ろも、続々と座席は埋まっていて、座る席はそのおっさん通路しかなかったので、そこに腰を下ろすしかない。

今更次の電車を狙うこともバカバカしいし、僕はおっさんの席の隣りに座ったのである

そして気味悪い独り言をずっと聞かされる羽目になったのだ。

 

別に全然顔見知りでもないので、特に何も話すこともなく、向こうからしかけてくることもなければ、視線も合わさなかったのだけど、電車が動き出して十分程経ち、

別に何も心配することもなさそうだな・・・

と思ってウトウトし始めた時にふと気がついたのである

(? このぶつぶつ誰かが喋っているような喋ってないようなこの音は一体どこから聞こえてくるんだ?)と。

どうも窓の外からか、ガラスに何かぶつかってでもいるのかと思ったら、その窓の方を向いておっさん独り言をずっとブツブツ言っているのだ。

余りに小さな声で、しかし、電車の音に紛れて聞こえないほどでもないくらいの、ギリギリの小さな声で一人つぶやくそのおっさん

気になって眠れやしない、延々それが止まらない。

あんな気味悪い思いしたのはあの時一回だけなんだけど、とにかくずーーーーーっと、何か日本語のようなものつぶやく

でも全然判読できない。

しかし、どうも抑揚だけはあり、聞いてたらそれに慣れてきて、到着駅に着く二つか三つ前の駅で、ほんの僅かだけ聞き取れたのだ。

それは言葉はもう忘れてしまったけど、文字にして数十文字くらいの文章だった。どうも何かに書かれたストーリーのようなものだった。

 

そして、いつのものように、おっさんは僕よりはまだ先の駅で降りることは知っていたので、僕だけが降りたのであった。

ところが、だ、その日以来、おっさんと会うことは一度もなく現在に至る。

意味がわからない。ともかく、多少は気になりつつも、別に寂しいと思うわけでもなく、物足りなさもなく、そのまま残り三年くらいでそこの職場への通勤を終えた。

 

で、そのおっさんがつぶやいた内容が、何だったか

僕は文学者でも小説好きでも何でもないので、全然知らなかったのだけど、おっさん遭わなくなって一週間くらいかなぁ、経った時にその言葉ネットで調べたのである

それは金色夜叉の一説だったのである

今はもう覚えていないが、確か、

 

・今月今夜のこの月を〜涙で曇らせてみせる

 

みたいな、セリフっぽいものだった。金色夜叉なんかその後も読みもしていないけど。

今でもその意味不明な記憶が頭から離れずこうやって時々思い出す。

あのおっさん、一体何だったんだろう?

2020-04-28

anond:20200428230635

何で文豪バトルロイヤルに出てくれんのやろな?必殺技金色夜叉絶対最強やとずっと思てんのに。

2019-07-18

スター争奪ブクマカ異能デスゲーム

A.Q.M.(あっ今日呼んだ魔物):

1時間に1匹、魔物召喚できる。

魔物故意召喚者を襲うことはないが、召喚者の言うことを聞くとは限らない。

一定確率で、HなA.Q.M.が発動し、サキュバス召喚してしまう。

この場合召喚者は精を搾り取られ、一定時間動けなくなる。

強面(コワモテ)ピピック2:

発動時、その顔を見た者は一定時間恐怖で身動きがとれなくなる(新たな能力の発動も不可)。

上皇工場(エセペラー):

自身の顔を見たネトウヨに対し、一定時間上皇だと誤認させ、支配下に置くことができる。

俺だ俺だ俺だった(いっつもいっつもIt's me)!:

周囲で発動中の全ての能力対象強制的自分に変更する。

本体は耐久力があるので、滅多にダメージを受けない。

再度落選側(サイド・ラクセン・サイド):

自分対象とした能力物理攻撃は全て当たらない。

安心宇宙旅行しいたけ):

自身が「しいたげられた」と感じた際、虐げてきたと認識している対象者の能力の発動を一定時間禁止(菌糸)できる。

金色夜叉ゴールデンロール):

ノロケ話を聞くと闇エネルギーが溜まり、それを「おああーっ」という咆哮と共に放出できる。

疲労困憊る(ヒーローコンパイル):

疲労が蓄積した(くたびれた)場合、デスゲーム領域からテレポートして一定期間「外に出る」ことができる。

外に出られる時間疲労の程度に比例する。

元に戻る際に疲労は全回復する。

不安感謝祭フアンミーティング):

視界内の指定した対象者の不安感を増加させる。

不安になる」程度は、対象者の性格対象者との距離依存する。

場合によっては「ぼんやりとした不安」で自滅に追い込むこともできる。

便利屋店長

コンビニ販売している全ての物を手から無限に出せる。

天性の転生(圧倒的成長):

蟻に変身できる。

蟻の姿で死亡した場合、その場で巨人に転生する。

mを取ったら他人です(をふくろ):

視界内の指定した対象に、自身を「よく知らない人。気持ち悪い。」と思わせることで、関わり(攻撃を含む)を持ちたくない気持ちにさせることができる。

陰陽師引用師):

ブクマカ歴の浅い者には知覚されない。

視界内の指定した対象者に圧(プルッシャー)をかけ、好きな言葉強制的に喋らせることができる。

対象者は自分が何を話したか認識できない。

横綱之助(スモーキング):

ダジャレを言うことで周囲に種々の煙を発生させることができる。

本人は煙の影響を受けない。

一昨日来やがれ(デイ・ビフォア・イエスタデイ):

凍てつく波動が出せる。

益々増統(マスマスマスマス):

視界内の指定した対象男性に正常位での経験がある場合対象を遠隔から殴ることができる。

裁定鯖咖喱(さいていだな):

本人の感性で「最低」だと感じた対象天罰を下すことができる。

自身他人から「最低だな」と思われた場合、そう思っている他人の数に応じた天罰を受ける。

湯呑(You know me?):

対象の物・人に触れることで、人間程度の大きさまでのものであれば何であれ、ひっくり返すことができる。

全米雷降協会ライト・トゥ・アーム):

から無限任意銃器を出せる。

ただし、出した銃器と同じ種類の銃器が、無作為に選ばれた他のブクマカの手元にも1つ出現する。

充電強化教会06(チャージチャーチ):

手で触れた者の傷病を回復させる。

自身回復可能だが時間がかかる。

匿名下の11人(イレブンブラウン・チルドレン):

相互テレパシーでの連絡が可能11人で構成される。

1人が死亡しても、11人のうち6人以上が生存している限り、無作為に選ばれた一般人(非ブクマカ)が構成員として定期的に(3時間に1人)補充される。

定期的に漏らす。

増田熊部:

増田11人全員の位置を把握できる。

熊に変身できる。

初期愛魂勢(デフォアイコン):

存在感希薄でその存在認識されにくい。

動植物伽羅愛魂勢(アニマルプランッツ):

アイコン動植物又はキャラ実在人物を含む)を召喚できる。

同時に召喚できるのは1個体だが、それが死亡した場合は、また召喚可能

キャラクターの能力が強すぎる者は誓約と制約が必要

単色愛魂勢(イロモノ):

同色アイコンの者同士はテレパシー意思疎通が可能

また、n人の同色アイコンの者が手を繋ぐとそれぞれの身体能力がn倍になる。

その他大勢ウゾー&ムゾー):

アイコン又はidに由来する何らかの能力を持つ。

強すぎる場合誓約と制約が必要

優勝は?

追記

匿名下の11人》が強すぎたのでナーフ

《俺だ俺だ俺だった》は壁役になれるよ。

サキュバスターゲットにもなれる。

《全米雷降協会》と組めば銃器を独占し得るよ。

《A.Q.M.》は魔物が他のブクマカを倒してくれる可能性や、言うことを聞く魔物が呼べる可能性があるよ。

正常位は人間相手とは書いてないのでサキュバス相手も含まれるよ。

2018-03-05

昔、同じ部署の先輩で、酔ったら毎回『金色夜叉』の架空のシーンを演じはじめる先輩がいた。

もちろん仕事は全くできず、今は窓際族である私生活も荒んでいる。

2017-06-29

金色夜叉の貫一キック

伊豆の貫一お宮の像が女性差別でうんたらかんたらという話が以前あったのを思い出して金色夜叉を読んでみたのだけれど、お宮はすごい女ですよこれは。

このあまりにも堂々たる『お前より金も地位もある男と玉の輿結婚するけど、元許婚のお前はキープしておきたい』宣言ときたらどうです。これを、なんて私はかわいそうなんだろうとわんわん泣きながらおっしゃるんですよ。

  • この後貫一に、そんな金持ちどうせ愛人もいるし何年かたったら捨てられるだけだ、愛の無い結婚なんて後悔するだけだからやめろと言われて「嗚呼、私はどうしたら可からう! 若し私が彼方(あっち)へ嫁いつたら、貫一さんはどうするの、それを聞かして下さいな」

女が男に蹴り飛ばされてもしょうがないシチュエーションってあるんだなって思った。

2017-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20170529183653

会員制サイトウェブに含まれるということでは

私が知りたいのは

----------

文献リスト

 ・雪国

 ・ぼっちゃん

 ・金色夜叉

カテゴリ1:「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

カテゴリ2:「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」(雪国

----------

論文ではカテゴリ1の書き方だけど引用元が分かるるようにカテゴリ2の形式で書く必要はないのかってことです!!!!!!!!!

2016-05-04

イケメンへの劣等感持ってたけどさあ。

よーするに、俺は見た目では勝てないけどさあ。

だったら金で勝てばいい話なんだよなあ。

女が惚れてねーよとかあるかもしれないけどさあ。逆の立場で考えてみるとさあ。

俺が女だとして、金持ちに見初められたとか完全にドキドキするやろ。イケメンどうこうってなる。

あれだ、『金色夜叉』でも、惚れた男より、金持ち御曹司になびくのが書かれてるけど。女からしたら、そりゃ金で釣られるのって一生を決める話なわけだ。

  

唯一、忸怩たるものを感じるのはさあ。青春コンプレックスっての?でも、それだってオッサンになったら遠い記憶のかなたじゃね?

  

そうだよなあ。俺が金持ってないから負けた負けたって思ってるだけで、俺は俺なりの勝負に負けて負けただけだからさあ。イケメン関係ないやん。

2014-08-20

"痴漢妄想"の根源には、親による禁止令がある

http://anond.hatelabo.jp/20140820015153

 

強くあらねばならないと思っている人は、自分自身主体的な欲求や感情存在を認められないんですよ。

欲求は、相手に知られると足元を見られるウィークポイントでもあります。だから存在してはならない」。

他人にはあっても、自分には無いのが欲求や感情…という歪んだ認知をしてしまうわけです。

 

このタイプの人は「(私は)あいつを見ているとイライラする」ではなく、「あいつにはイライラさせられる」という言い方をしたり、

「私は面白いと感じた」ではなく「あれは面白い」と、原因を外部化して語ります

私はこうしたい・私はこう感じたという部分を、存在しないことにしようとしてるんですね。

から性欲についても「私は欲情した」ではなく「あいつに欲情させられた」、

まりは「あいつが誘ってきた」というふうに認知が捻じ曲げられます

その結果「痴漢!」と拒絶されると、本気でビックリして「裏切られた・騙された・ハメられた」と激怒してしまうんです。

 

こうした認知のゆがみというのは、個々人の「こうしたい」や「こう感じる」が邪魔組織にとっては便利な特徴です。

から社会的地位が高いのに痴漢」が発生します。

外野から見ると「せっかく社会的評価を得られたのに、どうして痴漢台無しにするんだろう?勿体ない…」と感じるところでしょうが

そもそも「私は強くあらねばならない」と強固に思っている人は大組織適応やすく、性格的に出世やすいんです。

(このタイプ性格なのに出世しないという人は、職能が無いとか、発達障害があるとか、別に問題を抱えているのでしょう)

 

女性から見て「私は強くあらねばならない」を抱えた男性が、配偶者として魅力的にうつるという問題もあります

子供が溺れるなどの家族の危機的状況において、父親に英雄的な行動を"とらせる"のも「私は強くあらねばならない」だからです。

自分がどうしたいか、どう感じるかではなく、「弱い者が助けを求めているから私が助けるしかないのだ」という状況は、

自分の行動の理由を外部化したがる性格の人にとって、好ましいものになります

ヒーローものが全世界的にウケるのも、それだけそういう男性と、そういう男性を好む女性が多いことの証左でしょう。

 

こうした歪みを改善するには、自分の欲求や感情存在を、自分自身で認めることが重要です。

欲求や感情は「あっても良いもの」です。親に「泣くな!」「欲しがるな!」などと、欲求や感情を禁止されて育った結果、

親を内面化した大人になってしまうのですが、そうした禁止令を解くことです。

そうすれば「あの女に、尻を触りたいと思わされた」ではなく、「私はあの女の尻を触りたいと思った」と正確な認識ができるようになります

それは欲求に責任を持つと同時に、主体性を取り戻すことでもあると思います

 

skgctom

金色夜叉の像みたいな男女関係(ヤレヤレ系)を理想化してる人結構いるよなと思う。

無根拠な自尊心の高さ由来かと思ってたけど、抑圧の結果と考えると確かに頷ける

ヤレヤレ系の物語に固執する人は自尊心が低いと思いますよ。

自尊心が低いからこそ防衛しようとして、恋愛への欲求を外部化・他責にした結果がヤレヤレ系。

恋愛への欲求が無い人は、恋愛描写が出てこない物語を好みます

 

gazi4

子育てで似た論理はあるし、認知の歪みも理解できる。が、この話では「最初にしてしまう」理由が分からない。

さな子供論理的思考が出来ないため、ちょっとしたことで認知がゆがむように出来ているんです。

つの例で「みんなそうだ!」「いっつもこうなる!」と思いこんでしまます

大人になる過程で、そうした歪みが論理的思考によって改善される人も居れば、

歪んだ認知を補強する事例ばかりを執拗に集めて、犯罪者になってしまう人も居ます

その差は遺伝と環境の複合によって生まれると思います

 

JSONP

最近何でも親の育て方のせいにする風潮あるけど、何なのこれ?

原因は親にありますが、完璧な親など居ませんし、親が成人した子供責任をとることは出来ないので、

自分認知のゆがみを解決しなければならないのは本人だと考えています

健康な大人の脳みそなら、本来可能なはずなんです。

これまで通りに自分を騙し、好みの認知の歪みに逃げ込むほうが楽なので、大半の人はそれを続けるだろうというだけです。

性犯罪者に至っては、何度捕まっても続けるでしょう。

2008-07-09

青空文庫のお気に入り50

はてなナツ100」にトラックバック

http://anond.hatelabo.jp/20080708184613

 とても面白い企画だと思ったので、便乗させてください。

ご覧の通り趣味に走って暗めですがそのあたりはお許しを。

作家一作品としたら100にいたらなかったので50、元増田

さんとの作品の重複は避けたつもりです。

芥川龍之介結婚難並びに恋愛難」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000879%2fcard1131.html&noimage=0&split=0

チェスタートン「金の十字架呪い

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001123%2fcard43496.html&noimage=0&split=0

太宰治「燈籠」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000035%2fcard1568.html&noimage=0&split=0

福田英子「妾の半生涯」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000057%2fcard43276.html&noimage=0&split=0

福澤諭吉「旧藩情」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000296%2fcard45664.html&noimage=0&split=0

ガンジー「非暴力

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001277%2fcard47024.html&noimage=0&split=0

ガールシン「四日間」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000340%2fcard1867.html&noimage=0&split=0

萩原朔太郎「月に吠える」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000067%2fcard859.html&noimage=0&split=0

原勝郎「東山時代における一縉紳の生活」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001037%2fcard4995.html&noimage=0&split=0

林芙美子放浪記(初出)」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000291%2fcard45649.html&noimage=0&split=0

樋口一葉「うつせみ」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000064%2fcard390.html&noimage=0&split=0

穂積陳重「法窓夜話」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000301%2fcard1872.html&noimage=0&split=0

石川啄木「時代閉塞の現状」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000153%2fcard814.html&noimage=0&split=0

泉鏡花「術三則」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000050%2fcard4590.html&noimage=0&split=0

カフカ「道理の前で」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001235%2fcard47213.html&noimage=0&split=0

河上肇貧乏物語

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000250%2fcard18353.html&noimage=0&split=0

北原白秋「邪宗門」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000106%2fcard4850.html&noimage=0&split=0

北村透谷処女の純潔を論ず」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000157%2fcard45241.html&noimage=0&split=0

小林多喜二「党生活者」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000156%2fcard833.html&noimage=0&split=0

幸田露伴魔法修行者」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000051%2fcard1437.html&noimage=0&split=0

幸徳秋水「筆のしづく」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000261%2fcard2410.html&noimage=0&split=0

倉田百三出家とその弟子」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000256%2fcard1412.html&noimage=0&split=0

桑原隲藏「蒲寿庚の事蹟」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000372%2fcard4706.html&noimage=0&split=1

ルブラン「奇巌城」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001121%2fcard46187.html&noimage=0&split=0

牧野富太郎植物一日一題」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001266%2fcard46820.html&noimage=0&split=0

三木清人生ノート

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000218%2fcard46845.html&noimage=0&split=0

南方熊楠神社合祀に関する意見

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000093%2fcard525.html&noimage=0&split=0

宮武外骨「一円本流行の害毒と其裏面談

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000063%2fcard385.html&noimage=0&split=0

宮沢賢治カイロ団長

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000081%2fcard1918.html&noimage=0&split=0

森鴎外仮名意見

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000129%2fcard677.html&noimage=0&split=0

内藤湖南応仁の乱に就て」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000284%2fcard1734.html&noimage=0&split=1

中原中也山羊の歌」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000026%2fcard894.html&noimage=0&split=0

中島敦「狼疾記」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000119%2fcard42301.html&noimage=0&split=0

夏目漱石虞美人草

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000148%2fcard761.html&noimage=0&split=0

仁科芳雄「日本再建と科学

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001163%2fcard43706.html&noimage=0&split=0

大杉栄日本脱出記」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000169%2fcard2582.html&noimage=0&split=0

折口信夫「翁の発生」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000933%2fcard18406.html&noimage=0&split=0

尾崎紅葉金色夜叉

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000091%2fcard522.html&noimage=0&split=0

ポー「アッシャー家の崩壊」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000094%2fcard882.html&noimage=0&split=0

スウィフトアイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000912%2fcard4268.html&noimage=0&split=0

タゴール「ギタンジャリ」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001075%2fcard33221.html&noimage=0&split=0

寺田寅彦「流言蜚語」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000042%2fcard43260.html&noimage=0&split=0

徳冨蘆花「謀叛論(草稿)」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000280%2fcard1708.html&noimage=0&split=0

戸坂潤「思想風俗

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000281%2fcard1710.html&noimage=0&split=0

内村鑑三「後世への最大遺物」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000034%2fcard519.html&noimage=0&split=0

上田敏海潮音

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000235%2fcard2259.html&noimage=0&split=0

ワイルド幸福の王子

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000332%2fcard2232.html&noimage=0&split=0

イエイツ「春の心臓

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001085%2fcard44.html&noimage=0&split=0

与謝野晶子「女子の独立自営」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000885%2fcard3631.html&noimage=0&split=0

吉野作造「蘇峰先生の「大正青年帝国の前途」を読む」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000323%2fcard2171.html&noimage=0&split=0

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん