「違法ダウンロードサイト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 違法ダウンロードサイトとは

2018-09-09

会場限定オマケ・ペーパーの罪悪

もういつからまれ文化なのかわからない頒布者による即売会会場限定オマケ本ペーパーコピー誌

会場に来た人に頒布物を購入した人に対する感謝としてのオマケ

作家同士は横のつながり、その関係を築いた友好の印として頒布物のやりとり。

十分に理解出来る、頒布する側にとって当然の感情表現であろう。

宣伝目的過去絵として当時のサンプル掲載するのも一向にかまわんッッ。

だがしかし、それをたまたま見た人初めて見た人が「読んでみたい」となった時に

「会場限定です」「公開してないです」は門前払いもいいところだ。

今でこそDL販売での頒布も見かけるようになった。

それでもまだ根を貼り続けている会場至上主義志向

その"会場限定"によって格差を被ってる人がいることをわかってもらいたい。

見れないのならヤ○オク、中古ショップ、果ては違法ダウンロードサイト、そうやってでも見ようとすることになるが。

意に沿わない行為に対してお顔真っ赤になる気持はわからなくもないが果たしていかがかなものか。

会場でしか頒布できないのか?

「見たい読みたい」という気持を持った会場入りできない人に対して、

会場入りしている作家頒布側はどれだけ歩み寄れているのか?

作家に対して挑発的な発言ではあったが、頒布する側にはあぐらをかかずに考えてもらいたいものである

閑話。同人誌、紙とデジタルのよもやまが話題になった。二次創作では性質上、やましいところもあるので仕方ないかもしれない。

がだったらTwitterキャラ作品堂々掲げてる様子には疑問を呈したいものだ。それができるのなら臆面もなくデジタルも取り扱ってもらいたいものだ。

2018-02-21

田舎と都会

田舎もんだけど、大学進学で都会に出てきた。

ちょっと前に大学卒業して、今も都会で暮らしてる。

低学歴高学歴の世界、みたいな記事を読んだ。

これは田舎と都会の世界がそのまま浮き彫りにされている感じがした。

田舎常識と都会の常識もぜんぜんちがう。

違法ダウンロードサイトブックオフがだいすきで、

かわいい小物売ってるお店は新商品の棚をスルーして一番奥の値下げコーナーに群がるし、

お金がないって言っててコンビニでお弁当買って食べてる。

街で人を追い抜くと気が短いって言われるし

若い子は靴のかかとを引きずってかつかつ言わせて歩いてる

バイキンいっぱいだからって除菌シートで手を死ぬほど拭いた後でスマホさわってる。

悲しいけど田舎友達がどんどんしんどくなってく。

大人なのに化粧しない。おかあさんに車で送ってもらわなきゃどこへも行けない。街からたことがない。

中学生とおしゃべりしてるみたい。

この溝はなんでできてしまうんだろう。どうすりゃいいんだろう。

2018-01-26

ドン・キホーテとか激安店に行くとガリガリくんが超安く売っていて、その価格に慣れるとスーパーのガリガリくんは高くて買わなくなるようになる

駅の近くのケーキ屋さんは閉店時間になっても割引しない。廃棄することになってでも割引をしない。割引をすると割引後のケーキしか買わない人が出てくるからである

商品価値を下げないために安易に割引をしないことも大事だというのがわかる。

漫画も本も音楽もそういう意味で失敗してしまったように思う。一方映画成功ではなくても失敗していない。

書店では割引してないとはいえ、漫画古本屋やネトカフェレンタル漫画で安く読めることを消費者が覚えてしまった。漫画業界はなんらかの対策を取るべきだったのだ。インターネットによって画像が共有されやすいようになったのに未だに対策が取れてない。

音楽業界だって古本屋CDを買えるし、ラジオテレビで聞けるし、飲食店でも聞ける。お金をかけずに聞けるのはユーチューブができるまえからあった。

映画は金曜ロードショウで観れる以外にレンタルお金を払って借りるしか無かった。だから商品価値を下げずにいた。違法ダウンロードサイト映画もあったけど、どうだろうかあんまり話題になってない。(私の知らないところで大問題になってるのかもしれないが)月額支払い映画見放題のとこも出来たか商品価値はここ数年下がってはいるのかもしれない。

要は商品価値を下げないために安易業界が割引しないようにするべきだと思ってる。下げた商品価値は上がらない。

古本屋だって放置しないで新品の一、二割引しかさないようにすればよかったのにと思う

違法ダウンロード問題業界が悪いからって言うと痴漢被害者が悪いって言うような可笑しな文になるから言わないけど、漫画業界高須クリニックみたいな即裁判業界だったら舐められなかったんだろうなって思ってしまった。

完璧被害者を求めてしまうのはいけないとわかってるんだけど、漫画の作者さんだけが違法悪いと言っても業界が何もしてないように思えてしまう。

ツイッターフォローしている人が漫画家の声をめっちゃリツイートするのにもやもやして書いたよ。

漫画家が数ヶ月して書いた漫画一冊500円は安いってツイートを見ても全然心に響かない。

ぐちゃぐちゃに書いてしまったけど、今はpixivコミック無料漫画を読むしかしてない人の意見です。

2018-01-18

グロ画像テロ事件

???グロ画像見てしまった貴方癒し画像を送るね★」(無断転載画像

画像の撮った人(例、猫写真の猫の飼い主さん)に対してのことを全く考えて無くて正に偽善者だよね

いつも無断転載は良くないと対応してる人も今回の癒し()に何もコメントしてなくて……

自分の飼い猫の写真をそんな扱いされたくないんだが

違法ダウンロードサイトときは反応してた人は写真家や撮った人に対してはどうでもいいんだなって…

グロ画像通報人達も「あの人達はいい人だから通報しないようにね」って書いてる

自分が思ってることはおかしいのか?グロ画像に対抗してるからって無断転載しても良いわけではないと思うんだよ

2018-01-09

コレクター気質オタクなので「所有」できない電子書籍販売形式が嫌い

僕は好きなものは「所有」しておきたい人間で、それは紙媒体であろうとデータであろうと気にしない(というか火災かに備えて両方で持っておいてクラウドバックアップしておきたい)んだけど、サービス独自著作権保護フォーマット電子書籍って全然所有してる感が無くて大嫌いなんだよね。専用ビュアー必要サービス潰れたら読めなくなるし。まあ、Kindleについては潰れないだろと思っているけど、今度はエロ描写があると消されそうで不安になるし。同人誌とか同人CG集とかは割と生の画像ファイルとかPDFで売ってくれるサークルいかDMMとかBOOTHとかで喜んで買うんだけど。

僕は違法ダウンロードサイトを利用する人の一部には同じようなモチベーションで「所有できるデータ」を手っ取り早く入手するために使う人がいると思っているんだけど、どうなんだろう。

https://anond.hatelabo.jp/20180109053354

そもそも違法サイトで売り上げが減っているのか?

日本にある4000万世帯が平均して月に1000円コミック

支出するとして(年一万円超。どんどん増えている

おじいさんおばあさんだけの世帯なども全部ひっくるめた

平均としてはこの辺りが妥当だろう)、

単行本雑誌の合計で年間のコミック業界の売り上げは約5000億円。

定価×違法ダウンロードされた数だけの損失があった、とかい

かつてのアメリカ音楽業界のような(そして裁判却下されまくった)

発想をすると大きな損失が出ているように見えるけど、

実際にはもし違法ダウンロードサイトがない時に購入者

購入した総額以上の売り上げはありえないわけで、

この約5000億円と実際の業界売り上げのギャップを見ると

それほど大きいわけではない。

ただし、違法ダウンロードサイトがなくなった場合、購入される

コミックはハズレの可能性の少ないものに集中するだろうから

大ヒット作品の売り上げは大きく伸びると思われる。

人気漫画家にとってほど看過できない面はある。

なおこれは同時に、安牌漫画支出を取られたことに加えて、

違法サイトを通じた露出宣伝認知の道がなくなる

連載終了作品マイナー作品の売り上げが落ちるという

ことでもある。


https://anond.hatelabo.jp/20180109001953

違法アップロードサイトが人気なのは無料から」だけではない

 

ここ数日、違法漫画アップロードサイトが俄に話題だ。

皆いろいろと憤っている。当然だ。完全なる著作権侵害知財の無断利用で金を儲けている奴など断じて許してはならぬ。別に違法サイトを擁護しようというつもりはさらさら無い。

が、それを前提にちょっと皆に聞いて欲しいことがある。どうしても言いたい事がある。

 

 

あそこの配信サイトもこの電子書籍ビューアも、お前ら全員もっと漫画村を見習えクソが!!

 

 

いやもう正直言って今更サイト名伏せる意味もそこまで無いやろと思うので特に伏せずに発言する。

漫画村は確かに違法サイトであり、「タダで漫画が読める」というのが一番大きなセールスポイントだ。しかし、だ。ハッキリ言うが漫画村は「タダで漫画が読める」という点を差っ引いても、下手な正規ルートよりよっぽどユーザーに優しい作りになっている。その事については強く主張したい。

 

 

私が漫画村という名前を知ったのは半年ほど前だ。確か「ギリギリアウト」か「金の彼女、銀の彼女」か「町田くんの世界」辺りでググった時だったように記憶している。この頃から多少マイナー漫画タイトル検索すると検索結果の1ページ目に頻繁に出力されるようになったように思う。

いい加減よく見かけるので違法サイトのくせによっぽど人気あるのか、と興味本位で実際にサイトを覗いてみたのが2ヶ月ほど前のことだ。

 

ここでまず誓って言うが、私はあくまで「どんなサイトか」を知るためだけに見たのであって、決して「タダで漫画を読む」ためにサイトを見た訳ではない。その時に試しに読んだ漫画はいずれもその時手元にあった漫画だけだ。

勿論、動機がどうあれサイトの閲覧数に貢献し、運営者の懐に入る広告料に寄与してしまったのは事実である。そういう意味では一度でも漫画村にアクセスしてそこで漫画を読んでしまった時点で罪になっているとも言える。が、そのへんは一旦棚に上げて頂きたい。

 

で、だ。漫画村で違法アップロードされた漫画を読んだ私の感想は

「ああ、これはそりゃ読まれるわ」

だった。

 

まず誤解している人も多いみたいなのだが、漫画村は違法ダウンロードサイトでは実は無い。あくま漫画村の漫画ブラウザ上で読むことが出来るようになっている。(ひょっとしたらDLも出来たかも知れないがそこは置いとく)

ハッキリ言ってこれはデカい。ダウンロードブラウザ上で読むのとでは圧倒的に後者の方が「読む」に至るまでの心理障壁が低い。違法サイトと知りながら読む場合の「罪悪感」的な面でもそうであるし、単純に「暇つぶし漫画でも読むか」と思った人に漫画を読ませる場合、下手すると金銭以上の差がそこには生まれる。

で、実はこの点をちゃんと分かっていない人が電子書籍を売る側でも未だにかなり多いように思う。

最近はかなりの配信サイトブラウザ電子書籍が読めるようになってきたが、肝心要のAmazon Kindleが未だに 購入→配信先端末の指定Kindleアプリ起動→ダウンロード の行程を踏まなくては書籍が読めない。最近この煩わしさがとみに鬱陶しいのだが、できるだけ電子書籍管理を一本化したいので、結局品揃えと継続性に最も信頼がおけるKindleでしぶしぶ購入しているのが現状だ。もちろんサーバ問題もあるのでなかなか一気に移行はできないと思うのだが、なんとかAmazonのwebページ上で読めるようにできないものか。

(ついでに言うと、ダウンロード形式の場合についても、macPCに対応していない専用ビューアを使っている所そろそろ滅べという気分になってきている。DLsiteフランス書院お前らのことだよ。いやまあそこの2つはブラウザビューも出来るから別に良いんだけどさあ)

 

この問題同人誌に関してより深刻で、メロンブックスでは電子書籍を購入しても専用ビューアでしか読めないようになっている。あまり同人誌は買う方では無いのでアレだが、私のパソコンにはある一冊の同人誌を読むためだけにメロンブックスの専用ビューアがインストールされている。正直言って絵がかなり好みだったから購入したものの、あと少しでも購買意欲が低ければ面倒になって購入を断念していたと思う。おそらく「まあでもわざわざビューアDLインストールしてまで読みたい訳でもないしな」と思って同人誌の購入を見送った人は相当数いるのではないかと思う。

この辺同人誌昔ながらの「買いたい人は多少高かろうが買う」という考え方が割と幅を効かせていて、「買おうかな?と思った人に如何に心変わりの隙を与えず買わすか」という観点にかなり乏しいように感じる。

そしてそうして購入を見送った先には、タイトルで検索した時に検索結果の1ページ目に出力される違法アップサイト存在している訳である

もちろんそこには「二次創作」という権利関係的に危ういものを簡単に売りづらい、という面もあるのだろうが、どうにかならんもんかいな、という溜息はどうしても出てしまう。

ついでに言えば私が購入した件の電子同人誌に関してはpixivの紹介ページからは紙書籍版の通販ページにしかリンクされておらず、メロンブックスで改めて検索してようやく発見したレベルなので、本気で売る気があるのか、「印刷費は回収できたし、小金になれば御の字」程度なのかが非常に怪しい所であった。

勿論同人誌なんて趣味でやってるのだからどう売ろうが個人の自由なのには違いないが、プロの漫画家が本気の収入源として描いてる割には売る気があまり感じられない、という事例もかなり多い。違法アップロードする方が100%悪いのは大前提ではあるが、コミケ当日の半月後にメロンブックスだけで電子販売とまでなると、「違法アップロードと競うつもりは無い」という宣言に等しいように思う。勿論繰り返すが、競おうが無視しようがそれは個々人の自由意思なので、そうしない作家が悪いなどと言い出すつもりは毛頭無い。

 

 

閑話休題

とにかく、そうしたダウンロード形式限定電子書籍に、煩わしさ鬱陶しさを感じている身としては、漫画村がブラウザ上でストリーミング読書できるのは相当に大きいと感じざるを得ない。これが漫画村の強みの中でもかなり大きな点だ。

 

勿論、漫画村の良さはそれだけに限らない。(というか上にも書いたが、最近ではかなりのサイトブラウザ上で購入した書籍を読めるようになっているので、そこまで大きく差別化されるものでもないのだが)

端的に言うと、とにかくサイトデザインが良いのだ。ジャンルごとの区分けも明瞭で、文字情報も最低限なので目が滑ることなく見やすい。読みたい漫画が非常に探しやすいようにできている。

中でも関心したのが検索結果の出力についても巻数ごとの表示とタイトルごとの表示の両方をユーザー自由に切り替えれるようになっている点で、この機能は今すぐにでもあらゆる電子書籍販売サイトに丸パクりして頂きたい。

 

検索ページだけでなく、実際に漫画を読むページも実に良い。1つ漫画を読むと、同じページに必ず同タイトルの全巻が表示されるようになっている。当たり前のようだが、実はAmazonですら時折この「他の巻も全部表示」に対応していない漫画があって、正直「正気かお前ら」と出版社に対して暗澹たる気持ちになることが少なくない。他のサイトでも「同じ作者の他の本」や「この購入者は他にもこんな本を」などの情報が10件程度出力されるが、肝心の次の巻が見当たらない、というページが普通に存在する。漫画村、何という親切設計

 

実際のビューページも実に親切な設計だ。まず単純に1ページずつと見開きページの両方を選べるようにできている。これも当たり前のようで対応していないサイトが未だにあったりするのだ。特にスクロール形式で配信している所などは、見開きページだけ急に画像の幅が大きくなってただただ見づらいだけというケースも多い。(これに関してはニコニコ静画マジで酷い)

そしてさらに関心したのがビューページ上の「ずらす」というチェックボックス最初は一体何のことか分からなかったのだが、ここにチェックを入れると、偶数ページと奇数ページが見開きの左右どちらに来るかを変えることができるのだ(左右が入れ替わる訳ではない。簡単に言うと3,4ページが見開きになっていたのが4,5ページに変わるのだ)。これは漫画アップロード者にとって非常に助かる機能だ。漫画村のアップロード者がどういう集団なのかはよく分からないが、投稿者は見開きの順序やページ数の偶奇など気にせず、とにかく表紙などを含めて単ページずつ全部アップしてしまえば良いのだ。見開きズレは読者側がワンクリック対応すれば良い。この機能も今すぐにでもpixiv含めてあらゆる漫画投稿サイトに丸パクリして頂きたい。

 

ハッキリ言ってしまうが、「Amazonで買った本を漫画村で読みたい」まである

 

 

 

話はまだまだ続ける。ここからは漫画村1サイトの話でなく、業界全体の問題に関わる話もする。

 

1年ほど前知人と「最近漫画でも小説でも帯のデザインが良いのが多いですよね。帯巻いたままで保管したくなるものも少なくないじゃないですか」という話で盛り上がった。その折に「電子書籍ってそういうの全く対応してないんですよね」と不満を漏らすと、その場でその知人はとある違法サイトを見せてくれた(こちらは漫画村ではなく、名前は覚えていないが英語サイトだった)。

そこにあった違法アップロードされた漫画は、1ページ目が普通の表紙、2ページ目が帯付き表紙、3ページ目が折り返し、4ページ目が帯付き折り返し。さらに5ページ目が表紙と裏表紙の見開きで、6ページ目がその帯付き、というものだった。

これはかなり衝撃的で、私が常々不満に思っていた点を完全に解消してくれていたのだ。帯の話だけではない。近年は漫画の表紙も凝ったデザインが多いのはご存知の通りだと思うが、裏表紙含めて見開きでデザインになっているものも少なくない。であるにも関わらず表紙と裏表紙を見開きでしっかり表示する電子書籍は皆無と言って良い(明らかにカバー全体で背景絵繋がってるのに裏表紙ポツンと最終ページに持ってくる所業、やっつけ仕事にも程があんだろ)。それどころか裏表紙そもそも載せていない、という電子書籍もかなり多い(むしろ裏表紙のある場合の方が少ないレベルだ)。折り返しや背表紙などに至っては、全て揃っている電子書籍などほとんどないのではないだろうか? 紙の書籍の方には作者コメントの1つでもあったんちゃうんかボケえ。

(ついでに言うが、某タイムスリップTSおねショタ漫画で作者が「カバー全体で絵描いてたけど電子版だと反映されないから今度から辞める」ってツイートしてて「逆じゃねえ!?」って驚愕したんすよね。どういう力学が働けば「電子版にも対応してもらう」じゃなく「見開き絵描くの辞める」になるんだ。そんなに電子書籍担当の腰が重いのか......。)

 

さらに重ねて言うと、これは私自身で確認した訳ではないが、どうやらその違法アップ漫画にはしっかり店舗特典もついているのだそうだ。

地方在住の身として私は、かねてから「東京オタク向け専門書店で購入した紙の本」に比べて電子書籍が同じ金額にも関わらず著しく商品価値が低下している点について、ずっと納得いっていない。ポストカードイラスト1枚程度ならともかく、4ページ描き下ろし短編漫画とかまで行くと、「俺に一体どうしろと言うんだ……。」と暗澹たる気持ちになる。

店舗特典に関しては私は書店出版社の間の営業マターに過ぎないと考えている。ハッキリ言えばあんな物は読者に対するサービスではなく書店に対するサービスだ。出版社の営業が書店に対して「特典つけてサービスするんでもっと部数とって下さいよ」とアピールするためだけに、我々地方の読者がその度に「ああ、これには特典ついてないんだ…」とガッカリしながら購入させられなくてはいけなくなっている。滅びろ。

ファンならそのために往復3時間かけて新宿まで行けよ。書店通販で送料割増して買えよ。電子書籍で買うの諦めろよ。というのはまあ「正論」ではあろう。)

 

特典商法についての恨み節が長くなったが、とにかくその出版社書店業界事情により電子書籍には本来つかない「特典」が、違法サイト無料アクセスすれば読めてしまうのだ。

「こりゃ違法サイトに勝てないね」「同じ金払うとしてもこっちに払いたいよ」

知人と一緒になって苦笑いしたものだ。

(もう一度誓って言うが、だからと言って違法サイト活用はしていない。シスターブリーダーとらのあな特典もツリメスのメロンブックス特典もこちとらお行儀よく諦めてんだよクソがあ)

(ちなみに上でも述べた通り以上はどっかの海外サイトの話で、漫画村は私が覗いた範囲だとこうした特典や帯の対応はしてなかった。あのUIでそこまでされたら本格的に勝ち目が無くなるのだが...)

 

帯や特典の有無を超えてさら問題なのが、違法サイトしか読めない絶版本の存在だ。

一度転居時に手放してしまったとあるエロ漫画をもう一度読みたいと思っているのだが、再販電子書籍化の気配も無いまま、グーグルの検索結果に違法サイトが表示されるのを眺めたまま悶々とする日々がかれこれもう3年目に突入している。出版社にも一度メールは送ったが「予定無し」であえなく轟沈した。

勿論、物を売るにはリスクがある。電子書籍と言えど再販が難しい書籍があるのは確かに仕方無い。しかしだからと言って「読みたい本が現状読めるの違法サイトでだけ」という状態を放置し続けられると、こちとらいつ魔が差してもおかしかないぞ、と思ってしまう訳だ。

(まあこれに関しては「流石に誰がどう「使った」か分かったもんじゃない中古エロ漫画を買う勇気が足りない」という私自身の心の問題が実はまずあるのだが)

違法アップロードサイトなど本来百害あって一利無し、であるべきなのだが、将来的に違法サイト同人誌含めて絶版本など漫画資料の貴重なストレージ先になってしまう可能性はかなりあるのではないだろうかと思う。10年後くらいに漫画研究家が2000年代同人文化研究をしようとした時に、違法サイトが唯一の資料源だった、という状況は下手すると十分ありえる。

個人的提案であるが、同人作家再販予定も無ければそもそもデータが手元にない自分同人誌については、自ら違法サイトからガシガシデータ吸いとってpixivに上げてしまう、というのはやっても良いと思う。勿論そんなものは個々人の自由だし、何か拘りや主義があるならそちらを優先すべきだが、特に思う所が無いのであれば是非やって頂きたい。

 

 

 

とにもかくにも、だ。

公式出版社らが手間や契約利害関係でまごついてる間に、反社辺りが運営してるであろう、その辺の浮世の煩わしさガン無視した違法サイトが、正規ルートよりもはるかユーザーフレンドリープラットフォームで、商品クオリティも圧倒的に高い状態のもの無料でばら撒いてるんだから、そりゃ勝てるはずないんだよ。

せめて違法サイトが勝ってる所は「無料」の一点だけであってくれよ。それ以外でもボロ負けしてんの恥ずかしくないのかよ。

嘘かまことかは知らないが、AppleiTunesを始めた時に当時のCEOが「われわれは違法ダウンロードと戦う。訴えるつもりも、無視するつもりもない。競争するつもりだ」と言ったそうだ。iTunesは確かに凄い。検索購入視聴までがストレスフリースムーズに行える。出版界もそこに追いつけないと話にならんのではないか。(「訴えるつもりはない」を真似する必要さらさらないが)

 

重ねて繰り返すが、違法サイト違法である時点で擁護の余地は一欠片も無い。

しかし、だ。出版関係者が「違法サイトのせいで本が売れない。出版界の危機なんだー」と騒いでるのを見ると、勢い

「お前らそんな事の前に他にもっとやれる事がいくらでもあんだろうが。ちっとは漫画村を見習ってみろクソがあ!」

と喚きたくもなるのだ。

 

 

(あいつは違法サイト擁護してる、みたいなこと言われるのが嫌で増田で書いたけど、私を知ってる人は私が誰か即分かると思う。まあ分かっても黙ってスルーしてくれると助かる)

 

 

 

 

追記

>いやKindleブラウザですぐ読めるんだが…スマホからは知らんけど。PCで買ったら今すぐ読むみたいなのクリックしてすぐに読み始められるよ(まあ漫画のみで小説は無理だったはずだけど)

Amazonは5年前くらいかブラウザで読めるので、正確にはスマホブラウザで読めないとすべき

ぐげええええええ!ホンマや! アレですよ...多分新書か何かで読めなかったのずっと勘違いしてたんですよ....。電子書籍に本格的に移行した時にまずブルーバックス大量に購入したから、多分その時に...。Kindleについての箇所は誤りがあったことを謹んで訂正させて頂きます

ご指摘まことありがとうございました。

 

さらに追記

Amazonブラウザ上で読むページ、マジで購入直後のページでしかワンクリックリンク貼ってねえのな。

既に買った本をブラウザ上で読むのどうすりゃ良いんだってマイページ中延々探し回った挙句クラウドリーダーログインすれば良いことにようやく気づいた。

Kindleやっぱクソアンドクソアンドクソだわ。(自分の無知を盛大に棚に上げつつ

あとまあ、Kindleが中でも特にクソなのはわかってるんですよ。けど結局本文中にも書いたように出来るだけ一本化したいってのと信頼性との兼ね合いがあって今更別のに乗り換えて2つのビューア使い分けるのも何かなあ...というので渋々使い続けてる訳です。購入冊数300行く前に思い切って切り替えてたら良かったなあ、と後悔の日々。

 

もいっちょ追記

いくつかの批判対応も含めてちょこちょこ書き足したけど元のバージョンが飛んだせいでどこが加筆だったか細かく分からんくなってしまった。

ひょっとしたら「いや本文に説明あるじゃん」な批判コメがあったとしても、単に私がそれに合わせて加筆修正しただけの場合があるのでそこは申し訳ない。

ただ、初手で「無料なのが一番デカイけどそれだけやないで」って書き始めたはずの記事に「言うて一番デカイのは無料なとこやろ」ってコメントがちょいちょい集まるの、本当にリテラシーの難しさを痛感するぞ。

 

2017-11-01

海賊版リーチサイト逮捕で出された損失額4000億円

はるか夢の阯』の運営逮捕ニュースで、違法ダウンロード被害における出版社が出してきた損失額は4000億円を超えるものだった。この数字が「ダウンロード数 * 書籍の値段」なのか「アクセス数 * 書籍の値段」なのかは分からないが、こういう数字が出ると、たとえ海賊版批判する者でも「違法ダウンロードした人全員が正規コンテンツを買っていたわけはない」という反論をしたくなるだろう。確かにその通りである

ただし、こういう反論をする者たちが見落としている点がある。

違法ダウンロードまでして漫画を読む者は潜在的ファンであり、違法ダウンロードサイトがなかった場合は、たとえ購入しなかったとしても、立ち読みしたり借りて読んだり電子書籍の読み放題期間に読んだりしていたはず」だということ。

 

本が買われなくても、コンビニ立ち読みすればお菓子ジュースが買われる。友達のうちで借りて読めば友達との遊びを通じて消費が落ちる。電子書籍サイト無料期間に読んだとしてもそこに広告費が落ちるなどして経済循環が起きる。

 

海賊版は、こうした周辺の正当な経済効果も阻害してしまうのだ。この点を忘れてはいけない。

2017-09-22

DMMの罪

違法ダウンロードサイトデマ情報のロクでもないサイトってたいがいDMMグロ漫画アダルトバナーがベッタベタに貼られている。

DMMこそが反社会的企業なのではないか

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん