「赤いきつね」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 赤いきつねとは

2020-01-07

赤いきつね→わかる。 緑のたぬき→それ死んでる奴だろ…

どうしても緑色にしたいならカメとか色々あったろうが…

2019-12-29

anond:20191228205044

そういうメーカー対決なのはきのこたけのこ戦争とは趣が違うんじゃない?

きのこたけのこ戦争は同メーカーシリーズ菓子から楽しく見れるわけだし

カップ蕎麦戦争も、どん兵衛VSまるちゃん戦争は目に見えて起きてないけど、赤いきつね緑のたぬき戦争は起きてるな

2019-12-26

どん兵衛はどう作っても不味い

年末どん兵衛が安売りしていたので食べてみたら美味しくなかった。麺の量が少なく味が薄い。スープから病院の消毒液のような臭いがする。うどんを食べるなら赤いきつねにした方が良い。日清カップヌードルブランドにあぐらをかい名前だけの企業だと思う。

2019-12-19

anond:20191219141010

どん兵衛私たち

赤いきつね「入れ替わってる~!?

とか、いわゆるネイティブ広告に値するもの広告なのかコンテンツなのかさっぱり分からなくなってきてるけどな。

2019-11-24

暴飲暴食の記録

猛烈に暴飲暴食したくなり外に買い物に行った。以下買ったもの一覧

肉まんファミチキハッシュポテト、皮塩2本、メロンパンチーズ入りおつまみかまぼこ生ハム、inゼリーフルーツミックスソースカツ5枚、チーズスティックチョコラングドシャ、ポテチのりしお赤いきつね

よっしゃ食べるぞー

2019-05-15

どうしてもやめられないジャンクフード

ある?

普段できるだけ栄養バランス考えて手抜きでも自炊するようにしてるんだけど

たまにどうしてもどうしてもカップ麺に入ってるつゆしみしみの「おあげ」が無性に恋しくなって

食べたくなると夜遅くでも我慢できずに買ってきて食べてしま

特にマルちゃん「紺のきつね(そば)」のつゆしみしみの甘めのおあげが好きで好きでどうしてもやめられない とてもおいしい

店に置いてない時は「赤いきつね(うどん)」のほか日清や他メーカーカップうどんそば等を

買ってみて食べたりもするしそれもおいしいけれどやっぱり「紺のきつね」のが一番好き どうしてもやめられない

食べる時間帯も含めて体に悪いってわかっているのだがそれだからこそおいしいのだろうか、

「甘じょっぱい」ってマジで正義だな…と食べる度思ってしまう 

そんなどうしてもやめられないクセになってるジャンクフード増田たちにもあったらぜひ教えてほしい

2018-12-31

anond:20181231153841

緑のたぬきでもよかったんだけどドラッグストアにおいてなかったんだよな

赤いきつねとかも出しそばしかおいてなかった

かも出しそばって出しはうまいけど具がないから損した気分になるから嫌なんだよな

カップうどん、美味い

先日スーパーで見つけた

カップ焼きそばうどんバージョン

赤いきつねとかのうどん麺がソース味になったやつ

なかなか美味い

2018-12-09

[] プエルト・リコのような

言葉の意外な区切り

お菓子メーカーフリトレー、2つに分けるなら「フリ」と「トレー」かと思ってたら、

正しくは「Frito-Lay」なのね。

今日トルティーヤチップ赤いきつね味 を食べながらパッケージ見てたら初めて気付いたわ。

ググッたら、フリト社(The Frito Company)とH.W.レー社(H.W. Lay & Company)が合併してフリトレー社(Frito-Lay, Inc.)と。

2018-09-05

[]赤いきつね

やすかったので久しぶりに買ってみた

そしたら驚いた・・

いや・・・なんだこれ

少なくともうどんじゃねーわ

カップ焼きそばの麺をそのまま平べったくしただけの「モノ」

平たい・太い麺イコールうどんではないだろうよ

まあカップっつーことで余熱でやるレベルならこれが関の山なのか

最近カップ焼きそば食ってそれなりの味に満足してたから、同じカップものってことで過大評価しちゃってたわ

でも油揚げはおいしかった

つゆもまずくない

ただ肝心の麺がダメダメだわ

こんなに駄目だったとはほんとショックだわ

20円の一食うどんヒガシマルで食ったほうがまだ全然マシだわ

今日ホテルカレーが150円だったからそれとあわせてかれーうどんにでもすっかな

2018-08-12

[]2018年8月11日土曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
005715209266.856
01222409109.562.5
02406260156.564
0314105175.151
04103443344.363
05161872117.065.5
0615139092.737
07294674161.249
08646781106.050
09737403101.443
10649630150.557.5
1169587585.148
121371195287.243
131311159388.544
149311899127.940
1574700694.740.5
16666991105.951.5
1794707275.238.5
18738377114.850
1987615570.729
207212214169.665
219911451115.732
221211018484.236
2311214180126.634
1日1632185071113.444

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(165), 自分(131), 今(79), 話(69), サマータイム(68), 日本(67), 増田(61), 女(55), 男(52), 気(45), 時間(43), 仕事(43), 必要(42), 人間(41), 相手(40), 意味(39), 理由(39), 最近(39), 戦争(38), 問題(38), 前(37), ー(36), あと(34), 普通(34), コミケ(32), 好き(32), 感じ(31), 今日(31), ゲイ(31), 気持ち(29), 世界(29), ネット(28), 反対(28), バカ(27), 手(27), 関係(27), 女性(27), 結果(26), 理解(26), 他(26), 全部(26), 国民(26), 子供(25), 金(25), 場合(24), 結局(24), 頭(24), 電車(24), 他人(24), 解決(23), 対応(23), 失敗(23), 自体(23), 差別(23), 記事(22), 導入(22), 確か(22), 社会(22), 目(22), 嫌い(22), 一番(22), 批判(22), 人生(21), 無理(20), 昔(20), 逆(20), オリンピック(20), 国(20), 言葉(19), 最初(19), 一人(19), しよう(19), 次(19), 存在(19), システム(19), 時代(19), 政治家(19), レベル(19), 参加(18), 現実(18), 情報(18), 声(17), イベント(17), いま(17), 過去(17), 別(17), 自衛隊(17), 世の中(17), しない(17), イメージ(17), 意見(17), 親(17), 時点(17), アニメ(17), 生活(16), 政治(16), 状況(16), 先(16), 嘘(16), 条件(16), 部分(16), テレビ(16), 行動(16), 大学(16), 以前(16), 会社(16)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

日本(67), 増田(61), コミケ(32), 自衛隊(17), なんだろう(15), じゃなくて(14), 東京(12), LGBT(12), OK(11), 可能性(11), Twitter(10), ブクマカ(10), IT(10), アメリカ(10), 安倍(9), ブクマ(9), 自民党(9), ブコメ(9), …。(9), キモ(9), ツイッター(9), いない(9), 安倍総理(9), わからん(9), 一方的(8), 熱中症(8), Amazon(8), 自分たち(8), 低能先生(8), はてブ(8), 2018年(8), ネトウヨ(8), スマホ(8), 個人的(8), 2時間(7), youtube(7), アプリ(7), hatena(7), マジで(7), 分からん(7), 沖縄(7), 甲子園(7), -1(7), 毒親(7), 元増田(6), 明治維新(6), プレイ(6), 社会人(6), 北朝鮮(6), いいんじゃない(6), 2人(6), カス(6), 駐車場(6), UTC(6), 外国人(6), LINE(6), エロ本(5), なのか(5), 北方領土問題(5), アレ(5), アウティング(5), どん兵衛(5), 戦争反対(5), 具体的(5), ニート(5), 技術者(5), 被害者(5), bot(5), 1日(5), ありません(5), あいつら(5), FGO(5), 引きこもり(5), article(5), 大阪(5), 夏コミ(5), 西日本豪雨(5), リア充(5), ピノ(5), B(5), SNS(5), 中国(5), twitter(5), .s(5), 東京オリンピック(5), 普通に(5), 専門家(5), A(5), 朝日新聞(5), 何度(5), 8月11日(5), キモオタ(5), 赤坂(4), この国(4), 暑さ(4), b(4), エロい(4), イラ(4), ふたりはプリキュア(4), 杉田水脈(4), はてなブックマーク(4), 牛丼(4), 小西(4), 悪いこと(4), ノンケ(4), 自民(4), -2(4), 基本的(4), ジブリ(4), ロシア(4), v(4), 犯罪者(4), 距離感(4), 石破(4), 安倍自民党(4), 朝日(4), にも(4), 人間関係(4), -4(4), 何回(4), リアル(4), 笑(4), 女性差別(4), Google(4), 電子書籍(4), 家政婦(4), イケメン(4), ワイ(4), レズ(4), キモい(4), 量産型(4)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

うんち (3), (3), やらせろ (2), ヒント:大阪 (2), 自称ロプロの男が実家暮らしだった時(2), ヒナまつり面白かったから2期やらない(2)

頻出トラックバック先(簡易)

■ /20180810211812(33), ■何故、俺はこんなにゲイが嫌いなんだろう? /20180811104017(19), ■今電車なんですよぉ /20180810173842(13), ■うんこ漏らして彼女にフラレた /20180811175350(11), ■男の全員がセルフフェラできたら性犯罪が激減すると思うんだけど /20180804155407(8), ■みんなの力で東京オリンピックを失敗させよう /20180810220304(7), ■ /20180811143618(6), ■熱交換器以外で冷やす方法はないの? /20180806142613(6), ■じゃがいものおかず力が低い気がする… /20180810152425(6), ■「赤いきつね緑のたぬき」が戦争にならないのはなぜだろう /20180811142812(6), ■手首が麻痺してる人が字を書く方法 /20180811191335(5), ■彼女が告げていないこと /20180811141229(5), ■サマータイムが間違っているただ一つの根拠 /20180810212101(5), ■端的に言って、お前らが思ってるほどお前の人生は大したものじゃないのに騒ぎすぎなんだよ /20180811231447(5), ■アパート探し、難しすぎではないか? /20180811221719(5), ■ /20180811152354(4), ■モダンデジタル生活2018中旬 /20180811000022(4), ■日本サマータイム導入云々に関して思う事 /20180811132503(4), ■クロスボウを作るのが趣味だ /20180706074859(4), ■怒りやす相手にだけ怒る上司 /20180810234609(4), ■自分意見価値があると思ってる人が多過ぎる /20180811014600(4), ■猫泥棒をやめさせたい /20180811200609(4), ■ /20180810200009(4), ■息子が大きいんだけど /20180811172545(4), ■ウルトラソウルで恥かいた /20180811002711(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5489554(2074)

2018-08-11

赤いきつねのほうが先に出たのに、特許とってなかったがためにどん兵衛後出しされ、しかも抜かれてしまったのか…

anond:20180811142812

ブコメトラバ勘違いしている人が多いが、マルちゃん陣営日清陣営類似商品ですら、戦争状態になっていない。

少なくとも審判者(消費者)である我々の間では、激しい武力衝突確認されていない。

 

例えば赤いきつねVSどん兵衛きつねうどんを考えてみよう。はっきり言って味に大差がないのでは?

なので、審判者たる我々は特にこだわりなく、その時安かった方、店にあった方を買う人が多いはずだ。

稀にブランド愛着がある人がいて小競り合いを起こす程度。派閥性に乏しいのである

 

増田本来の主旨である、同社内のうどんそば間の戦争についても同様だ。

うどんそばは我々の間でまったく別の食べ物だ。

赤いきつねが食べたい気分のときもあれば、緑のたぬき気分のときもある。

よってこれらも競合していない。うどんそば、どちらかが嫌いという人も比較的少ない印象だ。

 

これらの状況は、きのこの山を買う人はたけのこの里をほぼ買わないし、逆もまた然りという状況とは大きく隔たりがある。

戦争が勃発するには、両者間の深い断絶が必要なのだ

赤いきつね緑のたぬき」が戦争にならないのはなぜだろう

どちらも定番商品として人口膾炙しているし、まるで対立を煽らんばかりに色もキャラクター対照的だ。

戦争が発生するために戦力が完全に拮抗している必要はないということは、「きのこたけのこ」や「ガチャムク」を見れば明らかだろう。

衝突が起こる素地はあるはずだ。

2017-10-11

マチアソビにて片渕監督講演会覚え書き

キャラクターに宿る存在感

この世界の片隅に」が目指したこ

片渕須直監督

藤津亮太アニメ評論家

いつもだと自分パソコン開くんですが。今日は藤津さんのパソコンで。

コメンタリー上映会2回目。まだ喋る内容がある。というかしゃべる時間が足りない。映画ポーズで止めたかった。

キャラクター作りについて。すずさんがそこにいるということを目標ひとつとしていた。これはマイマイ新子の頃から

絵空事では無く。肉付け。外側の世界を充実させることで、結果的パーソナリティを描けるのではないか

世界構成要素を本物で描く。我々の作るアニメーションファンタジーとなるのだが、日常空間から逸脱することでファンタジーを描くのだが、実際の世界を描くことでファンタジーリアリティが与えられる。

名犬ラッシーからラッシーイギリス舞台エリザベステイラー時代アメリカホームドラマの影響で作ろうとしてた。ロケハンにも行けなかったので、行ったことの無いヨークシャの炭鉱想像と調べたことの組み合わせで作っていった。

町に住んでいる人達準レギュラーにすることで、街自体を描く。そうやってストーリーにしていった。炭鉱の浮沈や犬を手放すことになったサブシーンを描いていく。考えながら走りながら作っていった。

町を本物らしく見せる鍵は町自体歴史があるという背景。町の川側から町を描くシーン。その世界を裏側から描写する。立体的に書き割りでは無い町。

アリーテ姫リアリティのあるファンタジー。国がどうやって運営されているかとかが描きこまれていた。城下職人暮らしを描くことで、アリーテの気持ち世界を描いた。

人の生活を示すことで、キャラクター存在感が出てくる。

大学入った頃に観た、高畑勲さんの作品の影響もある。ハイジの話し。ドイツの町に住むことになって、ハイジクララピクニックに行くが、楽しんでいたクララが突然限界がきて辛そうになる。二面性。リアル世界

当時はすごいめんとくさいなと思った。学生の頃はみえてない。世界みえてなかった。

人間を描くのはめんどくさいなと思った。名探偵ホームズはやりやすかった。宮崎駿さんが、人間の深みとか書くつもりの無い人だったから。

魔女の宅急便の時にそのあたりに踏み込んだ。普通の人がどう生きてるか。成長していくか。心の構造精神発達心理学など。伊丹十三さんとか岸田秀さんの唯幻論。人はどうできているか

1人の人の中には複数個性バランス。その場に応じて表面に出てくる割合が変わっていく。

アリーテ姫原作は単純なキャラ。悪役の魔法使いボックス原作主人公クレバーでは無いが、ボックスの悪役を掘り下げたことで、アリーテ姫は機転がきいた子になる。

自分を偽って生きているのが、自分たちの正体ではないか?虚飾の魔法使い。本当の人生を生きていない人の描きこみがアリーテ姫から始まった。

ブラックラグーンの作り込み。原作が途中から追いつかなかったので、ストーリーを聞いて描いていった。

この世界の片隅にの径子の台詞。径子は自分自分の道を選んだから。すずとりんはそうじゃない。ブラックラグーンOVA。周りのキャラにも、そうじゃない人生があったというエンディング悪漢たちの別の顔。

自分が選んだ道を歩いていけてる訳ではない。だからこそ、そういうありたかった人生に触れることでその人間を描く。

原作を超えたところを描きこんだブラックラグーン。立体的な背景。タイのような舞台タイ基本的外国支配を受けていないが、南の一部はインドネシア領フランス占領されたりしていた。

アリーテ姫自分人生を歩き始めたところから始まる。

そうじゃないところから始まったのが、ブラックラグーン

最初丸山さんは監督無しで3話ごとに交代でやる予定だった。さすがにそれはまずいだろうと基本設定決めるところをやってたら、丸山さんが監督を全く考えてなかったので気が付いたら監督していた。

ブラックラグーンはこれまでの片渕監督作品イメージと違うので、ペンネームでやるかという話しがあった。マイマイ新子と同時期。

うまくいかなかった人生を書いたブラックラグーンマイマイ新子の周りの大人たちは上手くいってない。原作には1000年前の設定は無かった。国府の話しは出た。

でも、1000年前の話しが出たら、そこをふくらませてそこに見えない世界を描くのがファンタジーであり、そこを描き込むのが本能みたいなもの

1000年前のことをきちんと調べることでファンタジーの描きこみができる。実際の280回くらいの発掘調査報告書を読んで、その中の図を集めて今の地図に重ねる。でも全然足りない。国衙調査でも足りない。でも道路などがわかる。1000年前と今の間にもいろんな世界がある。

1000年前の世界1000年前の話し。1000年前が真ん中。

ブラックラグーンタイ取材にいこうとしてたら、洪水でいけなかった。ベトナム香港などは行った。

マイマイ新子は3回くらいしか現地に行ってない。終わった後の探検隊10回。そちらの方が多い。

発掘調査報告書がメイン。古本屋から写真など。干拓地のきーこ。カネボウ工場社宅。そのカネボウ最後工場長から写真などをもらえた。

事前の知識を持ってロケハンに行かないと見てもわからない。塀のイメージなど発掘している現地でイメージが湧くためには知識が無いと出来ない。

事前に知っているからこそ、現地で発掘している人と話しがきちんと理解し合える。情報をもらえる。今でもあって昨日も泊まらせてもらった。

ハイジクララ矛盾マイマイ新子では子供たちは純粋だけど、周りは思ったように生きられてない。

マイマイ新子金魚が戻ってきたのが最後原作者体験らしい。死んだはずの金魚がまた出てくるという思いが子供世界。おじいちゃんの死の原作での書き込みを外して。

原作者は男女の性愛を描く人。それを入れなかった代わりに死の表現がにじみ出ている。死を描くための映画にしたくなかった。

普通に歳をとって死んだおじいちゃんの話しは重くしたくなかった。で、ヤクザの話しを膨らませた。

この世界の片隅にのすずさんは大人少女から大人への端境期という面が原作より強いと原作者から言われた。すずさんは18歳で自分意思とは関係無く嫁にいかされる。

すずさんは自分空っぽだと思っていたが、実は中にはたくさんあった。

マイマイ新子のきーこ。新子に対して現実的な子。自分には無い想像力を持った新子をうらやましいと思っている。きーこと新子は2人とも主人公

すずは自分の内側にあるものから変化する。空っぽな人はいないが、それを表に出せないタイプのすず。アニメーションやってる人も普通の人。

日本アニメドキュメンタリー性を持って進化してきたと思う。記録性。

年齢層が上がってきた。巨人の星読売巨人軍や二軍。実際にある世界を描くようになってきた。オバケのQ太郎とは違う。観る年齢層があがる。

長くつしたのピッピルパン企画書を見つけた。タバコや銃のブランド定義ピストルで済ませるのでは無くワルサーP38ルパン三世カリオストロでは赤いきつねコカコーラを描いてる。

日本アニメにそういうリアルを描く流れができた。母を訪ねて三千里は、周りの人間リアリティが入ってきて、中学生くらいがみられる作品

手塚治虫さんの漫画の描き方の本。アシスタントに車を描けといったらできなかった。手塚治虫さんの言う車は抽象的な車だったが、今は実際の車。

この世界の片隅にでは実名のある描きこみ。実現できなかったすずさん。抽象的な戦時中ではなく、現実カケラを組み合わせた。

出来るだけ背景を捉える。人物サイズを大きくしがちだが、もっと背景を描く。背景にあるもの存在感

効果音BGMについて。この世界の片隅にでは、出来るだけ実写の音響でということをお願いした。アニメ表現より実写の表現BGM無しでも良いかとも思ったが、BGM心理描写ができた。

2017-10-09

■マチアソビにて片渕監督講演会覚え書き



キャラクターに宿る存在感

この世界の片隅に」が目指したこ

片渕須直監督

藤津亮太アニメ評論家

いつもだと自分パソコン開くんですが。今日は藤津さんのパソコンで。

コメンタリー上映会2回目。まだ喋る内容がある。というかしゃべる時間が足りない。映画ポーズで止めたかった。

キャラクター作りについて。すずさんがそこにいるということを目標ひとつとしていた。これはマイマイ新子の頃から

絵空事では無く。肉付け。外側の世界を充実させることで、結果的パーソナリティを描けるのではないか

世界構成要素を本物で描く。我々の作るアニメーションファンタジーとなるのだが、日常空間から逸脱することでファンタジーを描くのだが、実際の世界を描くことでファンタジーリアリティが与えられる。

名犬ラッシーからラッシーイギリス舞台エリザベステイラー時代アメリカホームドラマの影響で作ろうとしてた。ロケハンにも行けなかったので、行ったことの無いヨークシャの炭鉱想像と調べたことの組み合わせで作っていった。

町に住んでいる人達準レギュラーにすることで、街自体を描く。そうやってストーリーにしていった。炭鉱の浮沈や犬を手放すことになったサブシーンを描いていく。考えながら走りながら作っていった。

町を本物らしく見せる鍵は町自体歴史があるという背景。町の川側から町を描くシーン。その世界を裏側から描写する。立体的に書き割りでは無い町。

アリーテ姫リアリティのあるファンタジー。国がどうやって運営されているかとかが描きこまれていた。城下職人暮らしを描くことで、アリーテの気持ち世界を描いた。

人の生活を示すことで、キャラクター存在感が出てくる。

大学入った頃に観た、高畑勲さんの作品の影響もある。ハイジの話し。ドイツの町に住むことになって、ハイジクララピクニックに行くが、楽しんでいたクララが突然限界がきて辛そうになる。二面性。リアル世界

当時はすごいめんとくさいなと思った。学生の頃はみえてない。世界みえてなかった。

人間を描くのはめんどくさいなと思った。名探偵ホームズはやりやすかった。宮崎駿さんが、人間の深みとか書くつもりの無い人だったから。

魔女の宅急便の時にそのあたりに踏み込んだ。普通の人がどう生きてるか。成長していくか。心の構造精神発達心理学など。伊丹十三さんとか岸田秀さんの唯幻論。人はどうできているか

1人の人の中には複数個性バランス。その場に応じて表面に出てくる割合が変わっていく。

アリーテ姫原作は単純なキャラ。悪役の魔法使いボックス原作主人公クレバーでは無いが、ボックスの悪役を掘り下げたことで、アリーテ姫は機転がきいた子になる。

自分を偽って生きているのが、自分たちの正体ではないか?虚飾の魔法使い。本当の人生を生きていない人の描きこみがアリーテ姫から始まった。

ブラックラグーンの作り込み。原作が途中から追いつかなかったので、ストーリーを聞いて描いていった。

この世界の片隅にの径子の台詞。径子は自分自分の道を選んだから。すずとりんはそうじゃない。ブラックラグーンOVA。周りのキャラにも、そうじゃない人生があったというエンディング悪漢たちの別の顔。

自分が選んだ道を歩いていけてる訳ではない。だからこそ、そういうありたかった人生に触れることでその人間を描く。

原作を超えたところを描きこんだブラックラグーン。立体的な背景。タイのような舞台タイ基本的外国支配を受けていないが、南の一部はインドネシア領フランス占領されたりしていた。

アリーテ姫自分人生を歩き始めたところから始まる。

そうじゃないところから始まったのが、ブラックラグーン

最初丸山さんは監督無しで3話ごとに交代でやる予定だった。さすがにそれはまずいだろうと基本設定決めるところをやってたら、丸山さんが監督を全く考えてなかったので気が付いたら監督していた。

ブラックラグーンはこれまでの片渕監督作品イメージと違うので、ペンネームでやるかという話しがあった。マイマイ新子と同時期。

うまくいかなかった人生を書いたブラックラグーンマイマイ新子の周りの大人たちは上手くいってない。原作には1000年前の設定は無かった。国府の話しは出た。

でも、1000年前の話しが出たら、そこをふくらませてそこに見えない世界を描くのがファンタジーであり、そこを描き込むのが本能みたいなもの

1000年前のことをきちんと調べることでファンタジーの描きこみができる。実際の280回くらいの発掘調査報告書を読んで、その中の図を集めて今の地図に重ねる。でも全然足りない。国衙調査でも足りない。でも道路などがわかる。1000年前と今の間にもいろんな世界がある。

1000年前の世界1000年前の話し。1000年前が真ん中。

ブラックラグーンタイ取材にいこうとしてたら、洪水でいけなかった。ベトナム香港などは行った。

マイマイ新子は3回くらいしか現地に行ってない。終わった後の探検隊10回。そちらの方が多い。

発掘調査報告書がメイン。古本屋から写真など。干拓地のきーこ。カネボウ工場社宅。そのカネボウ最後工場長から写真などをもらえた。

事前の知識を持ってロケハンに行かないと見てもわからない。塀のイメージなど発掘している現地でイメージが湧くためには知識が無いと出来ない。

事前に知っているからこそ、現地で発掘している人と話しがきちんと理解し合える。情報をもらえる。今でもあって昨日も泊まらせてもらった。

ハイジクララ矛盾マイマイ新子では子供たちは純粋だけど、周りは思ったように生きられてない。

マイマイ新子金魚が戻ってきたのが最後原作者体験らしい。死んだはずの金魚がまた出てくるという思いが子供世界。おじいちゃんの死の原作での書き込みを外して。

原作者は男女の性愛を描く人。それを入れなかった代わりに死の表現がにじみ出ている。死を描くための映画にしたくなかった。

普通に歳をとって死んだおじいちゃんの話しは重くしたくなかった。で、ヤクザの話しを膨らませた。

この世界の片隅にのすずさんは大人少女から大人への端境期という面が原作より強いと原作者から言われた。すずさんは18歳で自分意思とは関係無く嫁にいかされる。

すずさんは自分空っぽだと思っていたが、実は中にはたくさんあった。

マイマイ新子のきーこ。新子に対して現実的な子。自分には無い想像力を持った新子をうらやましいと思っている。きーこと新子は2人とも主人公

すずは自分の内側にあるものから変化する。空っぽな人はいないが、それを表に出せないタイプのすず。アニメーションやってる人も普通の人。

日本アニメドキュメンタリー性を持って進化してきたと思う。記録性。

年齢層が上がってきた。巨人の星読売巨人軍や二軍。実際にある世界を描くようになってきた。オバケのQ太郎とは違う。観る年齢層があがる。

長くつしたのピッピルパン企画書を見つけた。タバコや銃のブランド定義ピストルで済ませるのでは無くワルサーP38ルパン三世カリオストロでは赤いきつねコカコーラを描いてる。

日本アニメにそういうリアルを描く流れができた。母を訪ねて三千里は、周りの人間リアリティが入ってきて、中学生くらいがみられる作品

手塚治虫さんの漫画の描き方の本。アシスタントに車を描けといったらできなかった。手塚治虫さんの言う車は抽象的な車だったが、今は実際の車。

この世界の片隅にでは実名のある描きこみ。実現できなかったすずさん。抽象的な戦時中ではなく、現実カケラを組み合わせた。

出来るだけ背景を捉える。人物サイズを大きくしがちだが、もっと背景を描く。背景にあるもの存在感

効果音BGMについて。この世界の片隅にでは、出来るだけ実写の音響でということをお願いした。アニメ表現より実写の表現BGM無しでも良いかとも思ったが、BGM心理描写ができた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん