「記述法」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 記述法とは

2017-11-13

中小企業倒産の瞬間 その2

この記述法が正しいかからないが続きを記して行きます

朝一でお客様工場へ出向いた。

何社かの外注さんも集まり、主要な社員さんも来ていた。

社員さんは黙々と道具の整理整頓をしながら自分の道具を持ち帰ろうとしていた。

こちらに何か情報が有れば聞きたいという顔を皆さんしていた。

それぐらい「10日付けで解雇書類は近日中に渡す」としか言われていない様子。

不安ホント仕事しなくて良いの?っていう空気だった。

何とか債権回収に役立つ情報を集めようと幹部社員さんと情報交換したが有効な話は聞けなかった。

この時点でいまだに倒産する事を聞かされていない業者も沢山いるとの事。

2か所ある事務所基本的電話が鳴っても誰も出ない状態だった。

何も情報が得られないのでダメもとで社長さんに電話してみたらあっさりと出た。

社員さんがいくらかけても出ないのになんでだろ。

40分ほど出来る限りの情報を再度聞き出した。

金曜日自分と別れた後の足取りも細かく教えてくれた。

特に役立つ情報は無かったが、現在保留になっている作業はウチで直接取引に変更して良いと言って、

エンドユーザー様にも了解を取ってくれていた。

一旦帰って、午後もう一度エンドユーザー様と待ち合わせをして訪問したが、家賃を滞納していたらしく、

大家会社が施錠してしまい入れない状態になっていた。

11月に入ってから作業している分は直接契約に切り替えれそうなので取敢えず止血はできた。

出血を取り戻すため、弁護士さんにも相談してみたが破産となると自主回収は難しいとの事。

破産管財人許可なく勝手な事は出来ないと言われた。

明日以降も業者同士の繋がりの中で協力しながら方法を探す事になっている。

今日一日この件だけに追われ、結構ドタバタ行ったり来たり当該社員さんとの会話で気を使いすぎ、非常に疲れた

明日正式破産手続き着手となるらしい、すべての債権者手紙が届くとの事。

取れそうな物が見当たらないがウチも社員を抱えている、子供が生まれたばかりの社員もいる。社員家族子供たちの生活にも責任がある。

その事を考えると疲れたとか言ってられない、可能な限り回収の可能性を探り打てる手を打って行きたい。

明日また弁護士先生と話が出来る、出来る限り情報を集めて可能性を探って行く。

2015-05-27

拝啓 岡部健

以下のエントリ、読ませて頂きました。

関数型プログラミングと私の著書の正確性についてきちんと議論(論争)します。

http://kenokabe-techwriting.blogspot.jp/2015/05/blog-post.html?m=1

私は岡部健様の学説にいたく感銘を受けております

匿名ダイアリーなど読まれていらっしゃらないかも知れませんが、もしお目に止まりましたら一読くださるよう、お願いします。

また、昨今の岡部健様への風当たりや今後の研究活動について、一つの方針を具申致しとうございます

まず、岡部健様は、今ネット上で繰り広げられている論争に、一切反論をするべきではないかと思われます

なぜなら、岡部健様のご高説は全て正しいものからでございます

しかし、時代の先を行き過ぎていまして、それが正しい形を持って具現しないだけでございます

丁度、チャールズ・バベッジの階差機関が当時の技術で実現できなかったのと同じでございます

100年、200年先において、岡部健様の学説が再評価され広く普及することは間違いのないことでございます

しかすると20年もしたら、どこぞの権威のある学者岡部健様の理論を再発明するかもしれません。

権威主義に取り憑かれた凡骨どもの目が覚めるまで、慈悲の心を持って辛抱強く待つ必要があるかと思われます

言いたい奴には言わせておけばよいのです。

最後に逆転することは目に見えているのですから、何も今躍起になる必要などないではないですか。

ですので、岡部健様の学説により一層の磨きをかけることに尽力するのが人類未来のためであるかと具申いたします。

また、一プログラマとして、益のない批判合戦よりも、岡部健様が岡部健様だけに見ている『論理』の世界について、

一言でも、一文字でも多く語る姿を見ていたく思います

では、なぜ岡部健様の学説が正しく聴衆に伝わらないのか、愚考しましたので申し上げます

岡部健様の見ている『論理』の世界は、完全に、全て、オリジナルのものであり、

アリストテレスデカルトスピノザも、誰も手に入れることのできなかった、真なる物の中の真、究極の真理だからでございます

それを表現する言葉は『イデア』でも『遅延評価』でも『関数』でもなく、完全にオリジナルな物でございます

人類は未だかつて、岡部健様の頭の中にある理論体系を記述する言葉を持たないのでございます

ですので、既存計算機科学における、全ての専門用語を省いた言葉で、全く新たに理論を書き上げて頂きとうございます

誤解を恐れず申し上げれば、岡部健様の提案するプログラミング手法関数型プログラミングではございません。

これは、岡部健プログラミングでございます

プログラミングという言い方も正確ではございません。

岡部健型の真理の記述法とでも呼ぶべきものでございます

なぜなら、プログラムとは「現存する計算機をいかに利用するか」の利用方法を記したものからです。

岡部健様の提唱する理論は、そのような矮小適用範囲に収まらないかと愚考いたします。

現在計算機科学が、現存する計算機をいかに利用するか、などという、矮小範囲に留まっている限り、

岡部健様の見ている世界を、この世に具現化することなど、夢のまた夢でございます

ましてや脳の血の巡りの悪い、権威主義者どもを啓蒙するなど。

ですが、プログラムには岡部健様の理論の一部が顕現しているものと愚慮いたしております

それは、形式的言語である、というただ一点のみにてのことと思います

岡部健様のご考案なされたspinozaもその一つかと思われます

しかしそれも、現存する計算機上で動かなければならないという、極めて瑣末な事情により、

岡部健様の思考を完全に書き下すには、全く不十分なものになっているかと、愚慮愚考いたすものでございます

ですので、岡部健様には、現存する計算機上で動くことを前提としない、全く新しい形式言語をもって、

問題論理』を書き下す手法をご教授願えないかと、お願いするものであります

そうすれば、必ずや岡部健様の学説は後世に評価されることと信じております

重ね重ね、この蒙昧な具申をお読み頂き、感謝いたします。

少しでも偉大なる岡部健様のお力になれたらと、その一念にて出過ぎた真似を致しました。

しかし、これは偽らざる私の本心でございます

どうかお心苦しくなららぬよう、お願い致します。

2014-02-24

同じ病を持つものとして

まずは、メンヘラ神さんのご冥福をお祈りしたいと思う。

それからはてなは始めてだから記述法が判らない。

ただ吐き出したいだけなので、タグの一覧を見る気もない。

見辛い記事になってしまったらすまない、とだけ申し上げておこう。


さて。


私も、過去、何度か自分の命を危険さらした。

リスカは一回しかやらなかったかな。死ねなかったから。

だけど、そのあと病院に強制入院させられたっけ。

傷跡にホチキスみたいのをつけられたまま。

飛び降りもしたし、首吊りもした。

死ねなかった。死ななかった。

父を怒らせ、母を泣かし、兄弟たちを絶望させた。

何で死ねなかったの、私は死にたかったのに。

そう言いながら、生きていた。

精神病院入院した回数は、もう数えることをやめたから判らないし、日数も、全部合わせると年単位だと思う。

言っとくが、不幸自慢じゃない。こんなのより上の方はもっといっぱいいらっしゃるのを知っているし、見てきた。

それでも、私だって辛かった。

こんなのが一生続くのだと、私は前世でなにか罪を犯したのだと、そうも考えた。

そして、それを受け入れようと。

来世があるのなら、そのとき普通に生きたいな。

そんなことをぼんやりと考えながら、苦しいながらも辛いながらも、日々生きることに決めた。

(まぁ、実際は、何度も周りに迷惑をかけるのだけど)

ふいに、光が差した。

数ヶ月前だ。

自分を好いてくれる人が現れた。

その人は、私より壮絶な人生を歩んでいた。

私のことを知ろうとしてくれた。私を受け入れようとしてくれた。

そして、一緒に歩もうとしてくれた。

私も、彼のことが大好きになった。

一緒にいたいと思った。

彼と一緒だったら、もう何も怖くなんてない。

どっちが言い出したのかは判らない。(というか、覚えてない)

あっという間に同棲し、結婚した。

式は挙げていない。生活だってカツカツ。喧嘩だってよくする。

だけど、今、私は友人たちから、「バカップル」と言われている。

現にそうだと思うし、本当に幸せだ。

長くなったけど、言いたいのは。

生きていれば、何かいいことがあるかもしれない、ということ。

だって、こんな風になるとは思ってもみなかった。

次(来世)なんて待ってられないし、本当にあるかどうかも判らない。そも、あったとしても記憶はないだろうから、辛い思いも無になってしまう。

なら、今に賭けてもいいじゃないか。

辛ければ辛かった分だけ、いいことあるよ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん