「被害意識」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 被害意識とは

2019-11-11

anond:20191111171612

そうなんだよね

現実被害意識乖離してる

まあ治安の悪いところに住んでると痴漢とか普通に出るし

そのへんは人によるのでは

2019-10-23

anond:20191023093755

オタク男って自分達がキモいと言われてきた被害意識が強いからか

なんか他のキモいと言えそうな対象に言いまくるの好きだよね

2019-09-05

anond:20190905091152

いい年こいた大人の"泣いた"が抗議にならないと思ってるのに驚く

デモ参加者全員泣けばいいね香港でみんな泣いてた?

被害意識こじらせてそう。幹事さんは大変ね〜って同情してもらいたいの?不要ことならやらないで、全力で逃げればいいんでは。

2019-08-01

anond:20190801173455

洗脳かどうかと言う判定は難しいけど

「われわれは優秀で常に日本に与えてきたのに日本からは仇しか返ってこなかった」という被害意識剥奪感がとても強いので

何の話でも一瞬の隙があればそのパラダイム接続されちゃう感じ

2019-01-10

anond:20190110184755

子ども性的行為するのが当たり前の社会になれば、子ども被害意識を感じることもなくなるはずだから、そういう社会を目指す、とこういう主張だったのか

2018-12-01

anond:20181130212224

これだけみんな上品会社だったらコンプライアンスしっかりしてるから派遣を飲みになんて誘わないよ。

派遣いくら綺麗で魅力があっても、派遣は別の会社社員という弱い立場なので、その人が内心嫌だけど我慢して付いてくるかもしれないんで、パワハラになったりするし。

下世話な話が嫌いな上流の男とむりやり結婚しても私が低学歴からって馬鹿にしてんの?!みたいな蔑まれてる被害意識ばかり育って上手く行くわけない。

下流意識薄かったから今更ショック受けてるんだろうけど早めに軌道修正かけれるし、わかって良かったじゃん。

ちなみに派遣結婚した社員も知ってるけども、やっぱりこんな上品職場じゃなかったし、派遣からアタックして素早くセックスして周りに公言して既成事実と外堀固めてたよ。

でも社員派遣二股した挙げ句社員結婚して派遣が辞めることになったケースも2ケース見たことある派遣は外の人間から立場が弱いのでボーっとしてると遊ばれて終わる。

あとは、職場外で出会った女の子派遣ってケース。

コンプライアンス意識高くなってくると社内で「声掛け待ち」の派遣結婚って難しくなっていくだろうね。

付き合いたいなら自分から行かないとだよ。ハブられてるとか言ってる場合じゃない。

でもその人たちと飲んでも増田あんまり楽しくないと思うけどなあ…。

2018-10-25

Vtuberを追っていて失望を味わった

最初に断っておくと、この話はVtuberというものに対して一視聴者立場であり、面白いものではない。

私がVtuberという存在を知ったのは2017年末頃、ちょうどバーチャルのじゃロリ狐娘おじさんなるワードパワーワードとして捉えられ俄かに周知を帯びたこである

当初、そういった存在があると知りキズナアイミライアカリ、ちょうどその頃活動開始した輝夜月の動画をひとしきり漁り、そういうものかと認識だけして捨て置いたのは記憶に新しい。

Vtuberというものにハマったきっかけとなるのはそれから数月の後になってだった。

配信主体という性格はともかく、奇天烈言動や強烈な個性を表に出したそのVtuberに心は奪われた。

映画という共通趣味がありながら、まるでその好みは違ったのも一因ではあった(私はアクションサスペンスを好んだが、彼女ヒューマンドラマを好んだ。)

ただ、きっかけと言えばそういった表層的な面の浮き出るまとめ動画ではあったが、本当は異なっていた。

彼女の同僚である同じくVtuber、その子配信で曝け出した強烈な嫉妬心を切り出した動画によるものというのが真相であった。

もちろん、彼女(ら)がVtuberというキャラクターでありながら、その実配信者という側面をもついわゆる「nmmn(ナマモノ)」という面を持つのは当時の私でも理解できた。

私は、いわゆる百合といったコンテンツを好みながらもあくまで「現実人間関係」を楽しむという罪はあくま意識したつもりだった。

そういった前提を踏まえて密かに応援しながらも、彼女らがVtuberという活動を通じて親密になっていく過程を楽しんでいた。

母体であるグループpixivでfanboxを開設したとなればすぐさまに登録し、配信ではスパチャ(俗にいえば投げ銭)をして、ボイス販売があれば買うことが応援であると信じた。

一方で、その更なる母体である企業と言えば少しばかり怪しい面は覗かせていた。

本来ならあくま配信ツール提供であると、意図しないバズであるから仕方ないと同情の念はあった。

事情が変わってきたのは半年ばかり経ってか徐々にリアイベの開催を行うようになってきてからだった。

そういったスタンスも認めていたつもりだったし、2人が中心となるトークイベントでは事前の「一部配信」の表記を信じて、抽選の倍率を通り抜けて遥々遠征計画を立てた。

当日、新幹線に乗っていた昼下がりにTwitterを開いた瞬間、公式による「全編配信を行います」の文字列が飛び込んできた。

「これは一体何だ?何のために私は遥々東京へ行く計画を立てたのだ?」

そういった疑問を思い浮かべつつも、"配信されない部分がある"ことを悲しんでいた人々のことを喜んでみせた。腑に落ちないものを感じながら。

その企業イベント限定販売と称しながら、脈絡なく再販する真似をその後も繰り返した。

2人という"コンテンツ"(あえてそう呼ぶならば)を追い続けて半年以上が経った。その中で同期のメンバーとも親しくなりコラボ配信を行うようにもなり、それも私にとっては楽しみだった。

しかし、楽しみにしていたコラボの中の雑談の内でそれは現れた。

(以下引用。仮にA,B,Cと置く。)

A「スタッフさん、最近酷いよね」

B「え、何が?」

A「稼ぎ頭とかめっちゃ弄ってくる」

B「そう。私のことめっちゃ弄ってくるんだよね」

A「凄い弄るよね」

C「そう。食べた割り箸がーとか」

B「あれでしょ。私が食べた弁当の後とか"この割り箸いくらいくらで売れますよ”とか」

A「うそぉみたいな」

C「うざぁっ…。こらこら」

B「一々ね。なんでも鑑定団みたいな…」

A「○○ちゃんがよだれこぼした毛布売れますよ、みたいな」

あくまで、当人(=B)による被害意識はそれほど無いという口ぶりの中であった雑談ではあったが、有り体に言えばショックであった。

ショックの理由としては3人とも自分推しであったこともあるし、その彼女らが明らかにセクハラ的な言動を受けてることもあったし、

彼女らに対して行ってきたスパチャやグッズ購入等の収益の一部がそういった言動をした人間の懐に入ったこともあった。

今まで、輝かしいばかりの活躍を見せてきた彼女らに対して感謝の思いを込めて金を落としてきたのは事実だ。

そこには(恐らく)偽りなどなくて、多分、一人のファンとしての行動としては間違いなかったのだろう。

けれど、今になってはそれらの金銭の一部がそういった言動をした(あるいはそういう物言いが許される企業の)下に行った事実がどうしても頭を占領するのだ。

眩いばかりの彼女たちのきらめきを思い返す度に、下卑た笑みを浮かべた名もないだれかが札束を数えている姿が思い浮かぶのだ。

恐らくそれを騒ぎ立てたとしても、そのスタッフが辞任にまで追い込まれるようなことはないだろう。

(Vtuberである当人らもそれを望んでないかもしれない)

結局、ファンである個人としてはFanboxを解約し、スパチャを辞めて、彼女らの配信を眺めながらも「セクハラ加害者協調するか」「彼女らの活躍応援しないか」の2択を迫られるのだった。

Vtuberという存在を知った時や、彼女を知った時、確かに生きる喜びを味わったけれど、その輝かしさは凡人によって永遠に拭い去られてしまった。

私は今後、その同グループのライバー応援する人々を見ても「セクハラ容認する企業応援するのだ」という思いがちらついてならないし、

自分の好きな2人に対しては更なるジレンマを抱くしかないのだろう。

結局、Vtuberという珍奇な存在の到来に対して、凡庸な一個人によるセクハラだけで酷く幻滅させられた今が、ただただ疎ましく悲しい。

2018-08-17

anond:20180817205754

被害意識が大きいとさ、強い言葉を使いたくなるんじゃないかな。

2018-08-08

anond:20180808151746

コメントありがとうございます。どうも性別を逆に捉えられてるようなんですが、最初に書いておくべきでしたかね。浮気に関してはラブホから出てきたところを押さえたので、多分考えすぎじゃないです。ヒロイズムは強いほうかもです。被害意識、責め立てるタイプ、に関しては浮気の一件後は一度も口に出しては蒸し返してないです。ただ、家庭内での雰囲気が暗くなってしまったのは隠してはないです。というか、そこまで芝居するのが苦しいです。浮気のあと、配偶者がなんどか朝帰りしたこともありますが、これに関しては何を言っても水掛け論になるので一切咎めないでいたら、そのうち朝帰りはなくなりました。同性の友達は多いですし、異性の友達もいますが、さすがにこの件は一人の親友除いて口外してません。

anond:20180808150959

横ですが。

増田さんに次の方があるなら離婚して、ないなら様子見しておいたらどうでしょう

理由は。

そういう浮気するタイプって、増田さんのご主人に限らないのではとおもうから

文章からですが。増田さんは被害意識がかなりきつく、責め立てタイプで、窮屈感がはんぱないです。

そしてヒロイズムも凄い。

女友達いっぱいいらっしゃいますか?あんまりいないような。

考え過ぎ、攻めすぎな処がおおそう。それに本当に、本当に浮気してますか?ビジネスランチ義理チョコでもキーキー言ってる

専業主婦の人もいらしたので、ちょっと怖いなぁって思ったことあります

あなただけをみてもらうには、そのきつい感じをなんとかしないと、ご主人が家に帰るのもため息つきそう。

2018-06-07

anond:20180607101822

日本レベルが高いって意味なのか低いって意味なのか分かりかねるけど、全然違うってのは確かだな

今回の2つに関しては中国の方が全然理解できる

そもそも韓国の人は第二次大戦に凄く被害意識持ってるけど、自分歴史観じゃずっと占領続いてた期間の後半であって

直接的な被害って甲午農民戦争とかあの辺りが一番デカイんじゃ?と思うけど

まるで二次対戦中中国同様武力侵略された感じの雰囲気なのがちょっと

アメリカソウル空爆されたりしたのかな?

2018-04-26

ここ数日Twitterで起きている「オタク差別問題」の話について

オタク差別問題」関連のツイートが流れて来るともやっとする

ここ数日Twitterで起きている「オタク差別問題」の話について。
関連するツイートがTLで流れてくる度にもやっとする。

何故もやっとするのかを考えてみた。
既に他にも数人、この件に関して記事を書いている人が居るが…。

主語が大きい

先ず、言える事は主語が大きいという事。
そもそもオタク差別されていたかいなかったか」という言い方で話をしている人が多いが「オタクは~」という主語は、
対象とする人の範囲を広げすぎている。最近の言い方で言うなら、「主語が大きい」と言うのだろう。
そもそもオタク」の定義…「オタクとはどういう人を指すのか」という物が明確ではない。
この問題について語りたいなら、先ずはそれぞれがそれぞれに持つ「自分の考えるオタク定義」即ち
自分は、オタクとはこういう人を指すと思う」という、それぞれが持つ「オタク」のイメージを明確にすべきではなかろうか?
建設的な議論がしたいなら主語共通化させる事は非常に大事なのだが、この問題に関してツイートしている人の大半は、
主語共通化をさせずに語っている印象を受ける。

この問題に関してツイートしている人が、「議論」としてこの問題について何かを語りたいのなら、先ず「オタクとは何なのか」
という主語共通化をさせるのが議論筋道だろう。
しかし、それをせずにこの問題について語っている辺り、この問題について語っている人の大半は「ただ、声を上げたいだけ」なのだろう。

主語を大きくすれば大きくする程、受け取り手から見れば主張は薄っぺらくなる。
国会前で政権批判デモを行っている人達が良く「国民は~」と言うが、あの「国民は~」と
彼らの言う、「オタクは~」が同じレベルなのだ

「お前らそもそもオタク』という物がどういう物なのか本当に理解しているのか?」
という疑問を抱かざるを得なくて、この問題について語っている人のツイート無知集合体の様な感じで見ていてもやっとするのだ。
これについては、こちらの増田の方も同様の事を感じていた様だ。

参考
「オタク差別」があるのではなく「キモい人差別」があるのだと認めろ

被害者ぶっている」

被害者ぶっている」と言う言い方は良くないかも知れないが、「被害者ぶっている」と言わざるを得ない。
流れて来るツイートの大半は「オタク差別は有った」「オタクは不幸な境遇だった」という様なツイートだが…、先に述べた様に、先ず「主語が大きい状態で、
その「大きい主語カテゴリに含まれる者達」は皆差別されていたという様な主張が為されている。
そこに違和感がある。私だって多分オタクと言われる部類の人間だ。だが、私は差別を受けた経験は全くない。
オタク差別されていた」等と主張するツイートを見ていて思うのは「一緒にするな、オタクは皆差別されていたみたいに言うな」
という事だ。

実際、差別されていたオタクというのも居るのかも知れない。
だが、そうでないオタクも間違いなく存在する。少なくとも私は差別されなかったオタクだ。
その上で、…だ。差別されていたオタクは居るかも知れない。だが、今Twitterで発生している流れは、最初に「オタク差別されていなかった」と
主張した人物に対して数で攻撃している。

これは最早、数の暴力と言っても良い。
その根底には「自分達は差別され虐げられて生きて来たのだから自分達には他者差別し、虐げる権利がある」という劣等感みたいな物が有る様に感じられる。
総じていえば「被害者ぶっている」と思わざるを得ない。
「嘗て自分達は差別され虐げられる側だったから、今は他者差別し、虐げても良い」と考えているのなら、それは既に「加害者的な思考」であり、余りにも下衆い。

参考
オタク差別を批判することを、やめることにします。
長すぎたので、最後の部分を分割。 余談  とある、それなりに言動につい..

結論

ここまで述べた様に、この件(「オタク差別問題」)について語っている人の中で目立っているのは
「大きな主語を振りかざしながら被害者ぶりつつ、自分達より弱い者を攻撃している人達」だ。
それが「人数が多くて目立っている」のか、それとも「人数は少ないが、声が大きいから目立っている」のかは解らない。
ただ、そういう人達(「大きな主語を振りかざしながら被害者ぶりつつ、自分達より弱い者を攻撃している人達」)がオタクという言葉を使って
自分達より弱い者」を攻撃している姿に「お前らそもそもオタク』という物がどういう物なのか本当に理解しているのか?」
もやもやするんだろう。

そういう事を考えながら増田を読んでいたら、とても良い事を書いている増田を見付けたので、最後にそれを紹介して置く。

そもそもオタクってのは、本来は「何らかの趣味に傾倒する人」という定義だったはずだけれど
>今は「やたら被害意識けが強く集団自分以外の指向を持つ人間攻撃したがる人」と言う枠組みとしても使われている。
>そういう人たちが繋がる為のシンボルとしてアニメが使われているだけで、彼らの多くは本当にアニメを好きな訳ですらないのではないか
>今放映中の流行り物アニメちょっと見るだけで、それを更に深く突き詰めようともせず放映終わればすぐ忘れ、
>他のマイナー作品に手を出す事もなく、同人世界もよく知らない、
漫画ゲームアニメより手を出すのに金や手間がかかる分野には手を出そうとしない、という「自称オタク」を数多くみるとそう思える。
>あれは「何らかの趣味に傾倒する人」ではない。
>彼らは同類同士で繋がる為の「ネタ」としてアニメを利用しているに過ぎない。
アニメが選ばれるのは、自宅にいながらタダで見る事ができて、
テレビ一般番組やら世間一般流行モノとは違う為に「普通じゃない自分」という中二気分も満たしてくれるコンテンツ
>として体よく利用出来るからだろう。
引用元オタク文化の加害者としての側面を見ないふりするか、オタクに勘定しても..

そういう(「やたら被害意識けが強く集団自分以外の指向を持つ人間攻撃したがり、同類同士で繋がる為の「ネタ」としてアニメを利用している」)のが『オタク
なのであれば、私は思う「お前らと一緒にするな」と。

2018-04-25

anond:20180425083533

そもそもオタクってのは、本来は「何らかの趣味に傾倒する人」という定義だったはずだけれど

今は「やたら被害意識けが強く集団自分以外の指向を持つ人間攻撃したがる人」と言う枠組みとしても使われている。

お前の中ではそうなんだろう、お前の中ではな

珍説披露するのはご自由にだが、せめて実例を示してくれないと(俺は優しいから一つでいいよ)、どうしようもない

anond:20180425120848

男女平等を阻止しようとしてるから。その被害意識あります

ああ、所謂カウンター」のことね。

私は男女平等を促進してる立場なんで

逆に根拠があるならなぜあなた活動が一切差別だとされないのかその気配すらなく逆に差別主義者として糾弾されてるのか説明してください。

声の大きい差別主義者が多いってだけさ。

差別とは声の大きさで定義されるものじゃ無いんだよねー

anond:20180425120341

男女平等を阻止しようとしてるから。その被害意識あります。逆に根拠があるならなぜあなた活動が一切差別だとされないのかその気配すらなく逆に差別主義者として糾弾されてるのか説明してください。

anond:20180425115657

いやしてますよ。

根拠は?

あれだけ、デモやって差別主義者扱いされてどうして差別主義者でないと思えるのか疑問。

差別主義者に差別主義者呼ばわりされても響かんわー

数だけいたってね!

それに差別差別されたほうが差別だと思えば差別なのでは?

違います

明確に差をつけ、片方に不利益押し付ける。それが差別

差別と思ったら差別」ならあなたも私もみーんな、差別主義

少なくとも私は被害意識あります

へぇ。なんの被害意識

女性専用車両に男が入ってきた!」っての被害じゃなくて、被害妄想。

anond:20180425115322

いやしてますよ。あれだけ、デモやって差別主義者扱いされてどうして差別主義者でないと思えるのか疑問。それに差別差別されたほうが差別だと思えば差別なのでは?少なくとも私は被害意識あります

anond:20180425023409

オタク文化加害者としての側面を見ないふりするか、オタク勘定してもらえなくなるか、二つに一つということだ。

ブコメで速攻で後者体現乙になってて笑った↓

オタクじゃない人がオタクになりきって書いてみた感すごい

ほんと行動パターン同じだな。

オタクのそういう風潮に嫌気が差してるオタク一定数いるだろうけど、

うそれを表に出したら袋叩きに遭うだけだものね。

精々積極的賛同はせず流すくらいしか出来ない。

そもそもオタクってのは、本来は「何らかの趣味に傾倒する人」という定義だったはずだけれど

今は「やたら被害意識けが強く集団自分以外の指向を持つ人間攻撃したがる人」と言う枠組みとしても使われている。

そういう人たちが繋がる為のシンボルとしてアニメが使われているだけで、彼らの多くは本当にアニメを好きな訳ですらないのではないか

今放映中の流行り物アニメちょっと見るだけで、それを更に深く突き詰めようともせず放映終わればすぐ忘れ、

他のマイナー作品に手を出す事もなく、同人世界もよく知らない、

漫画ゲームアニメより手を出すのに金や手間がかかる分野には手を出そうとしない、という「自称オタク」を数多くみるとそう思える。

あれは「何らかの趣味に傾倒する人」ではない。

彼らは同類同士で繋がる為の「ネタ」としてアニメを利用しているに過ぎない。

アニメが選ばれるのは、自宅にいながらタダで見る事ができて、

テレビ一般番組やら世間一般流行モノとは違う為に「普通じゃない自分」という中二気分も満たしてくれるコンテンツ

として体よく利用出来るからだろう。

勿論「純粋に『オタクコンテンツ』が好き」と言う人もいるけれど、上記人間の声がでかすぎるんだろうな。

純粋オタク同類同士で趣味話してるだけで、わざわざそれ以外の人に攻撃仕掛けたりしないから。

2018-04-24

オタク差別なんてなかった」と言う人がいたので「オタク差別はあったよ」と反論をした

という話だったのが何故か

オタク自分たち差別されていることを声高にアピールして回っている」

にすり替わっている。

これもフェミポリコレまわりと同じ構図なんだよな。

オタクに責められた」「女に責められた」という被害意識ばかりが肥大化する。

2018-04-21

さらめし」の弁当の件を見れば女との溝は未来永劫埋まらんだろ。

男は女の2~3倍残業やってメンタル病むほどの労働強度でも、女の育児家事のほうが常に被害意識あるんだから

年収1000万あれば絶対文句言わないくせに。

2018-02-25

anond:20180207083644

躁鬱御用達 鬱の悪化を促す要因の個人的な傾向と記録



悪化を防ぐにはとにかく、自分を観察する。

なにが自分を鬱にさせているのか理解する。

だいたい上記5つのどれかに当てはまっていることが多い。

当てはまるものがなくても、やっぱり観察を続けて、観察日記に新しい結果を書き加えるだけ。

焦って自分を変えようとしないこと。

ただ、今自分はこういう状態なんだ、こういう考え方をしているんだと眺めるだけでいい。

あれこれ努力を労するべきじゃない。

努力をすれば失敗したときにまた嘆くから

その状態や考え方が、自分にとって不快で耐え難く、どうしても変えたいものなら、無理なく自然に変わっていく。

自然な変化に身を任せる。

でも、変化の途上は痛みと苦労に充ちる。

けどそれは、失敗と成功という評価の軸から得ていたものとはずれた、一個の個人的体感として感じられる。

観察すれば、傾向がわかる。

傾向がわかれば、付き合い方も考えられる。

なにもわからなければ、振り回されて疲弊するだけ。

疲弊が鬱感情悪化させる。

自分という友人と愉快に遊びたいから、僕は彼を助ける。

2017-12-20

はあちゅうを叩くなという人には良識がない。

https://anond.hatelabo.jp/20171220005010

はあちゅう、あるいはヨッピー問題点が何かというと、自分も責められるべきことを過去ないしは現在に行なっているのに、その件への咎めは回避しようとしながら、自分たちが咎めたい対象のみを咎めるべきだと宣う、その傲慢さなのだ。

もっとも、はあちゅうはとても言い訳がましい形(これはもちろん主観)だが、謝意を示した。

これから過去を咎められたら謝意を示しつつ、一方で電通セクハラで咎めるのは大いにやったらよろしい。

さて、機運がーとかタイミングがーとかではあちゅうを今叩くのはセンスがないと言う発言をする輩が田端某、深津貴某など複数湧いてきている。

機運やセンスを維持するために個々の言論抑制するのは、ナチスドイツ手法、あるいは全体主義手法である断じておかねばなるまい。

なんか良いこと言ったりやったりしていても、ダメなことはダメなのだ

ダメなことについては、咎めを受けても仕方ない。

もちろん、被害者純粋性は必要ない。

だが、だからこそ、被害者であることは加害者であることの免罪符にもならない。

それはそれ、これはこれなのだ

突き詰めた思考実験で言うならば、核兵器をなくそうと舌鋒鋭く戦う論説家が裏ではシリアルキラーだったとして、それはやはり殺人罪に処すべきなのである

無論、社会全体の利益を考えた際に小さな悪には目を瞑るべきだという主張もあるだろう。それはそれでひとつの論として成立していて、かつ経済合理的だ。

だが、その論に依って立つならば、直接に大きな肉体/経済被害に結びついていない程度のパワハラセクハラ社会として許容しましょうよという主張も立派に成立する。

そしてまぁ、その主張が支配的だった時代昭和だ。

ともあれ、今はあちゅう叩きを機運がーとかセンスがーとかい理由抑制する行為は、それがナチスタンスであるという理由で、良識に欠ける。

無関係暇人は遠慮なく両方ぶっ叩けばいいし、被害意識を持っているもの自分の過誤は謝りつつ(無論、反省もしつつ)躊躇なく加害者を叩けばいい。

それでこそ、インターネッツ

2017-11-15

ショタコン男性教師が堂々とわいせつ行為していても問題にならない

甥っ子の通っている中学男性教師

男子のあそこを揉むのは日常茶飯事。

生徒側はただのじゃれ合いだと思っていて、あそこを触られても手ではらったり、触り返したりしてるだけ。

男同士のじゃれ合い、まあいっか、くらいの感覚

けど、教師が生徒のあそこを揉むって、異常だと思う。

生徒が性被害に遭っているという意識がないのを良いことに、触りまくってるのではないかと思う。

生徒に被害意識がなければ、これはまかり通っていいことなのか?

2017-10-30

anond:20171030221017

うっへぇ

人間被害意識ってのはどこまでもこじらせることができるんだなぁ

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170818145631

問題自体は明確で、上司セクハラをしたのが悪いのだから、そこを解決するべき。

できれば被害者が爆発する前に先に上司の方から被害者たちに謝って「もうしません」と誓ってもらうのが良いと思う。

増田の「嫌じゃない」がどういうレベル意味なのか分からないが、増田が嫌じゃないか

A.全員被害を受け続ければいい

という選択はあまりすべきではないと思う。はてブに既に出ている

B.2人きりの場合にはよしとする

上司と話をするか、

C.残念だと思いつつセクハラ拒否する

ようにするべきだと思う。どちらにしろ人前でセクハラを許容してる姿を見せないようにする、というのは大事だと思う。

あと、もし上司が人としてちゃんとしてる人なのであれば、「女の子たちが貴方のこういう行動に怒りを感じ始めていて、会社に訴えようとしています」という話を増田からしといた方がいい気がする。男は察しない生き物で、拒否されなければ迷惑だと思われてることに気付かないことがあるので。

あとは女子連合に付いて

D.唐突に断固拒否宣言する

というのもあるか。唐突であればあるほど上司が受けるダメージが大きく、女子連合が喜ぶパターン上司を好ましく思うならやるべきではないと思う。

女子連合に参加するかどうかは増田被害意識共感できてない点も含めて悩ましいところだけど、

・参加しないだけで何言われるか分かったモンじゃない

・もし次に生理的ダメなヤツから同様のセクハラを受けた場合、味方についてくれる人が誰もいないかも知れない

といったことを考えると、多少共感できなくても参加した方がいいと思う。

折を見て上司に状況を伝えてC(やんわり拒否)、女子連合には消極的参加、が良いのではないかと思う。

以上、提案

下女脳用。

上司の魅力を理解しない人たちに囲まれて大変そう。しか同調圧力って…。嫌かどうかとか個々の問題だし、巻き込むことないよね。

みんな大人なんだから、冷静に話し合っていいところに落ち着くといいね。巻き込まれ事故大変そうだけど、応援してる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん