「荻野目悠樹」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 荻野目悠樹とは

2018-02-28

anond:20180228103154

銀河英雄伝説やライのような宇宙軍記物も広義には星間戦争ですが、そうではなくてもっとこじんまりとした二つ、あるいは少数の惑星とそこに存在する文明が相食んでいるもの理想です。

これはもう荻野目悠樹の〈星書〉あるいは〈二星物語シリーズでしょう。

二重太陽系にふたつの惑星存在する世界しかしふたつの太陽は1,000年に一度大接近し,惑星ベルゼイオンは灼熱の大地となる。生き延びるためには,もうひとつ太陽系惑星アル・ヴェルガスを征服しなければならない。美女独裁者に選ばれた若きエリート軍人たちが,宇宙艦隊に乗り込んでアル・ヴェルガスへの征路につく……

というスペオペです。色んなレーベルで同一世界の物語が描かれます。古くて入手困難かもしれませんが……

読む順番としては,『双星記』(角川スニーカー文庫)→『ダイアナ記 戦士の還るところ』(EXノベルズ)→『デス・タイガーライジング』『黙星録』(ハヤカワ文庫JA)が作中の時系列に沿ってるのかな?

もしくは,小川一水の『天冥の標』。1巻時点ではただの「植民星」での民衆蜂起の話ですが,途中で太陽系覇権をかけた宇宙戦争が勃発します。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん