「舞曲」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 舞曲とは

2019-11-12

吹奏楽部員向け 学生の間に聴いておくべき吹奏楽曲100

題名に深い意味はない。合唱曲でやってる人がいたのを真似しただけ。

基本的には個人趣味よりも(吹奏楽界的な)一般評価知名度を優先。

・1作曲家2曲まで。2曲入っているかどうかと作曲家重要度はそんなに関係ない。

・あれがない、と思ったら自分で作ってくれ。むしろ他の人のが見たい。


1. ホルスト吹奏楽のための第一組曲

2. ヴォーンウィリアムズイギリス民謡組曲

3. グレイジャーリンカンシャー花束

4. グレイジャーアイルランドデリー州の調べ

5. フローランシュミットディオニソス祭り

6. ミヨーフランス組曲

7. ヒンデミット吹奏楽のための交響曲 変ロ調

8. スーザ星条旗永遠なれ

9. スーザワシントン・ポスト

10. フィルモアサーカス・ビー

11. タイケ:旧友

12. アルフォード:ボギー大佐

13. バーバーコマンドマーチ

14. パーシケッティ:ディヴェルティメント

15. C.ウィリアムズ:交響組曲

16. ジャンニーニ:交響曲第3番

17. ロバートラッセルベネット:古いアメリカ舞曲による組曲

18. ネリベル:2つの交響的断章

19. H.O.リード交響曲メキシコ祭り

20. A.リードアルメニアダンス(全曲、限定するならパートI)

21. A.リードオセロ

22. ジェイガー:シンフォニア・ノビリッシマ

23. ジェイガー:交響曲第1番

24. チャンス:朝鮮民謡主題による変奏曲

25. チャンス:呪文と踊り

26. ヒルセントアンソニーヴァリエーション

27. ビリク:ブロックM

28. フサ:プラハ1968年のための音楽

29. C.T.スミスフェスティヴァル・ヴァリエーション

30. C.T.スミス:華麗なる舞曲

31. バーンズ交響曲第3番

32. バーンズパガニーニ主題による幻想変奏曲

33. ネルソンパッサカリア

34. ネルソンロッキーポイントホリデー

35. スパーク:祝典のための音楽

36. スパーク宇宙音楽(天球の音楽

37. ヴァンデルローストコンサートマーチ「アルセナール」

38. ヴァンデルローストカンタベリーコラー

39. デ・メイ:交響曲第1番「指輪物語

40. ホルジンガー:春になって、王達が戦いに出るにおよんで

41. ホルジンガー:スクティン・オン・ハードロック

42. カーナウ:よろこびの翼

43. シュワントナー:…そしてどこにも山の姿はない

44. スウェアリンジェン:センチュリア

45. スウェアリンジェン:ノヴェナ

46. マー:エンドゥランス

47. R.W.スミス船乗りと海の歌(海の男達の歌)

48. ウィテカー:ゴーストトレイン三部作

49.リンハムウィズハート・アンド・ヴォイス  

50. ゴーブ:アウェイデイ

51. ヘスケス:ダンスリーズ(セットI)

52. グレグソン:剣と王冠

53. ナイジェル・ヘス:イーストコースト風景東海岸風景画)

54. ブルジョワシンフォニー・オブ・ウィンズ(風の交響曲

55. グレイアム:ハリソンの夢

56. アッペルモント:ノアの箱舟  

57. チェザリーニ:ブルーホライズン

58. トーマス・ドス:アウローラ

59. マスランカ交響曲第4番

60. ティケリ:ブルー・シェイズ

61. メリロゴッドスピード

62. ライニキー:神々の運命

63. フェラン:交響曲第2番「キリスト受難

64. L.S.アラルコン:ドゥエンデ

65. 後藤洋:ウィンドアンサンブルのためのソングス

66. カーターパンスラローム

67. ブライアントパロディ組曲

68. マッキーレッドラインタンゴ

69. マッキーオーロラアウェイクス(オーロラは目覚める)

70. ヴェースピ:アウディヴィ・メディア・ノクテ

71. 瀬戸口藤吉:行進曲軍艦

72. 團伊玖磨:祝典行進曲

73. 小山清茂吹奏楽のための木挽歌

74. 兼田敏シンフォニックバンドのためのパッサカリア

75. 大栗裕:大阪俗謡による幻想曲

76. 保科洋:風紋

77. 保科洋:古祀

78. 東海林修ディスコキッド

79. 小長谷宗一:スターパズルマーチ

80. 真島俊夫:三つのジャポニスム

81. 真島俊夫:五月の風

82. 田中賢:メトセラ(I or II)

83. 伊藤康英:交響詩「ぐるりよざ」

84. 西村朗:秘儀III -旋回舞踊のためのヘテロフォニー

85. 田村文生:饗応夫人

86. 飯島俊成:枯木のある風景

87: 天野正道:放射と瞑想限定するならパートII)

88. 天野正道:交響組曲第2番「GR

89. 長生淳:楓葉の舞 

90. 酒井格:たなばた

91. 酒井格:波の通り道

92: 酒井貴祐:セレモニアル・マーチ

93. 高昌帥:Mindscape for Wind Orchestra

94. 諏訪雅彦:ウィナーズ - 吹奏楽のための行進曲

95. 福田洋介:吹奏楽のための「風の舞」 

96. 樽屋雅徳:マゼランの未知なる大陸への挑戦

97. 八木澤教司:吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」

98. 福島弘和:百年祭

99. 井澗昌樹:Bye Bye Violet

100. 中橋愛生:吹奏楽のための祝典序曲「科戸の鵲巣」 

2015-12-03

2015年秋2大ミュージカルアニメ

スタミュ」と「Dance with Devils

 和製ミュージカルアニメというと「練馬大根ブラザーズ」や劇場版クレヨンしんちゃんの同時上映短編「私のささやかな喜び -A motion for a long time.-」があり、最近であれば「スペース☆ダンディ」第17話が記憶に新しい。

 しか2015年秋、「ミュージカルアニメ」を公式標榜するオリジナルアニメが同クールに2作品放映される事態が起こった。これら2作品10月の初回放映時に最初からクライマックスといわんばかりに強烈な自己紹介ソング披露し、多くの視聴者にその世界観を知らしめることになった。

 これを受けてTwitter上や両者を配信する動画配信サイト上では「今期2大ミュージカルアニメの1本目、2本目」扱いや「\サティスファイッ/」、「イケメンエスカレーター」等の声だけでなく「○○が光のミュージカルアニメなら●●は闇のミュージカルアニメ」といった、両者の属性を対比する声があがった。

 2作品ともややすると女性向けっぽい絵柄や雰囲気を醸し出しているのは共通しているが、乱暴な言い方をすれば「スタミュ」がドタバタ青春もの、「Dance with Devils」がダークファンタジーと、その作風は大いに異なる。

 そこで、今のところ両者を楽しめている一視聴者がこの2作品の気になる共通点・相違点をざっくりまとめることにした。Wikipediaから引用あり。敬称略

基本データ

スタミュ比較項目Dance with Devils
2015/10/6 0:00-地上波最速放映日時2015/10/7 23:30-
ひなた凛原案岩崎大介
ハラダサヤカシリーズ構成金春智子
C-Stationアニメーション制作ブレインズ・ベース
Ken Arai音楽Elements Garden(藤田淳平、Evan Call)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン音楽制作DIVE II entertainment
漫画Webラジオ(音泉)メディア展開漫画ゲームリアルミュージカルWebラジオ(アニメイトtv)
羽多野渉(漣朔也)、平川大輔(柊翼)重複するメインキャスト(役名)羽多野渉(立華リンド)、平川大輔(棗坂シキ)
スタミュ製作委員会製作Dance with Devils製作委員会

ストーリー演出楽曲

スタミュ比較項目Dance with Devils
星谷悠太(CV:花江夏樹)主人公立華リツカ(CV:茜屋日海夏)
5人チームでミュージカル学科を目指すあらすじクマたちの権力争いに巻き込まれ
綾薙学園作品の主な舞台四皇學園
全員人間[1]登場人物大体人外[2]
なし[3]恋愛要素あり
第○幕話数第○幕
なし各話サブタイトルあり[4]
歌わない女性キャラ歌う
歌わないモブキャラ歌う
Gero(非キャスト)OPテーマ歌手羽多野渉(キャスト)
2曲→第5話以降1曲1話あたりの挿入曲数(特殊ED含む)不定→第5話以降1曲
同じキャラソンCDTV版の歌詞(歌詞の入れ替えは除外)異なる[5]
我ら、綾薙学園華桜会1話自己紹介ソングタイトル我ら四皇學園生徒会
http://www.nicovideo.jp/watch/1444034996↑のリンクhttp://www.nicovideo.jp/watch/1444018105
\サティスファイッ/、どれだよ、吹いたらやぼすけetc↑に対する反応イケメンエスカレーター図書館の歌、吹いたら第三図書館行きetc
綾薙学園華桜会↑↑↑の歌唱メンバー四皇學園生徒会
諏訪部順一平川大輔森久保祥太郎鳥海浩輔羽多野渉(キャラ名省略)斉藤壮馬近藤隆木村昴平川大輔
team鳳EDテーマ歌手PENTACLE★
花江夏樹小野賢章ランズベリー・アーサー細谷佳正前野智昭(スタミュ側のキャラ名省略)斉藤壮馬羽多野渉近藤隆木村昴平川大輔

[1]……演出人間に羽が生える

[2]……現実堕天使に羽が生える

[3]……チームメンバー友情を深める主人公を「攻略王」と呼ぶ視聴者はい

[4]……「××(と△△)の◆◆」で、◆◆に舞踊舞曲名称が付く法則Aパート開始前、ブザーとともにサブタイトル付きの緞帳が上がる演出あり

[5]……TV版は主に脚本家作詞

※この比較あくまで両者の特徴をよりはっきりあぶりだすために行ったものであって、優劣を表すものではないことを述べておきます自分が好きで楽しめてる作品があるならそれでいいじゃないか。

 個人的意見ではあるが、正直なところ両者ともミュージカルシーン演出キャラソンPVの域にまだとどまっているような気がする。

2014-03-20

何がいいのか理解できない曲

ラフマニノフで2番と言えば、のだめでも取り上げられたピアノ協奏曲第2番が筆頭だろう。

その次に上がってくるのが交響曲第2番かな。


しかピアノ協奏曲第2番はともかく、交響曲第2番はどうも苦手なのだ

というかピアノ協奏曲第2番で初めてラフマニノフを知ったクチだけど、その流れで交響曲第2番に行ったのが間違いだったかも。


何が苦手って、この曲はとにかくクドい。ちょっとおかしいんじゃないかってくらいクドい。

言いたいことを言い表すのに、こんないっぱい要らないだろうという感じ。

3行でまとめろとは言わないが、聴くのも演奏するのも非常に疲れる。特に演奏は、弾いても弾いても終わらない感が半端無い。

曲そのものの長さで言ったらマーラーブルックナーの方が長いけど、この曲はそれらの作曲家の曲よりも遙かに長い曲に感じてしまう。

しろこの曲が好きな人は、一体こいつの何に惚れ込んだのだろう。


個人的にラフマニノフオケ作品だったら、交響的舞曲最高傑作だと思う。

後期ラフマニノフ微妙という人もいるけど、交響的舞曲については、晩年作曲家の屈折した望郷の念が詰まった曲調が、尋常ならざる個性になっていて素晴らしい。

でもファンの数や演奏機会は交響曲第2番のほうがまだ多いとか、ちょっと納得いかないかも。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん