「自筆」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自筆とは

2017-09-14

anond:20170914220002

北海道情報大学電子開発学園グループから、4年制専門学校ダブルスクールというか大学併修の「大卒資格とれます」のがメインだよ。

地方試験会場は専門学校が多いし。大阪卒業式でたけど、一般で来てたの2人、あとは専門学校生ばかり。

学費は科目数によらず一定から限界まで取れるといいね

試験テキスト持ち込み自由とか自筆ノートのみ持ち込み自由かいくつかあるからシラバスみながら簡単そうなの選べば良いよ。

2017-08-15

関税法違反指定薬物輸入)

取り調べというと刑事ドラマみたいなステレオタイプイメージしか無かったが「おまえやったんだろ」「カツ丼食うか」みたいなのは一切無くて何年も前から証拠品押さえては写真に収め書類にしてファイリング郵便トラッキング確認アクセスログの照会等裏取りして後は本人宅で令状見せてパパッと押さえるもの押さえて軽く本人に確認をし調書として書き上げ捺印して帰ってく

一応警察の尿検査を受け未規制(のはず)の4F-MPHのアルミ袋とパケ、PEA結晶が付着した電子はかり等々PCスマホと一緒に押収されたが税関本丸ローマ字名(不詳)が実在する人物で本人が輸入を行った決済、発送メール等の証拠が欲しかった様だった

取り調べは捜索時にもするが基本は税関に何度か出向き聞き取りを受ける

調書は第三者(誰か聞くの忘れた)が判断するらしく本人の生まれやなぜ薬物を入手するまでに至ったかも初めに軽くに聞かれた

確実である事柄に対してのみ本人から確認を取るので特段慎重に発言しなければいけないような事は聞かれず押収の際に撮った写真メールブラウザ履歴銀行仮想通貨売買サイトの照会ログと照らし合わせて間違いないか本人の同意確認していく流れだった

取り調べで知ったもうどうでもいい知識だがトラッキングナンバーを付けて郵送すると書状扱いにはならず通関検査で留まると開封検査され調査対象になるが書状は開封検査ができないので留まると内容物の確認の書面が届く

受け取るとローマ字名(不詳)から実在する人物証明になり受け取り拒否するには自筆サイン必要なので留まればほぼ確実に積む

ちなみに川崎郵便局の通関率は体感的に5%以下、推測(妄想)だが郵便物の中のモノがアルミ袋に入れられてればまず留まり職員により手作業検査され、アルミ袋に入れてなければテラヘルツ波検査機(実用化されてるか知らない)でどんな薬物か一瞬で判断され留まる、恐らく指定薬物を輸出する主要な輸出国、引き受け地、偽装された外装の特徴等職員は把握してるのではと勘ぐる

新しくできたサイトで今までとは違う引き受け地、発送国だと始めの数ヶ月は比較的留まらす手に入った

したらばの掲示板も閉鎖されオープン情報共有の場は無くなり各国の法規制により大手ベンダーさえ消え市場規模が縮小していく今、指定薬物指定されてない薬物の入手は違法薬物より敷居が高いのではと思う

これまたどうでもいい話だが厚労省や各都道府県が発表する国内危険ドラッグ買い上げ調査は購入した人に廃棄を促し販売店を指導するために商品名まで記載してるのはわかるが逆に宣伝になりかねないのでは

取り調べでも昼休憩は外に出れて時間たっぷり設けられてありその都度近くのラーメン屋に通った

二郎系ラーメン野菜少なめニンニク多めスープ薄めがおいしかった

取り調べが終わった際に今回の件に関して逮捕とかはない筈だけど何かしらの処罰は受けるかもしれないと説明を受けたが何とも後味が悪い

調査はまだ続くが)取り調べが終わったら押収品は返還してくれる予定だったのだが後からいつ返せるかわからなくなってしまった

もういらないのでこの不安から解放されたい

つらい

2017-05-19

右筆(ゆうひつ)は、中世近世に置かれた武家秘書役を行う文官のこと。文章の代筆が本来職務であったが、時代が進むにつれて公文書や記録の作成などを行い、事務官僚としての役目を担うようになった。執筆(しゅひつ)とも呼ばれ、近世以後には祐筆という表記も用いられた。

目次 [非表示]

1 概説

2 鎌倉幕府室町幕府

3 織豊政権

4 江戸幕府

5 関連項目

6 関連作

概説[編集]

初期の武士においては、その全てが文章の正しい様式(書札礼)について知悉しているとは限らず、文盲の者も珍しくは無かった。そこで武士の中には僧侶や家臣の中で、文字を知っている人間書状文書を代筆させることが行われた。やがて武士地位が高まってくると、公私にわたって文書を出す機会が増大するようになった。そこで専門職としての右筆誕生し、右筆文書作成執筆を行わせ、武家はそれに署名花押のみを行うのが一般的となった。これは伝統的に書式のあり方が引き継がれてきたために、自筆文書一般的であった公家とは大きく違うところである武家が発給した文書場合文書作成のもの右筆によるものでも署名花押が発給者当人のものであれば、自筆文書と同じ法的効力を持った。これを右筆書(ゆうひつがき)と呼ぶ(もっとも、足利尊氏のように署名花押まで右筆に任せてしま特殊例外もあった)。

なお、事務煩雑化すると、右筆正式手続を経て決定された事項について自らの職権の一環として文書作成署名を行い、これに主君発給文書と同一の効力を持たせる例も登場する。こうした例は院宣綸旨などに早くから見られ、後に武家の奉書や御教書などにも採用された。

現在では天皇皇后文章の代筆をする宮内庁文書専門員(中島司有、佐伯司朗といった書家が務める)は「祐筆」と呼ばれることがある。

鎌倉幕府室町幕府[編集]

源頼朝鎌倉幕府の原点である鎌倉政権を打ち立てた時に、京都から下級官人が招かれて事務的業務を行ったが、初期において右筆を務めていたのが大江広元である。後に、広元が公文所政所において行政に専念するようになると、平盛時(政所家事)・藤原広綱・藤原邦通らが右筆を務めた。

その後、将軍執権のみならず、引付などの幕府の各機関にも右筆が置かれ、太田氏や三善氏などの官人末裔がその任に当たるようになった。基本的室町幕府もこの制度を引き継いだが、次第に右筆の中から奉行人に任じられて発言力を増大させて、右筆方(奉行衆)と呼ばれる集団構成するようになった。

なお、室町幕府では、行政実務を担当する計方右筆公文書作成担当する外右筆(とのゆうひつ)・作事造営を担当する作事右筆などと言った区別があった。

織豊政権[編集]

戦国時代に入ると、戦時必要文書を発給するための右筆が戦にも同行するようになった。戦国大名から統一政権を打ち立てた織田・豊臣の両政権では右筆衆(ゆうひつしゅう)の制が定められ、右筆衆が行政文書作成するだけではなく、奉行・蔵入地代官などを兼務してその政策決定過程から関与する場合もあった。豊臣政権五奉行であった石田三成長束正家増田長盛は元々豊臣秀吉右筆出身であった。他に右筆衆として著名なもの織田政権の明院良政・武井夕庵・楠長諳・松井友閑・太田牛一、豊臣政権の和久宗是・山中長俊・木下吉隆・安威了佐などがいる。

なお、後述のように豊臣政権の没落後、右筆衆の中には徳川政権によって右筆に登用されたものもおり、右筆衆という言葉江戸幕府でも採用されている。

江戸幕府[編集]

戦国大名としての徳川氏にも右筆存在したと考えられるが、徳川家康三河時代右筆家康勢力拡大と天下掌握の過程奉行代官などの行政職や譜代大名などに採用されたために、江戸幕府成立時に採用されていた右筆は多くは旧室町幕府奉行の子弟(曾我尚祐)や関ヶ原の戦い東軍を支持した豊臣政権右筆衆(大橋重保)、関東地方平定時に家康に仕えた旧後北条氏右筆久保正俊)などであったと考えられている。

徳川将軍家のみならず、諸大名においても同じように家臣の中から右筆祐筆)を登用するのが一般的であったが、館林藩から将軍就任した徳川綱吉は、館林藩から自分右筆江戸城に入れて右筆業務を行わせた。このため一般行政文書作成管理を行う既存の表右筆将軍の側近として将軍文書作成管理を行う奥右筆に分離することとなった。当初は双方の右筆対立関係にあったが、後に表右筆から奥右筆を選定する人事が一般化すると両者の棲み分けが進んだ。奥右筆将軍以外の他者私的関係を結ぶことを禁じられていたが、将軍への文書の取次ぎは側用人奥右筆のみが出来る職務であった。奥右筆承認を得ないと、文書老中などの執政に廻されないこともあった。また奥右筆のために独立した御用部屋が設置され、老中若年寄などから上げられた政策上の問題将軍の指示によって調査・報告を行った。このために、大藩の大名江戸城を陰で仕切る大奥の首脳でも奥右筆との対立を招くことは自己地位を危うくする危険性を孕んでいた。このため、奥右筆の周辺には金品に絡む問題も生じたと言われている。一方、表右筆待遇奥右筆よりも一段下がり、機密には関わらず、判物・朱印状などの一般行政文書作成や諸大名の分限帳や旗本御家人などの名簿を管理した。

2017-02-16

親の車を捨てる話

条件がぐちゃぐちゃしているのでユースケースを一つ作る。

「Aは親であるBと遠くはなれて住んでいる。様子を見に行くのも飛行機を使うため、気軽に帰省する訳には行かない。Bは高齢のためここ数年、急激に運転がおぼつかなくなってきた。軽い認知症が始まっている。車を降りることを薦めても『心配しなくていい』を繰り返すだけで、話を聞かない。後期高齢者保険の話をしても嫌な顔をするだけ。ヘルパーを入れることも拒む。説得を続けると『疲れた』といって引っ込む。高齢者運転事故の話が話題になっており、心配だ」

多分日本中に掃いて捨てるほどあるユースケース。本当に掃いて捨てたら大阪の海が悲しい色に染まるどころか広大な埋立地ができるだろう。

さて、BはAの言うことをまったく聞かない。一方でBの運転能力は日増しに低下している。ここで何ができるか。現実的選択肢は以下のとおり。

  • 殴り飛ばして無理やり言うことを聞かせる
  • Aが今の仕事を放り出してBの近所に引っ越す
  • Bが衰弱してAに抵抗できなくなるまで待つ

最初選択肢はAが逮捕される。2番目の選択肢を取る人は一定数いる。その後再就職できずに低所得層に転落する悲劇が量産されているが、報道はめったにされない。最後選択肢現実解として選択する人は多いだろう。

最後選択肢を選んだ場合で、かつBが誰もひき殺さなかった場合現実に起きるのは次のような事態になる。

「Bは認知症が進行し、徘徊を始めるようになった」

Bは脳機能の衰えにより、自分の車がどうなったかを正常に判断できなくなる。車を捨てるのはこのときしかない。しかしながら、同時にBは徘徊等をはじめており、この時点で付きっきりの監視必要になる。

Bはヘルパーを拒んでいたため、遠隔地からAがBの世話を頼める人はいない。「徘徊しているお父さんを保護しました」という警察から電話に、予定をすべてキャンセルし、会社に頭を下げて(割安航空券を使わずに)あわてて帰省することになる。

長期休暇は取れない。ここでどうやって車を捨てればよいか

実は車を捨てるという言葉には、二つの意味がある。

普段意識していないが、会話で「廃車」というときには上の二つの意味を両方含んでいる。

この二つを短時間にできるだろうか。

スクラップ処分はできる。近所に業者がいるならば、自走していって車検証と自分身分証を見せるだけで廃棄してくれる。所有者の同意書、委任状などは不要業者確認することを推奨)。

問題は法的な廃車のほうだ。

法的な廃車はAの居住地でもできる。必要ものは:

この二つがあればいい。さてここで問題。Aの言うことをまったく聞かなかったBは、Aに登録印の保管場所を教えてくれるだろうか。

教えてくれているなら幸い。とにもかくにもすぐに廃車処理すべきだ。(来年納税までに捨てればいい)などというのは間違いだ。なにしろ

登録印は自治体の外に引っ越すと無効になる』

Bが自活能力を失ったからAの元に引き取る。あるいはAの居住地の近所の施設に入れる場合、当然住民票を移動することになる。

教えてくれなかった場合印鑑を再登録する必要がある。

ところが、印鑑登録の再登録には本人自筆委任状必要となる。委任状を書けるくらいなら運転心配などあるわけないっつーの。そもそも、委任状を書ける状態ではBはAに同意しない。

この点に関して、役所は一切助けてくれない。結局、この状態になると選択肢は二つ。

偽造が発覚した場合、たぶん書類送検される。裁判で争うのも一興だろう。ツイッター炎上させてメディアを巻き込む。うまくするとゴーストライター適当感動ポルノ本を書いてくれる。印税で買ったワインを飲みながら、すでに知的な話をできなくなったBの耳元に「あんたのおかげで大もうけできたよ」とささやくと、テレビドラマ的で素敵だと思う。

重量税を払わない方法もある。払わないと警察が来るので「この人が脱税しました」と、Bを突き出すのだ。嘘ではない。安全運転納税は所有者であるBの義務だ。うまくするとBはお上が面倒を見てくれる(ないない)。

成年後見人は一番まともな方法だ。成年後見人になれば、Bの代わりに印鑑登録し、廃車することができる。が、認定されるまで数ヶ月かかるという、お役所仕事なので年明けにスクラップにしたなどという場合はあきらめるしかない。

かくのごとく、親の車を捨てるとは面倒な事である

当然だが、ここに延々と書いた面倒な話とは別に「老いの準備を一切しなかった親を引き取る」という大変な事態が同時に発生する。

子供が憎い、子供を少しでも苦しめたい。そう思っている方には『心配しなくていい。俺は大丈夫だ』と言い続けることをお勧めする。効果は絶大である

2017-01-28

http://anond.hatelabo.jp/20170127224355

しかし家庭で用意してほしいものは入学式以降にお知らせしますとか言い出すんです。もうねあほかとばかかと。色鉛筆とかさ何色用意すればいいのか。明日持って来いって言われても用意できないぞ。

鉛筆とか入学直後から使うわけないだろ。入学直後なんて1週間はまともに授業しないぞ。

2日後に廃材(例えばサランラップのシン、トイレットペーパーのシン)を使います、用意しろとか言い出すとかあるらしいじゃないですか。

うちの子学校夏休み前に「夏休み後に使うから休み中に用意しといてね」とかだったけど。

ネットに流れるああいう話は、先生の要領が悪いというケースもあるだろうけど

親には事前にお便りで知らせてあるのに、子供がそのお便りをちゃんと親に渡していない&親もお便りがあるか確認しない

→前日になって親が初めて知る、というケースも多い模様。

子供ちゃんと躾けとけば。

知ってる子供に連絡帳渡してくださいって近所の子しらねぇよ。

最初集団登校・下校とかするんじゃないの?その時に近所の親に挨拶して連絡先交換しとけば?

連絡帳って何が書かれるの?親と先生のやりとりだけ?やりとりしてる間に機微情報ポロリとかしないよね。

他人に見られたくない情報は別紙に書いて封筒入れて渡すのが常識学校からの連絡もそうやって来る。単に風邪休みますとかは見られてもどうでもいいだろ。

メールを使わないのは、子供勝手に欠席届出して学校行くふりをしてサボるのを防ぐためってのもあるから

(連絡帳なら親の自筆かどうか字で分かる)そうそう変えられないかと。

共働きなら学童行くんだろうが、学童の欠席連絡システムメールだとよくある話らしいんで気を付けとけ。

そしたらあんの子供にプリント配られないかイベント参加できないか卒業式紅白饅頭配られないからとか言い出すんです。会員の子供、非会員の子供で差別するサークル、それがPTAやばい

会費払わないのにイベント参加すんなよ物をタダで貰おうとすんなよ

部会から出てんだから金払わなきゃ貰えないのは当たり前だろうが。

2017-01-27

自殺原因意思表示カードいじめ用)

ってのを作ってみた

自殺原因意思表示カード(いじめ用)

1. 2. 3. の当てはまる番号に○をつけてください。選択肢【A・B・C】は、該当するものに○をつけてください。

1. 私の自殺は、いじめが原因です。

2. 私は、【 同じ学校児童生徒・その他の未成年先生家族・その他の大人からいじめを受けています

3. 私は、【 悪口を言われた・脅かされた・傷つけられた・金品などを奪われた 】ことが、とても苦痛です。

いまの気持ちを書いておきましょう:                                

                                

署名年月日:       年     月     日 (署名から1年間有効

本人署名自筆

苦しくなったらこれを印刷して空欄に記入し、生徒手帳とかお守りとか、他人が触れないところに隠し持っておこう。

気持ちが変わったら捨てたらいい。新しく書き直してコレクションしておくのもいいだろう。

こんなとこ見てる未成年なんていないと思うけど、手を動かしたら、ちょっとは気が晴れるかも知れない。

 

自殺理由いじめかどうかなんて、死んだ人にとってじゃなくて、まだ生きてる人にとって必要ことなんだろう。

そんな人たちのために、何か少しでも残してやったらいい。そういう気持ちの余裕があるうちに、書いてみたらいい。

 

もし他人勝手に書いた、なんてことにされたら悲しいけど、そうならないための方法は、きっと増田にいる暇なおじさん達が考えてくれるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170127102629

FAX羨ましいわー。

ブコメでも散々言われてるけど、連絡帳方式普通だよ。

ご近所付き合いなんか今時やらないのに、その為に近所に住む同級生の子の親に頼み込んで連絡帳頼まなければならない面倒臭さを考えたら

FAXなんざいくらでも買うわ。

電話が不可な理由はいちいち対応してられないから(感染症でも流行ろうものなら学校全体で何十人という子が休むわけで回線パンク間違いなし)、

メールが不可な理由子供勝手に欠席届出してサボる事を防ぐため、と考えると

この辺を改善するのはかなり難しいだろうね。

つかFAXも人数が多い学校なら回線パンクするだろうから増田の子学校は小規模なのかな。

PS

FAX子供が送れるだろと言ってるのがいるけど、元増田学校は親の自筆である事が必要だそうで。

小学生なら子供の字と大人の字は区別つくし自筆でないと公式書類にならんってのもあるんだろう。

メールも親のアドレスからでないと送れないようにすればいいと言うのもあるけど、自宅PCWebメールログインしっぱなしとかよくある話だろうし。

2016-12-17

自分ゲイからこそ成宮寛貴が許せない

もういろいろなことが「暴露」されていて、増田でもこのネタホッテントリした記事があったけど。

そもそも最初FRIDAYのちゃんと読んだ人がどれくらいいたのか知らないが、自分が読む限り、あの記事はことさらセクシャリティの話を揶揄したようなものでもなかった。

なのに、いつの間にか、やたらと話が「成宮がゲイ」という暴露合戦になったのは、引退宣言する自筆ファクスとやらで、セクシャリティ暴露されたくないからみたいなこと強調してコカイン使ったのか使わなかったのかについて明言しなかったからだろう。


成宮がゲイで元ウリセンで、男をとっかえひっかえで、芸能界成功してからは派手に遊びまくっていて、しかも、ノンケも含めて親しい遊び仲間などにはそのことを隠す風もなかったのは、多くの人が知っていた。

あれだけ派手な生活をしておいて、いまさら暴露に耐えられない」なんて、どの口でいうのか。

すでにもうずいぶん前に、10代で新宿2丁目に生息していたこ自体は、雑誌インタビューで公に認めていたわけだし、それでも「本当はゲイなのかバイなのかノンケなのか」をあいまいなままにして「ミステリアス売り」してただけだと思う。

今回の件、「ゲイってセックスも乱れてるし、クスリとかやってるヤツもいっぱいいるんでしょ?」という偏見助長しただけだ、と、個人的には思ってる。

そうじゃない人もたくさんいるのに。

せめて、逃げるにしても「セクシャリティ問題」とか語らずに、「事実と異なる報道には耐えられない」くらいにしておけばよかったのに。

まあ、そうしたら「だったら、堂々とFRIDAYを訴えろ!」という話になったんだろうが、でも、これほどゲイがどうのこうのという方向に議論は向かなかったと思う。

いや、本当は「コカインやってた」んだから、そこからゲイ云々の方向に話が転んだのは成功ということなのか?

テレビで言われている彼の美談とか、人柄とか、ものすごい盛られていて虚飾に満ちている。

あの引退宣言のせっぱつまった感じは、それを守りきれなくなったから動揺しているだけだと思う。

なんかセクシャリティ隠れ蓑にして被害者ヅラしてにげていくのは、心底許せない。

ちょっとだけ追記書いた。

http://anond.hatelabo.jp/20161218112930

2016-08-20

貧困JKうららさんまとめ

横浜明朋高校3年 杉山麗さん → 番組中で出席していた会議に関する記事などから確定

Twitterアカウント(削除済) → 番組中に映っていた自筆の絵と全く同じものがupされていたこから確定

Twitterとそこから判明した他SNSなどから、1か月たらずの間に繰り返しワンピース映画を見に行っている、グッズを買い込んでる、2000円するコラボカフェで「いつもの」というほど食事をしている

チケット8000円近くする舞台を見に行っている、iPhoneを所有している、NDSを所有している、PSPを所有していることなどが確定


同級生を名乗る人物がTwitter暴露

upしている実名入りの成績表から同じ高校の生徒であることは確定。さらにこの人物が暴露したうららさんの中学校名を元に探した結果

うららさん本人がTwitterにupしていたベランダから景色完全に一致する自宅が判明。

うららさんを実際に知る人物である可能性は極めて高い。

暴露の内容についてはうららさんを陥れようとするデマである可能性もあるのでここでは控える。彼ぴっぴがおこになったため現在は鍵アカに。

今のところはこんな感じでしょうか

2015-11-25

原審の判断おかしすぎる件

遺言書にバツを引けば破棄にあたるに決まっているのに、破棄じゃないとかい判断をずっとしてきて、最高裁でついに破棄と認められたが当然のこと。なんでこんな変な判決が相次いだのだろう。



  • 1 -

平成26年(受)第1458号 遺言無効確認請求事件

平成27年11月20日 第二小法廷判決

主 文

1 原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。

2 亡Aの作成に係る第1審判決別紙添付の昭和61年

6月22日付け自筆証書による遺言無効である

とを確認する。

訴訟の総費用は被上告人の負担とする。

理 由

上告代理今井光の上告受理申立て理由について

1 本件は,上告人と被上告人の父である亡Aが作成した昭和61年6月22日

付け自筆証書(以下「本件遺言書」という。)による遺言(以下「本件遺言」とい

う。)について,上告人が,Aが故意に本件遺言書を破棄したことにより本件遺言

撤回したものとみなされると主張して,被上告人に対し,本件遺言無効である

ことの確認を求める事案である

2 原審の適法に確定した事実関係概要は,次のとおりである

(1) Aは,昭和61年6月22日,罫線が印刷された1枚の用紙に同人遺産

の大半を被上告人に相続させる内容の本件遺言の全文,日付及び氏名を自書し,氏

名の末尾に同人の印を押して,本件遺言書作成した。

(2) Aは,平成14年5月に死亡した。その後,本件遺言書発見されたが,

その時点で,本件遺言書には,その文面全体の左上から右下にかけて赤色ボール

ペンで1本の斜線(以下「本件斜線」という。)が引かれていた。本件斜線は,A

- 2 -

故意に引いたものである

3 原審は,上記事関係の下において,本件斜線が引かれた後も本件遺言書

元の文字が判読できる状態である以上,本件遺言書故意に本件斜線を引く行為

は,民法1024条前段により遺言撤回したものとみなされる「故意遺言書

破棄したとき」には該当しないとして,上告人の請求棄却すべきものとした。

しかしながら,原審の上記判断是認することができない。その理由は,次

のとおりである

民法は,自筆証書である遺言書に改変等を加える行為について,それが遺言書

加除その他の変更に当たる場合には,968条2項所定の厳格な方式を遵守した

ときに限って変更としての効力を認める一方で,それが遺言書の破棄に当たる場合

には,遺言者がそれを故意に行ったときにその破棄した部分について遺言撤回

ものとみなすこととしている(1024条前段)。そして,前者は,遺言の効力

を維持することを前提に遺言書の一部を変更する場合を想定した規定であるから

遺言書の一部を抹消した後にもなお元の文字が判読できる状態であれば,民法96

8条2項所定の方式を具備していない限り,抹消としての効力を否定するという判

断もあり得よう。ところが,本件のように赤色ボールペン遺言書の文面全体に

斜線を引く行為は,その行為の有する一般的意味に照らして,その遺言書の全体

不要のものとし,そこに記載された遺言の全ての効力を失わせる意思の表れとみ

るのが相当であるから,その行為の効力について,一部の抹消の場合と同様に判断

することはできない。

以上によれば,本件遺言書故意に本件斜線を引く行為は,民法1024条前段

所定の「故意遺言書を破棄したとき」に該当するというべきであり,これにより- 3 -

Aは本件遺言撤回したものとみなされることになる。したがって,本件遺言は,

効力を有しない。

5 以上と異なる原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令違反

がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,以上説示したとこ

ろによれば,上告人の請求理由があるというべきであるから,第1審判決を取り

消した上,その請求を認容することとする。

よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。

(裁判長裁判官 千葉勝美 裁判官 小貫芳信 裁判官 鬼丸かおる 裁判官

山本庸幸)

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん