「自大」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自大とは

2019-07-31

院試落ちメンヘラキモ大学生

院試に落ちた

合格発表の朝,起きて落ち着かなくてYouTubeを見ていた.

そしたら時間になったから,受けた大学HP合格発表PDFを開いた.

結果は落ちてた.

初めて運動もしていないのに動悸がした.     

絶対的合格するという自信があったわけではない.

面接時に少々鋭い質問があったが,きちんと答え,問題のない範囲だと感じた.

落ちた当日は凹んでたが,次の日からは割と元気になっていた.

でも,ここ数日自大院試準備を進めるにつれて精神にしんどくなってきた.

理由はわからない.

何もやる気にならない.森羅万象全てに対して苛立ちを覚えたかと思えば,全てがどうでもよく感じる.

最近は眠れない.眠る気にならないのだ,すんなりと眠りにでも落ちない限り,色々考えてしまい頭が冴え,じっとしていられない.

ここ数日勉強を一切していない.自大試験は1週間後である合格する見込みなど到底ない.

私より優秀な人材は私がぼーっとしている今も勉強に励んでいるであろう.

当の私は,院試に落ちたことを理由に甘え,学びを深めるために院進学を選んだのにも関わらず,学びを放棄している.

自大院試不合格したとなれば,自分選択肢は3つに絞られる.

1. 就職

2. 院浪

3. 引きこもり

まず1だが,院試に落ち病んでるようなメンヘラキモオタクなぞ,企業は欲してくれるのだろうか?自分企業で役に立てるほどの,技術能力も知能も無い.ただの無能である.今から就職活動を行っても,よくわからないIT土方関の山である

2についてはどうだろうか,たかだか1年やそこら大学に多くいたところでこの精神状態がよくなるだろうか?むしろ同級生達は大学院の講義を受け,研究を行っていることだろう.私はご察しの通り精神が強くない.あるのは,しょうもない見栄とプライドだけである精神的によろしくない.

3は,おそらく一番楽であろう.だが,しんどそうである毎日何をして過ごせばよいのか.昨日今日などは一日中なにもせず,ぼーっとしているが,元来私は暇が嫌いである.そして,大学費用まで親に出していただき仕送りまで頂いているにも関わらず親にこれ以上迷惑はかけたくない.

別解として,自殺などが考えられるが,死ぬのだけはゴメンである祖父母お葬式に参列し,死は多大なる迷惑をかけてしまうと感じた.それだけは勘弁願いたい.そこまでは精神を病んでいない.

甘えであることはわかっている.

他大の院試に落ちたからといって,自大院試勉強を今こうしてやっていないのは甘えであることは自認している.「院試に落ちて精神的に辛いのだ,許せ」と言えば,「仕方ないよね」と世間は言ってくれる.そう期待している.

だが,そう言ってもらえた所で何も解決にはなっていないのだ.私は何を求めているのか,どうしたいのか.分からない.

そう言って貰えば,合格になるのか?ならないだろう.

甘えるな,そんな人間社会から見ればゴミしか無い.生きている価値などないのだ.マウスラットの方が生きている価値が何万倍も高い.私のようなゴミ人間など必要としていないのだ.

こうやって,病んでるよ〜といった内容を書いて甘えるなキモいクソ死ね以外の何物でもない.

2018-09-24

もうだめかもしれない

自分は今、理工系大学院生

最近自分が転がり落ちていっているのを感じる。

学部時代勉強が楽しくて仕方がなくて、卒業時には成績優秀者として表彰されたり、所属学会から賞をもらったりした。

このことが自分プライドがぶくぶくと膨らむ原因になった。

転がり落ちるきっかけは大学4年の時に関わった他大主導のプロジェクト

研究室単位で国から貰える予算で働くみたいな良くある感じで、

貧乏学生自分からしたら魅力的だったかプロジェクトに加わった。

現在プロジェクト崩壊状態にある。外見はいい感じだけれど、中はボロボロ

トップが有能だからそれも隠せているけど、内部で雇われてる学生は疲労困憊。

今年、私は学生の中のリーダー的な立場を引き継いだ(私以外の候補が逃げてしまったので、半ば強制ではあった。)。

当初目当てだった給料も、今は精神科に通いつめてるせいで全部消えてる。

自分が今なにやってるかも冷静に考えられない。

今は自分バランス崩壊していて、自大研究室にも行けていない。

プライドが高いためにプロジェクトから逃げることも出来ない。

どうしたらいいのかも分からない。

2018-08-03

女になんて生まれるんじゃなかった

この文章は理性によって構成されたものではない。

東京医大の件(「東京医大女子減点問題について、いち小児科医が思うこと」https://anond.hatelabo.jp/20180802123936 の件)を受けた、いち女医感情的なボヤキだ。

ずっと前から、生まれ性別を間違えたという感覚がある。

性同一性障害というわけではなくて、「女になんて生まれるんじゃなかった」という感覚である

私は女子校で育った。しかしながら私は女子同士の友人関係になかなか馴染めなかった。体育が苦手で、よくキョドってる本の虫。それが私だった。それはもう見事に学校から浮いていたし、いじめみたいなものを受けたこともあった。どう考えても自分alienだった。

うっかり成績が良かったこともあって、なんとなく医学部を目指した。生物学でもよかったんだけど、なぜか医学をやろうと思った。

国家資格は強いという動機もあった。

私にとって人間は複雑怪奇ものであって、その複雑怪奇ものについて知りたいっていう動機もあったのだと思う。

私が入学した大学には、自大学の女子学生が入れないサークルというのが存在した。よくわからなかったが、まあそんなもんかと思ってあまり気にしなかった。

私は医学部部活に入った。そもそも女子が入れる医学部部活というのもかなり少なかったように思う。プレイヤー男子しかいない部活には、しかし、大量の女子マネがいた。概ね女子大の学生さんらしい。

別に自分が女であることは気にしていなかった。いや、違う。

私は、「女に生まれるんじゃなかった」という感覚を押し殺していた。女であることで扱われ方が違うことはあまりにも多くて、気にしていたら心が持たないから。

先輩たちからは、「君たちの学年には女子が多いね」とよく言われた。そんなに気にすることか、と思っていた。

医療面接の練習で、同級生から「顔が怖いよ、女医さんにはもっと笑顔でいてほしいと僕は思うなあ」と言われた。

学部の偉い人と接していて、悪意なく「男子ももっと頑張ってもらわないとなあ」と言われた。

そんなことはたくさんあったし、私は作り笑顔が少しうまくなった。

そんな中でも、男女共同参画を考えよう、という動きはあった。でも、それもとても息苦しかった。

ワーク・ライフバランスについてとか、女性医師キャリアを考えるとか、そういう会はたくさんある。学会学術集会でもだいたいそういうセッションはあるだろう。

そこでは、「子育て仕事を両立した」だとか、「仕事が好きでバリバリやってます」とか、そういう成功者たちが講演をする。その中での頻出フレーズは、「職場理解のおかげでやってこれた」である

職場理解がなかったら、どうなっていたんだろう。

大学を出てしばらく経った。

私は今、あるマイナー科の医師として働いている。「女医が行きがち」というやり玉に上がりがちな科だ。職場理解っていうやつも、かなり大きい職場だと思う。この時間(15時30分くらい)に仕事が一段落する、そんな科だ。私としては、自分にとって一番おもしろい分野を選んだつもりだ。でも、たぶん、「マイナー科に行きやがって、これだから女医は」って言う人はいるだろう。

私は今のところ、子供を産むつもりはない。子供は私にとって複雑怪奇ものであって、それを人間に育てるということをできる自信がないから。たぶん、「少子化拍車をかけやがって、これだから女医は」って言う人はいるだろう。

もし将来、やっぱり複雑怪奇ものおもしろいな、という心境にでもなって、子供を産んだとしたら、たぶん、「出産子育てで離職しやがって、これだから女医は」って言う人はいるだろう。

どう転んでも非難されるなら、私はどうすればいいんだろう。非難され続けることに耐えられるほど、私は強くない。

昔は、女であることは自分人生には関係ないと思っていた。でも実際は違うみたいだ。

女になんて生まれるんじゃなかった。

2017-02-14

111医師国家試験受けてきた

以下感想

試験の内容について

 必修ブロック以外はそこまで難化していないと思う。一部?と思う問題があったもののヒントがあるし、使い回しの問題はあからさまに簡単問題がチョイスされていたので

「ここは悩ませる問題でこの問題は確実に点とってほしい問題」というのがハッキリしていたと思う。

現場的な問題は増えたと思うし、疾患がわかっても、患者状態評価できないと解けない問題結構あった。ここらへんをmedu4の某先生は良問だと評価しているのだと思う。

ただネットを見ると出題内容がおかしいという意見結構。確かに変なこと聞くなあという問題散見されたし全体を通して良い国試だったとは個人的には思えなかった。

 必修は明らかに難化。とはいえ、臨床問題文章題)については一日目の難易度に会場がざわついたものの二日目・三日目と徐々に簡単になっていったので

多くの受験者は三日間を平均すると8割に乗ったと思う。逆に一般問題(知識問題)は3日通して難化していたと思う。難化もそうだが何でこういうの出題するの?っていうのが多かった。

まずMLF症候群とか脊椎靭帯に関する解剖の問題が「必修」というのはおかしいと思うし、胃管に関する理念問題はまあ良いとしても学生が実習で経験できない動脈穿刺の手技の問題出すのはどうかと。

必修といえど簡単すぎるのもどうかと思ったのか知らないけど、難易度以前に必修らしい問題がどういうものかをもう少し考えて出題してほしい。

選択肢もなんか微妙感じのが多くて掲示板でも割れまくってるような問題を必修にするのはやっぱりおかしいと思う。

まあ多分出題者も一般は配点低いからっていう理由意図的に難しくしたのかな、とは思った。自分一般75%臨床85%みたいな感じなので出題者の思惑通りの点のとり方したのかな。

試験の結果について

 まだお偉いさんが正式な回答を発表してるところがmedu4しかない(しそこも重いから見れない)けど、まぁ合格基準にはなんとか乗っていると思う。

少なくとも一般と臨床は7割くらいは取れてるし流石に落ちないと信じたい。

ただ、必修が今年からいきなり臨床と一般で各々、基準もうけるとかされたら落ちる可能性ある。必修だって掲示板意見割れてる上に正式解答がハッキリしてないしね…

・実際の試験場の感じについて

殆どの人が大学単位専属バスにのって、大学単位で注文してたお弁当食べてた。

自分自力で会場行ったし、コンビニ食事してたけど周り見る限り立地が悪い会場だったので少なくとも移動バス大学単位のを利用した方がいいと思った。

あたりを見回すと自大学の弁当は揚げ物ばっかりの胃に貯まるヤツで後輩のメッセージも「勝利」とだけ書かれたそっけないものだったけど

他の大学のはバランスが良くてお腹に優しい弁当の箱にムーミンとかのイラストが直筆で書かれてて後輩のホスピタリティ格差を感じられて面白かった。

会場内はいくつかの大学学生が入り混じってるけど結構な人が立ち食いor椅子を持っていってまで知り合いと食事をしようとしてるのが少し気持ち悪かった。

自分は一切かかわらなかったが会場の外で(受験者以外会場内立入禁止なため)栄養ドリンクチョコを持って待機してる後輩が散見された。

後輩自信に何のメリットがあるかわからないがあれは見てるだけで可愛いし癒された。

ただ、一つだけ言わせてもらうと仮にも医学部なんだから会場の近くでタバコ吸うのはやめたほうが良いと思う。

・実際に試験受けてみて感じたもの

 試験開始前の空き時間が非常にダルい試験管理者の方がかならず20分近い事前説明をするから時間試験でもトータル1時間30分の作業になる。余りキリキリしてると精神がすり減る。

あと試験管理者に間違いなく当たりハズレがある。荷物の置き場所とかに細かい人とおおらかな人が居るのはまあ良いとしても、

何故か必ず問題冊子を画像冊子の下にのせて配る試験管がいて、自分の周りだけ試験開始までに試験の注意事項の1ページ目が読めないって状況が三日間ずっと続いた。

たった1ページの、何回も読み飽きた情報はいえ、こういうのは不公平になるからやめてほしい。

それと、マークシートも縦長型と横長型が三日間ずっとどちらかで固定されるからこれも人によっては影響あると思った。自分は縦型だったけど模試で横型シートだとマークミス多いタイプから助かった。

 必修うけるときメンタルが凄く大事だと思った。実際八割って結構キツイ問題は一日分で30問あるけど実際は臨床問題の配点が三倍もあるから

一日30題中の臨床問題15問で3ミスに抑えないといけないってことになる。今回みたいに問題が難しいと2つに絞れるけど最後が絞れないみたいな問題が一日に5問とか普通にあったりする。結構どぎまぎする。

 当日に掲示板をみて答えを確認するかについては意見があるけど自分絶対にやったほうが良いと思ってる。少なくとも必修はすべき。

メンタル弱い人はだめかもしれないけど、自分がどれくらいできてないのか、周りとどう考え方違うかはチェックしておいたほうが良い。

必修の難問は採点対象外になることがあるけど、問題が変でも皆がなんとなくあってるところは削除されないこともあるし、自分の間違え方・当たりが他の大多数と一致してるかは絶対確認すべき。

自分は一日目に考え方が違うのがわかって二日目から矯正してなんとか八割のれたと思ってる。

あと意外と同じような出題が多かったか掲示板で復習できるとちょっとお得。梅毒とか何回だすのって感じのも多いし、必修もやたら循環器・公衆衛生(臨床研究周り)・注射あたりの出題被りが多かった

・これから国家試験対策(もし落ちた時の自分来年のためにも)

 必修対策絶対必要になったと思う。テコムとかmedu4とか多くの塾会社が口をそろえて

「必修で8割いかない人はそもそも一般・臨床で点が足りない。だから一般・臨床で合格ライン乗る勉強すれば必ず必修も合格してる」

みたいなこと言うけど今回の内容見るにこれからはそういうの通用しないと思う。

どうせ今回も難しい問題が除外問題になって調整されるんだろうけど(願望込み)、実際どれが除外になるかなんて偉い人の考え方一つだし、そんなの試験中の安心材料になんて全くならない。

それに、必修の内容が明らかに実践向けになってるから一般・臨床向けの勉強だけじゃ通用しなくなってきてる。

「この病気のこの治療法はどの段階で有効でどんな人にだめなのか」を徹底的に覚えないといけない。とくに心筋梗塞とか脳梗塞とかの有名な救急疾患は絶対覚えないとだめ。

あと、手技的な出題が物凄い増えてるからこれも対策必須動脈穿刺とか胃管挿入とかCSF採取とか皮内注射とか学生経験させちゃいけないことでも平然とその手技の仕方が出題されてる。

手技の本で勉強することはこれからの国試考えると必須になると思う。

・塾講座について

 すくなくとも国試直前講座についてはMECが結構的中していた。当日予想メール?もかなり当たっていたらしい。直前講座とかはMECに依存したほうが良いと思う。

通年講座はtecomとMECがあるけど個人的にはMECの方が良いのかなと思った。テコム病態学習には凄くいいんだけど、ノート取るのめんどくさいし今となってはmedu4の方が良いように思う

(tecomは大学単位で申し込むせいで五年にならないと動画見れないのもかなり痛い。)

あと年末から開催されるまとめ講座みたいなのはコムのtargetとメックのsummarizeがあるけど、テコム過去問の寄せ集めだから最新の話題仕入れたいならsummarizeのほうが良い。

全体を通して、これから現場的な考えを教えてくれるMECが通年講座でも良いように感じた。

 一方で模試はテコムのほうがオリジナル問題多いし、結構予想が当たっていたので模試はテコムオススメする。

 公衆衛生自分はテコムでやってある程度出来るようになったけど評判悪いみたいなので一般的にはMEC+αで公衆衛生といった所だろうか

大学を通した勉強について

ぶっちゃけ基礎は殆ど訳に立たないと思う。強いて言えば病理と薬理、解剖当たりの考えが身についてる人だと4年から勉強が楽になるのは間違いないけど。

周り見ても卒試国試に強いやつの中には一年から成績良かったやつもいるけど六年から勉強がんばり始めた人も沢山いるし。前半学年は、ゲームなり部活なり恋愛なり好きにすればいいと思う。

四年生の時の動画講座は何故かCBT用の内容絞ったやつがあるけどアレは全く意味いからやらないほうが良いと思う。CBTはquestion bankやれば動画なんて全く要らない。

でも四年生とき時間が沢山あるからこの時に自分お金はらってmedu4の臓器別講座を授業で並行してやればいいと思う。授業では国試に向けて話すのにCBT部分だけ勉強するとか無駄すぎる。

大学の講座はどうせ授業中のプリントなんか捨てるんだから、medu4の国試用の臓器別講座のプリントレビューブック当たりを持ち込んで授業でなるほどと思ったことを書き込めばいい。

よく塾会社の最新の話題当たって凄い~みたいな話あるけど、ぶっちゃけ四年生の授業で最近~ってのがありますって先生が言ってた所とほぼおなじだった。みんな大学の授業聞いてないんだなと思った。

国試の勉強でイヤーノート個人的はいらないと思う。高いし分厚すぎて持ち歩けない。中古レビューブック買って過去問動画講座みて学んだことを書き込むだけで十分合格点くらいは取れると思う。

ただ、レビューブックだけだと手技系とか各課検査の基礎値とか心電図とかそういうのが弱いからそこだけは自分ノート作ったほうが良いかな。

六年のときは皆切羽詰まって勉強してるけど、受かるだけだったらそんなに勉強しなくて良いかも。結局1月から頑張れば就活卒試の勉強しっかりしてる人は大抵受かる。

人によるけど卒業試験終わってから10月末~12月前半は遊んで良いと思う。この時期凄く安いし早めに卒業旅行でも良いと思ってる。

 

2015-10-12

http://anond.hatelabo.jp/touch/20151012211648

そうなんだよね…

これまでも全部それで壊してきたんだよ

こんなんだけど好きになってくれた人は何人かいたんだよね

途中までは良かったんだけど

肝心なところで勇気が出なくて逃げちゃうんだよね

もう自大学には戻れないくらいに色々とやらかしてきた

たくさん人を騙して傷付けてきたから今回自分が騙されたのはある意味因果応報かもしれないね

2014-10-06

特定大学出身限定研究者公募の是非

ある旧帝大の話.A大学とする.

研究分野を問わないポスドクや特任助教複数名分の「公募」枠を毎年出している.しかし応募者の条件がちょっと研究者業界常識とかけ離れていて,「A大学出身であること」という条件が含まれている.そんな条件の書かれた「公募」を各所に流すわけにもいかないから学内メーリングリストやA大学関係者の間でのみ情報が回る.もちろん,インターネット上にも公募情報掲載されていない.

普通研究者公募では出身大学大学院なんてものは問われない.研究能力があるか,実績があるかで判断される.もちろん出来レース場合に,特定の人を採用することが最初からほぼ決まっているということもあるだろうけど,「A大学出身であること」なんて条件はそれでも絶対に明記されない.見たことがない.

ポスドク問題が騒がれて久しいこの業界で,自分のところの大学院出身者は他の大学ポストにも応募し,しか自分のところで「公募」するポスドクや特任助教自大出身者に限定する.こんな馬鹿げたことが許されるのだろうか.

国際競争を高めるための圧力が日増しに増大する昨今,裏でこんな汚いことをやっている大学もありますよ.

2014-06-08

修士価値ってどれだけあるの?

継続して自大研究室勉強するならともかく

他大に行ったら半年ちょいで慣れたらすぐ就職活動だと思うんだが。

2011-08-04

http://anond.hatelabo.jp/20110804133401

「しな」は日中戦争中に差別意味合いで使われてた言葉

これは嘘だね。

戦争が険悪なときに「クソ支那」みたいな言い方はあったとして

から支那」があかん、というなら「米」だって「英」だって使えないってわかってる?

現代中国人も「小日本小日本」言ってるけど

じゃあ「お前ら日本って言葉使うのやめろ」って言ったらそれはなんかおかしくね?論理が。

「クソ支那やめろ」「小日本やめろ」ならわかるが。

ジャップ」って言われたら「ジャップやめろ」でしょ。

ジャパニーズやめろ」にはならないよねえ。

だいたい戦争からあって中国人も使ってた言葉が「差別」ってなんかおかしいな、と気付きたいもの


戦後中国から「使わないで欲しい」と要請があったので

当時の文部省が、以後は使用を自粛するようにっていう通達を出してる言葉

これは本当だね。

だけど「むこうさんが嫌だっていうからまあ、やめた」と

差別語からやめた」は全然違うからまずそこに留意


で、支那じゃなく中華だって言い始めたのはただのあっちの都合だよ。

それもあんまりいい感じの都合じゃない。

歴史的にいわゆる支那の範囲外の周辺民族土地について、

「あそこまで俺達のもんである

 いや昔から中国というひとつの国だったのである

って言う意図的虚構を述べ始めたのがあの時期。

中華」っていう自大的な言葉を国の名前にしたのものね。


だいぶオブラートに包んだ説明になったけど、わかったかなー。

もっと露骨に書くとなんか中国批判みたいになって話が逸れちゃうから包んで書いたけど

ことの経緯はわかるよね。

それこそ「嫁」と同じで、教養常識のある人なら使うことを控えるんじゃないかな。

嫁や支那差別語であると吹き込まれたのは君のせいじゃないけど

そこで自分の目と頭使って「本当かな?」って考え調べてみるのを「教養」と言うんだよ。

人の話を鵜呑みにするとか、趣味に合う信じたいことを信じるとか、そういうのは「常識」とは言わない。

君はまだ教養常識を語れるレベルにない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん