「肥満細胞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 肥満細胞とは

2015-03-18

しかしたら、これが俺がレイバンにやられる前の最後増田かもしれない

 三月××日、午後十一時十九分。

 SHIT. なんてこった、トミーまで”やつら”にやられちまった。いや、”やつら”になってしまった、というべきか。さらに最悪なことには、俺が自分自身の手でトミーを始末しなきゃいけなかったってことだ。お互いに「そうなってしまったときは」と交わした約束はいえ、後味の悪さったらない。もう二度とあんな想いをするのはごめんだ。クソ、喉の奥がまだ焼けるように熱い。エミーに……あいつの妻になんて伝えればいいんだ? そもそもエミーはまだ乗っ取られてないのか? わからない。クソ。おれにはファッキン百数十のファッキンフォローイングがいて、そのうちの何人が”やつら"なのか、ファッキン見当もつかない。

 もしかしたら、この日記を読んでいるあんたらには”やつら”の存在を知らない人間いるかもしれない。簡単にいえば、”やつら”はサングラスだ。もちろん、ただのサングラスじゃない。ただのサングラス世界が滅ぶなら、『ターミネーター』の公開時に滅亡していないと計尺があわない。

 “やつら”は人間寄生する。今は亡き〈ドクター〉の説明によれば、”やつら”が人間の体内に侵入するとグラスの内部からアレルゲンとなるタンパク質が溶け出し、マクロファージに取り込まれて非自己的異物と認識される。この情報は胸腺由来のリンパであるヘルパーT細胞のうちのTh2を介し、骨髄由来のリンパであるB細胞に伝えられる。そして、B細胞はそのサングラスアレルゲンと特異的に反応する 抗体を作り出す。シュワルツェネッガー抗体と呼ばれるこの抗体は、血液や粘膜中に存在する肥満細胞や好塩基球に結合し、再びサングラスアレルゲンが侵入してシュワルツェネッガー抗体に結合すると、様々な化学伝達物質が遊離して大量ツイートなどの症状を引き起こすことになる、らしい。これを俺たちは簡単に「アカウントが乗っ取られた」と呼ぶ。デデンデンデデン、デデンデンデデン、I’|| Never be Back. ってわけだ。Fuck.

 “やつら”がおそろしいのは、ある日突然、まえぶれもなくハックされちまう、って点だ。今までの”botウィルス”どものように不注意なファッキン友達から伝染するわけじゃない。クソbot化したアホな友達を指さして笑って和める古き良きグレート・オールド・インターネットは二〇一五年の三月のうららかな午後に、いきなり終焉を迎えたんだ。新劇エヴァもこれくらい早く完結したらよかったのに。

 しかし、どこに逃げればいい? Facebookか? アカハックされなくても元々botみたいな奴らでいっぱいのFacebookか? 全能力が35%ずつしかないファッキン幼稚園みたいなはてブか? 存在自体ゾンビと化しているmixiか? 2ch? なんだそれは?

 そうなんだ。もう俺たちには逃げる場所なんて、どこにもない。繰りかえすようだが、どこもかしこビットの果てまでも「終わって」いるんだよ、ファッキンインターネット

 このままだと俺も長いことはないだろう。これを読んでいるあんたが人間なのか、それとも”やつら”の仲間かはわからない。ともかくこの日記を読んで理解できるだけの理性を保っているペニスヴァギナの生えた生物ならだれでもいい、頼みを聞いてくれ。

 もしあんたが、twitterレイバンサングラスをかけて朦朧うろつきながら政治ネタ社会ネタをダシに見えない敵罵詈雑言を浴びせる痛ましい中年増田の姿をみかけたら、そのときは……ためらわないでくれ。

 もう、俺には「友達」がいなくなってしまった。わかってたんだ。この「フォロワー」とやらはレイバンに乗っ取られようが乗っ取られまいが、俺の精神生活にいっさい関与しない「他人」だったっててことは。だが、あんたが――あんたが、もし古きよきインターネットを少しでも知っているなら、この言葉ちょっと思い出してみてくれ。

 「インターネットバカ(Me)と暇人(Youのもの」。

 インターネットではみんな友達だ、って意味ジャパンの古い格言だ。

 

 ……どうやら、また”やつら”がシェルターに攻めてきたらしい。今度の攻撃はいっそう激しくなると予想される。耐えられるかどうかわからない。さよならだ。約束、守ってくれよな。あなたの踏むアドレステッド・ネルソンとバーナーズ=リーのご加護がありますよう、Alan









【あの     

   ハリウッド俳優

          愛用!?

                     レイバンのサングラ

2013-11-16

もやもや

最近子供を産んだ知人女性の発言にとてももやもやしているのだけど、誰にも言えないのでここに書く。

妊娠中の食事制限

妊婦の頃、つわりがおさまった後も食事をろくに摂っていない旨の発言。

赤ん坊のためにも栄養とらないと〜とその時は軽く流したが、その後の話からどうやら自身および子供肥満を怖れていることがわかった。

出産母子ともに健康で無事だったが、かなり小さめの赤ちゃんだった。

肥満細胞?の話

詳しくは忘れたが、生後数ヶ月の間に、その後の人生おい肥満になるかどうかを決める細胞の数が決定する、という発言をしていた。

ソース自分兄弟で、本人曰く、自分はその時期に病気をして入院をして体重が落ちたので、太りにくい体質/兄弟はそうではなかったので太りやすい体質だそうだ。

肥満になりやす遺伝子、というのは聞いたことがあるが、彼女の言うような後天的ものもあるのだろうか。

肥満細胞という名称のついた細胞で実際の肥満とは関係ないもの存在するが、どうやらそれのことではなさそうだった)

・産んだ後1ヶ月も経たないうちに、体重の報告

あと数キロ一年前の体重になる〜という報告がきた。

いきなり体重が落ちたら母乳が出なくなったりしないの?

今は体型のことなんてどうでもいいから、ふつう栄養をとって養生してほしいと思うんだが。

本当に余計なお世話だと思うんだけど、赤ちゃんにもちゃんとご飯あげるのかどうかが心配

小さいうちってしっかり栄養とらないとだめじゃないの?肥満とか気にして赤ん坊に食事制限をするなんて聞いたことない。

母親として気にするべきことが自分ベクトルと違い過ぎて、すごくもやもやする。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん