「稲垣足穂」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 稲垣足穂とは

2020-07-10

anond:20200710174340

横だしツイートもみてないけど40年まえにBLってことば自体がないし耽美派文学だし

稲垣足穂か風木くらいしかなかったのになにいってんだ

日出処の天子もたしかまだだぞ

明らかに釣りだぞ(か、食わず嫌い偏見王)

ゲイならちゃん薔薇族投稿欄でも目を皿にして読んでろと小一時間

なりすましにつられておどらされるBL擁護派も不勉強なのでは

2020-04-05

anond:20200405192306

候補作:

谷崎潤一郎美食倶楽部」(参加者が暗闇で顔じゅうを撫でまわされるというだけの話。感覚だけの話であるため映像化不可。)

稲垣足穂一千一秒物語」(とりとめもない妄想ショートストーリー連続するだけの話。基本ストーリーがないので不可。)

坂口安吾「風博士」(文体と勢いだけでできている小説なので、「ストーリーだけ映像にしても意味がない」という意味で不可。)

埴谷雄高死霊」(小難しい理屈が続く哲学的小説映像化して見てみたい奴がいるとは思えないので不可。)

森鷗外沈黙の塔」「食堂」「ファスチエス」等(鷗外が文学弾圧する政府批判するためだけに書いた作品。いろいろやばいし今では分かりにくいので不可。)

横光利一ナポレオンと田虫」(ナポレオンの腹に田虫ができて狂乱する話。そんなんわざわざ映像で見たくないので不可。)

村上春樹風の歌を聴け」(この人、このデビュー作だけは少し異質で映像に向かない。)

高橋源一郎さようならギャングたち」「虹の彼方に」(風博士理由に似てる。多分映像化しても支離滅裂。)

……あたりが思い浮かんだ。

2019-11-16

anond:20191116144613

稲垣足穂自分はわけわからなくて読めなかった(´・ω・`)知性が足りないと無理じゃねあれ

2019-01-22

anond:20190122141644

師匠にブチ切れて文壇から放逐されて極貧生活を送りながら同人作品を発表し続けた作家がかっていた。

稲垣足穂という。

2018-03-03

横浜稲垣足穂はてな

id:nakamurabashiとかid:goldheadとか

肩肘をはらない独特の文体が好きで憧れていた

彼らは横浜に縁が深い

店長は生まれこそ北海道で、今はたぶん田舎住みだが、育ちは横浜

黄金頭も北海道まれ横浜在住で、彼のSUUMOへの寄稿横浜愛に溢れていた

そういえば彼らは稲垣足穂を好んでもいた

関内関外日記最初記事は足穂の引用から始まる

店長は足穂の文章に「ずっと長いこと憧れ」ていたと言っていた

あと当然はてなユーザー

休日に彼らの文章を読み返してみて、ああ、やっぱり俺はこの人たちの文章が好きなんだなあ、と再確認した

2018-02-20

さてさて。さてさてさて。

句点と読点のどっちがどっちかわからないのでぐぐります

句点が「。」だそうです。

まるてん句読点と覚えることにします。

うどん屋さんみたいな名前に見えなくもないです。

日中布団の中にいたら毛布が汗で冷たくなっていました。

悲しいことです。

ままならないなあという感じです。

ただ生きているだけで何でこんなにも雑事が発生してしまうんだとため息をつきたいです。

スキタイもつきたい。

たいやき食いたい。

あんこはそんなに好きじゃないので中身がチョコレートのたいやきがいいです。

中島らもよりは稲垣足穂を読めるようになりたいです。

ぼくごのみの文章を書く人には稲垣足穂好きの人が多いのですが僕は稲垣足穂が読めません。

あと彼らが稲垣足穂のどこに影響を受けたのかもよくわかりません。

読んでないので当然です。

それを知りたいので今一度稲垣足穂に挑戦してみようという気持ちです。

最近ダンボール本棚を作ったのですがすぐにへたってしまます

ダンボールを重ねてみたりもするのですが本の重みで上の棚がどんどん前傾してきます

朝起きると本が床に散乱していたりします。

ユカに産卵です。

意味がわかりません。

野菜ジュースが好きなのですがペットボトルを洗うのは苦手なので部屋中に野菜ジュースペットボトルが散乱しています

すごい昔のペットボトルの内部はやばいことになっています

余計にペットボトルを洗うのが嫌になります

いろんなことを後回しにするからこういうことになるんです。

ぼくはいつもそうでした。

トイレが面倒だからペットボトルに尿を排出するような人間になってはおしまいです。

みなさんも気をつけてください。

やる気は行動しないと起きないといいますが行動したからといってやる気が出るとは限らないわけです。

行動することは必要条件なんであって十分条件じゃないんです。

から最初からやる気出ない人は行動してもムダです。

諦めて寝ましょう。

寝て体力を回復して明日改めて取り掛かるのがよいです。

やる気は行動しないと出ないとかい寝言を言っている人のことを信じてはいけません。

しかし僕はまだ眠くないので寝ることすらかなわないのです。

はえらいやる気がない状態なんですがこういう状態で楽しめることといったらオナニーくらいしかありません。

勉強なんてできませんしアニメを見るのもしんどいですし本を読むなど無理です。

しか今日は既に二発発射してしまったのでオナニーしんどいです。

もう何もすることができません。

仕方がないので布団の上に仰向けになって何も考えずに体を横たえます

今日はもうだめなので明日のために体力を回復させるのです。

しか明日のためといってもいったい明日にぼくは何をしたらいいのでしょうか。

からないのでとりあえずエビオス亜鉛摂取して明日オナニーに備えることにします。

ぼくにはもう三大欲求くらいしか残っていません。

あとの欲求は残り滓みたいなもんです。

三大欲求を満たすためだけに体を生きながらえさせています

なんという。

2017-11-07

anond:20171107160831

澁澤龍彦のねむり姫とか?

ストーリーがあるものが好きならおすすめはしないけど短編集だよ。

あと稲垣足穂とか。物語ではないけど寺山修司幻想図書館おもしろかったな。

2015-03-04

夜の散歩

とろとろとビールを呑みながら稲垣足穂の『一千一秒物語』を

読んでいると、ふと夜の散歩をしたくなった。

春めいて来たので外もそんなに寒くない。おれはつっかけを履いて外に出た。

それで近所のセブンイレブン弁当を買おうかと思って

誘蛾灯に誘われる蛾のようにふらふらと入り込んだ。


田舎コンビニから駐車場は広い。まばらに車が停まっている。

おれはその駐車場を横切って店内に入ろうかと思った。その時呼び止められた。

「ねえ」

それでその声がした方向を見ると、今どき珍しくゴスロリ姿の少女が立っていた。

夜中なので彼女の纏っていた黒いドレスに気がつかなかったのだ。赤いリボン

胸元に垂らした彼女は、夜闇に不気味に光る

白い顔を歪めて笑顔で話し掛けて来た。

「いいものあるんだけれど、買わない?」


どうせドラッグの類だろう。おれがそう思っていると彼女は言った。

「そんなケチ臭いものじゃないわよ」と言って掌大の大きさの機械

から取り出して言った。「これ、何だか分かる?」

もちろん分かるわけがないのでおれが黙って機械を見ていると彼女は言った。

「これ、月を動かせる機械なの」と。「五百円で買わない?」


「悪い。そういうのは間に合っているんだ」

まさか」と彼女は言った。「月を動かす機械なんて持ってないでしょう?」

「月を動かすのに興味はないんだ」と言っておれは立ち去ろうとしたら

彼女は言った。「ねえ、何だったら負けてあげるわよ。四百円でどう?」

「三百円なら考えてもいいな」

おれたちは交渉の末に、三百五十円でそれを買うことに決めた。


セブンイレブンで「熟成豚のねぎ塩カルビ弁当」を買って帰ったおれは

少女が売っていた機械をしげしげと眺めていた。だが、どこからどう見ても

それはひと昔、いやもっと昔に流行ったポケベルに他ならなかった。

起動させてみると一応動くが、おれはポケベルなんて使ったことがないから

どうしたらいいのか分からない。それで、貴重な銭を損したことに

腹を立てつつ、その晩は缶ビールを呑んで寝た。


次の日の夜、ネット何だか騒がしい。異常気象だとかこの世の終わりだとか

そんな話題で持ち切りだ。おれは外に出て空を眺めてみた。


月はふたつになっていた。

2010-05-03

もし女子シリーズ

もし高校野球の女子マネージャー澁澤龍彦の『快楽主義の哲学』を読んだら
夜な夜な部員とあんなことやこんなことを
もし高校野球の女子マネージャー稲垣足穂の『A感覚とV感覚』を読んだら
白粉塗ってケツにバットをさして首をつる
もし高校野球の女子マネージャーマルチン・ハイデガーの『存在と時間』を読んだら
一番打者の現-存在存在における唯一のバッターとしての存在そのものにおける...
もし高校野球の女子マネージャーヘーゲルの『精神現象学』を読んだら
ピッチャーキャッチャーアウフヘーベンされてジンテーゼとしての三遊間が出現する
もし高校野球の女子マネージャー筒井康隆の『虚構船団』を読んだら
まずセンターが登場する。彼は気が狂っていた。
もし高校野球の女子マネージャーアンブローズ・ビアスの『悪魔の辞典』を読んだら
野球部皮肉で満ちる。

2009-12-14

ふたば二次裏でまとめられていた、中高生のための100冊 その3

1.「限りなく透明に近いブルー」 村上龍

2.「パンツをはいたサル」 栗本慎一郎

3.「ガンダムUC」 福井晴敏

4.「さかしま」 J・K・ユイスマンス

5.「国のない男」 カート・ヴォネガット

6.「競売ナンバー49の叫び」 トマス・ピンチョン

7.「夢渓筆談」 沈活

8.「神は妄想である―宗教との決別」 リチャード・ドーキンス

9.「24人のビリー・ミリガン」 ダニエル・キイス

10.「人間失格」 太宰治

11.「冬の夜ひとりの旅人が」 イタロ・カルヴィーノ

12.「高い城の男」 フィリップ・K・ディック

13.「しあわせの理由」 グレッグ・イーガン

14.「新世界より」 貴志祐介

15.「葉隠入門」 三島由紀夫

16.「きつねものがたり」 ヨセフ・ラダ

17.「故郷」 チェーザレパヴェーゼ

18.「大空のサムライ」 坂井三郎

19.「ノヴァ」 サミュエル・R・ディレイニー

20.「フェルマータ」 ニコルソン・ベイカー

21.「四十七人目の男」 S・ハンター

22.「逆転世界」 クリストファー・プリースト

23.「ロッパの悲食記」 古川ロッパ

24.「謎の女」 福田恆存

25.「天体嗜好症」 稲垣足穂

26.「冷血」 カポーティ

27.「ダスト」 チャールズ・ペレグリー

28.「神秘の島~ミステリアスアイランド~」 J・ヴェルヌ

29.「連射王」 川上稔

30.「スレドニ・ヴァシュター」 サキ

31.「性に目覚める頃」 室生犀星

32.「トンデモ変態系」 ブレンダ・ラヴ

33.「侵略する少女と嘘の庭」 清水マリコ

34.「ほとんど無害」 ダグラス・アダムス

35.「黄落」 佐江 衆一

36.「地球の長い午後」 ブライアン・W・オールディス

37.「冷たい方程式」 トム・ゴドウィン

38.「リレイヤーⅢ」 鴻上 尚史

39.「糞尿大全」 柳内伸作

40.「十六の話」 司馬遼太郎

41.「シャングリ・ラ」 池上永一

42.「武士道シックスティーン」 誉田 哲也

43.「痴人の愛」 谷崎潤一郎

44.「白痴」 坂口安吾

45.「穴」 ルイス・サッカー

46.「宇宙の戦士」 ロバート・A・ハインライン

47.「ギャシュリークラムのちびっ子たち」 エドワード・ゴーリー

48.「23分間の奇跡」 ジェームズ・クラベル

49.「閉鎖のシステム」 秋田禎信

50.「伊平次とわらわ」 坂田靖子

51.「食肉の帝王―巨富をつかんだ男 浅田満」 溝口敦

52.「だれも知らない小さな国」 佐藤さとる

53.「へんないきもの」 早川いくを

54.「僕のボール君に届けば」 伊集院静

55.「楽園の知恵」 牧野修

56.「鳩どもの家」 中上健次

57.「古事記」 倉野憲司

58.「猫の地球儀・焔の章」 秋山瑞人

59.「東海道中膝栗毛」 土田よしこ

60.「魔獣戦士ルナ・ヴァルガー」 秋津透

61.「海と毒薬」 遠藤周作

62.「死の家の記録」 ドストエフスキー

63.「四畳半神話大系」 森見登美彦

64.「夜明け前」 島崎藤村

65.「陰日向に咲く」 劇団ひとり

66.「モルグ街の殺人」 エドガー・アラン・ポー

67.「世界の中心で、愛をさけぶ」 片山恭一

68.「外国語水曜日」 黒田龍之助

69.「百頭女」 M・エルンスト

70.「味覚極楽」 子母沢寛

71.「はてしない物語」 ミヒャエル・エンデ

72.「開かれた社会とその敵」 カールライムント・ポパー

73.「近代労働観」 今村仁司

74.「不可能性の時代」 大澤真幸

75.「死霊」 埴谷雄高

76.「アナロジーの罠」 ジャック・ブーヴレス

77.「中央線呪い」 三善里沙

78.「特別料理」 スタンリイ・エリン

79.「他人をほめる人、けなす人」 フランチェスコ・アルベローニ

80.「星虫」 岩本隆雄

81.「一休さん」(新・講談社絵本) 宮尾しげを

82.「第四間氷期」 安部公房

83.「おとなもブルブルようかい話」 木暮正夫

84.「ヨーロッパ文学講義」 ウラジミール・ナボコフ

85.「サマー/タイム/トラベラー」 新城カズマ

86.「責任 ラバウル将軍今村均」 角田房子

87.「死の蔵書」 ジョン・ダニング

88.「死のロングウォーク」 リチャード・バックマン

89.「ケルベロス第五の首」 ジーン・ウルフ

90.「馬鹿の鏡」 藤田浩子

91.「フロイト先生のウソ」 ロルフ・ゲーデン

92.「ライ麦畑でつかまえて」 J・D・サリンジャー/野崎孝

93.「宇宙創生」 サイモン・シン

94.「針の上で天使は何人踊れるか」 ダレン・オルドリッジ

95.「歴史」(上・中・下) ヘロドトス

96.「ナツメグの味」 ジョン・コリア

97.「愛はさだめ、さだめは死」 ジェイムズ・ディプトリー・ジュニア

98.「幾千の夜を越えて」 神月摩由璃

99.「夏の庭―The Friends」 湯本香樹実

100.「アルジャーノンに花束を」 ダニエル・キイス

2009-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20090214234250

ある種の反社会的な言論が弾圧されうる可能性については?

たとえば稲垣足穂の、南方熊楠の、あるいは渋澤達彦の全集が発行できなくなる可能性については?あるいはマルキ・ド・サド翻訳マゾッホ翻訳ナボコフロリータも当然発行できなくなりそうな気がして仕方ないんだけどその辺はどうよ?

フィクションを「健全思想か否か」で取り締まるつーのは、要するにそういうことでもあると思うわけなんだけどさ。とりあえずそういうことになる可能性があるとしたら、俺はそういう馬鹿法案には反対しておくべきだと思うワケなんだけども。

2007-07-01

星の名前がわからん

天文年鑑とかには星一個一個の名前が載ってたりするのか

稲垣足穂の本には、天文学者が星の座標調べて、その一個一個に名前を付けていったとか

最初は300程度で、次の代で2000追加されたとか

そんな事が書いてあった気がする

宮沢賢治ポラーノの広場に登場する光る花の数字もその星の名前に対応してるとか

そんな事が書いてある本もあったが

どうも調べてみると普通の名称の一覧しかない

単なる数字で書かれた星の名称を調べたい

2007-06-25

あのいなたる的展開は一体…… DTB黒の契約者 12話

そもそも最初の「星空がなくなった」っていう設定からしてなんかおかしいんだが、12話になると「星のカケラ」なるものが登場して、しかもそれが大爆発おこしてる。

もうなんかほんとに稲垣足穂小説じみた展開になってきたな。

星空が消えたのは、人間が星を採りすぎたからなのか?

そもそも、あの超常的な現象に対して、科学的なアプローチをしているというのがすごく違和感

こういうのって科学じゃどうしようもないから、人間側も何かファンタジーな力(オーバーテクノロジーだの古代兵器だの宇宙からの未知の物質だの)を使って何かをしようって展開が普通じゃない?

まあ、普通アニメではないが、だからといって盛り上がる訳でもないしな。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん