「私塾のすすめ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 私塾のすすめとは

2009-06-04

梅田望夫氏のいうところの「ハイブロウ」「超一流」とは?

日本Webは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編)への反応まとめ

ttp://twitter.g.hatena.ne.jp/maname/20090603/1243895829

「そういう言われ方をすれば、もうみんなそう思っていると思うけど、僕はそういう人間だよ。

ハイブロウなものが好きですよ。それはしょうがないじゃない。」

「やはり僕は、こういう超一流の世界が好きだから。」

ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/02/news062.html

さて、梅田氏のいうところの「ハイブロウ」「超一流」とはなんでしょ?

羽生善治日本トップクラスというのはわかる。

しかし、梅田氏が仕事パートナーとして選んだ対談相手・共著者は以下の面子だよ。

茂木健一郎フューチャリスト宣言」(ちくま新書

齋藤孝私塾のすすめ ここから創造が生まれる」(ちくま新書


茂木に齊藤!

異常なペースで内容スカスカな本を量産するエセ学者

上の2冊ももちろん内容スカスカな薄味対談本でしかない。

雑誌「本人」6号の、西村博之ロングインタビューでは、ひろゆき

梅田氏から対談を断られたエピソードが語られている。

つまり、対談相手を選んだ結果が茂木や齊藤なわけ。

「超一流」好きのくせしてこの2人を選んでいるのだから、

その眼は曇っているとしかいえない。

また、この2人がスカと知っていながら組んでいたとしたら、

一流嗜好は抑えてマスをターゲットとする覚悟、割り切りが必要だ。

結局どっちつかずだから嫌われたんじゃないのかね。

「上の子」向きというが、「上の子」だったらこんな駄本をまず読まないよ。


□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□


あと、余談となるが、この人のコンサルとしての実力はどうなんだろう?

コンサルベンチャーキャピタリストの本を読むと、本人の経歴と実績が

守秘義務の範囲内で)これでもかと書かれていることが多い。

自己アピールしてなんぼの業界であり、本などというコンサルに比べると

恐ろしく儲からない仕事をする理由はそこにしかない。

(主張の説得力を高める効果もあるが)

しかし、梅田氏の場合、本やインタビューを読んでもコンサルタント業の

実績がよくわからないんだ。

謙虚で奥ゆかしい性格である可能性はあるんだけど、だったらそんな人がシリコンバレー

やっていけてんのか、という疑問が湧く。

この人、コンサルとして一流なの、二流なの?

取締役として参画しているはてな経営状態が証拠だ、という意見

とりあえず抜きにして。

2008-07-07

もし、モッチー

私塾のすすめ」をよんでいる。ほとんど読み終わった。

僕は、今、変な状況にあって。いろんなことに階層感覚、悪い意味じゃなくて、例えば社会に奥行きがある、彼の人間性には奥行きがある、とか云う場合の階層、立体感って云うのかな。それが徹底的に欠落している。簡単に云えば病気だと思ってもらえればいい。まぁでもこれは今回云いたいことの本質じゃない。

僕にはどうも関係性の立体感覚がつかめない。具体的に云えば、例えばビジネスで人を評価する時と、友人関係の時と、家族であった時と、どう区別していいのかわからない。p169。

梅田
うちも、アメリカに来てからの十四年で、普通夫婦の一生分の話をしたね、一生分一緒にいたねとよく言い合っています。…
斉藤
関係性の歴史というのは、暗黙知が積み重なれば積み重なるほど、言わなくてもわかる部分が増えて楽になる。だから、つい、仕事パートナーでも慣れた人とやってしまいがちになります。ときどき、新しい人で勘のいい人がすぐに暗黙知を吸収すると、そっちとくっつきますね。
梅田
そうすると、新しい感性が入ってきますから。でも、なかなかいないですね。だから、そういう人と出会うと僕はとても大事にします。

思考実験なのかもしれないけれど。もし梅田望夫にその夫婦や彼自身の暗黙知を瞬時に理解できるような別の女性が現れたら、どうなるのだろう。その一線を越えないというのがルールだ、と云うのは簡単だけれど、では逆に考えると、その越えない一線を区切るものはなんなのか。ビジネスであれだけオープンに交われ、100 人で 1人反応があれば万歳だと言ってる人が、じゃぁなぜプライヴェートのパートナーの探求には入れあげないのか。疲れるから?教えて増田

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん