「猫踏んじゃった」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 猫踏んじゃったとは

2019-07-11

急募猫踏んじゃったしか弾けない百人でショパンを弾く方法

なお、気がつくと人数は半分になっており、教えられる人間人件費削減でこれなくなったものとする。

2019-06-29

anond:20190629094317

まじかよ。手を叩くとかあんのか。

俺なんて猫踏んじゃったとか弾ける奴やべえなんだこいつ天才かよってなるし

エリーゼのためにとかもやべーなオイってなるのにな。

すげー厳しい世界なんだなー。

楽しそうに思えたんだがな。

一番好きなのは怪獣バラードだったな。

あいうのできるの天才だと思う。

2019-02-14

anond:20190213201730

猫踏んじゃったを倍速で弾けるようになったほうが、なんぼかマシ

2018-11-30

猫踏んじゃった猫踏んじゃった

何楽しそうに歌ってんねん。

虐待の歌か?怖いな。

一番

ねこふんじゃった ねこふんじゃった

ねこふんづけちゃったら ひっかい

ねこひっかいねこひっかい

ねこびっくりして ひっかい

いねこめ つめを切れ

屋根をおりて ひげをそれ

ねこニャーゴ ニャーゴ ねこかぶり

ねこなで声で あまえてる

ねこごめんなさい ねこごめんなさい

ねこおどかしちゃって ごめんなさい

ねこよっといで ねこよっといで

ねこかつぶしやるから よっといで

ねこふんじゃった ねこふんじゃった

ねこふんづけちゃったら とんでった

ねことんじゃった ねことんじゃった

ねこお空へ とんじゃった

青い空に かささして

ふわり ふわり 雲の上

ごろニャーゴ ニャーゴ ないている

ごろニャーゴ みんな 遠めがね

ねことんじゃった ねことんじゃった

ねこすっとんじゃって もう見えない

ねこグッバイバイ ねこグッバイバイ

ねこあしたの朝 おりといで

2018-08-31

ネコふんじゃった

猫踏んじゃったねこふんじゃった)は、作曲者不詳、世界中で親しまれている曲

 

闇が深い

2018-05-26

最後まで続かない

ランニング→一時期は月600kmは走ってたけどフルマラソン出場前に辞めてしまった

ロードバイクしょっちゅう乗ってないとすぐケツが痛くなる、整備装備めんどくさい

水泳→成人するまでカナヅチだったのが2時間ぶっ続けで泳げるくらいにはなったけど、プールをひたすら往復するのが苦行、海は怖い

音楽鑑賞→聴くより歌う方が好きだったことに気づいたら聴かなくなった

ギター→弾くより歌う方が好(ry

ピアノソナチネまで、左手伴奏で無くなった段階で無理だと悟った、あと猫踏んじゃった弾けない

小説面白くなるまでが長い

ゲーム面白くなってからが長い

アニメドラマ映画→画面をずっと見てなきゃいけないのが辛い

プログラミング→触ったことある言語と作りかけのアプリがどんどん増えていく

料理→数回しか使ってない香辛料をそのまま賞味期限切れにするのをなんどか経験して向いてないと思った、あと片付けめんどくさい

ファッション→革靴の手入れとかクリーニングとか洗い方とか気遣うことが多いのでやめた

今も細々と続いてるのはたまに衝動的に行きたくなるカラオケ半年に一回の旅行、月に一回の外食漫画仕事貯金、それくらい。

酒飲まないしギャンブルしない、恋人もいないし浪費癖もない。

健全と言えば健全生活なんだけど、正直、なにが楽しくて生きてるんだか分からない。

2018-02-28

anond:20180228221619

思うに、

猫踏んじゃった

簡単習得出来て

それなりの反応がもらえる曲だから

それ以上やる気なくす奴多くて、

弾かないように言われてるのだと思う。

2010-12-06

手応えを感じない

おいおい、そりゃいつもの話だろう。

どうでもいいことに口をだすんじゃない。

全く、困ったものです

歴史的人物になりたいっていうそれだけ

でもいいんじゃない?でもいいよね?

なんでもいいからぶつけてみるのさ。

未来自分過去自分

死にたい奴はあかね色の空を見れよーーーーーーーーーーーーーー

我慢せず、ためらわずにいこう。躊躇はよくないよ。

はなんだかお腹がすいたんだよ。

最初はそうでもないなと思ってたけど、スルメのように噛めば噛むほど、

良曲ってそんなもんだ。

便利便利、ニコ便利。ニコニコといえば?

あったもんなかったもん、

そんじゃったもん、踏んじゃった。

(=^・^=)踏んじゃった。猫踏んじゃった

君の夢は何?なんて聞かれても知るか

今、現状が夢が叶えられてる状態だよ。

永遠には続かないよ。知っているよ。

マイホームマイカー

誰の夢を叶えたいんだい。

何万年と受け継がれてきた

たすきを僕は肩にかけた。

広がる世界

膨らむ妄想

勇気を持って、さぁ飛び出そう。

僕みたいなちっぽけな人間ができることなんて、

タイピングする以外にないのだから。

元気出していきましょう。

くっだらねぇって、つまんねぇって、

このフレーズも大好きだな。

全部見通せるんだろう?誰かの心だってきっと。

ずっとずっと考えていることがある。

俺は俺でありたい。それに変わりはない。ないが・・

時代は変わる。俺自身も変わっていくものだろう。

そろそろ眠くなる時間かい

まだまだ・・・・・・・・・

こいつらこの程度で俺を倒せると思ってやがる・・

助けなんざいらねぇよ!!おれぁ白ひげだぁああ!!

反応を求めるなら、どこへいけばいい。

もなちゃと?twitter?どうでもいいけどラーメンって美味しいよね。

how many times are you look at me?わけがわからん英語は不得意でねぇ。

君の描く幸せってどんなもの?

世界ワールドイズマインだよね。マインちゃんがかわいすぎて僕もうロリコン魂総発揮だよ。

いっぱいおっぱいなのだよ。つまるところ、目が痛いのだよ。

自由にやっていくのが一番なんだって

つまるところのフリーダムなんだって

そんな事言われたってさぁ。

むしろ楽しいな・・・同意するしかないじゃないですか

今から倒れていく海兵はまるでバカじゃないですか。

肩が外れそうだ。なんとなく、幸福だ。

ぶるああああああああああああああああああああああああああああ

何万年と受け継がれてきた命。その末裔が俺だ。

海賊王におれはなる!

でっていうwwwwwwwwwwww

2007-10-08

とある元エセ数学屋のぶつくさ

「頭のいい人は説明もうまい」問題で、一番肩身が狭いのが数学屋と哲学屋。哲学屋さんの弁解は哲学屋さんに任せるとして、エセ数学屋の立場からその弁解を書かせて欲しい(哲学屋さんも事情は似たようなものだと思うけれど)。

まず、世間では誤解されてると思うのだが、数学というのは理系の他分野(物理学とか、生物学とか)とは少し性格が違う。数学は、具体的な対象を想定しない。むしろ、具体的な対象と遊離したところを記述するための「言葉」を作る学問なのだ。

よく言われることだが、新たな数学理論発見とは、わかりやすい概念や記号法を発明することといっても過言ではない。一番わかりやすいのが「未知数をxなど文字で置き換える」というものだろう。これによって、古代エジプト古代ギリシャ賢者大勢を悩ませた問題も、中学生の練習問題に早変わりする。しかし一方で、多くの賢人を悩ませた問題を少数の記号やキーワードに集約するのだから、そもそもそんなものを簡単に説明できる方がおかしい。中学校あたりから数学が途端に難しくなるのはこのためだ。

抽象概念を説明することの難しさは、プログラミング世界とも共通している点があるだろう。たとえば、「多態性 (polymorphism)」という言葉機械音痴の人に説明できるだろうか、考えてみてほしい(このたとえのわからない人は、次の段落まで読み飛ばしてほしい)。もちろん、例えば「同じ『鳴く』という動作でも、犬は『ワン』で、猫は『ニャー』だ」などと、わかった気にさせるようなたとえ話でごまかすことはできるだろう。だが、そんな「説明」が役に立たないことは明らかだ。「そんなことの何がすごいのか、ポリバレントだかなんだか知らないがそんな偉そうな名前をつけるほどのことか」とかいわれて終わりである。現実に「説明」を求められる場合とは、「誰かに金を出させるために説得しなければいけない場合」なのである。ユーザ企業に「オブジェクト指向による開発」の必要性を説得するとき、そのような子供だましでは金を出してもらえないことは明らかだろう。

そして数学は、プログラミング言語よりもっと包括的に「人間の思考の一部を記述する言語」なのである(正確には、コンピュータサイエンス数学の一分野である)。そして、プログラミング言語などという概念たかだかこの数十年のものにすぎないが、近代数学は数百年の積み重ねがあるのである。素人専門家の乖離にもそれだけの差があると思ってもらって構わない。説明が絶望的に困難なことは明らかだ。その困難さは、たとえば英語を知らない子供に「関係代名詞」を説明するのと同じぐらい難しい。いや、数学は「頭の中の普段使っていない部分」を使う言語だから、英語などよりもっと難しいと言っていいかもしれない。英語日本語の間では直訳はできないことはないが、数学語やプログラミング言語日本語の直訳は不可能だからだ(できるのならば、プログラマは全員失業である)。

しかし、こうした事情を多くの人はわかってくれない。そこで、「数学屋(と哲学屋)は物事をわざわざ小難しく説明する権威主義者だ」だの「他の分野の専門家に比べて説明能力に欠けている」だのと非難を浴びるのである。こういうハンディを背負っていることがなかなかわかってもらえないのである。

追記

多態性のあたりはあまりいい例ではなかったかもしれない。犬はワンで猫はニャーというのは、多態性という概念の発想を適切にとらえたたとえ話ではあるからだ。純粋数学の場合は、こういうわかりやすい例が見あたらないものも多いのである(たとえば「解析関数」を「複素数」や「微分」を知らない人に説明するとなるともうお手上げだ)。無論、こういうたとえ話が、多態性概念プログラミング世界でいかに有用であるかを説明することにほとんど貢献していないのは明らかだけれども。プログラミング経験がない人には、それだけのことがいかに役に立つのかなど到底実感ではわかってもらえないだろう。

蛇足

なお、こんな記事が話題になっているが、この程度の説明ならまともな数学屋なら誰でもできるので念のため。このスレッドの住人はsinとかcosのような高校数学概念も怪しかったわけだが、そんな人を相手に文中に出てきた「バナッハ空間」だの「ヒルベルト空間」だのの説明をさせられたらとても困っていたはずである。正直、これらの概念専門家には「イロハのイ」レベルのことに過ぎないが、ピアノで「猫踏んじゃった」しか弾けない人に「エリーゼのために」を教え込むのと同じぐらいは難しいだろうと思う。それぐらいのレベルの差がある。

蛇足の蛇足

ついでに、上のスレッドで挙がっている「日本語論理的でない」とか「英語フランス語数学に向いている」というのはウソと言える。言語能力は、相互に翻訳ができれば等価であるといってよいからだ。実際問題としては、論理的で厳密な文章ほど、直訳は簡単である。つまり、言語による論理能力の差というものは存在しないといってよいのだ。言語によって一番表現力の差が生じるのは、むしろ「前衛詩」のような、一番「論理的でない」部分である。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん