「気が置けない」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 気が置けないとは

2019-08-23

anond:20190823163251

結婚はしたくないといったらじゃあ別れて友達にもどろうと言われた。

まあそれでべつにいいと思っていた。僕も彼女の事を愛すべき恋人というよりは気の置けない友人のように思っていたしすべての接触はその延長線上にあった。それで問題なかった。

結婚したくない理由はそこではなく単純に結婚が嫌だから。僕は死にたいとは思わないが生まれてこなけいほうがよかったのではと思うことの方がずっと多いか子供だってほしくない。子供をつくらないなら金がかかるだけだし結婚だってする意味はないと思ってる。

彼女に不満があるわけじゃなかったのだが、結婚する気がないなら終わりにしようと言われて結婚すると言えなかった。彼女はなら友達に戻ろうといってくれたのでホッとしたがすぐに泣きだしてしまった。

さすがに罪悪感を感じたので彼女ホームまで見送ろうとしたが「いらない」といってタクシーに押し込められてしまったのが5カ月前だった。動揺したけどまあ友達に戻ると言っていたしもう二度と会わなくなることはないだろうと思っていたしそういった接触がなくなるという程度のはなしだろうとたかをくくっていた。

しか彼女からの連絡こなかった。5カ月も会わないどころか連絡すら取らないということは彼女と知り合ってから一度もなかった。しかし思ったより何も感じなかった。自分のそういうところが嫌いだし、結婚など協調性を求められる関係消極的になってしま理由だと思った。

しかし先週僕の誕生日にひさびさにメッセージがきた。誕生日おめでとうとのことだった。自分もびっくりするくらい、動揺した。

心臓がこんなに鼓動をうって大丈夫心配になるくらい鼓動を売った。てのひらにびっしょり汗をかいたし、目の前がくらくらした。ひとことありがとうと送って、彼女からの返信はなかった。

彼女は僕に合いたいんだろうか合いたくないんだろうか。友達としてまた遊ぼうと言っていたのは彼女の方だった。しかし5カ月連絡がなかったので、あのとき言っていたのは僕が粘着して別れられなくならないための口からでまかせだったのか、単純にこの5カ月ずっと忙しかっただけなのか、僕にはもうわからなかった。

でも合いたくもない人間誕生日祝いメールを送ることは無いだろうと思って、それに彼女の友人としてつきあっていくという言葉額面通り受け取り、また以前のように飲みにでも誘おうと思った。

しかし付き合っていたこだって基本的に連絡は彼女からだったしアポ彼女からだった。自分で店を探して食事に誘って時間擦り合わせて予約をするということをしたことがなかった。

一通「久々に飲みでもどうですか。空いている日はありますか」とメッセージをおくるだけなのにこんなに気が重いとは思わなかった。断られたらどうしよう。合いたくないといわれたら。それかいそがしいからとかわされたら。

本当に忙しいなら、3度の飯より酒が好きな彼女が飲みの誘いも断るほど忙しいのだとしたら、とても心配だし愚痴くらいきいてやりたいと思った。でもいまの僕にその権利があるのか。

そういえば男女の友人とはふたりきりで会ったりするもんだろうか。べつの共通の友人とか誘った方がいいんだろうか。でも僕は彼女彼女以外のだれかと3人で飲みをするという状況が想像つかなかった。共通の友人の誰の顔を思い浮かべてもしっくりとこなかった。

なんとか勇気を出してメッセージを送ったらふたつ返事で了承してくれて飲みにいけることになった。来月のなかばまで予定がすりあわなかったのでちょっと先だ。かつては全く気にしなかったことだが、その日まで連絡をしないでいることがなんだか恐怖に感じた。

かつてはまめにメッセージをくれた彼女だが、おそらく今度は本当に当日になるまでメッセージを送ってくれることはないだろうと思えた。よって連絡をしたいなら僕からせねばならない。しかしなんて送ればいいのか分からない。もう用事自体はないのだ。いわゆる雑談などをすればよいのだろうが、雑談の内容がうかばない。

彼女とのメッセージ画面をひらいてはとじることを日になんども行って居る。話題作りのために彼女が好きだったゲーム中古でかってきてプレーしはじめた。しかしだからといって文面はうかばなかった。

気が置けないところが彼女の好ましいところだったのに、ぜんぜん気が置けない仲ではないのかもしれないと今更にしてきづかされた。というか、僕が気を使わないでいられるよう彼女が手を尽くしてくれていたんだとようやく思い至った。

彼女はすこし粗雑だしちょっと下品なところもあったが、じつにざっくばらんで気立てがよくやさしい女なのだ。そんなことわかりきっていた。

僕が「君は気を使うタイプだと周りに思われないようにわざと豪傑にふるまっているよね」と言ったら、急に口数少なくなってでもすごくうれしそうに笑っていた。

彼女美人ではないが愛嬌はあるし人相がよく、親しみやすい人柄だ。そんな彼女のことだから、きっとこの5カ月のあいだにほかの男となにもなかったとは思えない。そう考えたら居てもたってもいられない。またメッセージ画面を開く。が、なにも送れない。

僕が結婚すると言ったら彼女はずっとそばにいてくれるだろうか。

たかつてのようにたくさんのメッセージを送ってくれるだろうか。

もし今新しい男がいたとしたら、そちらを捨てて僕をえらんでくれるだろうか。

彼女と会いたいが、しかし僕はやっぱり結婚はできない。したくない。それでも彼女と会いたいと思う僕は彼女にとって悪人だろうか。

[追記あり] 結婚はしたくないといったらじゃあ別れて友達にもどろうと言われた。まあそれでべつにいいと思っていた。僕も彼女の事を愛すべき恋人というよりは気の置けない友人のように思っていたしすべての接触はその延長線上にあった。それで問題なかった。結婚したくない理由はそこではなく単純に結婚が嫌だから。僕は死にたいとは思わないが生まれてこなけいほうがよかったのではと思うことの方がずっと多いか子供だってほしくない。子供をつくらないなら金がかかるだけだし結婚だってする意味はないと思ってる。彼女に不満があるわけじゃなかったのだが、結婚する気がないなら終わりにしようと言われて結婚すると言えなかった。彼女はなら友達に戻ろうといってくれたのでホッとしたがすぐに泣きだしてしまった。さすがに罪悪感を感じたので彼女ホームまで見送ろうとしたが「いらない」といってタクシーに押し込められてしまったのが5カ月前だった。動揺したけどまあ友達に戻ると言っていたしもう二度と会わなくなることはないだろうと思っていたしそういった接触がなくなるという程度のはなしだろうとたかをくくっていた。しか彼女からの連絡こなかった。5カ月も会わないどころか連絡すら取らないということは彼女と知り合ってから一度もなかった。しかし思ったより何も感じなかった。自分のそういうところが嫌いだし、結婚など協調性を求められる関係消極的になってしま理由だと思った。しかし先週僕の誕生日にひさびさにメッセージがきた。誕生日おめでとうとのことだった。自分もびっくりするくらい、動揺した。心臓がこんなに鼓動をうって大丈夫心配になるくらい鼓動を売った。てのひらにびっしょり汗をかいたし、目の前がくらくらした。ひとことありがとうと送って、彼女からの返信はなかった。彼女は僕に合いたいんだろうか合いたくないんだろうか。友達としてまた遊ぼうと言っていたのは彼女の方だった。しかし5カ月連絡がなかったので、あのとき言っていたのは僕が粘着して別れられなくならないための口からでまかせだったのか、単純にこの5カ月ずっと忙しかっただけなのか、僕にはもうわからなかった。でも合いたくもない人間誕生日祝いメールを送ることは無いだろうと思って、それに彼女の友人としてつきあっていくという言葉額面通り受け取り、また以前のように飲みにでも誘おうと思った。しかし付き合っていたこだって基本的に連絡は彼女からだったしアポ彼女からだった。自分で店を探して食事に誘って時間擦り合わせて予約をするということをしたことがなかった。一通「久々に飲みでもどうですか。空いている日はありますか」とメッセージをおくるだけなのにこんなに気が重いとは思わなかった。断られたらどうしよう。合いたくないといわれたら。それかいそがしいからとかわされたら。本当に忙しいなら、3度の飯より酒が好きな彼女が飲みの誘いも断るほど忙しいのだとしたら、とても心配だし愚痴くらいきいてやりたいと思った。でもいまの僕にその権利があるのか。そういえば男女の友人とはふたりきりで会ったりするもんだろうか。べつの共通の友人とか誘った方がいいんだろうか。でも僕は彼女彼女以外のだれかと3人で飲みをするという状況が想像つかなかった。共通の友人の誰の顔を思い浮かべてもしっくりとこなかった。なんとか勇気を出してメッセージを送ったらふたつ返事で了承してくれて飲みにいけることになった。来月のなかばまで予定がすりあわなかったのでちょっと先だ。かつては全く気にしなかったことだが、その日まで連絡をしないでいることがなんだか恐怖に感じた。かつてはまめにメッセージをくれた彼女だが、おそらく今度は本当に当日になるまでメッセージを送ってくれることはないだろうと思えた。よって連絡をしたいなら僕からせねばならない。しかしなんて送ればいいのか分からない。もう用事自体はないのだ。いわゆる雑談などをすればよいのだろうが、雑談の内容がうかばない。彼女とのメッセージ画面をひらいてはとじることを日になんども行って居る。話題作りのために彼女が好きだったゲーム中古でかってきてプレーしはじめた。しかしだからといって文面はうかばなかった。気が置けないところが彼女の好ましいところだったのに、ぜんぜん気が置けない仲ではないのかもしれないと今更にしてきづかされた。というか、僕が気を使わないでいられるよう彼女が手を尽くしてくれていたんだとようやく思い至った。彼女はすこし粗雑だしちょっと下品なところもあったが、じつにざっくばらんで気立てがよくやさしい女なのだ。そんなことわかりきっていた。僕が「君は気を使うタイプだと周りに思われないようにわざと豪傑にふるまっているよね」と言ったら、急に口数少なくなってでもすごくうれしそうに笑っていた。彼女美人ではないが愛嬌はあるし人相がよく、親しみやすい人柄だ。そんな彼女のことだから、きっとこの5カ月のあいだにほかの男となにもなかったとは思えない。そう考えたら居てもたってもいられない。またメッセージ画面を開く。が、なにも送れない。僕が結婚すると言ったら彼女はずっとそばにいてくれるだろうか。またかつてのようにたくさんのメッセージを送ってくれるだろうか。もし今新しい男がいたとしたら、そちらを捨てて僕をえらんでくれるだろうか。彼女と会いたいが、しかし僕はやっぱり結婚はできない。したくない。それでも彼女と会いたいと思う僕は彼女にとって悪人だろうか。

【以下追記

ごめんなさい二次創作増田です。

完全に創作増田ってわけじゃないんだけど。

端的に言うと書いた人は彼女です。

彼の行動から彼の心情をかなり自分に甘めに推定して綴りました。

視点調子に乗ってかなり自分を都合良く魅力的な人間として書いてるのでネタバラシ恥ずかしいけど面白いから許して。

なぜ二次創作たかというと、普通に自分視点で書いたら多分「うんち」とか「今日も女は男叩き」とか「ヤリモクにひっかかるダメ女」とかとしか言われないと思ったからです。

わたし結婚観、子供産めるうちにしなきゃ、という自分と、こいつ以外と結婚するくらいなら子供もいらないし一生独身いいんじゃないかという自分ふたり自分でゆれている。

そのため元彼ともう会わないほうがいいと思える理由を、自分に心地よいかたちでかき集めたかったのです。

もしくは彼に共感する人がいたら攻略法書いてくれないかなと期待したのもある。あまりなかったけど。

そのために増田はてな民だまして申し訳なかった。わたし悪人です。

彼の心情面以外は事実です。

わたし友達宣言したのも誕生日ライン送ったのも事実

別れてからようやく必死になってアポ連絡とか雑談連絡くれるようになったのは事実。そしてさら事実わたしが断ったのもあわせたら6回はアポきててそのうち3回会ってる。甘いよな。

あとわたしの好きなゲームプレイしてくれたのは事実。急にプレイ中の写真送られてきて笑った。今まで雑談のためのラインなんて一回も送ってくれたことなかったのに。

かなり自分(彼女)に対して甘めに書いてるので、彼に対して憤りを感じてくれた人は安心してください。彼は本当はずっと一緒にいたいなんて思ってくれてないだろうし、わたしのことをいい女だとも思ってないだろうし、わたしに他の男ができたって気にしないだろうし、単純に友達づきあいしたいだけだろう。

あ、そうそ結婚したくない理由は別れた後に会った時本人から直接聞いたんです。でも聞いただけで心の中を見たわけじゃないから、単純にわたし対象外なのをとおまわしに優しく言ってくれただけだろうね。

書き方について、いたたまれなくて推敲校正せず手癖でババー!っと打ったままあげました。たしかにこれなら目立つとも思った。論点がそこに集中したのは想定外だったけど。こういう文体好きって言ってくれる人がいてうれしいです。古い小説かはわからんけど乱歩とか三島とか南條範夫はよく読んだ。禁色、仮面の告白、孤島の鬼、城下少年あたりが好きなただの腐女子です。

村上春樹は読んだことない。

あと、少ないけどわたし彼女視点に関するコメントは全体的に的を得てるな。お見それしました。

以下蛇足

ブコメ言及読んで多少冷静になった。つもり。

でも話ついでに聞いてくれ。

別れた後会った時、彼がよっぱらって、「誤解するなよ、死にたいと思ってはいないし、辛いことばかりじゃなくたのしいこともあることはわかっている。でももし生まれる前に戻れて、生まれるか生まれいか選べるなら、生まれない方を選びたいと思う。だから結婚したくないし子供も作りたくない。静かに死んでいきたい」って話してくれた時、あーわたし存在は彼の生存理由にならないんだな、とはっきりわかった。

そんな彼がわたしになにかと理由をつけて会いたがったり雑談したがったりしてんの無碍にできないじゃない。わたしじゃダメなのわかってるのに、さみしい彼に次の救いの女神が現れるまでは都合のいい女として付き合ってやろうかななんて思ってしまう愚かな自分がいるわけよ。

増田こじらせ男子諸君でこの症例をのりこえたケースがあったらきかせてほしい。

さてネタバラシしたからあとは好きなだけ存分に上から目線説教してくれ。こっちがわるいので女とみるやとか手のひらクルーとか気にせず。だましてごめんな。こんなよみにくい文章コメントしてくれてありがとうコメント全部読んでる。全部教材だ。全部ありがとう

2018-06-14

anond:20180613223415

良く解釈したら、気が置けない仲だと思ってくれているのかもしれませんね。他人行儀であれば顔文字など使いませんから。会話の種類に乏しいのは分かりませんが。

それでも「。」の変わりかのように一々顔文字を使われたら確かに多いと思いますよ。

その上、( ゚д゚)(´・ω・‘)なんて2ちゃんねる(5ちゃんねる)顔文字を使うのはおかしいと思います

2017-10-03

ええ加減にせんと気い狂て死ぬ

INUは気い狂てしか知らない。でも俺はこれが一番好き。何にしてもどのような状況にあったとしてもこの曲を聴けば俺も気が狂って死にそうだったことを再認識する。現在進行形で気が狂っている。だから気狂いの言葉はまともに聞いてはいけません。おかしい。それでも生きなきゃいけない。でも生きるの反対は死ぬではない。悲しいことに生きるの反対は生きないだ。ゾンビのように呼吸だけしているお前のことだ。お前は生きるの反対をしている。何をしても失敗ばかりする。お前は愛されない。お前は気が狂っている。気が狂っているなら死のう。生きて死のう。お前は生きていないから気が狂っていることから目を背けているのだ。お前は潜在的に気狂いで俺は顕在的に気狂いだ。世界おかしい。いや、世界は正常で人間ネットワーク社会構造が俺達を容認できていないのだ。ふとした瞬間にガラスを割りたくなる俺達は俺たちの中で正しいことなのに人間ネットワークガラス割れる音で泣いてしまうからガラスを割らないでいるだけなのだ嗚呼気がおかしい。気が置けない。気を使っているのに、気が狂ってしまう。お前の正常と俺の正常が合わさるわけはないんだ。ルールは正常じゃない、規定だ。こうすればいい、なだけだ。お前の正常が規定違反を求めているのだ。お前の正常は規定内で収まっているのか。羨ましいことだ。俺は気狂いだ。気が狂って死ぬ。だから現在進行形だ。今はただ誰も傷つける気にならないからお前に声をかけている。お前のことなど本当は1ミリも気にかけてはいない。気が狂っているから気の置き方がわからいから気がおかしい。なにもかもが気持ち問題だよファイトガンバだ大冒険だ。ノロイが怖いか今日は寝る。

2015-08-25

秋は気が置けない

まれ猛暑が続いたこの夏は、女性たちを否応なしに忍びない姿へと思い至らせた。

どこに出かけようとも女性の薄着に向かっていこうとする視線を抑えることに苦心した季節は、突然の秋風とともに過ぎ去っていった。

そして女性は薄着を忘れた。

でもわたしは知っている。

この季節女性の心にほんの少しの慢心が芽生えることを。

上着の生地が厚くなることで、インナーウェアに対する意識が知らず知らずのうちに下がっていることを。

そのため、シャツに目を凝らせば見えてくるのは下着そのものがもつ凹凸なのだ

夏のように、のっぺりとしたインナーウェアのそれではないのだ。

下着が透けることに警戒心をもつ夏と違い、秋の女性は慢心しておしゃれを楽しんでいる。

からわたしごときシャツ越しに下着の凹凸を凝視していようとも、夏ほど訝しげな視線で返されることもないのだ。

わたしが夏よりも伸び伸びと透けて見える先を楽しんでいることも知らずに!

あぁ、秋とはなんと気が置けない季節なのだ

2015-01-25

ina******32さんへ

ご返答、ありがとうございます

日曜でちょっと時間があったので長文を書きました。

もし良かったらお読み頂けますと幸いです。

(ちなみに私は、男40代、×1で現在彼女ありです。)

貴女と私がもし、気が置けない友人だとしたら

>その見る目が養われてないから未だ独身なんですよね~

なんて言われようものなら、

「そんな風に、ノホホンとしているかダメなんじゃね?」

ぐらいのことはガツンと言うでしょうね(笑)

それはともかく、貴女のこのご質問の背景にあるのは

「男の自信について」

ということだと思っていまして、「男の自信」という、曖昧でやっかい

ものを前にしての、貴女のご要望は、

 ある男の言動から

 「自信がある男なのか?そうでないのか?」を判定したい。

 なぜならそこを間違うとデートする時間無駄だし、

 うっかりつきあい始めて、あとから自信のない男だと判明して、

 プロポーズしてくる見込みがない男だったりしたら

 それこそ目も当てられない。

 なので、自信のない男という”ババ”を引かないようにしたいが、

 どうしたらいいだろう?

ということなのだと思う。

そのような「”ババ”を引かない」戦略に対して、

私の言いたいことは2つあります

1つ目は、「時間無駄にしないためにどうしたらいいか?」を

ちゃんと考える、そのためなら人の意見も聞くということ自体

良いと思います

それはそれでいいのですが、2つ目があります

貴女デートに誘ってくる男と、貴女のほうが気になる男を

ひっくるめて、以下、「貴女を取り巻く男たち」と言うこと

します。

私が思うに貴女は、

 「貴女を取り巻く男たち」の一人一人について、

 「本物の自信のある男なのか?そうでないのか?」

 を見極めて、あらかじめふるいにかけて選別することは可能である

ということを前提とした考え方なのだと思いますが、

実は、それは、効率的みえて、実際はとても不合理というか、

1つ目の「時間無駄にしない」の逆を行ってしま危険性の

高い考え方だと思います

一人一人の男を、自信のある男には○、自信のない男には×を

つけて×の男を門前払いすると、極端な話、結局「貴女を取り巻く男たち」の

全員が×だったということにもなりかねず、そうすると

貴女を取り巻く男たち」との人間関係を作った時間や労力の

すべてが無駄だったということになる。

それよりも、私がお勧めする考え方は、さきほどの前提を

採用しないで、その替わりに

  男はみんな、本当は自信が無い。

という考え方から出発することです。

先の回答に書きましたが、

「本当は自信がないけど、精一杯自信のある男のフリをしようとする男」

というのが多い。

たとえば、この私がそうです。

そういう彼が、実は自分の自信の無さを一番よく知っていて、

それを出会う女たちに見破られないよう、冷や冷やしている

ものなんですね。で、その冷や冷やを見破られないように、

貴女の他のご質問にもあったように、自分の所有している

車の車種を言ってみたりだとか、そういう、女性にしてみれば

アサッテ方向満載の虚勢を張ってみたりするのです。

そういう、内心では自信の無さに冷や汗をかいている男たちを

前にして、貴女には以下の2つの選択肢があると思うのですね。

方針1】その彼を「本当の自信があるのか、それともウソなのか」を

     自分なりに判定して、自信がない男と評価したなら次にいく、

     という方針

方針2】その彼の

 「本当は自信がないけど、自信のある男の演技をするだけの誠意」

 は認めてあげ、かつ、彼が本当は自信がないことを、貴女

 見破っていることを彼に気づかれないように細心の注意を払いつつ、

 貴女が、彼の虚勢を本物の自信に育てることにする、という方針

上記の2つがあって、

今のところ貴女は、1つ目を採用しているのだと思う。

2つ目は、めんどくさそうですよね。

昨今の、男女のズレを思うに、2つ目というのは貴女ふくむ淑女の皆様に、

「エーッ、そこまで男に歩み寄ってやるなんてアホらしい!」

と思われるだろうなと思う。

というのも、2つ目を基本戦略にするならば、

男とはどういう生き物か

を、ちゃんと勉強しないといけないですからね。

ただ、男との出会い真剣な交際に結びつけるという目的を達成するためには、

2つ目のほうが効率がいいです。真剣交際に発展する確率高まるので、

時間無駄にしない」にかなっている。

LINEをやりとりするだけの男も含めて、

貴女を取り巻く男たち」が仮に100人いるとしましょう。

その100人にとって、貴女が「ちょっとだけ自分に自信を与えてくれる女」

だったら、貴女責任を持って接してくれる男が出現する確率

すごく高くなります

けれども、繰り返しになりますが、上記の2つ目の戦略チェンジするには、

それなりのコストを払う必要があって、何かというと

男にとって自信を与えてくれる女がいかに大事か?

ということを貴女が納得しないとダメなんです。

見ず知らずの回答者である私が言ってるから、じゃダメって

ことですね。

男にとって自信を与えてくれる女がいかに大事か?

をまず事実として、どれだけ重く認識するか、ということと

それに基づいた言動を自分が取れるか、ということにかかっていて、

これらは、女性にとってはかなりメンドクサイことだろうとお察し

するので、ボケーっと生きている女たちはやりません。

なので、やればすごく差がつきます

男にとって自信を与えてくれる女がいかに大事か?

をどれだけリアリティをもって貴女が知っているか

それが貴女の、恋愛市場におけるキラーコンテンツになります

男にとって自信を与えてくれる女がいかに大事か?

を知るための方法として、手っ取り早いのは、やはり本を読んだり

映画を観るのがいいですよね。

あと、逆に

自信を与えてくれる女に巡り合えなかった男は、

どんな風に不幸になっていくのか?

とか

自信を与えてくれる女と出会えたのに、自分の狭量さから

その女と別れた男が、いかに後悔するか?

という事例を人から聞いたり、それについて

考えてみるのも面白いかもしれない。

頭の良い男は、自信を与えてくれる女がいかに貴重か

知っているので、そういう女と出会ったら放しません。

出会ったら即プロポーズです。そうしないと

他の男に取られちゃいますからね。

最後にまたちょっと追い込むようなことを言います(笑)

けっこう大変かもよ?

というのは、さっき挙げた【方針2】を本能から実行できちゃう女って

いうのがいますから

そういう女性って、【方針1】か【方針2】かで迷って選んでの

方針2】じゃなくて、最初から方針2】しかないのです。

そういう女は、いい男が全力で口説いて、さっさとさらっていって

しまうっていう、そういう女性競争相手なんですよ?

ほらね。

>その見る目が養われてないから未だ独身なんですよね~

なんてノホホンとしてられないでしょう?(笑)

でもね、安心材料もあります

それは何かというと、さっき上げた【方針2】のようなことを

絶対やりたがらない女たちもかなりいるということ。

彼女らは、いつも男を観察して評価して、いい気になって

女子会でそれをネタに盛り上がっている。

貴女はそういう女子会メンバーになりたいのか?

それとも、そういうメンバーを出し抜きたいのか?

選択肢貴女の手のひらの上にあるのですよ。

ここまで書いたので1冊だけ上げておきます

男はプライドの生きものから

http://www.amazon.co.jp/dp/4062101262

good luckを祈ります

2014-07-20

面白いことを言えるようになりたい

気が置けない友達からいつも君はつまらない話しかしないと言われている

2013-11-14

異性の友だちが圧倒的に少ない。

気が置けない異性の友だちが少ない。

男の子FBフレンドの数だったら同世代女子の1.5倍程度はいる。異性の親友だっている。

だけど、みんなでBBQや小旅行に行く時に気楽に遊びに誘えるようなそんな適度な仲の友人がいない。

大学時代所属していたサークルでもそうだった。女子とは上手くやれる。卒業後3年たった今でもみんなと連絡を取っている。けど男子に関してはめっきり上手くやれなかった。在学中だって、仲良くなれたかな…と思うとすぐ2人でご飯に行かない?やら映画行かない?やらデートのようなものに誘われる。断ったらサークルの中で波風が立つ。断らなかったら告白してくる。そして、私達の友情関係は終わる。後に残るのはなんとも言えない気まずい空気だけである

私のことを女子として見てくれる事にありがたさを感じる一方、なんとも言えない悲しさも感じる。私は友達として大好きで、これからも仲良くしていきたいと思っていたのに。告白なんてされたらもう気軽に飲みに誘えない。どんなに仲良くなっても告白を機にみんな去っていく。私は一緒に友情を築きあげていたと思っていたけれども、相手にとってはそうではなく、築きあげて来たものは下心やら恋心だったらしい。

異性の友情は何も残らないから、切ない。

2013-11-10

http://anond.hatelabo.jp/20131110165359

既に他の増田が答えているが、

なんじゃこりゃ。

随分上から目線なわりに、他の増田が言ってる事と違うじゃん。

から、「こいつと居ると楽しいから一緒に居る」っていう理由がある時点で、無意識だろうが何だろうが相手に楽しさを要求しているんだろ。

ナチュラル接待できる奴とじゃないと仲良くできないだろうな。

それこそお前が言うコミュ力高い奴。

コミュ力が無くても長続きする友達はできるよ。

相手を楽しませようとか、相手が自分を楽しませてくれるとか考える必要がない奴。

気が置けない奴。

気が合えばな。

2013-09-30

年代別,日本語誤用改善率のようなもの

先日ブクマを賑わした「「噴飯物」 正確な使用は20% NHKニュース」という記事は,文化庁の次のレポートが元になっている。

http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/h24/pdf/h24_chosa_kekka.pdf

レポートでは次のような指摘が為されている。

役不足」は,本来の意味を選択した人の割合平成18年度には14年度から13ポイント増加したが, 今回の調査では,18年度と比べて余り変化がない。「流れに棹さす」は,本来の意味を選択した人の割合が調査のたびに少しずつ増加してきており,今回の調査でも,平成18年から6ポイント増加している。しかし,「気が置けない」は,3回の調査を通して本来の意味を選んだ人の割合に余り変化がない。(21頁)

また,同レポートでは24年度調査での年代別正答率(なお,レポートは注意深くも「正解」という概念を用いていないが,このエントリでは「正解」があるという思想を前提とする)は載っているが,年代ごとの正答率変化は掲載されていない。

もっとも,同じ言葉について継続的に調査されているから,10年前のレポートにおける年代別正答率を参照することで,年代ごとに10年で誤用を改めた割合が求められる。平成14年度調査結果は下記。

文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語に関する世論調査 | 平成14年度

ただし,公表されたデータの中で比較できるのは,現在の30代,40代,50代である

現在20代以下は10年前のデータが不完全だし,60代以上は「60代以上」で纏められており,比較できない。

役不足
生年H14H24改善
1963-1972(現30代)26.9%44.3%17.4%
1953-1962(現40代)25.1%45.0%19.9%
1943-1952(現50代)22.9%38.1%15.2%
流れに棹さす
生年H14H24改善
1963-1972(現30代)8.4%23.7%15.3%
1953-1962(現40代)8.0%28.1%20.1%
1943-1952(現50代)11.2%25.4%14.2%
気が置けない
生年H14H24改善
1963-1972(現30代)39.6%35.4%-4.2%
1953-1962(現40代)41.1%44.3%3.2%
1943-1952(現50代)49.4%44.6%-4.8%

以上を平均して改善率のようなものを算出すると,次のようになる。

年代役不足流棹気置平均
現30代17.4%15.3%-4.2%9.5%
40代19.9%20.1%3.2%14.4%
現50代15.2%14.2%-4.8%8.2%

2012-08-29

そんな青春なんて無かった。

ココロコネクトを見てて、あんな青春を送りたかったとか思っちゃったりしますが、

自分過去を振り返るとそんなこと無かった。

小学生ぐらいでなんだか人間関係が浮ついてて、どうも周囲は自分に興味がないんじゃないか

という事に気付かされた。

そう思うと、自分がひどくつまらない人間に思えた。まぁ実際つまらない人間だったんだろ。

それに、小学生の間に友達とのつきあい方を上手く学べなかったのか、中学から高校にかけて

学校で会話する以上の友達ができなかった。(まったくではないけど)

誰かと傷つけあったり、誰かと理解しあう前に上手に距離を保つことだけ覚えてしまった。

大学に入ると、周りのノリも自分に近づいた事と、1人暮らしの気楽さで友人も増え、

気が置けない仲にもなれたが、どこか自分のつまらなさは感じた。

社会人になって感じるのは、友達を作る事はもはや難しいということだ。

誰もがまっすぐぶつかる事も、微妙空気を生み出す事ない。

そうやって、周りの環境の変化から隔離されて、未だに他人との親密な距離感が掴みきれずにいるし、

誰かの事を理解できたつもりでいるだけだ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん