「格式」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 格式とは

2018-08-16

地方民がなぜ東京で訛りを出さないか

地方民にとって、訛りとは親密を表す

仲の良い人、親密、フランクであるほどに訛り、逆に格式張った場所では標準語に近くなる

これはインターネットスラングにも似ている

通じる者に対して使うことで効果を発揮するのだ

そういう意味で、周りに同郷の者が居ない東京において、敢えて訛る意味がない

 

 

まり大阪人は狂っている

2018-07-20

anond:20180720122258

ネットリンチのやり方は学んでいるな? まずは互いに増田だ…」

 

格式ある儀式は守らねばならぬ。低能先生礼儀を守れと教えただろう…」

増田をするのだ!!」

2018-06-19

anond:20180619140018

婚活パーティってそんな格式高いものなん?

高収入限定・会場は一流ホテルホールとかならまあまあわかるけど

2018-06-05

ブラックスーツとかタキシードとかテイルコートとかモーニングコートとか、ぶっちゃけパッと見でも分かんなくね?

なんか裾が広がってんなとか後ろが伸びてんなとか蝶ネクタイだなくらいしか分からんのだが。

格式が高くなるたびに裾が長くなるとか、ネクタイ金色に近づくとか、そういう分かりやすシステムを導入してくれよ。

2018-06-01

三大「これに該当したら一発で田舎認定

公立の方が頭良くて格式があり、私立バカが通う学校という雰囲気


あと2つは?

2018-05-22

世界名作劇場にシラッと出れそうな品と格式を持ってそうなガンダムってやっぱり∀ガンダムだよね?

2018-04-13

anond:20180413214403

そりゃ言うだろ

五月雨式に連絡しないのが最も理想的であり、それができていないのだから

辺に格式ぶった言葉で誤魔化すのではなく、素直にぐだぐだの誹りを受けるべき

2018-04-12

土俵に女が上がれないのどこがあかんの?

男の男による男の為の戦いの場とする方が、ある種のブランディングになるだろ

スポーツとしての側面で女子を取り入れるのは良いが、プロ興行として成立させるには神聖化等それなりのイメージ戦略必要になる

プロ土俵のみ特別扱いすることは、それなりの経済的合理性あるじゃん

演劇は女のもんじゃないが、宝塚が女の聖域とするこで成功してるようなもの

あるいは海外宗教観光地なんかでも女人禁制をしいて神聖化してたりするがそれとも一緒だろう

おそらくその逆、男子禁制もあるだろう

格式権威などのブランディングには、性別に対して排他的にするのは全然あり得る話

逆に何があかんのだ?と問いたい

2018-04-01

数年間NZ暮らし人間が驚いた久しぶりの日本

儀式ごとが多いし全部格式張ってるのがすごい

入学式だの卒業式だのもあってもいいけどめちゃくちゃ格式ばってて軍隊みたい

終業式とか始業式とか無くても良いやんけその日から普通に授業で…バカか?

日本大学自由と聞いたけどNZ高校よりも不自由だわ

入社式もきっちりかっちりしてんだろうなあやだなあ…

2018-03-03

anond:20180303073015

太古の時代丸井は、金貸し業だよ。

消費者金融のハシリ、庶民に金を貸し付けるために

月賦で服を買わせればいいじゃない、というのが丸井ルーツ

から百貨店というと少し違う。

ただし大規模小売店舗ではあるので、太もも写真展については、

倫理的に反発してる人は、百貨店的な格式とかではなく不特定多数の人々が利用する想定で施設運営がされるべき、と思っているのだろうし

マーケット的に呆れてる人は、オンナコドモがメインターゲットなのに頭おかしい?ということなんじゃないか

2018-02-27

anond:20180227182616

マジレスすると、鍵かけられたって壊されたり

陰に隠れてたりして部屋に入ろうと空けた隙に入られたら終わりだし

一昔前は「女性一人でホテルに泊まるならある程度格式が高い所でないと危険」と言う風潮は普通にあった

まあ女性出張客とかが存在しない時代の話だが

温泉旅館だと女性一人客=自殺扱いされたりした時代の話

anond:20180227182616

ホテル格式にそぐわない人はお断りさせていただいてるんだよ

そこまで言わせるなよ

2018-02-24

anond:20180224080538

実際にするかどうかは別として、

そういう話がタブーになってる感はあるじゃん

実際アメリカだったらタブーだろうけど、

(※歴史がなくて民族ごちゃ混ぜ国家から国旗みたいな共通シンボル大事にするのは仕方ない)

ここは日本だし、所詮明治時代に、

よその国に合わせて

間に合わせで作った国旗国歌なんか、

幾らでも議論余地はあると思うんだよねー

サヨク軍靴の足音って騒ぎ立てるから

逆に格式上がってるんじゃないかなー

って気はするよ

ーーー

教師が生徒の前で、

式典(ましてや卒業式)使って政治活動したら

上の人間は、取り締まらないといけないし

墓穴掘ってるよねー

校歌がクソだから歌いません!

って校長に抗議してるのと

レベルなのに気づいてないのが

社会人としてやばい

2018-01-30

「新しさはいつも否定と拒絶を生む」2.5次元作品について思うこと

2.5次元作品が狂ってしまった、と嘆き憤る方の言葉を読んだ。

そのことについて思うところがある。

誤解のないよう、まず初めに私の立場を表明しておこうと思う。

私は、ペンライトうちわなどを持ち込んで応援のできるスタイル作品が、正直に言って苦手だ。「うちわ」が苦手なのである

作るのが面倒とか、視界に邪魔だとか、そういうことではない。

ピースして、ウィンクして、というような「要求型」の応援が得意ではないからだ。

ただし、くだんの記事で書かれていたように、こういう客席参加型の作品を狂ったとは思わないし、舞台ミュージカルではないとも思わない。

うちわさえなければ普通に、というかハチャメチャに楽しく観劇するだろう。

客席に降りてきたキャストファンサを貰ったら嬉しくて飛び上がるし、この色と決めていたペンライトカラーはすぐに揺らいで、軽率ブロマイドを買ってしまう。

界隈にはよくいるオタクだ。

ただ、気持ちは分かる。痛いほど分かる。

あれほどの感情は持ち合わせていないが、理解共感ができてしまうのである

例の記事にはもう少し冷静に、悪感情だけを振りかざさずに話をしてくれればよかったのにと思ってしまう部分が少なからずあるが、何言ってんだコイツ、と切り捨てられてしまうばかりではあまりに悲しいので、今回筆を執るに至った次第だ。

なんだよ老害が、と思った方も、時間が許すばら話を聞いてもらえると嬉しく思う。


先ほど、この応援スタイル作品は苦手だが、舞台ミュージカルではないと思わない、と申し上げたが、それはおそらく2.5次元より先にそのスタイル出会っていたのが根源にあるのではと思う。

舞台だけれど、歌って踊ってファンを振りまき、客はペンライトを振ったり声援を送ったりする。そのことに対しての違和感あるかないか。そこが私と彼の方との大きな差であろう。

例を挙げるなら、宝塚なんかが有名ではないだろうか。

1部と2部で分けられた構成で、似たようなもの存在している。観たことのある方も多いのではないだろうか。

それから四季マンマ・ミーア!なども、近いものがあるだろう。

カーテンコール熱狂ぶりは、一度体感して欲しい。

2.5次元作品名前をお見かけする俳優さんたちが出演しているものでいうなら、私は数年前に上演された「ボーイ・バンド」が分かりやすい例ではないかと思う。

劇作家であるピーター・キルター作品だが、世界中で初めての公演を日本で行ったものだ。

これは2.5次元作品ではないのだが、ミュージカルではなく、けれど歌があり、客はその歌に合わせてペンライトを振る。

ペンライトを持ってくることについて公式からアナウンスがあった)

少し時間が経ってしまったためよく覚えていないが、演者が客席に降りてのファンサービスもあったように思う。

歌われている曲は大ヒットしたJ-POPだ。(興行主側が曲を決めるらしく、作品として固定の曲はないようである。)一緒に歌ってほしいなどという煽りもあった気がする。

例の定型にはめるのなら、これらは舞台ではないということになるのかもしれない。

こういった作品は、知らないだけで、きっとずっと前から数多く存在しているはずだ。

ただ、昨今の2.5次元作品という界隈で、アイドルコンサートと一体化しているようなものが乱立している。

からとても目立つのだ。

2.5次元作品をかじっていればどうしても目についてしまう。それを苦手だと感じる人がいれば、極度の嫌悪感を抱いてしまうくらいには多いと思う。

おそらくだが、嫌悪までいかずとも、僅かばかりもやもやとしてしまう人にとって、そしてくだんの記事を書いた方にとっても、舞台コンサートイベントなどの種別に関わらず、興行というものは全て「参加するもの」ではなく「観るものなのだ

ただ、作品を観賞したい。それに尽きるのだ。

から舞台上の出来事を受けて起こる笑い声は演出ひとつと受け入れることができても、客席側から舞台上に向かって存在要求を主張するようなうちわや歓声は必要ないと感じてしまう。

少々暴力的言葉を使うなら、邪魔なのだ。余計なものだと感じてしまう。

要は、酢豚パイナップルなのである

あれが許せるか許せないか。あったほうが美味しいか、入っている意味すら分からないのか。

けれど、公式的にそれが認められ、あまつさえもっともっと要求までされているのものから困惑するのだろう。

どうして、と思う。

そして、自分が好きだったジャンルが「どうして」で溢れかえってしまう。

パイナップルの入っていない酢豚が食べたいのに、流行のせいで中華料理店パイナップル入りばかりを提供しているのだ。

こんな酢豚は要らない!私の思う酢豚はこんなものじゃない!と感じるのである

私自身、この手の舞台にっついては冒頭に書いたように苦手な部分があるので、チケット代分をしっかり楽しめる気がしないから近寄らないでおこう、くらいのスタンスでいるつもりだ。

2.5次元作品も好きだけれど、他にもオリジナルなり古典なり、全然関係ないアーティストライブなり、あちこち手を伸ばしているというミーハーな側面があるからだろう。

パイナップル酢豚しか見つからないなら仕方ない。

回鍋肉でも麻婆豆腐でも何かおいしそうなものがあれば、気が向けば食べる。

けれど、私が好きで好きで仕方ない漫画アニメ作品が、うちわを持って応援するスタイル舞台になってしまったら。

楽しいと思うしそういうのがあってもいいと思うよ、私は行かないけど」という立場を貫けるのか。正直わからない。

きっとあの記事を書かれた方は、一足先にその憂き目にあってしまったのだと思う。


とにもかくにも、最近このドルステタイプ作品が多いのは紛れもない事実だ。

少なくとも私が2.5次元作品を観るようになったばかりの頃は、ミュージカルストレートかといった分類だったように思う。

それを証拠に、ある作品舞台化するという情報が出たときは「ミュなの?ステなの?」なんて疑問文をよく見かけた。

最近では、うちわは有りなの?なんて言葉をよく見る。

新たなジャンルが生まれているのだなあ、と感じる一端だ。

この新たなジャンルは、確かに舞台作品範疇ではあるが、独特な応援スタイル存在しており、それを楽しめる人もいればとんでもなく苦手な人もいる。

2.5次元ミュージカルの先駆けのひとつと言われ、多くの動員数を誇るテニスの王子様だって、初めは観客もぽかんとしていたという。

テニミュに触れたことがあれば、知っている人も多いのではないだろうか。あの最初の曲。You Know?

はじめの台詞を言っとき、お客さんが「???」という反応だった、と演者の方が話していた。

そんな始まりだったが、千秋楽の頃には満員御礼

けれど、2.5次元ミュージカルがここまでの台頭を見せていなかった当時、「何で急に歌いだすの」「ミュージカルでやる必要ある?」と感じていたファンは一人もいなかったのだろうか。

決してそうは思わない。思わないが、徐々に受け入れられ、ファンが増え、公演数が増え、途絶えることな3rdシーズン

その折り返しをすぎた今、世の中には同じように漫画原作とするステージが数多生まれ、『2.5次元ミュージカル』という言葉自然発生的に生まれ、すっかり市民権を得ている。

今この時代チケットを握りしめて劇場にいった人の中に「何で急に歌いだすの?」「ミュージカルでやる必要ある?」なんて疑問を感じる人はいないと思う。

そうとわかった上で、私はそういう作品が好きで観にきているのだ、という人が殆どだろう。


先日放送されていた情熱大陸松田さんが仰っていた。

映画などとは違い、舞台初日の幕が上がるまでどんなものなのか分からない。

当たり前だが、その通りだ。

先ほどのテニミュ初めての公演のもそうであるし、刀ミュが初めて上演されたときなんかも記憶に新しい。

実質ドルステ。そういうような単語がいくつも踊っていた。分からないのだ、幕が上がるまで。

私が知らないだけで、もしかしたら公式サイトのQ&Aなどで、内容が予想できるようなものがあったのかもしれない。

公演前の宣伝番組で、内容が示唆されていたのかもしれない。

だが、そこまで下調べをし予想についての情報収集をしていく客の割合は、そう多くはないだろう。

出演者ではなく作品ファンというなら尚更だ。

少なくとも「ミュージカル刀剣乱舞」のタイトルフライヤーだけでドルステだろうなんて、よもや想像がつくまい。

そして、とても現金な話ではあるが、決して安くないチケット代を払い、宿泊先を押さえ、はるばる新幹線に乗って都市部へ足を運んで観る。どうせなら、心から楽しめる演出作品のものを選びたいと思うのが人の心理というものだ。

苦手だなと思う私の立場とは逆に、うちわを作ってペンラを振って推しキャラキャスト応援するスタイルが大好きで仕方ない人だっているはずだ。

知人にも数えきれない程いる。舞台には行ったことがなかったけれど、評判を聞いて2.5次元アイドル応援しにいった女の子。いつの間にかうちわ制作プロになっていて、自分の住んでいる県でも上演があるのに、このスタイル舞台なら!と言って、うちわを持ってあちこち飛び回るようになったお姉さま

舞台を観たことがない人を、いか劇場に来させるか。そんなことを、制作から聞いた。これまた情熱大陸だ。大成功である。そして、すっかり確立された演出方法にもなった。

きっと今、文化の変遷と定着の、まさに過渡期に立っているのである

からそろそろ、この新しいスタイル演劇名前つけませんか。

そうとわかった上で、私はそういう作品が好きで観に行くのだ。

これを当たり前にするために。

オペラから派生し、最初は格下だと思われ、あんもの芸術じゃないなどと言われてきたであろう、そして現代ではすっかり格式市民権を得たミュージカルのように、いつかこスタイル演劇も一つの舞台芸術の形としてウィキペディアに載る日がくるかもしれない。

2.5次元も嗜むしがない舞台ファンからの、ただひとつの願いである。

2018-01-22

anond:20180121214959

日本では訴えそのものがないので判例はない。

米国では1990年代違憲だという最高裁判所判例が出てる。

ちなみに男子校憲法違反だと女子学生が訴えた方が先。

伝統格式テキサスウーマンカレッジも、今は判決を受けて名前そのままで男性を受け入れてる。

自分だったら最終学歴テキサス女子大というのは嫌だけど。w

日本でもこの件は、法律関係者の間では「誰も訴える人がいないけれど訴えがあった場合はどういう判決が出るか興味深い案件」の一つらしい。

なお、違憲判決が出る確率の方が高いと考える法律関係者の方が多いらしい。

2017-12-08

anond:20171208172311

サッポロ(笑)

音が間抜けで、格式高い振りしているのがムカつく。オリオンビールのほうが美味しい。

キャラでこういってますけど普通に飲みます。気を悪くしないでください。ごめんなさい。今度飲んでみます!)

2017-11-12

[] #41-3「注文の多い客」

≪ 前

こうしてタイナイが書きあげたレビューがこれだ。

「竹やぶ焼けた」 口内さんのレビュー 評価黄色星2つ

第一印象が覆らない、良くも悪くも予想通りの店」

朝の数時間のみ経営という特別感に惹かれて知り合いとともに来店。店内の清潔感普通雰囲気は悪くないのだが照明がきつく、朝に来ることを前提で考えた場合ミスマッチといえる。店主の接客態度も悪くはないのだが、陽気かつフレンドリーなため、これまた朝にはキツいし、合わない人にはまるで合わない。

料理はというと、メニューは日替わりかつ店主の気分しだいなので当たり外れが大きい。さすがに飲み物くらいは普通のも用意しておいて欲しい。メニュー名も言葉遊びを多様していて洒落臭い回文らしいのだが、後半部分が言葉として成立しておらず意味不明。これを回文だと言い張るのはライトノベル純文学と言っている様なもので、喉に小骨が刺さったような気持ちになる)。

結論としては決して大衆向けの店とはいえないし、その枠組みから評価しても下から数えた方が早いと思う。近所に住んでいる馴染み客が利用するならばまだしも、僕たちみたいに遠路はるばる朝から足を運んでまで利用すると確実に後悔する。この店に行くのを提案したのは僕だったのだけど、週末の朝から来てくれた知り合いに申し訳ない気持ちになった。


なんだこのレビュー

料理より先に、まず店の内装とか、接客のことを書いている。

肝心の料理感想については大したことを書いていない。

他はどうでもいい粗探しばかりだし、俺たちをまるで被害者扱いのように書いているのもどうかしている。

「こんなの、ほんとに参考するやつがいるのか」

別に不思議じゃないだろ。要は“格式権威”だよ。どこぞの三ツ星レビュアー組織もやっていることだ」

「その組織とお前とは、そもそもの“基準”が違うだろ」

そういった組織調査員は日々決まった食事をとることで味覚に確固たる“基準”を作る。

料理を的確に分析できるよう舌を鍛え、マニュアルによって“格式”を評価するんだ。

からこそ、その星には相応の“権威”がある。

その評価基準を俺たちが共感できるかはともかく、単なる個人の感想とはワケが違う。

タイナイはただ自分の気の赴くまま飲食店を練り歩いているだけだ。そんな個人レビュー権威なんて持たせたらロクなことにならないぞ」

「厳密には個人意見じゃない。ネットってのは大衆文化だからね」

「尚更ロクなもんじゃない。大衆に傾倒して意思決定をすれば、バカ結論を生みやすい。何も考えていないのに自分の考えだと錯覚し、無駄な自信だけはついてくる」

「言いたいことは分かるけど、それは僕の管轄外だ。あ、次の店に着いたよ」


俺の懸念をよそに、タイナイは店巡りを坦々と進めていく。

弟はというとタイナイに乗せられて、次から次へと心にあるのかないのか分からないようことを言い続ける。

「恐らく、この料理をよく食べる人間であるならば、そのこだわり含めて舌鼓を打つのかもしれないけど、俺たちは初めて食べる人間だ。材料も聞いたことのないものばかりでイメージが湧かないし、如何に拘りぬいて作られたか力説されてもよく分からない」

「おお、いいね。良い視点だ」

「ここの料理は作り手のこだわりが強すぎる。味付けが濃い料理が良いとは限らないように、こだわりの強い料理独りよがりしかない」

「素晴らしい意見だ」

「俺たちはこだわりの結果生まれた“料理”を食べたいわけだけど、別に“こだわり”自体を食べたいわけではない」

「ははは、こりゃ名言が出たね。マスダ、君の弟はレビュアーの才能があるぞ」

俺には二人の言動批評の装いをしているだけで、まるでゴロツキのように見えた。

さしずめ“批評ゴロ”だ。

次 ≫

2017-10-17

物凄い大食いの人を初めて見た

何処でかは伏せるけど、結構高級な食べ放題というか…

格式あるホテルビュッフェだとでも思ってくれたらいい。


片手に、ゆうに五杯分はありそうな山盛りのご飯を持ち、

もう片手に焼き魚の切り身と卵焼き5個ずつ、

その他おかずの乗ったお皿を持った女性とすれ違った。


普通体形のかわいらしい女性だったので、

同行者みんなの分かな?とその時は思った。


でも彼女、一人だった。


特にがっつくわけでもなく、美味しそうに綺麗に、圧倒的な量を黙々と食べていく。

失礼だと思いながら、彼女から目を離せなかった私は、

その後2回ほど、同じような分量をお代わりする彼女を見た。


すごい。

大会とかでもなく、強要されるわけじゃなく、

あんなにいっぱい食べられる人って本当にいるんだ。

良いもの見せてもらったという日記

2017-10-14

anond:20171014113901

資本主義の基本も学んでない低能は黙っててくれないか

増田格式が下がるんだわ

2017-08-02

https://anond.hatelabo.jp/20170802115159

神戸は住んでる場所標高がそのまま、その家の格式になると考えたらおk

まり、海に近いほど身分が低く、山際になるほど高貴な家になる。

2017-07-28

ネット友達なんて他人よりまだ悪い

昔。といってもインターネットにまだ夢があった頃、ネット上で知り合った人の中にはきっとリアルな知り合いより濃い関係が築けると思っていたけど、SNSがこれだけ腐ってしまって、いちいち食ったメシやつまらないイベントの告知にイイねする以外何もしていない人たちなんて、通りすがり他人よりまだ悪い。

僕が欲しかったのは「サロン」だった。ライオンズクラブのような格式高いものでなくていいから、ネットきっかけにオフ会でも時事問題趣味の話しなどが語り合える場所が欲しかったのだけど、そういうものネットにもリアルにも存在しない。バカバカしい。

帝都在住なら限られた社交の場もあるだろうけど、地方都市在住なんて地縁血縁社縁でがんじがらめなんだし、寝床で本でも読んでいたほうがマシだ。

2017-07-05

45にもなって遊びがヘタ、つまらない、計画性も無しの終わってる奴

待ち合わせに遅刻

キャバに行く前に一杯引っ掛けていこうと言う。

行く場所は決めていない。

適当な男。

こういう男は人生適当

何の計画性もない行き当たりばったりな奴。

大体その歳で結婚してないなんてことに問題がある。

キャバクラどんちゃん騒ぎ。←何も残らない。ただの享楽。そんなんだったら講演とか芝居とか映画とか音楽とか、もっと身になるものがある。よほど興味深かったり好奇心をそそられたり自分を向上させるトークの出来る嬢がいれば別だが。

どうせいくなら一流のキャバだな。

もしくはもっと格式高いお店。

とにかくそいつは遊び方がヘタ。キャバカラオケどんちゃん騒ぎして何が楽しいっていうんだ?何が残る?くだらない。そんな一時的享楽うつつを抜かす奴はどうしようもない。

それだったら家族、友人、恋人と思い出の時間を作ったほうがいい。

45にもなってそんな生活してるあいつはほんとバカ

からいつまでたってもうだつが上がらない。

あいつは将来ロクなジジイにならないだろうな。

金を散財してホームレスになるのが目に見えてる。

絶対あんな風にはなりたくない。

底辺とは付き合ってはいけないと思い知らされた一日。

負に引きずり込まれる。

虫酸が走るほど嫌な一日だった。

2017-06-26

https://anond.hatelabo.jp/20170626004802

京都はもともと御所を中心として、御所との距離で家の格式が決まる究極的な階級社会やったんよ。

こういう社会では横並び的な行動規範に重きが置かれるので、

例えば、「生協は非組合員でも買えます。加入は義務ではありません。」という認識が広まると、

一気に誰も加入しなくなってしまう。

○○さんちは加入せずに買い物ができたのに、うちは加入しないといけないなんておかしいでしょう?

モラルよりも近隣諸家の振る舞いとの比較重要社会

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん