「松ぼっくり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 松ぼっくりとは

2019-07-26

知らない人の家に着いて行きそうになる時。

集団詐欺にあった大学生記事を読んだ。

綺麗に騙される人もいるものだ。という感想を抱く一方で、いや待て、誘いに乗りたいタイミングというのは存在する。という出来事を思い出した。

数年前、目を酷使する前職を退職し「地球を感じたい!砂漠だ!砂漠へ行かねば!」という欲望に突き動かされたわたしモロッコにいた。

複数スパイスの組み合わせによる複雑だけど優しい調和を感じる味わい。素材の旨みをじっくりと引き出す調理法。異国の喧騒も、緊張して通したオーダーを待つ時間も目の前の料理を更に魅力的なものへと変えた。なにがなんだかわからないけどとにかく美味しいモロッコ料理に魅了されるのに時間はかからなかった。

街中を散策する中で、スパイス専門店が数多く存在することに気づいた。一からスパイスを調合するのは難しくても、ミックススパイス的なものがあったりするんじゃないだろうか?それを使えばあの魅力的な料理日本でも再現できるのでは?と考えたわたしは、そのうちの一軒に足を止め商品を物色した。店主に「ミックススパイスの有無」を尋ねると、「ラスエルハヌートというスペシャルなのがあるよ!」と言われた。ちょっとだけください。と頼んで渡されたものを見て驚いた。

ホール(丸ごと)すぎるのだ。ぶつ切りの枝、葉っぱ、種、松ぼっくり丸ごと?みたいなやつ。それらが絶妙な配合でブレンドされたビニール袋を渡され、軟弱な日本人は途方に暮れた。これでは料理には使えない。店を出ると一人の男が声をかけてきた。「うちに最強のブレンダーがあるぜ。このスパイス達を完全なパウダー状に粉砕することができる。」

救世主かと思った。「枝・葉っぱ・種・松ぼっくり食材に変えてもらうために、おじさんの機械を借りにおじさんの家に行く。」自然な流れである。もう少しだけ危機管理能力に欠けていたら着いて行っていたと思う。

2019-07-22

増田を書き終えたあとの全能感を「マスタング」と名付けたい

絶対伸びる!コイツ絶対伸びる!

俺は天才だ!その瞬間を味わいたくて俺は増田を書いている!

くそつまんねえ!でもなんか知らんけど伸びるかも知れねえ!

伸びたら俺の勝ちだ!俺はやっぱり天才だ!

そう思いたくて今日増田を書いている。

こんな無意味な形でなくて、ちゃんと人の役に立つことで俺は凄いと思いたいけど、出来ないからここにいる。

薬物中毒アルコールタバコを含む)になっていく人間気持ちがわかる。

布団に入って夢に覚えれようとしても100回に100回自分クズとしてフラフラしている夢しかえれない。

夢の中でもクソ雑魚ナメクジなら、もうどうにかして酔っ払ってその間だけでも辛さを忘れるしかねえんだ。

目が滑るゴミみてえな文章だ。

小学生からやり直したほうがいいな。

でもMS明朝meiryoで書かれてるからまだ読めるな。

俺の書くペン字はマジでミミズヒエログリフが裸足で逃げ出す。

文字すらロクにかけねえんだな俺は。

しかも音声でのコミュニケーションもっと不得手と来てる。

俺さ、100回に5回ぐらい音声言語ちゃん言語として耳に入らねえんだ。

からテレビとか字幕出しっぱなしにするんだよ。

そうすると親も友人も同僚もなんでそんなことするんだと言ってくるんだ。

言っても分からねえだろうな。

俺の耳がポンコツから文字を見ながらじゃねえとたま言葉が頭に入らねえって。

空耳文化って一時期合っただろ?あれを毎日やってるんだ。

それを誰も理解しねえんだ。

毎日毎日から理解されねえんだ。

俺が優秀過ぎてそうなんじゃなくて俺が純粋無能からそうなんだ。

辛いよ。

生きてるだけで辛い。

それを誤魔化すために俺は無理にでもどこかで全能感を感じたくて、こんな所でこんな事してるんだ。

多分ランナーズハイと同じなんだろうな。

テンポよく同じことを繰り返しているとだんだん自分世界に溶けていって何も考えなくなってそれで楽になるんだ。

クズ開店セール中のパチンコ屋でギュウギュウ詰めになっているのと同じなんだよ。

とにかく世界に溶け込みたいんだ。

空っぽになりたいんだ。

アルコールを楽しめるやつが羨ましいよ。

こんな事しなくても簡単にどろどろに自分が溶けていくことが出来るんだからな。

そういやプラモ製作ってそういう意味では最高だよなラッカー塗料シンナーを吸い込んで脳味噌とかしながらモクモクと単純作業をやりこんで最後は完成品を前に俺は天才だって叫ぶんだ。

でも俺はそんなことはしたくねえよやっぱシンナーは怖いからさ。

今気づいたんだけどよ世の中にある趣味って大部分が自分は何者かを忘れて熱中できることばかりだよな。

ネトゲレイボス倒している間は会社員である自分は消えて光の戦士達の闇の魔法使いになれるんだ。

それに気づくとなんだか悲しくなってくるなあ。

キャンプ趣味森ガールだって森のなかで自分が何者かを忘れてモクモクと燃える松ぼっくりを見つめながらモクモクと自分が何者かをモクモクと煙に巻かれている瞬間に幸福を感じるんだ。

みんな自分が何者かなんて忘れてえんだ。

前に年下の知り合いに勧められて読んだラノベボスキャラが人間自分を見るのがたまらなく嫌だから目を逸らすからどうこうとかい意味分からんスタンド使いだったんだがそれってマジかもな。

つらすぎる。

将棋をやりこんで頂点に上り詰めたやつも将棋盤の上でひたすら無意味なことを繰り返して自分を忘れて居続けたすぎてあそこまで行ったんだと思うと絶望しかねえな。

人間はどんだけ人間であることが辛いんだろうな。

もうだめだよ俺はもう「マスタング」できねえよ。

ついさっきまで忘れてたんだけどよこの増田はもう表題無関係なのかどうかがもうわからねえ。

なあこの増田名前をつけるなら何がいいんだろうな。

とりあえず俺もいい加減疲れたからやめてえんだけどさ、書き終わった時に天才だって言えないと辛いだけだから切りが良い所を目指してえ。

助けてくれ。

とりあえず今はテンションをあげるためにpillowsを聞いてる。

本当はoasisとかが聞きたいんだけどな、英語歌詞を聞いてるとこんな中学生レベル英語も分からねえんだなって辛くなってしょうがねえから仕方なく日本語ロックを聞くんだ。

助けてくれ。

俺はどうすればいんだ。

もう無理だ。

天才だなんて一生思える気がしねえよ。

だって子供の頃は天才になれる気がしてたんだ。

餓鬼の頃の俺は今経験している全てがいつか俺が生み出す大発明や大傑作のための糧になるって信じていた。

でも結局そんなのは作れなかったしこれからも何も出来ねえよ。

なんのために働いてるのかも分からねえけど右から左エクセルワードを流しながらたまにそれを印刷して印鑑押したり押してもらったりして何か知らんけど金を貰うんだ。

どこにも辿りつけねえよ。

疲れたよ。

俺はどうすればいんだよ。

幸せになりたかった。

いつか自分幸せにできる自分になれると信じたかった。

今はもう無理だ。

こんだけ増田を書き続けているのにいつまで経っても脳汁が出てこねえよ。

酒が飲めたらなあ。

そしたら溺れるだけでいいのに。

ああそうだな。

俺はもしかしたらネガティブ天才なのか?

駄目だった。

やっぱそうも思えねえわ。

俺はネガティブ天才にはなれねえし凡人の天才にもなれねえし無理だ。

もう諦めるわ。

時間も遅いしもう寝るわ。

絶望感がすごすぎてかえってよく寝れそうだわ。

助けてくれ、明日の俺、明日の俺には無理だろうし10年後の俺にも無理だろうなあ。

もう駄目だよ。

誰かが突然すごい発明をしてなんかこう全てが突然すごくなってくれねえと無理だわ。

いっそすげー文明の発達した宇宙人が降りてきて俺たち全員家畜にしてくれねえかな。

今よりいい暮らしが出来るならもうヤプーでもなんでもええわ。

ヤプー知ってるか?

知らない。

よっし俺の勝ちな。

弦楽バトルで勝ったぜー。

俺は天才だー……はぁ……

2018-02-27

anond:20180227183732

関係ないけど、「ぽっくり」ってなんか可愛いな。

松ぼっくりみたいな。

2018-02-11

松ぼっくりセリフがあるアニメは名作。

そして、しまりんスクーターにもセリフが。

このゆるさが、ゆるキャン△の良いところですよ。

あと斉藤さんの「クマヘアー」とかリピートして悶える。

アキちゃんメガネかけてるからいいんじゃないか。

外したら誰この美少女とか新キャラかいコメ残すな。

こちらからは以上です

2018-01-28

友人がいらないもの押し付けて使うよう強制してくる

アウトドアが好きな友人がいる。

アウトドアには興味がない自分だが、それ以外の部分ではなんとなく波長が合うので10年来の付き合いをしている。

そんな友人の家にこの間遊びに行った時におみやげとして半ば押し付けられるように渡されたもの

・友人自作焚き火台(焚き木を載せて火を点けるための台)

焚き火用の焚き木とか松ぼっくりとか(友人が拾って集めたらしい)

・友人が近所の道端で拾った未開封の吟醸酒

・↑と同じく道端で拾った未開封の缶入りクッキー

「これらの使用した感想を後で教えてくれ」と言われた。

アウトドア派でもないし拾い食いする勇気もないので使う気はない、どうしろってんだ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん