「末法思想」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 末法思想とは

2021-05-08

平清盛に置き換えてみた

池江 璃花子 on Twitter: "いつも応援ありがとうございます

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/rikakoikee/status/1390638021943316482

ブコメが酷いので平清盛に置き換えてみたりしといた。

出家できるのに太政大臣してる平清盛との対比。

平清盛置換バージョン

「そうか、君らアスリート国民がどんだけ死んでも自分たち競技勝利と栄達だけが大事なんだな」ってリプつけにいかないと

「そうか、君ら平清盛農民がどんだけ死んでも自分たち仕事生活と栄達だけが大事なんだな」ってリプつけにいかないと

自分利己的な小人物」との告白だね。辞退は金メダルよりも価値があると思うので、シンプルに勿体ないと思う。

自分利己的な小人物」との告白だね。出家叙勲よりも価値があると思うので、シンプルに勿体ないと思う。

軽蔑する。何もできない?太平洋戦争徴兵された兵士か何かか?拒否したら憲兵に殺されるのか?

軽蔑する。何もできない?源平合戦徴兵された足軽か何かか?拒否したら奉行衆に殺されるのか?

飲食演劇その他色んな職業の人だって人生賭けてて、コロナと戦うために色んな犠牲払ってる中で、アスリート無罪は俺は受け入れられない。自分意思も示さずってのは無責任すぎる。誰だって頑張っている。

飲食演劇その他色んな職業の人だって人生賭けてて、末法思想と戦うために色んな犠牲払ってる中で、平清盛無罪は俺は受け入れられない。自分意思も示さずってのは無責任すぎる。誰だって頑張っている。

競技団体が動くべきだとは思うが、選手も誰一人何も言わないのはオカシイと思うよ??スポーツ団体にも税金は使われてるし、ワクチン医療ボランティアの話に何も思わないと??

帝が動くべきだとは思うが、平清盛も誰一人何も言わないのはオカシイと思うよ??朝廷公家にも年貢は使われてるし、飢饉鎮護国家の話に何も思わないと??

矛盾するようだが、例えば池江選手個人」に「辞退しろ」と迫るのは絶対反対する。ただ、この五輪に全面賛成する選手は、俺は唾棄すべき存在だと思うし、仮にメダルをとっても軽蔑する。

矛盾するようだが、例えば平清盛個人」に「出家しろ」と迫るのは絶対反対する。ただ、日宋貿易に全面賛成する平氏一門は、俺は唾棄すべき存在だと思うし、仮に宋銭をとっても軽蔑する。

自ら行動してみろバージョン

平氏一門の官位上昇を物語として消費された上に源平合戦マスコットのような存在にさせられてしまたことはとても気の毒なのだが、「平家にあらずんば人にあらず」というのは自分の影響力を過大評価していると思う

アスリート朝廷でいえば平清盛に過ぎない、辞退したら食っていけない、というブコメには賛同できない。公家が反朝廷活動をしていたら出家すべきだ。しか日宋貿易朝儀ですらなく一つのイベントに過ぎない。

平清盛が「平家にあらずんば人にあらず」というのは自分の影響力を過大評価していると思う

匿名戒名晒すだけで出家になるかもよ?

出家できるのにしない平氏一門は「反朝廷活動」じゃないの?さっさと切腹してね。

最後に置き換える必要もなかったバージョン

平清盛なのはわかるけど、平清盛でもやれることはあると思うぞ。

そうだな


anond:20210508032456

2020-09-22

ネタバレあり】『三体』いうほどの出来か?

※※※※※※ネタバレありだから注意してください※※※※※

 

 

 

 

黒暗森林まで読んでみて、(これ大した作品でもないのでは…)という気がしてならない。

一冊目は確かに面白かったが、それも今にして思えば

題材となった文革という重厚歴史作品重厚であるかのように錯覚してた部分があった気がする。

 

いや、でも、やはり2である黒暗森林がとにかく面白くなかった。

1はネットゲーム三体とか、三体世界の明かされ方とその発想がすごく面白かったわけじゃん。

その代わりになるような面白さを2が提供できてたかと言うと、出来てなくない?

 

三体危機から地球年表とか、約200年後の地球文化社会描写とか、全然面白くなかった。

面白くないけどこれは刺身のツマなんだな)と思って読んでたら延々続くし、

読み終わって振り返るに、ボリューム的には作者はあれを主菜の一部のつもりで出してたとしか思えない。

全然したことないよね?

 

あと艦隊描写とか艦隊戦とかも滅茶苦茶ダルかった。

この作者はもしかして銀河英雄伝説結構熱心なファンなの?

自分銀英伝自体まらないと思ってるんだけど、あれに似たものを2020年に延々やられても困る。

  

それで本題と言うか、自分勝手主題として期待していた、

ウォールフェイサーが三体人を騙しきれるかどうかの知略の部分なんだけど、

びっくりするほどガバガバだよね?

 

そもそもあれは主人公じゃなくても誰でも「これは嫌がらせになるんじゃないか」と思いつける程度のことだし

呪文効果を確かめてるだけで本番を後回しにして手遅れになる主人公間抜けすぎるし

その主人公がやってる計画を見抜けず妨害できなかった三体人アホすぎだし。

 

ていうか、

三体人が嘘を付けないという変な性質はいいんだけど

そこの突き詰めや掘り下げが全然されてないから単にガバガバ知恵比べの言い訳しかなってないんだよね。 

 

三体人が嘘を付けない、嘘や謀略を見抜くという発想も薄く不慣れってのはまあいいとしても、

科学的に地球人類の取れる手を先回りして封じる高い知能はあるわけじゃん。

ならなんで要注意人物として抹殺指令まで出してた主人公のやることを注視しないのよ。

あいつが宇宙に手を出すことならなんでも妨害して然るべきだったでしょ。

というか液体であいつさえ殺しておけば太陽ふさぐ必要すらなかったでしょ。

バカVSバカって感じの駆け引きで本当に嫌だった。

 

よく考えたら知略的なことは1から既にガバガバなんだよね。

三体協会リクルート方法ご都合すぎだし純朴すぎでしょ。

あのゲームで高い知能と地位の持ち主を選別できるって言うところまではまあ、飲み込むとする。

でもそいつら募ってオフ会したら「人類は滅ぶべきなんだよ!」という逝っちゃってる末法思想の持主が多数派であるというのはおかしいし

その思想を口頭確認するだけが入会チェックだから、気が弱くて話を合わせた奴とか、最初から潜入するつもりの奴とか、簡単に潜り込めちゃうし。

三体人は純朴だからそれで行けると思ったとしても、地球人の三体協会員は「あかんでしょ」って言えないとダメじゃん。

それでガバガバした集会開いて全員逮捕って何。

 

スパイ入り放題なんだから暗殺とかウォールブレイカーかぐらいは当局スパイが止めろよって話にもなるし。

あと三体人、なんで三体協会に三体世界の座標を教えてるんだよっていうのが酷すぎるでしょ。

嘘を付けないとしても隠しておかないといけない情報はあるよね?

しかも2で「宇宙は黒暗森林だと知っていた」って言うなら、それは一番クリティカル情報じゃん。

 

三体協会に教える意味が全くない、もし裏切られたら・漏れたら致命的な情報すら、日常会話で何気なく明かしたのか?

もしそうならもうそんな生命体は黒暗森林では生きていけないじゃん。

というか三体人にこそ黒暗森林という概念理解できないはずだ。

互いに息をひそめて隠れて殺し合う世界なんて、心の声筒抜けワールドしかないと思ってる三体人にはまるで理解不能だろう。 

(でも三体人の平和主義者が指揮系統に裏切るっていう行動をしてるから裏切りリスクまでわからないはずもないしなあ…。)

 

そういう、三体人の異質な発想や文化を掘り下げてくれると思っていたらそこが全然浅くて、

ほとんど人間と同じ発想をするけどなんか嘘つくのが苦手、というふわふわっとした設定の人達になってしまった。

そのかわりに出された地球SF描写は延々、ずーーーっとつまらなかった。

その部分の描写普段からSF読んでる人ならみんなつまんないと思う。

全然レベル高くないし、日本SF以下だと思う。

 

あと主人公キモい妄想上の萌え美少女を捻りだして延々会話するボンクラ展開と、

その妄想上の美少女の特徴を伝えてそれに合致する女をウォールフェイサー権限で手配してもらって嫁にして家庭を持つ展開、

あれ必要でした?

 

ギャグでもなさそうだからなんか三体人との戦いのカギになる発想をそこから得るのかと思えばそんなこともなく

ただただキツい変な妄想パートだし、登場人物一覧に出てくるほどのキャラケントさんとかそれに付き合って嫌な顔してるだけで見せ場終わりだし、

2まで連れ添ってくれるダーシーは2でのいる意味あんまりないし(まあなんか中国人に人気でそうなキャラなのはわかるけど)、

あと艦隊での美人副官みたいな数名のキャラ描写もわりと、銀英伝的な気持ち悪さがあったな。

 

銀英伝全然きじゃない対して興味もない人間に「あっ この気持ち悪さは銀英伝で味わったものだ!」と感じさせるんだから

銀英伝ファンとしてのレベルは高いんだろうな。

 

  

とにかく2はひたすら読み通すのが苦痛でした。

これのどこが傑作なの?みんな権威主義抜きで、ちゃんと読んだうえでこれを傑作だと思ってる?

なんか日本キャラの扱いは結構いいんだけどね。

ハインズの嫁さんは観察しなくていいからさっさと殺せよ。 

2019-08-12

フーコー言葉と物」二の五「言語(ランガージュ)の存在(エートル)」を読んだ。

シーニュの配置がシニフィアンシニフィエだけになった近代以降は、ランガージュが物質的な実在とは限らなくなったこともあって“第一義的なテクスト”への接続が断たれている。文学はそのランガージュの生のままのエートルに遡ろうと頑張るけど、もはや第一義的パロールが失われてるから昔のように上手くはいかないようだ。(末法思想みたいだな。)

2018-03-04

anond:20180304225616

かに息してるだけの状態なんだから滅んでるものとさして変わりないだろ。釈迦もこうなることは予見してたし(末法思想)

2018-02-12

anond:20180212100145

1000年前でも末法思想あったし2000年前でも終末思想あったか

「世の中が終わる」とかいうのはいつの時代存在する考え方なんだろう

2014-08-03

文化は栄えているか

平成8年生まれの高校生だけど、文化の衰退が進んでいるような気がする ※追記あり

http://anond.hatelabo.jp/20140729181717

これって

冷凍したご飯を温めて食べる人って、よくあんなので満足できるな

http://anond.hatelabo.jp/20140714212823



これのつもりで書いたんじゃないかなあと、初めて読んだときに思った。

まり煽っておいて面白いもの教えてもらおう、という意図なのかなと。

でも誰もそういう指摘してないし、追記で書いているにも関わらずコメントでもそんなにいまの栄えてる文化薦めてない。

末法思想の奴はどんな時代でも一定数いて、大体はその考え方自体おかしいので、そこばっかりたたかれるのはしょうがない。(たぶん2chとかでやったほうがまし)

でもあえて、自分面白いと思っている「今」めちゃくちゃ面白いことを挙げてみようと思う。

別に共感が欲しいというわけでもなく(たとえば例の高校生lain面白いとか言っていたが、ほとんどの人は共感しないと断言する。でも面白い)今だってめちゃくちゃ面白いものがあると思っている人は一定数いるはずで、そういう人が表面化すれば文化活性化する、とか大層なことを考えてるわけでもないが、ただいるんだよ! と主張したい。

面白いことはある、人生は砂っ原じゃない的な。


創作


文化は「物」じゃなくて「事」。個別の作品の質だけじゃなくて作品周辺のコミュニティー作品同士のつながりだ影響力だとかなんかよくわからん空気だとか、が文化であり、物である作品文化の一側面でしかない。

「いま創作おもしろい」と聞いたら、「ニコ動ようつべも質の低い素人動画ばっかりだし、なろうは異世界に行くクソ話ばっかりwwww」とかみんな言うだろうけどそれは文化が「物」だと思い込んでいるから。

普通の人が創作物をすごい勢いで作りまくってそれが容易に全世界供給されている現状は異常で非常に面白い状況だと思う。

この文化を最高に楽しむたった一つの方法は、間違いなく作る側に行くことである

ついでに言うと、この範疇増田を含むはてなのサービスも入る。

高校生自分増田に書きなぐった記事にブクマがつきまくったときには、わけのわからん高揚を感じたはずだ。

それ、ひどくなると気が狂う人もいるから気をつけよう。

ライブ


俺も昔はラモーンズライブに行きたかったなあ、もうちょっと早く生まれていれば……なんて考えていたけど、CDなどのパッケージが死につつある今こそライブである

最近はたとえサブカルオタクでも、家にこもってパッケージを楽しむだけでなく、実際にライブで本物を目の当たりにしてその場の空気を楽しむほうが面白いということが、露見している。

一体いつの時代アニソン歌手ドームライブなんてやってたか

この夏もライブイベントやら沢山あるので少しでも興味を持てて行けるなら行くと良い。

行ったことないが、DJイベントやらもおもしろそう。(個人的にはエレクトロニカクラブ系のライブは盛り上げるのがうまくて非常に楽しい。あとライブにはたまに初めて名前を聞くようなバンドなのに一音、一フレーズで会場全体を盛り上げてしまバンドがいる)

あと、ライブ空気感をそのまま作品にするという意味で、石ダテコー太郎が始めたラジオアニメを融合させる試みが非常に興味深い。

"今やってるの"は正直そんなだし(まだどうなるかわからないけど)、将来的にどう評価されるのか一時的流行りですぐすたれるのかわからないけど、とにかく挑戦的でどうかしているのは間違いない。

その他


正直アニメとかも、ピンポンとかスペダンとか面白すぎて全然衰退している気がしない。今の高校生中学生SAOなんかに夢中になっていてもおかしくないと思うし、なんか妖怪ウォッチやばいらしいと聞く。

素直な気持ちで自分面白いと思うものを追求し続けていれば、いまの面白いものにもキャッチアップできるはずで、文化繁栄とかどうでもよくなるので良いと思う。

2009-12-30

http://anond.hatelabo.jp/20091230063637

末法思想というのがあってだな、平安時代の終わり頃、仏教でいう末法解釈は色々あるけどノストラダムスの大予言みたいなもんだ)が来たという考えが広まって庶民はムチャクチャをやったのさ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん