「有吉の壁」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 有吉の壁とは

2021-05-19

MAX鈴木の食べ方

さすがに夕食時に放送していい食べ方ではない

いくら早食い競技出身からといって許されるべきではない

牛タン弁当大盛りをビニール手袋して手づかみで食うなんてどうかしてる

早食い大会なら許される食べ方かもしれないが、ただの番組チャレンジしかない大食い

するほうもだけど、させるほうもどうかしてる、いい加減にしろテレビ東京

まりにもひどいか有吉の壁に変えた

2021-04-14

アラサーOLパラレルワールドメモ

在宅ワークの昼休みにうとうとしていたら、金縛りに遭った。若い人に多いとどこかで聞いたことはあったが、アラサーでもなるらしい。

ベッドでは動けず、目も開けられない中でシャワーの音が聞こえた。今は部屋に誰もいないのに、はっきりと誰かがシャワーを浴びる音が聞こえる。怖くなり辺りを見回すと、そこは自分の家のようで自分の家ではなかった。青を基調としているはずの寝室が黄色い。もしかしたら、パラレルワールドに来てしまったのかもしれないと思った。

いまの自分意識の他に、ここでの自分意識があるようで、数日後に同窓会が控えていることを憂鬱に感じていた。それでも会場は好きな店らしく、「私」はメニューを思い浮かべることに楽しみを見出していた。意識をもう少し探ると、この部屋はいまの部屋よりも少しだけ広く、リビングまでもが黄色統一されていることがわかった。好きな色は緑なのだけども。

シャワーの音が止まる。出てきたのは、いまの世界同居人だった。数年同棲してこの先の望みが薄い恋人と、この世界でも一緒にいるんだなあと落胆しながらも少し安心した。

私の姿を見ると、この世界の彼は言った。「四千(頭身)の都築くんと飲みに行ってくるわ」もちろんこちらの世界で彼は都築さんと面識があるわけでも芸人というわけでもない。有吉の壁で見るくらいの距離感だ。すぐに彼が出て行き、鍵がガチャリと閉まる音が確かに聞こえた。

本来誰もいないはずの空間に人がいなくなったことに安心し、金縛りにじっと耐えているうちに目が覚めた。単なる明晰夢かもしれないけれど、今とほんの少し違う世界存在を期待するのは悪くない。

休み時間を長く取りすぎた。左半身に痛みを残したまま、仕事に戻る。

2021-03-07

ホフディランスマイルって曲

有吉の壁で知って本家MVまでみたけど歌詞めっちゃ怖いな

かわいいでしょみたいな雰囲気の男があの感じの声であの歌詞を歌ってるのも怖さに拍車をかけている、しばらく忘れられそうにない

2021-02-09

anond:20210209164741

有吉の壁Aマッソが「人を傷つけない笑いで去年沢山の芸人を傷つけましたよね」って言っててワロタ

2021-01-22

anond:20210121232528

コントやらM-1やらで芸人に「芸」をやらせるくせに、

その結果、周りの空気読みつつその場で面白いこと言わなきゃいけないバラエティー番組のひな壇しかお笑い芸人活躍の場がないことがそもそも異常だった

かといって昔からあったようなコント番組は今のyoutubeかに慣れてる身にはちょっとしゃらくさいし

有吉の壁は短い尺でその芸人独自世界をしっかり見せるっていう点でめちゃくちゃいい番組だと思う

2021-01-21

もう中学生』が最近めっちゃ覚醒してる話

最近有吉の壁っていうバラエティ番組もう中学生しょっちゅう呼ばれてて、

この番組特殊大喜利やらロケ地にある店舗とか建造物を使った即席コント的なのを披露したりっていう

ゴリゴリの実力派の芸人バラエティなんだけど、そこでマジでめちゃくちゃ結果残してる。

大喜利とかマジで大勢出演者の中でNo.1打率出してるレベル

それもただ上手い、とかじゃなくてちゃんとあのもう中学生キャラクターとか世界観めっちゃ番組にハマってんだよね。

ちょっと前に有吉ラジオにもう中が呼ばれてて「司会もできるし大喜利もできるしもう中学生実はマジで凄かった!」みたいに

有吉が過剰に持ち上げ続ける回やってて「あーめっちゃいじってんなぁ」って思ってたけど、あれマジの話だったのかって今更ながら知った。

もう中学生実力主義自由空間に放り投げたらこんなに面白くなるのかって、

わかんねえもんだなぁ。

2020-12-31

今年発見したもの100

1. レモンサワー

2. Bloodborne

3. エチオピアビーフカリー

4. Neural Cellar Automata

5. 漫勉

6. SE SO NEON

7. ブラックビスケッツ

8. Veibae

9. うちで踊ろう / 星野源 × LOOP H☆R

10. 笑顔時間

11. Studio Cult

12. Mario's Mystery Meat

13. 猫

14. 映像研には手を出すな!

15. Every copy of Mario 64 is personalized

16. Peggy Gou

17. 塩水うに

18. オモコロチャンネル

19. Jacob Collier

20. 真空ジェシカ

21. ギャル恐竜

22. 上級騎士なるにぃ

23. もののけ

24. Ghost of Tsushima

25. Dr. STONE

26. あちこちオードリー

27. Fender Custom Shop

28. 宅麺.com

29. Alicia Keys: NPR Music Tiny Desk Concert

30. BNA

31. Toro y moi

32. ジャルム

33. 天穂のサクナヒメ

34. Andres Guerrero

35. 姫麻雀

36. Coeo

37. 世界はほしいモノにあふれてる

38. Slay the Spire

39. バトラ

40. P5S

41. P5

42. 入籍

43. マヂカルラブリー

44. Nintendo Direct E3 Live Reactions at Nintendo NY

45. 高円寺

46. エフェクターソフトケース

47. キャサリン・フルボディ

48. 有吉の壁

49. 東進ハイスクール

50. 若おかみは小学生!

51. Fall Guys: Ultimate Knockout

52. バー常連

53. DARK SOULS III

54. ビズリーチ

55. SEKIRO

56. あらゐけいいち短編03「絵描きうた」

57. 自称世界一の速弾きギタリスト

58. オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。

59. 急性気管支炎

60. トム・ブラウン

61. Killing Joke

62. ちゃちゃまる

63. バナナナチ

64. ACID BAKERY

65. もう中学生の無観客ライブ

66. REN (GIFアニメ作家)

67. ナナチ

68. 実力のある者をドシド天皇にすべきだ

69. 卓球

70. 千年バズル

71. 川尻こだま

72. バイアグラ

73. ラランド

74. Little Dragon

75. 十三機兵防衛

76. Aphex Twin - Warehouse Project

77. どんぐり

78. PASSLABO

79. 午前8時の脱走計画

80. キルラキルが でキルまで 制作密着500日

81. Number Girl配信ライブ

82. 令和ロマン

83. 鬼滅の刃

84. オムレツ

85. 村上春樹

86. ヤブ蚊フマキラー

87. ヴァイオレット・エヴァーガーデン

88. Fiona Apple

89. Cyberpunk 2077

90. 波よ聞いてくれ

91. 石川チェコ料理

92. 包茎

93. SPY×FAMILY

94. 葬送のフリーレン

95. リュウジのペペロンチーノ

96. 結婚式挨拶

97. ペットブーム

98. Siouxsie and the banshees

99. チェンソーマン

100. カジサック

2020-12-10

何があってもミニモニ。には感謝している

有吉の壁見てたらモノマネに出てきて

急に色々思い出した。

    

十数年前、年の離れた幼い妹が入院した。

まだ言葉もおぼつかないくらい小さい妹は

当然病気のことを理解できず、

診察でも病室でもずっと泣き通しで、

優しいお医者さんや親身な看護師さんはもちろん

親でも私でもあの手この手あやしても、

泣き疲れて寝るまで泣いて泣いて、

全身で悲しがるようすに心が痛んだ。

      

そんなとき、病室で何か気を紛らわそうとテレビカードを買って

親がチャンネルをまわしたとき

たまたま画面に映ったのがミニモニ。だった。

       

ミニモニ。ジャンケンぴょん!」

妹は初めて病室で笑顔を見せた。

涙で濡れた頰が光って見えた。

        

それ以来、入院中は親がかき集めて録画したミニモニ。

妹にずっと寄り添っていてくれた。

ミニモニ。が画面に映ったり

ミニモニ。音楽が流れたりすると、

妹は必ず涙を止めて夢中になって楽しんでいた。

       

あれから十数年。

とてもありがたいことに、妹の病気後遺症もなく治った。

医者さん、看護師さん、医療に本当に感謝している。

いまでは学校皆勤賞で通うくらい元気だ。

        

退院後、逆にミニモニ。病院のことを思い出すから…と

我が家では一切封印されてしまい、

妹にミニモニ。のことを聞いても覚えていないと言う。

でも、メンバーがどんなことをしても、

メンバーにどんなことがあっても、

メンバーがどんなに笑い者にされても、

私は、幼い妹を笑顔にしてくれた

ミニモニ。感謝している。

ありがとう

anond:20110118134836

元増田です。

昨日の有吉の壁ストレッチマン(のモノマネ)を見て、以前増田ストレッチマンのことを書いたことを思い出し久々に読み返そうかと思ったら2011年に書いたもの2020年になっていくつかブコメがついていたことに気づきました。

これを書いた数か月後に発生した東日本大震災の翌日、東北人の私は停電テレビを見られる状況ではなかったのですが、教育テレビでもニュースや安否情報をやっていたと聞き、やっぱり阪神淡路大震災の翌日にストレッチマンをやっていたはずがないよなと思っていました。

ブコメで紹介されていた番組表タイムマシーンによると1995年1月18日10:15からグルグルパックン放送されていて、あの日テレビに映っていたのが、かたや地震で壊滅的な被害を受けた街、かたや全身タイツストレッチマンというのは夢ではなかったようです。

あと震災翌日の8:15からNHK総合普通に朝ドラ春よ、来い)をやっていたことが衝撃的でした。

2020-10-12

有吉の壁に見るプロトタイプの大切さ

有吉の壁は笑いのブレインストーミングだ。

すごくバカバカしい番組、あれほどバカをやっているテレビ番組は無いんじゃないかと思うけど、裏側を想像してみるとものすごく良質な試みをしていると思う。

いわゆるリーン・スタートアップ。小さく始めて大きく育てるという考え方に当てはまる。

テレビ業界はいきなりレギュラー放送を開始するのではなく、まずは特番放送して観測気球を上げるのが常套手段だが、それを細分化しまくるとこういうことになるのだと思う。

有吉佐藤もよく笑う。ネタには合格不合格がつけられるものの、本質的否定されることは無い。不合格になるパターンは大体決まっていて、それも含めてネタだ。もちろん本当につまらなくてカットされることもあるのだろうが、ユニークネタが次々と出てきて非常に愉快な番組だ。とにかくテンポが良い。

この番組では完璧ネタはあまり出てこない。ほとんどがプロトタイプと言って差し支えのないものだ。

その未熟さが予想外の面白さを生んでいるのでもあるが、ウケが良かった設定は改良されて次回以降に再登場する。

芸人が考えたもの作家が考えたもの混在しているんだろうけど、ネタ番組土俵に立てばどっちでも関係ない。

とりあえずやってみる、という精神

とりあえずやらせてみる、という精神

ハマらなければやめるし、ハマったものブラッシュアップする。

数打てば当たる、は素晴らしい。

簡単に見えて、いざ実践しようとすると失敗したくないからできるだけ数を打ちたくないものだ。

長いネタになれば失敗を減らす方向に労力を使ってしまうから、短いネタで回転数を上げる。

お題設定も適切なのだと思う。

「さあ、何でもいいか面白いことをやって!」と言われても、不思議なことに逆になかなか面白いことが浮かばない。

何もないところから笑いを作るのは難しい。

スタッフ自分たちでお題を作っているのだろうけど、ここで良いお題を設定できないと詰まってしまう。

ある程度具体的なイメージを与えることによって、「日常のここがこう変わったら面白いのではないか」というアイデアが浮かびやすい。

有吉の壁という番組内で披露したに過ぎないネタ自分持ちネタにしてCMにまで持っていくのは夢のある話だ。小さく始めて大きく育てる。

2020-08-17

有吉の壁でKOUGU維新を見ている。このネタ2回目だっけ?

2.5次元ファンにとってこれはどう見えるんだろう。

笑っているのだろうか?それとも馬鹿にされたと思うんだろうか?

実物を見たことない者からすると、妙に(2.5次元の)核心をついてる感じがするんだけど。

まさにこういうイメージ

2020-07-08

どぶろっく向かって右の人のラテンっぷりがすごくて驚いた@有吉の壁

Gipsy Kingsばりにそれっぽく歌い上げている。

才能を無駄に使っていない!

歌唱力を芸として活かしまくってるなあ。

ところでGipsy Kingsフランスバンドだけど、歌はスペイン語?だからラテンと思ったが…

ラテンか?

ジャンルが謎だが、ワールドミュージックということでいいか

(wikiによるとルンバ・フラメンカらしい)

2019-01-02

新春面白そうなテレビ(主に深夜)

クロちゃんの例の騒動とき最近テレビ見てないからわかんないわー」というコメントがたくさんあったので、面白そうなテレビを紹介するよ。この時期の深夜の特番は地味に面白いのが多いよ。

あくまでも面白「そう」です。特番は毎週やってるわけではないから平均とかノリが掴みにくいからつまらいかもしれないけど、その時はこの増田を叩くといいよ※

放送時間順です

1/2

総合 PM10:15~11:30 「新春テレビ放談2019」

2018年バラエティーやドラマを垣根を越えて語り尽くす!というキャッチコピー面白そう!司会がジュニアとかカンニング竹山とか、語る人が流行りのテレビあんまり知らなそう(偏見)だからちょっと期待値低め…ヒャダインYOUが喋ってるとこが見たい

日テレ PM11:00~AM0:25 「有吉の壁

くだらないの大好きな人向け。一年に2回くらいやってる特番。毎回別々のところに隠れて芸人有吉を笑わせる番組富士急とかピューロランドとか電車でもやってた。今回はテレビ局らしい。くだらないけど過激ではない笑いばっかりだから、深夜にふさわしい。超楽しみ。

テレ東 PM11:40~AM1:00 「滝沢カレンのわかるまで教えてください!」

番組内容「現役最強のおバカタレントでありながら、本質を見抜く地頭の良さを持っている滝沢カレンの冠情報番組」わかってるやん…!教えてくれる人たちが意外と真面目な人多めだし、グダっても小峠がいるか結構面白くなりそう。

フジ PM11:50~AM0:50 「出川哲郎のこれがMAX

出川消防士とかハンズ接客とかすごく頑張る番組らしい。見てて辛くならないか心配


1/3

フジ PM11:30~AM0:30 「初対面トークショー!!内村カレンの相席どうですか」

カレン好きだし、第二弾なので前回好評だったんだと思うから多分今回も面白いでしょう(前のは未見)

他にも重たい内容の番組が深夜に何個かやるから、そういうの好きな人テレビ欄みて探してみてね

2016-10-06

石橋貴明の笑いが嫌いで、マツコ有吉が許せる話

子供の頃から乱暴を振るう笑いが嫌いだった。

ひょうきん族と全員集合だったら、全員集合ばかりを見ていた。

ひょうきん族で、たけしが若手の軍団員に殴る蹴るのむちゃくちゃする絵は相当気分の悪いものだった。

小学生の当時、自分帰国子女クラスの中で明らかに浮いていて

「奇妙な側」の人間だった。日本的コミュニケーションが取れなければ

当然のように弄って良い人と扱われ、ひどい虐めを受けた。

ひょうきん族の笑いは、それを彷彿とさせるものであった。


ちなみにドリフ高木ブーを弄ってたりしたが、

実際は仲の良い感じや5人がそれぞれの特異性を尊重して

作ってる笑いという感じがして楽しく見る事ができた。


幼少期を過ぎても、とんねるず石橋ダウンタウン浜ちゃん

ロンブーの淳など乱暴を振るう笑いは、常に苦手だった。

どれもこれも、強い奴が見た目や言動が変わった奴、

弱い奴にむちゃくちゃをやって、それを周りが見て笑う構図は最悪だと思った。

何が面白いのか全く理解できないだけでなく、うっかり見ると気分が悪くなった。

最近は、時代の流れなのか受けなくなったのか、

その手の番組は、減ってきたようには思う。

それに台頭するようにマツコデラックス有吉テレビに引っ張りだこになった。

二人の番組を全て見ているわけでないが、時々見る

「怒り心頭」や「マツコの知らない世界」はとても楽しく感じていたので、

石橋貴明最近の笑いは冒険しないか面白くないという記事に、

石橋貴明が楽しかったと言ってる昔のバカ番組より今のマツコや有吉のほうが、ずっと面白いと思う。誰かを虐めて笑い取るみたいな番組が人気を失っているのは、たいへん良い傾向。」と書いたら、

いや、「マツコ有吉も結局は人を虐めて笑いとってるじゃん。」

と、ブコメで突っ込まれて、確かにそうかもなー。

でも、自分はそう感じるんだよなーと思ったので、なにが違うか自分発言の裏を分析をしてみた。

まず、マツコも有吉wannabeなのだ

彼らは元々「気持ち悪いオカマ」「干された芸人」という出自にもかかわらず、今は人気を掴んでいる。

奇妙な人が奇妙なまま人気を得たり、一度落ちぶれた人が再起する姿は、

かつて虐められっ子であった自分が夢を掴んだ感じがして、単純に好感を持ってしまう。

彼らが、こんなにも人気が出ているのは日本人の大多数が「虐められた」過去を持ってるからではないかなとも思う。

次に、彼らの小馬鹿にする芸風は陰湿な虐めじゃないかという指摘。

確かにそうなのかもしれないが、彼らは基本暴力を振るわない。

そして、有吉自分より目上の立場が強い人間にも平気で悪口いうので、弱いものだけを虐めてる感じがあまりしないし、

すこしビビりながら言ってやったぞという感じも嫌いじゃなかった。

マツコも素人地方弄りするけど「私も気持ち悪いけど、あんたも気持ち悪いよ」というスタンスなので、

からというよりは同じ目線で弄っている印象を持った。


もちろん、これはあくま個人感覚ベースの話なので、

「そんなことねーよ。あいつら酷いよ!」

という感想を持つ人がいてもなんら不思議でもない。

また、自分は見たことがなかったが「有吉の壁」「有吉ベース」では

若手の後輩に熱湯を有吉がかけたりしてるらしく、

そういうのは、嫌いな笑いであることは間違いないので、

多分一生見ることはないと思うし、何かの拍子に見たら有吉評価は変わるかもしれない。

ちなみに、石橋貴明別に個人としては嫌いではなくて、

シバレシピDVD全巻買うほど好きで、面白いと思う。

試食シーンのAD弄りは当然、好きではないが)

あくまでも、「体育会系暴力に根ざした乱暴な笑い」が嫌いなだけ

いうことは補足しておきたい。

だいぶ長くなってしまったが、

石橋貴明の笑いは嫌いで、マツコ有吉は虐めてないからいい傾向」

と思った理由を綴ってみた。

同意してブコメを付けてくれた人や、一緒じゃないの?という人の疑問に答えられていれば幸いである。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん