「新日鉱ホールディングス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新日鉱ホールディングスとは

2009-01-19

http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20090115/1231946719

詳しくは「在庫評価益 石油」とかでgoogleって頂くとして端的に言いますと、石油のようにどんどん単価が変動していく商品は、期首と期末の単価の平均を求めるのか、時価に近い単価で原価を計算するかによって、会計上の数字が全く違ってきます。期首で1バレル=$100だったものが、期末になって1バレル=$150になったと仮定すると、平均法だと$125で単価を算出しますが、後入だと$150が最初に採用されます。平均値を使ったほうが数字上の原価が下がるので、原価が下がれば収益も上がるというお話です。


在庫評価益 石油」でgoogleって出てきたページより

https://www.toyokeizai.net/money/industrial_info/detail/AC/9ab7adf478d4d2541e9bd34c21723d6a/

というのも、原油が上昇すると、在庫評価で総平均法を採用している元売り(新日本石油<5001.東証>、昭和シェル石油<5002.東証>、コスモ石油<5007東証>、新日鉱ホールディングス<5016.東証>=ジャパン・エナジーなど)では、在庫評価益が発生。一方、在庫評価で後入れ先出し法を採用している出光興産<非上場>、東燃ゼネラル石油<5012.東証>は在庫評価益が少なく出る。

総平均法は「ある期間(年or月単位)にかかった全仕入金額を全仕入量で割って出た単価を在庫の単価とする」方法、後入先出法は「仕入れが新しいものから順に出庫されていく、在庫の金額は品物が古いのから順に残っているものとしてそれぞれを足し合わせて算出する」方法。物価上昇時においては、期末在庫の単価は後入先出法の方が小さくなる。リンク先の記事では「相場で左右される利益とかは経営の成績と関係ないのでは」みたいな話に。


http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20090115/1231946719

会計経営状況を説明するための計算手法であるのに対し、財務とは資金(端的には現金有価証券等)の管理手法のことです。キャッシュの入出を取り扱うのが会計と大きく違う所です。

会計キャッシュの入出を扱っているのはキャッシュフロー計算書ということで。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん