「強制イベント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 強制イベントとは

2022-03-15

PS5を買ってからプレイしたオープンワールドゲーム評価

50点:レッド・デッド・リデンプション2

序盤で脱落した。

とにかくストーリーがつまらない。先行きに何の期待も持てない。

自由にロールプレイすることができない。開発陣が敷いたレールに沿って走らされている感じがする。

そして致命的に操作性が悪い。歴史上最悪のゲームUIだと思う。

グラフィックだけは良い。

55点:Horizon Zero Dawn

中盤で止まっている。

他のオープンワールドゲームの要素を寄せ集めて平均点を狙いましたって感じ。

特筆すべきところが機械獣のビジュアルくらいしかない。

原始時代みたいな町並みに安っぽいSF設定。もっさりしたアクション自由度の低いゲーム性。

この美しいフィールド自由に駆け回れたらよかったが、段差も壁も登れず、騎乗できる機械獣も限られていては…。

65点:DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT

中盤で止まっている。

小島秀夫という人はめちゃくちゃレトロスタイルゲームクリエイターなんだろうな、と思った。

デスストは、極めてシンプルルールを真ん中にぶち立てて、そこに肉付けしたような作りになっている。

美麗なグラフィック物理演算で飾り立てているだけで、やっていること自体ファミコン時代と変わっていない。

それはフィールドという巨大な器を物量で埋め尽くす他のオープンワールドゲームとは正反対思想だ。

デスストのそうしたゲーム性も面白いとは思うのだが、中盤までいくと「もう十分に味わったかな」という感じになってしまった。

70点:Ghost of Tsushima Director's Cut

中世日本時代考証、美麗なグラフィックアートワーク、軽快なバトルシステムは素晴らしい。

しかし壁のぼりロープアクションが決まったところでしか出来ないという自由度の低さは大きなマイナス

またストーリー面での自由度も低く、ほとんど分岐がない上に、主人公の行動にも納得ができない。

叔父上の言うとおりに正々堂々と戦っていたら強制イベント暗殺を強いてくるし。

叔父上に従うつもりで選択肢を選んでいたらいきなり主人公がブチキレて喧嘩別れするし。

ゲームとしては面白いが「オープンワールド」としてはいまいちだったという評価だ。

75点:ウォッチドッグス レギオン

小型ロボット遠隔操作し、監視カメラドローンハッキングを駆使して敵拠点に潜入する、というゲーム性は特異で面白い

ひとつミッションクリアするのに無数のやり方があり、オープンワールドらしい自由度の高さを味わうことができる。

街中のNPCを仲間にできるというのが売りだが、各キャラの性能にはそれほど差異がなく、あまり面白さにはつながらなかった。

ただ、ゲーム中で売られている服が豊富で、キャラごとに着せ替えを楽しめたのは良い点だった。

ストーリー及第点だが、決まった主人公がいないのはやはり短所だと思う。

75点:inFAMOUS Second Son

行動と選択肢による分岐スキルを選んで作り上げるキャラメイク。街中を飛び回り壁を駆け上がる自由度。

オープンワールドの良いところが詰まった作品だ。

もちろん都市舞台にしたヒーローアクションとしてみれば「スパイダーマン」には劣るのだが、

2014年発売のゲームだと考えると、むしろこの完成度は驚異的だと言える。

残念だったのは、善ルート・悪ルートどちらかを最初に選んだら実質的に一本道である点と、

せっかくスパイダーマンでは実現しえない「複数超能力」だったのに、自由に使えずいちいち切り替えないといけない点だ。

80点:アサシンクリード ヴァルハラ

とにかくどこにでも登れる、どこまでも行けるアクション自由度の高さはピカイチ

アサクリシリーズらしい時代考証のしっかりしたストーリーも素晴らしく、もちろん選択肢分岐もあって没入感がある。

また取得したスキル効果を実感しやすく、レベルアップに従って新しいアクション解放されていく点も良い。

武器・防具の少なさと、それに伴う鬱陶しい課金要素はご愛嬌…というには大きすぎる瑕疵か。

とはいえ、これぞオープンワールドスタンダードだと言える完成度である

今後オープンワールドRPGを作るならこのアサクリを最低ラインとしてほしい。

80点:Marvel's Spider-Man: Miles Morales

オープンワールドの最大の弱点は「通常移動しかないと面倒くさい」「ファストトラベルばかりだと味気ない」というジレンマにあるが、

スパイダーマンシリーズはそれを「通常移動が超高速で爽快感バツグン」というだけで克服してしまった。

本作にはいちおうファストトラベルもあるのだが本当に一度も使わなかった。

天井に潜んでひとりひとり敵を吊り上げていくステルスプレイの楽しさもスパイダーマンらしく題材を上手く活かしている。

オープンワールドアクションゲームとしては最高峰だ。

しかスパイダーマンという固定されたキャラクターを使っているために、

装備やスキルを取得してもプレイの幅はそれほど変わらないのが残念と言えば残念。

85点:ファイナルファンタジーXV ロイヤルエディション

先述した「オープンワールドの最大の弱点」を克服するために取ったFF15アプローチ革命的だった。

デフォルトの移動手段そもそも徒歩ではなく車なのだ

そして他のゲームであれば車は「速い通常移動」でしかないが、FF15における車は「遅いファストトラベル」として設計されているのだ。

自動運転目的地の近くまで行き、最後の数百mだけ徒歩で移動する。「えー、こっから歩くのー?」という仲間のボヤきに共感

移動中も絶え間なく喋り続けるパーティメンバー。割り込んでくるミニクエスト

写真撮影。夜間行動の禁止により生まれ冒険宿泊のサイクル。そして食事

最高の雰囲気だ。他の何物にも代えがたい。

ただし――FF15は後半に入ってこの長所の全てを投げ捨てる。

車は壊れる。パーティはギスギスして無言。クエストは一本道。オープンワールドですらない。

最悪の雰囲気だ。もうやめようかと思った。

それでもラストは感動的だった。途中でやめなくてよかった。

もしFF15無限予算があり、開発人員がいて、最後までオープンワールドとして開発できていたら。

もっとクエスト密度があって、ついでにパーティメンバーも変更できて、戦闘システムももう少し改良できていたら。

本当にオープンワールド史を塗り変える神ゲーになっていたと思う。つくづく惜しい。

FF15エッセンスを継いだ新作ゲームが出ることを願う(Forspoken期待してるぜ)。

95点:サイバーパンク2077

まさに神ゲー

質の高い膨大なシナリオ。行動と選択肢に応じたストーリー分岐

義体の改造とスキルの取得によるキャラメイク。次第にできることが増えていく快感

ハクスラ的なランダム生成装備。ついでに着せ替えも楽しめる。

段差の端に手が届きさえするなら、どこでも登れるようになっている。

アサクリやスパイダーマンほどでは無いにしても、少なくともここに「透明な壁」は存在しない。

オープンワールドに求めるもの全てが圧倒的なクオリティで詰まっている。

現時点でのオープンワールドゲームの最高到達点として称賛されるべきである

ただし数時間プレイし続けるとゲームが落ちる。

2022-01-11

親に感謝思想

この時期、ニュースを見ていると各地の成人式の模様が流れてきて、曇りなき眼の20歳若者が「ここまで育ててくれた親に感謝」「親孝行していきたい」とコメントするのが定例で、既に中年の域の私としては眩しすぎて目が潰れそうになる。

私は親に感謝したことがない。

からてらいなく「感謝」と言える子達を見ると「おお…」と感嘆してしまう。

要所要所で言えば、親に感謝すべき点(大学まで行かせてくれたこと、多兄弟貧乏だったけど食べるに困るまではいかなかったことなど)はあるのだが、母親ADHD気味で、家庭内地獄様相だった。

子供達が自立して家を出た今も、現在進行形でキ◯ガイ行為を繰り返し、周囲に迷惑をかけ続けている。

この歳までずっと引き摺っている漠然とした不安感は、母親が生きている限り続くのだろう。

周囲からは「そうは言っても親だろ、大事しろ親孝行したいときに親はいない」と散々言われたけど、思考を転換することは出来なかった。

早くに死んでくれていたら、「苦労させられたけどあの人も苦労していたし、良いところがあったんだよな」と思い返せたかもしれない。

ただ、今の時点では無理だ。

後悔しないように尽くすのではなく、死んでから後悔しようと決めた。

今、私にも小さい子供がいて、何年後かには誰かから「親に感謝思想が植え付けられるのだろうけど、個人的には「親に感謝思想はいらないと思っている。

本心で思っているなら別にいいのだが、保育園学校等で父の日母の日自分誕生日感謝言葉を述べさせる、とかい強制イベントはいらない。

子供は親のエゴで作ったので、生まれたことに感謝はいらない、自分の力で生きて楽しめるならそれでいい。

成人式ニュースを見て、「ケッ」と思うのではなく、素直に感動できる歳になったBBA独り言でした。

2022-01-02

無限初夢バグについて

初夢基本的強制イベントであり0回以下にならないようになっています

しかしここで発見された無限初夢バグを使う事で初夢の回数を65536回以上にする事ができ、オーバーフローによって−65535回初夢を見た状態を作り出すことが可能です。

これにより現実世界に歪みを生じさせることが可能となり、初夢内容の実現は勿論、本来干渉できない個人能力値や環約縺値、根源である◼️縺%阪?阪h繧?″繧]??短を行われれれれれれれれれ

2021-12-28

結婚すべきでない5つの理由

結婚するべき理由はいっぱいあるが、結婚すべきじゃない理由もいっぱいあると思う。30半ばのおじさん視点で書く。

妻の不機嫌に付き合う必要がある

家に帰ったら不機嫌な人間が家に居るというのはとんでもないストレスだ。物理的な逃げ場が限られることは勿論、親兄弟と違って精神的な逃げ場がない(逃げると余計厄介なことになる)という点も大きい。

責任が生まれ

男女平等の世の中で変な話だと思うのだが、一般的思想ではなんだかんだで男が女を養うという大前提があると思う。共働きでもだ。別に今の年収が半分になっても慎ましく暮らし分には困らないしな、なんていう発想は許されない。

家事強制される

家族暮らしてるから当たり前、という大前提はあるものの、一人暮らしだとそもそも今日家事をしない」あるいは「家事を最低限に抑える(外食する、飯を抜く、洗濯を減らすなど」の選択肢があるが、この自由がなくなる。ズボラ男にはこれは厳しい。

強制的な付き合いの発生

義実家との付き合い、買い物の付き合いなど、職場上司の飲みに付き合うかのごとく強制イベントが発生する。

一人で寝れない

ベッドを分けるには相応の勇気がいる。一人でゴロゴロして寝たい。

2021-09-08

anond:20210908213501

なるほどね…当たり障りのない話ね。 

話したくなかったら用事があると嘘をつき逃げる

☝️

これは強制イベントの為、だめだな

2020-11-09

単行本勢つらい

ふーん、きめつブームなんすね

と言うところからコミックスざっと読んだ。

内容はさて置き、前提知識が成り立つくらいの、にわか にはなった。

〇〇の呼吸とか、市松模様とか竹筒咥えるとかそんなミームの背景は知ることができた。

ただし、今時点で最終巻が発刊されてないので、結末を知らない。ジャンプアーカイブとかを浚うほどの熱量はないので、

「そのうち、最終巻でたら読んでおくかな」

と、詰む読リストに入れた。これはこれで楽しいToDoリストなので良い。

問題はここから

sns界隈に跋扈する(ブクマもそう)完結した作品オチを会話の下地にする人たちがいる。

特に悪意なく、ねじ込んでくる勢がつらい。

例えば今日ホッテントリで見た


このコメにも、多数のネタバレ(と思われる記述)が含まれており、私は攻撃を受けた。

私が間違えたことは、過熱されているブーム最中安易に飛びついてしまたこと。これを悔いている。

にわか程度の知識で済ますのであれば、最終巻が出たあとで手に取る程度でよかった。

ミームも含めて楽しむのであれば、もっと前に注力すべきだった。

こういった一方的係争案件を多数抱えている。

先日ついに塩漬けしていた「いちご100%(I's、ToLOVEる)」と「戦場のピアニスト(帰ってきたヒットラーシンドラーのリスト)」「ひぐらしのなく頃に」を消化した。

スターウォーズ」「アベンジャーズ」はそろそろ消化したいと思ってる。

2020-10-31

anond:20201030155328

私も自発性がないかタイムリミット付きの強制イベント入れてそれで無理くり自分駆動してる感じ。

やりたくないのにやってる億劫感と無駄焦燥感が生じるが、それでも得るものはあるし気分がよくなることも多い。

ただ、心身ともの疲弊している時期は本当に増田のような思考になってて実際身動き取れなかったな。

まれ持った身体は取り替えることはできないが、体調や外部要因は変化するので万事塞翁が馬は成立すると思ってる。

2019-11-06

カイの冒険

ファミコンソフトを買い与えられて頑張ってやっていた。

フワーっと浮遊感のある操作感が特徴的で、しゃがむコマンドがないのにしゃがみ回避必要ステージもあり、ジャンプして天井に頭をぶつけ痛ーいと頭を抱えてしゃがみ込んで回避するみたいなよくわからないアクションゲームだった。

ここからネタバレになるが、頑張ってクリアするとエンディング魔王的なキャラが出てきてカイは石にされた。

しか石像じゃなく漬物石みたいな石だ。

その他諸々も何か知らんけどカイがクリアしたせいで、最悪の事態になったようだ。

恋人に助けてもらおうね、おまけステージもあるよ、お終い。

ドルアーガの塔の前日譚だからこんなひどいエンディングだったらしいが、幼児の私は当然ドルアーガの塔は持っていなかった。

私はゲーム強制イベント使用キャラを殺されるのがとても嫌いだが、カイの冒険トラウマのせいだと思う。

2019-06-02

anond:20190602181221

人はそれを、壁を乗り越えたと言うんだが?

前より進んでいればそれで良いだろ。

強制イベントを乗り越えんたんだから、次は自分で壁を用意すれば良い。

2019-04-04

anond:20190404183312

人生の中盤に発生するバーでの水割りイベントですが、

ここでステータス画面の泣いた回数が0の場合、飲む水割りの数が0となってしまます

水割りを涙の数だけ飲むことでイベントが進行しますが、マスターから水割りを渡されていないためイベントを進行できずに詰みとなります

この泣いた回数は開始直後の強制イベントでも加算されるので、

事前に転生イベントを発生させておく必要があります

詰んでしまった場合でも、バーマスター恋愛イベントを起こすことで詰みを回避できるという話もありますが、筆者は未確認です

2019-01-01

無限初夢バグ

初夢基本的強制イベントであり0回以下にならないようになっています

しかしここで発見された無限初夢バグを使う事で初夢の回数を65536回以上にする事ができ、オーバーフローによって−65535回初夢を見た状態を作り出すことが可能です。

これにより現実世界に歪みを生じさせることが可能となり、初夢内容の実現は勿論、本来干渉できない個人能力値や環約縺値、根源である◼️縺%阪?阪h繧?″繧]??短を行われれれれれれれれれ

2018-12-03

この木グループの研論

この木グループの研論について、これほど無駄仕事?があることに驚いた。

※研論とは…入社2年目の終わりに、2年間学んだことをまとめ、おえらいさんの前で発表する制度

・2年目までに行ったことを素直にまとめると、「薄い」や「レベルが低い」などと言われる

→2年目でプロジェクトの立て直しだとか、そんな大層なことできるはずもなく、結局は粉飾まみれになる

・昇進がかかり、強制イベントにも関わらず、論文作成業務外に行わなければならない

対外的に「働き方改革」が進んでいるようにアピールしているが、実際はこのような長時間残業の温床となる要因が非常に多い

制度として古い割には、制度目的指導内容が不明確で、研修員の学べることが部署指導員次第になる

目的指導内容が不明確なために、指導員や課長部長意見が食い違うのは当たり前で、最終的にご意見聞きに徹することとなり、研修員本人の成長はない

こんな内容の制度を続けてて、しかあまつさえ「昔はなんのためにやってるかわからなったけど、今になってみれば良い制度」と言ってしまう上がいるあたり、本当にうんざりする。

2018-07-01

anond:20180624140926

マジレスすると、それを探す能力を少しづつ鍛えるのが大事

後は他にも色々あって、環境の変化は脳を活性化するし、変化が乏しいとそれに慣れて新しい事が出来なくなる危険がある。

メンタルだけではなく、体調面でも、太陽光自律神経や抑うつ睡眠体内時計)、免疫等とも関係しているので基本的日光浴はした方が身体に良い。

https://meril.me/dysautonomia/10006/

https://www.myhealthy.jp/articles/1759

https://matome.naver.jp/odai/2136886409212978501

どういった経緯で外に出ないのか書いていないので、断言はできない(一人で長い休息が必要な事があったのかもしれない)が、気にかけて貰うのではなくて、誰かを気にかけたいと思う可能性もある。

周りを気にかけなくなったのは、自分がしてあげられる事がないと思い込んでるからかもしれなくて、そう思ってしまった理由を探すのはすごく大変だけど、部屋にずっといたらそれが見つかる可能性は低い。

行動の可能性は間違いなく広がる。

オープンワールドを楽しもう。

強制イベントはどこにもない。

2018-06-20

毎月自分の血を大量に見る強制イベントがクソすぎるのでメーカークレーム入れたい。

バッドステータスまで付けるとは何事か。

2017-09-11

https://anond.hatelabo.jp/20170910181855

子育ては違う生活をしてきた人たちに発生する強制イベント。同居したって見えなかったことがたくさん出てくるし、将来像も含めた「べき論」がぶち込まれる。

子供が大きくなれば絆が深まり充実度が増すこともあれば、抜け殻のようになるときもあれば、憎しみの対象になるときもある。どうなるかは行動8割、運2割ぐらいかな。いい思い出になることを祈る。

2016-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20160423144437

あー、面白いもの見方かも。

でも他人に興味がない=人生経験が浅い、とは思わないなあ。

たとえ他人に興味が無くたって他人と関わって色々やらされるのは変わらないしねぇ。

立場とか生まれが絡んでくると余計に、個々人の適性を無視した強制イベントもたくさん発生するようになるでしょ。

皆それぞれ違う人生を生きてて、それぞれに苦労があるわけだから。簡単に推し量れないよ。

私も増田も知らない苦労もいっぱいあると思う。

2012-07-20

http://anond.hatelabo.jp/20120719234941

結婚する」と「結婚しない」って、自分だけに選ぶ権利がある選択じゃないか

カレーハヤシライスどっちがいいか」と同列に例えるのには違和感がある。

どういう選択なのかというと、受験就職活動が近い。

(どんだけ熱意を持って希望しても、本人次第では向こうからお断りされることがあるという意味で)

大学受験での学校選びや就職活動会社選びで

「A大学でもB大学でもどっちでもいい」「A社でもB社でもどっちでもいい」と言ってる人がいたら

「おいおい、適当だなあ。もっと真面目に考えた方が良くないか?その選択でお前の未来が変わるんだぞ。」って思わないか

結婚できた方がいいけど、どっちでもいい」と言ってる増田は周りからそう思われてる。

結婚人生オンライン強制イベントであるかのように語られるのは、その選択で後の人生が大きく変わるからだよ。

2012-07-19

結婚人生

今日の夕飯カレーハヤシライスどっちがいい?」と聞かれたらどう答えるだろうか。

絶対こっちじゃなきゃ嫌だ!という人もいるかもしれないけど、ほとんどの人にとっては「○○の方がいいけど、でもどっちでもいい」だと思う。

俺の中では結婚とかって冒頭の質問レベルのもんなんだよね。

まりは「結婚できた方がいいけど、どっちでもいい」ってこと。

でも、周囲の人はやたらと結婚人生オンライン強制イベントであるかのように語ってくる。

なんでなんだろう。

2011-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20110906112611

発生させること自体が通過儀礼

意味わからん

重ねて言うが、カテゴリーに属するほぼ全ての人への強制イベントじゃないと通過儀礼にはならないっての。

20%の童貞を、無能力者と扱っていいのなら通過儀礼としてもいいが、それでは量的に横暴すぎる。

http://anond.hatelabo.jp/20110906094923

そんな発生確率一定じゃないイベント通過儀礼になるかよw

カテゴリーに属するほぼ全ての人への強制イベントじゃないと通過儀礼にはならん。

80%しかイベント遭遇しないとなると通過儀礼としては微妙

2010-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20100517235948

比べるなら非婚率だけど、昔の結婚強制イベントだった時代に家が都合つけてやらなきゃ結婚できなかった「おかしい」層が、

結婚が強制じゃなくなって家も都合つけてくれなくなった今の時代にそのまま売れ残ってるってだけだね。

今の非婚率知ってる?

あの莫大な非婚者・未婚者が「おかしい」層だとは思えないんだけど

まあ紺活みたいな極め付けのポンチ市場には「おかしい」層ど真ん中率高いかもしれんけど

2009-01-11

もう私にはかまわないでください。

はてブ創価学会についてのエントリーが話題になっているので、ちょっと便乗して書いてみる。というか、実際に困っている...。

私は大学生。去年の春から進学のために親元を離れて一人暮らし

今まで創価との関わりはできるだけ避けてきた(それでも何かしら強制イベントは発生する)。中学生高校生のときは面倒くさい、という思いで。

一人暮らしをしながらの大学生活という新天地で創価と関わらずにいられると思ったら、悲しいことにそうじゃなかった。

まず3月、高校卒業だからか、引っ越すからかよくわからないが、怪しい大人たち((いわゆる婦人部))に囲まれて学会させられる。

ああ、思えばここで間違っていたんだ。どうして入会してしまったんだろう、畜生。でも、親もいたし、きっと無理だっただろうな。悲しいけど。

そして4月、入学して間もなくするとアパート学会の人が来て((今度は青年部らしき人))、池田大作について語られる。うざす。

そのあと学生部の人がきて、今度は学生部の書類を書かされる。

それから何度か池田大作オナニーみたいな糞中継((同時中継というやつで、各地にある学会の施設で池田大作のありがたいお言葉なんかをきく))を、学生部に連れられ、嫌だなと思いながらも見に行った。

だけど、それからもっと創価学会のことが嫌いになってきて、学生部とも連絡を取らなくなった。

これで少しはほっとしたのだが、やはり創価学会は恐ろしい。

なんと学生部が家に来ているではないか。ドアの前に手紙。内容はというと、急に連絡が取れなくなったので心配している、悩みがあるなら相談に乗る、僕たちは学生部という池田先生に守られた仲間だ、みたいな。

気持ち悪い。なにか学会イベントがあるごとにやってきて、ドアを叩いて、こっちはバレるように居留守を使ってるのに、馬鹿みたいに毎回来て。

書き始めたらどんどん書けてしまってとまらない。こちとらまだ言い足りないぞ。

もう嫌だ。創価なんて。脱会したい。あの信仰深い人たちを見ていると、ネットで噂されていることがすべて本当に思えてくる。あいつらならやりかねない。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん