「強い雨」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 強い雨とは

2020-11-22

強い雨が降ってきたら

雨雲レーダー見て、この色がこれくらい…と確認するのがやめられない。

そして、後に控える雨雲の戦力を測る

1時間くらいのデータ信頼性高いけど、それ以上後だと、かなりずれる

2020-11-19

不滅の刃

全集中!ヒノカミ神楽の呼吸!」

強風に飛ばされまいと必死に傘の握りを掴んだ時、私の心の中で確かにその声が聞こえた。

頼りない折りたたみ傘は、DX日輪刀ヒノカミカグラの呼吸バージョンとなり、私の握力に答えるように刀身を赤く輝かせていた。

いつからか、アバントラッシュを、九頭龍閃を、俺自身が斬月になることをしなくなった。

その日、久しぶりの強い雨風の中、私の握る物が柄であり、握る手のひらに懇親の握力が込められた時、私は確かに呼吸の剣士であった。

全力の握り込みだけが困難を打ち破るための武器となる、そんな現実を前にして、私は再び剣士となった。

子供心ではなく、永遠にそれはそこにあったのだ。

剣士としての己は。

永久不滅の刃が、鞘に収まったまま、心の中に今も眠っていた。

2020-09-23

いきなり雨

会社売店で食後のコーヒーを買う数分の間に

曇天→横殴りの強い雨

となったので、今日は定時になったらさっさと帰宅した方がよさそうだ…

2020-07-14

強い雨

強い風でガラスに叩きつけられる雨粒のドラムロールが聞こえる

強い風の唸りがタイル床に弾けた大雨の飛沫で霧の濃淡を生み出している

雨風が強くては熱帯夜のような蒸した感じや土と草木と花の蜜の匂いが失われる

強い雨風に打たれても濡れるのを気にせず背筋を伸ばして歩いてみる

2020-07-06

靴が死んだ

雨すごくて徒歩10分の会社に行く間に靴下諸共靴が死んだ。

防水スプレーはやったはずなんだけどな。

また乾かしてかけ直しておこう。

そもそもレインブーツとか用意しとけって話なんだろうけど、一時期の強い雨の日のために靴を用意するというのがとても面倒くさい。

というか、こんな雨の日こそリモートワークじゃない? 雨やばいのでリモート仕事シマースって。

4月から6月頭まで基本リモート業務をこなしていたが割と効率よく回ってた。

家で作業していると人が話しかけてこないし在宅の旨を伝えると客も連絡をメールにしてくれる。文章としてやり取りが残ってやりやすい。

光熱費が上がった以外のデメリットはなかった。もっとリモート仕事したい。

でも業種的にリモート出来ない人からのずるいって声が少なからずあるんだよな。うちは本人が希望して配属がきまる訳では無いし。

でも正直言わせてもらいたい。

突然明日からリモートでお願いと言われて自宅の個人PCを翌朝までに仕事ができるよう環境整えられるやつだけが文句を言いなさい。

(なんの用意もなくできる人はリモートやってと無茶振りする会社会社だと思うけど)

2020-06-25

雨とタクシー

から比較強い雨が降っているが、昼頃には一度止む模様。

雨が降ると、歩いて行ける距離にある川の流れを想像する。川幅は比較的広く、堤防も十分な高さがある河川敷。雨が降ったその時よりも、次の日、またその次の日に川の色が濁る。上流で降った雨が、土を巻き込んで流れてくるからだろうか。

また、雨が降ると夜の町の様子も想像する。雨は町の汚れを洗い落としてくれる、という言葉を思い出すが、映画タクシードライバー台詞だったろうか。黄色タクシーが雨の中、暗い街をスローモーションで進んで行く。

最近タクシードライバーをまた観ようかな、と思い出すことが多い。

2020-06-11

友達とのごはん強い雨風でキャンセルになって、それがなくても今日は本当に元気がなかったのでとりあえずシーシャ来たら生理のせいか気分悪くなってトイレで吐いてしまって、気を紛らわせようと母親電話かけたらもうすぐ妹がうちに来るから忙しいって煙たい態度で対応されてなんかもう踏んだら蹴ったり

吐き気大分よくなってきたけどもう帰ろうかな

なんか疲れた

ちなみに嗅覚味覚はしっかりしてるのでコロナではないと思う

熱もありそうにない

なんでこんなことになるんや

2019-11-11

anond:20191111105802

2019-10-25

「確かに、叢雲の剣により雨が降り、即位の礼の時は一瞬雨が止み虹がかかった……」

「そして台風は進路を逸れ、世の中は平穏を取り戻した」

そう教授は言うと、コーヒー一口飲み息を吐いた。

「と、いう事はですよ!?やはり天皇陛下によってこの日本の人心と天候の調和は保たれたんですね!平成に変わる時も、大きな台風が来て、同様の事が起きたと聞きました!」

生徒は興奮した面持ちで、矢継ぎ早に言葉を連ねた。

暫しの沈黙が、教授と生徒の間に流れる。間を置いて、教授は口を開いた。

調和、というのは人間本位のものだ。自然本位じゃない。逆に言うと、叢雲の剣が出される時、天は荒れる、と考えた方が自然じゃないか

まり……今回の水害も、叢雲の剣を持ち出したことによるもので、我々があの巨大な台風を呼び起こしてしまったと。

天皇陛下とあの儀式は、確かに人の為のモノであるが、それによってこの日本の天候と人心を支配しているとは、

いささか冒涜が過ぎるのではないかと思う」

生徒も教授も黙る。強い雨の、研究室の窓に打ち付けられる音がただこだましていた。

2019-10-12

いつから台風くらいで休むようになったんだよ(笑)

ぶっちゃけ台風の影響出るのなんて治水に不利な一部地域のみだろ

強い雨降るくらいのもん仕事に影響なんかないわ

ゲリラ豪雨や雪の方がよっぽど大変だろ

正直なとこ台風で出社に文句つける奴らって仕事したくないだけだろ?(笑)

流行りのインフルエンザ休校にならなかったのに文句言う中高生みたいなレベル

仕事くらいしろ

ガキじゃあるまいし

2019-06-29

うーん

天気予報だと今日お昼前から強い雨になってるけどほんとに雨ふるんか?

晴れの前のくもりくらいの感じの天気なんだが

2018-09-11

これから1週間関西ほとんど晴れないらしい

1週間天気予報を見たらずっと曇りか雨。

幸いにも西日本豪雨のような強い雨はいないようで安心

ただひとつ思ったのが1週間晴れないって人間活動に影響があるんじゃないかな。

目に見えない災害?体を徐々に蝕む災害?なんと形容したらいいのかわからないが、どうか3日に1回くらいは晴れて欲しい。

人間太陽浴びないと駄目だよ。

2018-08-22

ねえナナ、




一緒にフェス行ったこと覚えてる?

あたしはそういうの行ったことないし、人混みは苦手な方だったか不安だった。

でもナナがすごく楽しそうに好きなバンドのことを話すから

あたしは行くことを決めたんだよ。


フェス当日はかなり強い雨だった。

雨の方が盛り上がるって聞いてたけど、降り方が激しくて視界が遮られる程だったと思う。

そんな中、ナナが待ち望んでたバンドが出演中止になった。

ナナは平気平気って言っていつもみたいに振舞ってたけど、内心落ち込んでるのは鈍感なあたしでも分かってたよ。


そんなとき、当時はまだ知らなかったアーティストが順番を繰り上げて出てきた。


「だけど 飛魚のアーチをくぐって

宝島が見えるころ 何も失わず

同じでいられると想う?」

「人は弱いものよ とても弱いものよ」





Coccoだった。

あたしたちは手を繋ぎながら泣いてた。






ねえナナ、

あの時知らぬまにつないでいたその手を

本当はずっと握りしめていたかった。

いつまでも ずっと

2018-06-12

一瞬強い雨が降ってきたから折りたたみ傘を貸して別れたんだけど、別れた直後に雨がやんだ。

普通に晴れてる。すごい恥ずかしい。

余計なことはするものじゃない……

耳真っ赤。やばい。恥ずかしすぎて死にそう。つらい。

2018-03-27

霊感少女Sちゃん

小学校林間学校だったと思うのだが、前から霊感があると主張していたSちゃん自分グループ宿泊する部屋に入った途端に「霊がいる」と騒ぎ出し、部屋に塩を撒いたらしい。塩持ち歩いてたのかな。

Sちゃんは雨に濡れるのが好きだとも言っていて、結構強い雨でも傘を差さずよくびしょ濡れになっていた。

2017-10-08

傘を持つのマナーだと思う

言いたいのは一言。皆ちゃんと傘持とう。

会社帰りによく一緒になる同僚がいる。

仕事を終える時間が一緒なので、必然的に一緒に帰ることになるのだが、この男が物をあまり持ちたくない主義なのかなんなのか傘を持たない。

から大体いつも雨の日は相合傘で帰っている。

どうやら朝から雨が降っている時以外は持っていないらしい。

この前の金曜日昼過ぎから強い雨がふり、どしゃ降りと言ってもいいレベルなのではないかと思う。


しかし、やはりこの日も彼は傘を持っていなかった。


雨が降っている時に合間にコンビニに出かけたりする姿も見かけたから十分買うチャンスもあっただろうに彼は傘を頑なに持たない。

きっと私の傘で帰れば問題いくらいに思っているのだ。

退勤時、「傘がない」という彼に若干呆れながら「会社に置いてある(すでに会社を)辞めちゃった人の傘借りたら?」と言うと「女物だから嫌だ」と変なところでプライドを発揮し、結局相合傘で帰ることになった。

最初は私が傘を持っていたのだけど「増田さんが持ってると俺に傘が当たるし、俺が持つよ」などと言われ、途中から傘を奪われてしまった。

一応2人の真ん中にさしてはいもののどしゃ降りを相合傘などで回避できるわけもなく、私の左半身は完全にびしょ濡れ。

私の傘ももちろん女物だ。

私の傘で相合傘するのが平気ならもう誰の物でもない女物の傘でもいいではないか……。

びしょ濡れになった後、自分が濡れた服で2時間電車に揺られることを考えると頭にきてしまい、「途中のコンビニで傘買ったほうがいいんじゃない?」と強めに彼に言う。

「傘にお金使いたくない」だのなんだのと少しごちゃごちゃ言ったものの私が静かに怒っていることを察したのか「急いで買ってくるよ」と彼はコンビニに入って行った。

これは外で待ってたほうがいいのだろうかと思ったもののすでに左半身がびしょ濡れの状態で待つの限界で一刻もはやく帰りたかったので「お疲れ様です」と別れ、帰路についた。

びしょ濡れの状態で2時間以上いたからなのか、現在少し風邪気味で喉が痛い。

ちょっとの雨の日なら全然いい。

でもどしゃ降りの日に傘を持つのマナーだと思う。

2017-09-15

昔、雨男だった。

夫婦揃って雨属性持ちで休みの日に出かけたり海やプール結婚式など晴れてほしいイベントでは必ず雨が降っていた。

特に嫁の方が雨属性強くて、旅行テンションが上がると必ず強い雨が降る。

この時期に国内国外わず台風が直撃して飛行機も延期・欠航する。

以前にタイ旅行友達と行った時は、雨も散々だったが帰ってきてすぐタイ洪水が起きた。

友達や親戚などにネタにされていたのだけど、ある神社にお参りに行ってからと言うものピタっと雨が降らなくなった。

旅行などでもほとんど降らないか降っても車に乗り込んで移動を始めてからとかで影響があまりないタイミングで降る。

二人ともプラシーボとかじゃないって最初は言っていたけど、周りにお参りに行ったこととかは特に言わないのに「最近、○○と一緒に出掛けても雨降らないね」って言われるようになった。

二人ともに効果半年ほどで、それ以降は面白いように出かける度に雨が降る。

しかしたら、目に見えないゲームのようなパラメータがあって良い行いをしたり、神社などの穢れを払うような場所に行くことでリセットされるのかもしれない。

そんな嫁と今年も夏前にお参りに行ってきたのだけど、強烈な勢力を保った台風が迫る中、明日甲子園野球観戦、明後日劇団四季へとお出かけイベント満載だ。どうなることやら。

2017-06-08

亀の日光スポット

家の近くの川に、晴れた日は亀が日光浴をしている岩がある。

岩と言っても人工の消波ブロック的なもののようで、十字型をしたコンクリの塊のような感じだ。

多い日には狭い川のどこにいるのか20匹近くがわらわらとよじ登っていて、

毎朝通勤中に土手の上からその様子を見ると、身近にもこれだけ生き物がいるのだとわかって嬉しい。

先日、少し強い雨が降った。翌日は晴れたが、亀たちはいなかった。

みんな流されたのかな?と思っていたのだが、さらに翌日にはいつもより多いぐらいの数が日光浴をしていた。

元いた亀は流され、上流から別の亀が流れて来て、入れ替わったのかもしれないし、

入れ替わっていないのかもしれないが、同じようにいつもの場所にそろってよじ登っているのを見ると妙に安心できた。

7月に今の仕事を辞めたら、川の生き物の観察日記もつけてみようかな。

あの亀たちに外来種がどれくらい含まれているのかとか、結構興味がある。

2016-09-11

アメリカ同時多発テロ事件発生時のNHKニュース10 冒頭10文字起こし

2001年9月11日NHK総合テレビNHKニュース10」の最初10分ほど。括弧内は書き起こし者注記。内容に影響しない相槌・言い淀みはほとんど省略。

書き起こし元

https://www.youtube.com/watch?v=q-f9Gat93XQ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22467865

―――――

(オープニング映像

森田美由紀「こんばんは。」

堀尾正明「こんばんは、9月11日水曜日火曜日

森田火曜日です」

堀尾「火曜日の夜10時、ニュース10です。失礼しました。」

森田「まず、今夜お伝えする主な項目です。」

台風15号 首都圏直撃)

堀尾「台風15号今日神奈川県鎌倉市上陸しました。強い雨と風が首都圏を直撃しました。」

狂牛病 食肉・乳製品安全

森田狂牛病の疑いのある牛が国内で初めて見つかった問題…」

VTR)武部農相「食肉や、牛乳乳製品は食べても安全であると言われております。」

VTR消費者「やはりちょっと心配ですねえ。牛乳大丈夫って言うんですけど、いや本当なのかなあ」

森田牛肉乳製品安全性問題はないのでしょうか。詳しくお伝えします。」

(ここで映像スタジオに切り替わる。)

森田イチロー選手がいる大リーグマリナーズ10日の試合に勝って、早ければ日本時間明日地区優勝が決まります藤井(彩子)キャスターはその取材のため、アメリカに向かっています。また、榎原(美樹)キャスター夏休みです。」

堀尾「はい台風ニュースをまずお伝えしようと思ってたんですが、たった今、こういうニュースが入ってきました。

CNNテレビによりますと、ニューヨーク世界貿易センタービルに、11日航空機が突っ込みました。

詳しいことはまだわかっていないんですけれども、CNNテレビビルの上の部分、上部の部分が煙に包まれてる映像を伝えております。」

(ここで映像が現地ヘリから映像に切り替わる。煙を上げる世界貿易センタービル北棟(左)と、まだ無傷の南棟(右))

堀尾「ニューヨークから中島(将誉)記者がお伝えします。この映像です。中島さん。」

中島はい現在貿易センタービルから1キロほど北にあります国連本部の32階に来ています。(堀尾キャスターが小声で「うわぁ…」と言っている)

ここから貿易センタービルの上部、3分の1程度がよく見えます。下の部分は他のビルに隠れて見えませんが、上部のうちの3分の1は見えてるんですが、そのうちの3分の1くらいから上がですね、大きく燃えていまして、黒い煙がもくもくと出ています。」

堀尾「すごい映像ですね、はい

中島「その煙、今東の方に長引いて、たなびいていまして、この煙すでに3キロぐらいの長さで、こっからますと東の方に大きく延びていまして、この煙ますます今濃くなっている様子です。」

堀尾「中島さん、今そちらは何時で、そのビルの中には人がいるんでしょうか。」

中島「今現在こちら午前9時すぎなんですけども、もう働いてる人たちはオフィスにいる可能性があります。このビル観光客もよく訪れる所で、2本…、2つ、2棟あるうちの1棟は上が観光のための展望台になっていまして…」

(「2棟あるうちの…」と話している間に、2機目の航空機(UA175便/機体番号N612UA)が画面右方から現れ、画面奥の南棟に突っ込み、炎が上がる。

堀尾「あっ!」

中島「あ、今現在こちらからも火が大きく見えました。赤く大きな火が出ました。えー、煙ますます濃くなっております

で、今言いましたようにここは観光客もよく訪れる所で、その他には下の方にオフィスがいっぱい沢山入っているんですが、もう9時を過ぎていますので、働く人たちが来ている可能性も十分考えられます。あの、こちらのメディアもですね、この様子を生中継で大きく伝えていまして、まだその原因とかこれからどうするのかといったところについては、どのメディアも混乱していると言って、詳しくは伝えておりません。」

堀尾「中島さん、あの今2機目の飛行機がね、ビルに突っ込んだようにも見えたんですけども、そちらは確認できますか?」

中島ちょっとその、もう一つ火が出てる所、こちらから見ると裏になってしまものですから…、ただこれ今出てる他にですねもう1か所小さい火が、もう少し小さいが出ている所がありますので、こちら確認できませんが、あのー、もちろんそういうことも考えられると思います。」

堀尾「んー… 最初にあの、ビルにぶつかった飛行機はどういう飛行機で、何人ぐらい乗ってたとかそういうような情報は無いんですね?」

中島「そうですね、このへんもまだどのメディアもこちら詳しいことはわからないということで現在情報確認中だという風に伝えています。」

堀尾「それいつ、何時何分頃起きたもんなんでしょうか。」

中島「そうですね、こちらの時間の朝の8時半から9時の間ぐらいに起きたように、こちらのメディアは伝えております。私がこちらに午前9時にちょうど来た時にはもう既にもくもくと煙が立ちあがり始めていましたので、起きたのは大体その頃かなと推察されます。」

堀尾「だいたい30分くらい前ということですね?」

中島はい。」

堀尾「あの、下にはたくさんの人たちがいるような様子はそちらから確認できますか。」

中島「こちらからは下のほうが先ほど言ったとおりマンハッタンの高いビルがいっぱい建っていまして、下の3分の2ぐらいはこちらからは見えません。ただこちらのメディアが伝えているところでは、人が多く集まっています警官などがですね、これを排除している様子を伝えています。」

堀尾「世界貿易センタービルマンハッタン島の南の端にある超高層ビル群の中の一つですよね。あの、ホテルとか企業とかが入った6つのビルディングから成ってるということなんですけども、こちらの情報ですと、1200を超える企業がこの中に入っておよそ5万人が働いてるということで、最上階にはマンハッタンを一望できる展望台があって一日8万人の観光客が訪れると言われているんですが、9時というと観光客の方がいる可能性はどうですか。」

中島「そうですね、9時ですと観光客(が)ちょうど入れる時間になったところで、(1機目の衝突が)起きたのはそれより少し前ですから、まだ観光客展望台に上がっていたということはあまり考えにくいと思います

ただ先ほど言いましたようにオフィスで働く人たちは8時すぎには、ウォール・ストリートという金融街の近くで金融関係企業も多く入ってるものですからマーケットが開く前には来ていますので、すでに来ていた可能性は十分あります。」

(ヘリ映像ズームアウトし、周辺のビルハドソン川が画面に入る)

堀尾「うわぁ…。はい現在ご覧いただいているのはニューヨーク世界貿易センタービルの生の映像です。

時間は午前9時を過ぎたところで、中島記者によりますと、およそ30分から40分くらい前に飛行機が、航空機が突っ込んでですね、ご覧のように世界貿易センタービルの上部の部分がご覧のように煙に包まれている映像です。

そして2機目もぶつかったようにさきほど見えましたが、それは確認されておりません。」

(2機目衝突時のVTRに切り替わる)

堀尾「あっ」

森田「あっ、はい

堀尾「これ2機目ですね、これ2機目が衝突する瞬間の映像VTRでご覧いただいています。赤い炎とそして、煙が出てきました。これが先ほど中継の中で、航空機ビルに衝突して2つ目の炎と煙が上がったところ、今VTRでご覧いただいています。」

(同VTR2回目)

堀尾「もう一度、その時のVTRをご覧いただきます。これです。はい。私が中島記者と中継で結んでいる間に、生の中継の中でご覧いただいた様子をVTRでご覧いただいてます。」

(同VTR3回目。「ニューヨーク 日本時間午後10時」のテロップが入る。)

堀尾「世界貿易センタービル航空機が2機、衝突したものと見られていますはいもう一度ご覧いただきますニューヨークは午前9時を過ぎたところです。中島さん。」

中島はい。」

堀尾「何か新しい情報入りましたか。」

中島「今そちらから伝えた映像がですね、こちらの各メディア生中継で伝えています番組の中でも今繰り返し放送されまして、こちらからはもう1機がぶつかったところの火もやや上がっているのが今見えてきたんですが、それからあと煙も上がったのが見えてきたんですが、この様子がはっきりとこちらのメディアでも伝えていますので、これはまず間違いないと思います。」

堀尾「この映像はどこから送られている映像でしょうか。」

中島「こちら各種、各メディア…こちらでいいますABCNBCなど3大ネットワーク、またCNNなどがヘリコプターを出したり、あとはそのすこし離れたビルにですね「天カメ」(お天気カメラ)といいますその、ビル上に設置している、通常交通情報とか雲とかの様子とか空の様子とかを伝えるカメラがあるんですけども、自動のですね、そういう映像を使って伝えている様子です。」

(再び中継映像に戻る)

堀尾「なるほど。ご覧いただいているのはニューヨーク世界貿易センタービルです。この世界貿易センタービルマンハッタン島の南の端にある超高層ビルで、センターの中には1200を超える企業が入っておよそ5万人が働いています。先ほど2機の航空機時間を違えてですね、このビルの上部に衝突したという衝撃的な映像が飛び込んできました。」

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん