「広報車」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 広報車とは

2019-09-12

被災地の知り合いから聞いた感じ

房総の知り合い複数と連絡して感じたこと。

停電じゃテレビ見れないよね?って意見あるけど、今はスマフォ車載テレビで見れる人が結構いる。もちろん、家に設置してあるタイプのやつしかない老人とかもいるけど、停電地域からテレビ見れないわけじゃないよ。

大事ものガソリン飲料水電池災害時はラジオというのももっともで電池のもちが良いなどメリットもあるが、現状スマフォが一覧性検索性でもずばぬけてる。二日目くらいからは繋がりにくい感じだが、無料Wifi開放してる施設もあり、そこそこ使える。

田舎なので防災無線などあるが、停電で使えず、市内を広報車巡回して支援や配布についてお知らせしていたが、やはりネット自動車などの足のない老人が支援から漏れてる感あり。

あとソーラーパネルマジ神アイテム停電してても昼の間なら各種機器の充電、冷蔵庫も動かせるので

具体的な個人名はあげんが積極的災害支援情報を発してる政治家には好印象。逆に何も発信してない政治家はかなり評判が悪い。自民王国が揺らぐことはないだろうが

2019-07-20

安倍晋三秋葉原演説するというので様子を見に行ったレポ

今日の18時30分から安倍晋三秋葉原演説するというので様子を見に行くことにした。

18時過ぎに電気街から出ると、すぐに日の丸を配っているおばさんやおっさんに遭遇した。候補者写真名前が入ったうちわを配っている人も複数見かけた。

自民党支持者と思われる人たちが持っているプラカードは見るに堪えないものが多かったが、中でも最悪だったのは「水爆上等 撃ってこい豚 死ぬのはお前だ」と書かれた金正恩写真入りの札を掲げている輩で、裏面には「核戦争には慣れている 試してみるか?」と書かれていて更にげんなりした。

他に朝鮮人が云々といって他人に絡んでいる人相の悪い男などもいて物騒だと思った。

警官制服警官が各所に立っていて、それとは別に10人ほどまとまって待機している制服集団ダイビルUDXにそれぞれいるようだった。制服警官の他にも「SP」という字をあしらった赤いバッジをつけたスーツの男が何人かいて、これはおそらくSPなのだろうと思った。ほかに黄色い丸か八角形に見えるバッジをつけたスーツの男や、青いバッジをつけたスーツの男もそれぞれ複数いたが、これが自民党関係者なのか警察なのかはよくわからなかった。

自民党の最下層のスタッフ黄色い丸いシールを服に貼っているようだった。ランクが上がると花の形の飾りをつけるようになるらしく、黄色や青やピンクのものをつけている関係者風の人が大勢いた。これらの色がどういう風に階級対応しているのかはよくわからなかった。

自民党広報車の上ではまだ候補者が話していて、安倍晋三の登場まで時間がありそうだったので中央通りの方に行くと、交差点山田太郎演説をしていた。なぜこの人は安倍晋三が来る会場で演説をさせてもらえないでこんなところで客引きみたいなことをしているのだろうと思った。中央通り沿いには末広町の方まで警察車両がズラリと停車していた。何をそんなに恐れているのだろうと面白くなった。

気になったのでヨドバシカメラの方の広場を見に行ったが、そこでは「NHKから国民を守る党」の候補演説をしていた。

電気街口前の広場に戻ってしばらく待っていると、麻生太郎演説を始めた。「毎年のように総理大臣が変わっていた時代が~」などと話していたが自分もその一員だったことについては触れていなかった。政権が長く続いているのは良いことであり外交も頑張っているという趣旨演説だった。内政については触れていなかったように思う。

安倍晋三が来ると、反対派の人が横断幕を上げようとするのを破壊しようと自民党支持者が暴力に訴えて小競り合いが発生した。

自分の目の前にいるスーツの男が持っているスマホが見え、LINEグループで「B地点でも上がりました下げさせて」「こちらは支持者の人が壊してくれました」などと会話していた。この男が自民党関係者なのか警察関係なのかはよくわからなかった。

安倍晋三がしゃべり出すと「安倍やめろ」のコールが始まった。目の前で小競り合いが発生したのを目撃してテンションが上がっていたので自分も「安倍やめろ」と声に出した。思っていることを、相手を目の前にして声に出すのは気分が良かった。

拡声器を使った選挙活動20時までなので、それを前にして安倍晋三は去って行った。その後、自民党スタッフが「あっべしゅしょう!あっべしゅしょう!」などとコールをするよう観衆に呼びかけていたが反応はまばらだった。一部の人相の悪い支持者を除けば、観衆の大半は安倍晋三という珍獣を見に来ただけの野次馬だったのかもしれないなと思った。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん