「安英学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 安英学とは

2009-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20090416205054

こんにちは~!

のほほんと在日です!

民族学校のことはほんとに何にも知らなかったので、いろいろ知ることができてよかったです。

私は家族以外に在日の知り合いがいないゆえ、在日スタンスって自分環境と似たり寄ったりだと思っていたんですよ。

たぶん、ことの始まりはid:F1977さんのはてダエントリーだと思うのですが、そこへ大元の増田さんのエントリーとそれに関連したエントリー

たくさんの思いや考えがあって勉強になりますね~

私も目から鱗ボロンボロンです。

ほんと、在日片思いですね。

実家はわりと半島式で、家長は絶対、長男大事、チェサをして、年末チヂミを焼き、正月は親戚が集まってトックを食べる、という家庭だったんです。

日本人結婚したことで「え、あれって半島式だったのか…」って初めてわかることもあるくらい。

だから、ハングルは話せないけれども、自分朝鮮民族だって認識してたんですよね。

でも、最初にも書きましたが、韓国の人と在日にこれほどの温度差があるのなら、

在日在日コリアンという1つの新しい文化として存在していくしかないなと思ったりしたこともありました。

ここ数日の増田エントリーを読んで、在日もまた枝分かれしているようですし、

在日コリアンとしての文化もなかなか定着しないのかもな~なんて思っている次第です。

在日増田エントリーだけでもいろんな人がいるじゃないですか。

スポーツ界でも、本名帰化して日本代表になったサッカー李忠成選手

北朝鮮代表として試合に出る鄭大世選手安英学選手、など。

日本ハム森本ヒチョリ選手名前ハングルですね(ハーフみたいですが)。

通名帰化して活躍している野球選手も。

それぞれの想いがあって(あるいはないかもしれないけど)、それぞれが選択した道なんだろうなぁ。

私は裏社会のことも聞きかじりくらいしか知らないし、

歴史政治もちゃんと理解していないところもありますから、

私の考えなんて甘いったらないです。

一世のハラボジ、ハルモニ、二世の両親世代のつらい思いや経験を無視してるわけではないし、

北朝鮮にいる消息不明のおじさんや会ったこともないイトコのことを考えると複雑だ。

のほほんとしてていいわけない。

これは今の自分の考えに対して自分自身の中にある矛盾です。

だからここ数日の増田エントリーを読むことでグラグラ揺れる部分があって、それで自分エントリーしたわけなんですが。

時代が変わったこともあって、三世以降の在日が様々に枝分かれしていくんだろうなとつくづく思った1週間でした。

乱文ですんまそん。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん