「大使召還」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大使召還とは

2019-08-05

少々不謹慎思考実験として

あいちトリエンナーレの「少女像問題が物議を醸している。

日韓問題政治的しこりが大きくて感情的議論になりがちだ。そこで他の国でもし政治的意味合いを付加された像が建てられたら、どういう反応が起きるだろうかという思考実験をしてみるのはどうだろうか?

アメリカ大使館前に日本人原爆の子の像が置く

中国大使館前にチベット/ウイグル政治犯として犠牲になった人の像を置く

ロシア大使館前にウクライナ人がホロドモール犠牲者の像を置く

ドイツ大使館ユダヤ人がアンネフランクを模した少女像を置く

韓国大使館前にベトナム人ライダイハン像を置く

…どのケースも普通にアウトに思える。どの国も普通に大使召還くらいの対抗措置は取りそうだし、像を置いた外国人との間で流血沙汰になってもおかしくないように思う。

さて、これらの例はここ100年くらいの出来事から生々しいのだろうか?数百年、数千年単位歴史をさかのぼるとどうだろうか?

モンゴル大使館前に日本人元寇で亡くなった壱岐/対馬の人の慰霊碑を建てる

スペイン大使館前にペルー人インカ帝国征服犠牲慰霊碑を建てる

イタリア大使館前にフランス人カエサルガリア征服犠牲者の慰霊碑を建てる

ギリシャ大使館前にイラン人アレクサンドロス大王遠征犠牲者の慰霊碑を建てる

…書いてる途中で馬鹿馬鹿しくなってきたが、完全に過去歴史になったものですら国際問題になりうる事に気づく。例えるなら学生の頃の恥ずかしい写真会社デスクに貼り付けるような挑発行為とでも言うか。

実際、例に出したモンゴルでもコロコロコミックのチンギスハーンの件で炎上事件起こってるくらいだし、下手すりゃ国交断絶くらい行きかねないと思ったり。

こうして考えると大多数の日本人は相当我慢強い対応を取ってるように思う。思考実験他国の例を考えると、歴史上の痛ましい出来事であってもむやみやたらに正義棍棒として振り回すのは限りなくヘイトに近い行為のように思えるのだが、みなさんはどう感じるだろうか?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん