「咽頭炎」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 咽頭炎とは

2021-09-09

俺のコロナ体験

https://togetter.com/li/1771668

SNSは叩かれるの嫌だし、ブログもやってないのでここに書く。勢いで書いたので乱文でごめん。

1日目

先月半ばのお盆の朝、実家帰省(よくないけど)。寝て起きたら喉に違和感を覚えた。喉の奥の方が局所的に乾いている感じ。実家東京より寒かったので、寝冷えして、ちょっと熱っぽいけど風邪かなと判断

2日目

微熱は翌日も続く(37度くらい)。両親(ワクチン接種済み70代)、子供(6歳)、兄(40代ワクチン未接種)も一緒にいて兄も微熱っぽいと話す。喉は軽く咳がでるくらい。

その日のうちに兄と自分は帰ろうということになり、夏休みの子供をおいて車で帰京。自分が車を運転し、2時間くらい車内で兄と一緒に過ごす。帰りに薬局自分でできる抗原検査キットを買ってお互い試すも陰性。

でも、という不安もあり帰京後は妻とはあわず仕事場に(フリーランスセカンドハウス的な事務所寝床もある)。翌日、熱が39度くらいまであがって、やや痰がでる。食欲はあり、uber eatsであれこれ頼む。

3日目

高熱が継続。さすがにヤバみを感じて、ロキソニンで熱を下げたタイミングで、近くの病院を調べて発熱外来受けてるところを検索ほとんどの病院が予約いっぱい、即日は無理でダメだったが、近くの少し離れた各停駅のクリニックが今日できるとのことで、自分運転してPCR検査を受けに向かう。食欲はまだあった。一応レントゲンで肺の検査をしてもらうも、肺はいまのところ問題はなかった。

PCRの結果は翌日とのことだったが、もう待たずして普通風邪の熱の出方じゃないし、コロナ以外なら逆になんだと思っていた。咳はあまりでなかったが、喉の痛みが独特で、普通風邪なら中が腫れる感じがあるけど、そうでなく、喉にカッターでいくつも切り傷をつけたような、喉に紙やすりでもかけたような、外傷的な痛みがあった(この痛みは10日目くらいまで継続)。

4日目

高熱継続。38度半ば〜39度半ばをずっとキープ。咳はでないが、体の節々がいたい。ただ自分場合、この痛みは普段風邪でも出る症状なので、そこまで辛くはなかった。カロナールの方が良いとのことだったが、ロキソニンよりも効きがよくないため、ロキソニンを6時間ごとに常用。ロキソニン副作用などこの発熱に比べたら軽いもんだと思っていた。飲んで熱下がって1時間くらいは元気モードになるので、そのタイミング簡単かつ緊急の仕事をこなしたりもした。病院から連絡きて、コロナ陽性。保健所から連絡がいきます、とのことだったが、連絡きたのはそれから3日目だった。都内市部だが、特に家族構成も聞かれず、食事配達の連絡もなし。漫画家レポートにもあったけど、もう濃厚接触者は追っていないという。感染経路の心当たり聞かれたが、ない、というと、「今はもうそういう方がほとんどなんです」と言われる。結局、意味あったのはやばかったらここに連絡してください、という電話番号を教えてもらったくらいだった。

この段階で一人でいるのは不安になったので、家に帰る。戸建てでトイレは二つあったので、妻とは完全に隔離して、部屋にキャンプ用のMakitaの電源付き冷蔵庫を持ち込んで飲み物を部屋に常備。アイスノンも部屋で大量に冷やして、後頭部と額を冷やし続けた(これはかなりおすすめなので、皆さんもコロナ対策キャンプ冷蔵庫あるといいと思う)。薬の飲み過ぎか、胃のもたれもあり、食事ほとんどおかゆとかおじやくらいしか食べる気がせず、何とかそれらを口にいれた。飲み物ポカリ炭酸水

ちなみに前日に兄も発熱し、PCR受けて陽性発覚。兄も自分と同日に喉の痛みを訴えていたので、どちらが先かはわからないが、発熱の順番からいえば自分が先にかかっていたのだと思う。ただもちろん飲み会などは言ってないし、仕事フリー、かつ車移動なので普段電車も乗らない。どこで感染たかさっぱりわからない。

念のため、妻もPCRを受けたが陰性。あと両親と子供PCRを受けたが陰性でほっとする。実家にいた時はそれなりにマスクなしで近距離で彼らとも喋っていたが、うつってなかったのは両親はワクチンのお陰で、子供は単に運がよかったのかもしれない。

5日目

高熱継続ロキソニンカロナール有効だったので、対症療法で熱下げて、その間にご飯を食べたりする生活。薬は市販の喉薬とあとは大量のビタミンサプリ特にビタミンCを朝晩にわけて、1日2000mgとった(CDCか何かの推奨をみて)。一度深夜に目が覚めて妙にすっきりしてたので「あれ、治った?」と思って熱測ったら40度に達していて、本気でヤバみを感じた。自分場合夕方6時頃と朝方5時頃が熱のピークだったので、その時間にあわせてロキソニンを飲むようなローテーションを組んだ。

あとこの日、コロナ心配した知人(心配性で未感染ながら色々情報を集め、対策ガジェットを集めたり、薬を個人輸入している)からベルクチンインドから輸入した人間用)が送られてきた。副作用はないとのことだったので、信じて飲んだ。正直、ネットでは色々言われているのは知っていたけど、この時は熱が辛すぎて、よくなるなら何でも飲んでやるくらいのヤケクソな気持ちだった。

結果、翌日には症状の「悪化」が止まったような印象はあった。それまでは体内で続々とウィルス部隊が増えていたのが、増加が止まって、体内に残った既存ウィルス部隊と体の対決になった感じがした。ただこれについては「じゃあ飲まなかった場合はどうなってたのだ」という比較ができないので、効いた気もするけどそうでもないかも、と言われたらそんな気もする。健常者が聞いたらプラシーボだと思うだろうが、当時は確実に気休めにはなった。そのあとイベルクチンは5日間飲み続けた。胃というか食道が気持ち悪くて食欲が落ちたけど、それがイベルクチンのせいなのか、他のロキソニンなどのせいなのかわからない。

余談だけど、自分はほぼ野々村真罹患と時期的にはパラレルで、症状の急変というニュースもこの頃多かったので、自分悪化してるのか回復してるのか、ウィルス拮抗状態にあるのかわからないのが何より辛かった。自分の症状もこれでも「軽症」。ただ実際かかってみると、個人体験として全く「軽」くはない。それから「急変」という言葉メディア安易に使われているけど、どのくらいの症状の人がどのくらい「急」に変化したのか、さっぱりわからいから、自分もいつか急変するんじゃないかと戦々恐々だった。

6、7日目

基本的には5日目同様。ただ熱が39度台まであがることは少なくなり、38度半ば37度後半で続いた。でも気を抜くとまたすぐ悪化しそうな気配もあり、終わりが見えない。

兄とは連絡を取り続けていたが、兄の方が症状やや軽く(自分より年齢は6つ上だが、痩せ型)、一番あがっても38度半ばだったらしい。変な話だが、一緒に感染した人がいて情報交換しながら過ごせたことはまだ気休めにはなった。あと余ったイベルクチンを兄にも送って4日ほど飲んだそうだが、効いたか効いてないかはやはりわからない。

あとこの頃、熱が下がらないので妻が保健所と連絡をとり、症状を伝えたところ、年齢(40代前半)の割に「そこそこひどい」とのことでホテル療養を勧められた。ホテル確定まで行ったが、「ホテル内では自分洗濯しないといけない」という事実を知らされて、やめた。毎日ロキソニンやらで解熱、着替えを何度もしていたので、とても10枚程度の持ち込みではローテーションがもたないと思った。あとは正直、自宅がまあまあ広く一定隔離できていたので、これなら(妻には申し訳ないが)自宅の方が環境としては良いだろうと思ったから。ホテル療養のメリットは一応看護婦がいることと、いざ悪化して病院送りになる場合に、自宅よりはいくらか優先的に入れることだったが、一応微々たるものながら回復している感覚があったからやめたけど、ひとり暮らしの人とかは絶対ホテル行った方がいいと思う。


8、9日目

やっと熱が下がり始める。37度半ばの日が続いて、ロキソニンを飲んでいる限りはほとんどの時間普通に過ごせるようになる。ただ、毎朝起きるとやはり37度半ばに戻っていて、まだ終わってないとゲンナリする。食欲はまあまあ戻っていて、うどんそばなど食べられるようになったが、例によって味覚というか嗅覚異常があり、「風味」的なものが一切わからない。全部の味がズレているような変な感じ。特に好きで飲んでいたコーヒーがただの苦い汁になったことがショックだった。ただ結果的には毎日飲んでいたコーヒー自分の味覚の判断基準になっていたので、そういうものがあると味とか嗅覚異常の回復判断に良いとおもった。

10日目

朝起きて熱を測ったら37度以下。やっと終わったという感じがした。映画など見て過ごせた。嗅覚異常はあるので、食欲はそこまでないが、肉とか味が濃いものが食べたくなり、キムチ鍋などを食べた。そのあと吐きそうなくらい胃がもたれた。

自宅療養期間の10日目ということで保健所から連絡がくるかと思いきやSMSが1通きただけ。書いてあるのも緊急連絡先くらいだった。なお、いまは回復時のPCRはやらないらしい。回復後もウィルスの死骸などで一ヶ月程度は陽性判定になるため。一応保健所基準としては3日平熱が続いたら回復、という判断らしい。(が、漫画家さんのケースを読むとその後に肺炎悪化ということもあるみたいなので大変だ)

兄も10日目くらいで保健所から連絡がきたそうだが、陽性判定から13日後に食事が届いたらしい(自分は一切届かず、また聞かれもせず)。保健所はとっくに崩壊している。

11~14日目

日中はだるさが続いて、やたら眠い。熱はないのに、朝起きて、昼ごはんまで寝て、昼ご飯食べたあとはまた夕方から夜まで寝て、という寝たきりみたいな日が続いた。痰はまだ結構でて、(汚い話で恐縮だが)最初緑色いかにも「がんばった白血球死体」みたいな濃い痰が出続けて、徐々に薄い透明な痰へと変化した。3日ほど寝たきり生活が続いたものの、徐々に外に出る生活をはじめた。

結局、体のだるさはネットでもよく見た上咽頭炎というやつと、寝たきりによる筋力低下、精神ダメージによるやる気の低減、の合わせ技な感じがする。

15日目〜現在

まだ軽く咳はでるが、もうだいぶ日常生活に復帰している。嗅覚異常もほとんどない。筋力が落ちたせいで、ちょっとした物を持つとその後二日間くらい筋肉痛になったり、体がどっと疲れたり、肩こりがすごくなったりはするが、後遺症症状そのものとしては軽い方なんじゃないかと思っている。

総括

自分場合は戸建てで隔離もできて、かつ妻のサポートもあったり、子供夏休みで不在(実家帰省、よくないけど)だったこともあり、かなり恵まれた状況での罹患だったから助かったと思う。だけどこれが一人暮らしだったりしたら確実に死ねるな、と思うくらいにはきつかった。罹患した時期はちょうど仕事が忙しく、この山を超えたらワクチン予約しようくらいに思っていたところでの罹患だったのでそれがまずかった。いま忙しくてまだワクチン打ってない人はいますぐ打った方がいい。万が一罹患したら二週間は確実に飛ぶ。

こんなのSNSに書いたら袋叩きにあうだろうが、実家に帰った時に発症したのに両親に罹らなかったのはまじで不幸中の幸いだった。

あと気休めながらパルスオキシメーターは買った方がいい。自分最初数日アップルウォッチ のでなんとなく見ていたが、全然当てにならないこともあり、楽天で1万以上するやつを買った(今は在庫不足で価格が高騰していてバカバカしいが仕方なかった)。

それからキャンプ冷蔵庫があると、いちいち人に頼まなくてすむのであると便利。アイスノンもすぐ熱くなるのでローテーションできるように10個くらいあるといい。

市販薬は多分ほとんど役に立ってないけど、喉く〜る的な咳を沈めるやつはあってもいいと思う。

2021-08-27

anond:20210827160107

「かぜ」ってどんな病気

通常「かぜ」と呼んでいる病気正式な病名は「かぜ症候群」と言われる病気です。

普通感冒」「インフルエンザ流行性)感冒」「咽頭炎」「気管支炎」など主に上気道(空気通り道)の急性の炎症を指します。

かぜ症候群の原因の80~90%はウイルス感染で、他には寒さ・アレルギー細菌感染などが挙げられます

2021-05-10

流行ってるPCR検査ってやったことある

こないだ受けてきたよ。

4/19の週に高熱が出て、発熱外来に行って、咽頭炎って診断でPCRなしで薬もらって帰ってきたのね。

薬を飲み切ってだいぶ良くなったなと思ったら、4/26の週にさらに高熱が出たので、もう1回発熱外来に行ったのよ。

2週続けてなのでPCR検査になりました。

結果は陰性で安心

PCR検査って、めっちゃ痛いよね。鼻がツーンとするとこあるじゃん?あそこまで綿棒入れてぐりぐりするのね。10秒間。

話のネタにはなるなと思いました。いい経験

風邪自体は長めに薬出してもらってて、飲みきったらまあほぼほぼよい。咳が若干あるぐらい。体調は問題ない。

 

3月4月もフルでリモートワークしてて、外出もスーパーの買い出しだけ。

100%家で食事のつつましい生活しててコロナだったら泣けるよね。

風邪の原因は、娘が4月から保育園に行きだして風邪もらってたからその影響。

娘の鼻水吸うのに人力で吸う方式の安いやつでやった次の日から風邪ひいたからたぶんそれ。

電動のやつ買いました。

鼻水吸うときは電動のがいいぞ。

んじゃまたねー。

 

追記

会社PCR受けたって言ったら気が気じゃなかったみたいで毎日結果出たか聞かれた。

まだ会社からは誰も出てないからね。

会社の入ってるビルとか会社ホームページとか、各方面にお知らせが必要なのかな?

コロナになってもろくなことないからね。

みんな外出せずに予防に徹しようね。慢性的味覚障害になったら生きてく楽しみ激減だもんね。

2021-04-23

咽頭炎なんだけど、どうしてもポテチ食べたくなって。

食べたらむせてとんでもないことになるのわかってて食べたんだよね。

そしたらやっぱりむせたよね。

鬼のように咳出てつらい。

ポテチめ。

咽頭炎って診断されて4日たつけど薬切れると熱上がるんだけど。

本当に咽頭炎なのかしら。

テレワークから外に出てないので悪さはしてないけど、ちゃんと診断してほしい。

薬飲み終わっても熱出たらまた病院行かなきゃ。つら。。。

2021-03-19

2年ぶりに病院行った

毎日手洗いうがいをしていたのに、残業がたたって遂に熱を出してしまった。

仕方なく近所の病院に行ってみたら、コロナ前は風邪ひきのちびっ子で溢れかえっていたのに、今は大人が数人来ているだけだった。

意外と皆風邪引かないんだな…。

結局咽頭炎だったんだけど、コロナインフルじゃなくても風邪をひくときはひくのだ。気をつけよう。

2020-07-31

冷房のほうがむしろ喉を痛める

冬より夏場のほうが喉痛くなる

咽頭炎とかよくなるタイプから、逆に冬はマスク加湿器、寒さ対策でいつもきをつけてたせいかなぁ

1kに引っ越しからというものエアコンは6畳には適していないか冷房風邪ひいてばかり

除湿27度ではあまり涼しくないし、1kに住み始めてから冬にさほどひかなかった風邪が増えた

2020-02-02

咽頭炎めちゃ辛すぎワロタ

先週なーーーんか喉痛いなァと思いながらも葛根湯マスクで紛らわす、が発熱する

しかネットで新型コロナかも(;_;)つって不安になって受診されるの迷惑からやめて!!!みたいなの見た事もあり、

インフルなんか基本寝てれば充分やし受診せんでもええ!!みたいなのも見た事あるからとりあえず寝て様子みよ!!とおもって休む(弊社割とホワイト)

翌日目覚めると喉が封鎖されている、唾が飲み込めない、完全に混乱し何故こんな痛い!?!?と半泣きになる

痰に血が混じり不安になり検索する(←アホ)と

肺炎の疑い…

怖いーーーー(;_;)

怖すぎて動けなくなりもう一日様子を見ることに

翌日、熱下がらんし喉が燃えとる、これ絶対おかしい…

でもどう考えても岐阜の超田舎コロナは無いと見て普通に耳鼻咽喉科

先生喉見た瞬間咽頭側索炎!!と叫ぶが朦朧としすぎて(サクサク炎…????)と頭の中がはてなで一杯に

からスコープつっこまれて痛すぎて号泣、画面に膿の海が映し出されて先生にこれは酷い!!もっと早めにきたら良かったよ!!!と言われ自分の愚かさにも号泣

三日病院通って点滴打って解熱剤飲んで生還しかしいまだに体がふらつく

かなりダメージ喰らった感じする

病院は早めに行ったほうがいいよ本当

2019-05-06

anond:20190506182852

代表的性病ウイルスでなくても、喉に感染して炎症を起こすことはある。

いわゆる咽頭炎になってる可能性があるので、早めに病院に行った方が良い。

2018-08-06

anond:20180806100706

なるほど!

私の会社制度で年に何回かそういう制度があるので、その際に伝えるのも手でしょうか。

初めて扁桃腺肥大した時も夏でした…

お姉さんもお大事にしてください。

全摘手術は術後がつらいし私みたいに咽頭炎は続く場合もあるけど、水が飲めないくらい腫れることはなくなるのでチャンスがあったら切るのも良いかもしれません!あと絶対いびきかかなくなります

anond:20180806095152

素晴らしい会社ですね。

休んだのは今日が初めてだけど、私も咽頭炎持ちで(扁桃腺全摘手術済み)割と熱はしょっちゅうします。

これからも休む可能性があるかもしれないのにそういう質問をされてムッとしたのかも。

ありがとうございますゆっくり喉を休めます〜。

2013-06-23

長年引いていたのは風邪じゃなかった

http://anond.hatelabo.jp/20130601235722

http://anond.hatelabo.jp/20090401200113

上の20年来のつらさが消えたというのを私も4年くらい前に読んで試したけどだめだった。

私の場合は別のところに原因があり、それを治したら18年来のつらさが消えた。

結論からいうと、上咽頭炎というらしかった。広い意味では風邪かもしれない。

喉の上のところが慢性的に腫れているため、そこから全身倦怠感などの症状を作り出すらしい。

喉を治したら風邪(だと思ってたもの)を引かなくなった。

18年前から、週1〜月1で風邪()で寝込んでいた。

1回に3日〜7日くらい寝込む。学校会社休みがちで本当に悲惨だった。

学生ときからずっと以下の対策を講じてきた。

手洗い、うがい、バランスの良い食事、ストレスをためない、徹夜しない、睡眠をしっかり取る、ビタミンCにんにくねぎ生姜生姜紅茶クエン酸ドリンクキョーレオピンはちみつ養命酒漢方専門医の処方した漢方整体足湯半身浴、はり、灸、太極拳気功マクロビ耳鼻科内科甲状腺検査大学病院での総合的な検査、その他色んな病院医者相談扁桃腺除去の検討扁桃腺全然腫れてなかった)、精神科(投薬もした)、カウンセリングロイヤルゼリープロポリス、寒風摩擦、有酸素運動マラソンアーユルヴェーダ(本場にも行った。2カ国で治療を受けた)、部屋の掃除アレルギー治療、逆に気にしすぎも良くないのでこれらを何もしない、自律神経強化体操深呼吸腹式呼吸ヨガ田舎に行ってきれいな空気を吸う、気合いを入れて絶対に風邪引かないと思い込む、ごはんとおかずを沢山食べる、納豆を食べる、元気な友達と遊ぶ、様々なお茶でうがい、人ごみいかない、電車ではマスク

このように数知れずの風邪対策を順番に、1項目を最低半年〜18年実施した。

でも風邪を引いてしまう。

会社では気合いが足りないとか虚弱体質とか、すぐに寝込むから信頼できないとか、病院でちゃんと見てもらえとか、休職するならいつまでに完治するのか明言せよとか言われて、迷惑をかけ続けるのが本当につらくて何度も退職転職を繰り返した。朝起きて体が猛烈にだるくて起き上がれなくて、会社に休む電話をするときのつらさといったら。人生ほとんどをこうして過ごして、性格も歪んでる。無表情、無感動。まあそんな性格は隠せるからいいけど。親もそんな体質があるなんて理解できないようだった。何もしてくれなかった。体調を崩してもいいように、自宅での請負仕事転向もした。でも解決にはならず。毎日毎日風邪を引かないことばかり考えていた。

風邪」で寝込んでる、そのせいで会社をやめたなんて言っても誰も同情も理解もしない。障害者認定もされない。

18年の苦しみは何だったんだろう。

医者にも行きまくったし、google先生にも聞きまくったのに何故病名が見つからなかったんだ?

医者では「風邪です。抗生剤します。ゆっくり休んで下さい。週に1回風邪をひく?体力をつけるようにしてください。検査の結果は全て異常なしです」としか言われたことはなかった。

>もう少し若い時に同じことができたら、高給取りのコンサルになれたのにな

本当にそう。大学同窓生は働き盛りでみんな生き生きと仕事をしている。私より出来がいいとも言えない人でもみんな私の何倍もお給料がある。わたしもそうなっているはずだった。

頭も別に悪くなくて、向上心もあって、努力も工夫もしても、体調が不安定というだけで社会人としては壊滅的。単に悔しいというのもあるけど、医療費と働けない分の収入のロスで経済的にもダメージがひどい。

これから人生を立て直したいと思う。

2010-07-13

手足口病の不気味な蔓延

プール熱だとか、ヘルパンギーナ(急性ウイルス咽頭炎、水疱性咽頭炎)と言われているが、実体は、ピコルナウイルス科のエンテロウイルスと呼ばれるウィルスであり、このうちのA型が、人に感染する。このウィルスの近接種であるピコルナウイルス科のアフトウイルス属は宮崎畜産を壊滅させた口蹄疫ウィルスである。

エンテロとアフトの差によって、口蹄疫人間には感染しないとされていたが、口蹄疫蔓延国である中国では、人に感染する口蹄疫が発生しているという未確認情報が流れてきている。これは、口蹄疫が豚に感染し、豚は人間用の薬品や美容品原料の生産に使われるくらいに、人間に近い部分がある事から、人間感染する型に変異してもおかしくない為である。

鳥インフルエンザが豚に感染すると、人間感染する型に変化する可能性が発生するように、アフトも豚に感染する事で、人に感染する形に変化するのではないかという仮説である。

アフトが人に感染するようになるという可能性や、アフトに感染している豚がエンテロに二重感染する事で、エンテロがアフトの特徴を取り込んで、より強力な、人間感染する口蹄疫が発生するという可能性もある。

いずれも可能性の状態であって、実現しているかどうかは、中国で発生しているという新しいタイプ手足口病ウィルスを分離・検定してみなければわからないが、間違いなく人間感染するウィルスである事から、検疫体制が整った状態でなければやれない。

口蹄疫は、経済動物である家畜感染した場合、肥育効率が悪化する上に、食味が落ちて商品価値が無くなる為に殺処分されるが、非食用である人間場合、肥育効率は関係ないし、採算を度外視した治療が行われる事から、寛解する。問題は、寛解した人はウィルス保有者であり、スプレッダーとなりうるという点であろう。

口蹄疫ウィルスですら日本に持ち込まれたのだから、人間ウィルス保有者となりえる"人に感染する口蹄疫ウィルス"は、簡単に持ち込まれるであろう。

手足口病乳幼児を中心に広まっており、かわいい孫が、のどの奥に水疱ができ、高熱、食欲不振嘔吐など、口蹄疫とそっくりの症状で苦しんでいるのである。

口蹄疫に罹った牛や豚は皆殺しというのが、今の政府与党の方針であり、肝心のウィルス日本への持ち込みを防ぐという発想が無い。むしろ、中国人ビザの条件を緩和して、ウィルスの持ち込みを促進しようとしているぐらいである。

[2010.7.11]

http://www11.ocn.ne.jp/~ques/diary/diary.html

2009-03-17

咳が止まらない

咽頭炎花粉症黄砂

そろそろ落ち着いてくれないだろうか。

今年もステロイド剤に手を出さないといけないのだろうか。

花粉症の辛さを別のものに例えると、というジョンソン・エンド・ジョンソンの調査結果が有ったけど

http://www.jnj.co.jp/group/press/2009/0225/index.html

どうせ選択式の設問だったんだろうけど例えるならもうちょっとまともな例えにしてほしかったよ…。

スイーツ禁止!」とか解らんでもないけど、人によっては意味不明すぎるだろう。

もっとこう、例えば…

  • 目を取りだして金たわしで洗いたい!とか
  • 目を取りだして炭酸水に浸してしまいたい!とか
  • 数ヶ月間風邪ひき(微熱付き)とか
  • 鼻の中に大根をつっこまれる痛m…これは出産の痛みだった。

とかいろいろあるだろうよ。

結局

金玉に衝撃を食らった痛みを女が理解できない」

出産する時の痛み/生理痛苦痛を男が理解できない」

と同じように

花粉症ではない人には花粉症のつらさは解らない」

って結論にしかならんのだよね。

回答に出てる内容がそんな感じだ。花粉症ではないスタッフが作ったアンケートなんだろう。

そうに違いない、むしろそう思いたい。

鼻が詰まる・微熱が出る、そして色んなかゆみというのは人の集中力を大幅に削るもので、

そういうのがヒューマンエラーにつながるんだよなーとか、車運転している最中くしゃみをして急ブレーキ踏んでしまった時に思った。

くしゃみした瞬間アクセル踏み込んだとか急ブレーキ踏んだとかで事故って有ると思う。花粉症事故とか超怖い。

「かゆみ」は軽度の「痛み」らしいけど、「痛い」のはある程度我慢できても「かゆい」のは我慢するのが大変だと思う。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん