「危険地域」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 危険地域とは

2021-01-14

ソニーさん、あのねぇ。なんていったらいいんだろうな。

西野七瀬さんがバイト中にぐうぜん、撮影アルバイトインフルエンサーを踊れるかドッキリがあってね。

なんていったらいいんだろうな。

もう仕込みだと思った店長が気を利かせて、本人もノリノリで気を利かせた結果、

プロデューサーガチ謝罪に行くという事故がですね

 

あの特に湯島天満宮あたりは危険地域ですが

本当にいることがあるから

普通にそのへんを通っていることがあるから、気をつけてね

 

プロデューサ女性だったらしい。そりゃ店長仕込みとしか思わない。

2020-11-06

anond:20201106093233

いや、てか、政治家がコソーリ危険地域から親族避難させるのと一緒で、ホンマの「かしこ」は静観させて、清廉潔白バカ脳筋アホと無敵ゾンビーと糞袋消費者に国を延命させるための方便でしょ?

2020-07-08

災害危険地域に住むかという問題

政治的には、災害危険地域指定してそこからの転居を促す政策をするということになるはず。

災害危険地帯指定されると地価が下がるから反対するという住民も当然いるだろう。あるいは地元の有力者地主が反対することもあろう。

存在しないかも知れないが)心ある政治家ならば泥をかぶっても災害危険地域指定と転居政策を進めるだろうが、心ない政治屋ならば政治的には何もしないですべてを住民責任としてしまうだろう。

2020-06-13

稼ぐなら海外、それも危険地域が一番だ。

人が嫌がる海外危険地域で働けば、定年後のただの爺いでも手取りで軽く一千万円を超えるような年収になる。現役なら、それこそ二千万円を超えるのだ。今更ながら先進国キリギリスのように働き、散財しながら過ごして来たことを後悔しながら、危険地域で働いている。酒も飲めず、健康的になり、筋トレくらいしかやる事もなく痩せて腹筋も割れて来た。まだ年金もそこそこ貰えそうな世代に属しているし、日本にいて低俗マスメディア政治家に腹を立てながら、お情けのような給料で働くより、海外で働いている方がマシだと思っている。海外畑のサラリーマンであまり日本に居なかったことは幸いだった。今や世界中首都であれば、暮らし方を学べばそこそこの生活が出来る。最近債務不履行に陥ったゴーンさんの故郷レバノンなんかも危険はあるが、街自体は悪くないし、美味いフレンチに魚料理もある。あと少し稼いでコロナがおさまった頃、2年後くらいか日本に帰るかと思っている。親が資産家で金持ちとか起業成功したりしたら必要ないが、海外展開している大企業に先ずは潜り込み日本に拘らずに若いから外に出る事をお勧めする。社内で出世競争するより、楽しいし、自由時間日本にいるより、圧倒的に持てるし、稼ぐ事も出来ると思う。人間長年にわたり海外で揉まれれば、仕事はついて来るものである

2020-06-05

海外危険地域での出稼ぎ

バツ2で子供二人、マンションを元妻二人に渡し、大学卒業まで子供養育費を支払ったので定年を迎え、退職金借金は完済したが、貯金なし。老後2千万円を年金受給開始までの5年間で稼ぐとなると出稼ぎしかないと追い込まれて昨年秋から中東出稼ぎに来ている。今月から日本での住民税徴収もなくなるので貯金額も増える、また65歳で帰国すれば前年度の日本での収入ゼロとなり、年金から住民税徴収がないので海外出稼ぎ地として選び、さらには5年で2千万円が必須となればテロ地域で働くしかない。今はコロナ下でも現場に出て現地人の指導管理従事している。年なので感染したらやばいのだが、金がないので働くしかない。2千万円には36カ月で到達しそうだが、この際、出来る限り稼ぐつもりだ。大した資本を持たない貧乏サラリーマン日本語以外に2カ国語くらいは覚え、手に職を身につけないといざという時に稼げないし、自由気ままには生きていけないのだが、やはり下級国民は辛い、60歳にもなってこのあり様であるしかし、中東現場でもDX導入は必須であり、世の中の流れは加速度を益々上げている、ぼやぼやしていると生きていくのも難しくなりそうだ。誠に持ってトホホである

2020-06-03

海外危険地域での出稼ぎ

バツ2で子供二人、マンションを元妻二人に渡し、大学卒業まで子供養育費を支払ったので定年を迎え、退職金借金は完済したが、貯金なし。老後2千万円を年金受給開始までの5年間で稼ぐとなると出稼ぎしかないと追い込まれて昨年秋から中東出稼ぎに来ている。今月から日本での住民税徴収もなくなるので貯金額も増える、また65歳で帰国すれば前年度の日本での収入ゼロとなり、年金から住民税徴収がないので海外出稼ぎ地として選び、さらには5年で2千万円が必須となればテロ地域で働くしかない。今はコロナ下でも現場に出て現地人の指導管理従事している。年なので感染したらやばいのだが、金がないので働くしかない。2千万円には36カ月で到達しそうだが、この際、出来る限り稼ぐつもりだ。大した資本を持たない貧乏サラリーマン日本語以外に2カ国語くらいは覚え、手に職を身につけないといざという時に稼げないし、自由気ままには生きていけないのだが、やはり下級国民は辛い、60歳にもなってこのあり様であるしかし、中東現場でもDX導入は必須であり、世の中の流れは加速度を益々上げている、ぼやぼやしていると生きていくのも難しくなりそうだ。誠に持ってトホホである

2020-02-19

中国在住です。

なんでダイヤモンドプリンセス号の乗客を野放しに下船させているの???

最初に、いま世界新型コロナウイルス患者数が一日あたり二桁台以上で増加しているのは中国湖北省ダイヤモンドプリンセス号だけです。

毎日ニュースで「中国新型コロナウイルス患者数が~」とありますが、発生の99%以上は湖北省武漢です。

他の省の発生数は一桁台で、現在のところ中国当局は新型コロナウイルス武漢への封じ込めに成功しています

今後、中国当局は湖北省の人へ、他地域への移動を許可しようとしているようですが、

その際には、たとえ無症状の人でも14日間の自宅待機+経過観察を義務付けることで、

無症状者の危険地域から隔離と、感染していた場合のことを考慮し、行動の紐付けを行おうとしています

私は現在湖北省現在ダイヤモンドプリンセス号は同じ状況だと思います

1月末からの、武漢からの現地日本人日本への移動は症状の有無に関わらず隔離がありましたし、

今後の中国当局も湖北省の人に対して同じアプローチを取ろうとしています

現在ダイヤモンドプリンセス号の乗客への対応について誰か理由が分かる人がいたら教えていただけないでしょうか。

2019-12-20

就職の男女格差をなくす方法を思いついた

就職で男女格差が生じて、その理由で「女性は将来結婚妊娠で離れるから」ってあるらしいか

男には徴兵制を導入すればいいんだよ

他の国の徴兵制みたいに10代、20代でやるんじゃなくて30代とか40代前半とか、働き盛り(笑)の時に男だけを徴兵制にして訓練させたり海外派遣させたら良い。丁度そのくらいの世代ってセクハラとかパワハラとかやる世代からいなくなって会社雰囲気も良くなるし。

そうしたら、企業側も徴兵制絶対いなくなる男性より、女性のほうを優先するでしょ。

しか派遣先を海外危険地域かに当てたら、男が死んで人が足りなくなって女性管理職議席に占める割合も増えるだろうし!

2019-12-15

日本船防護、危険地域他国に依頼 自衛隊中東派遣政府方針

政府マスコミの主張信用できないよ

んでも外国語読めないか自衛隊が何やってるのか分からない

2019-07-17

危険地域に行く人は捕まる前に自死するくらいして欲しいですね

2019-05-11

住宅価格

今年30歳になるしがないリーマン

年収は500万ほど、世帯年収は900万

結婚して数年経ち、貯金も貯まってきたのでそろそろ家を買おうかとマンション、戸建問わず新築から中古まで物色しているが、尋常じゃないくらい高い。

23区内はそもそも論外だから除外して、通勤1時間くらいを目処に神奈川千葉埼玉で探すと新築は大体4〜5千万

中古だと3千万台もあるが、条件のいい住宅は4千万に近くなる

2千万台で探すとハザードマップ危険地域になってたりとか、凄まじく立地条件の悪い物件しか出てこない。

世帯年収で考えれば4千万台も狙えるのかもしれないが、妻もいつ会社を辞めるかわからない状況なので、現実的に3千万台だと思ってる。

通勤に1.5〜2時間近くかければもう少し抑えられるのかもしれないが、果たしてそんな人生幸せなのかと思ってしま

2020年以降に住宅価格が下がるとか、2022年生産緑地問題に期待とか聞くけど、実際そんなに下がらないんじゃないだろうか。

景気は今後も大きな変化はないだろうから金利が続くだろうし、人口減つったって首都圏に人は増え続けるだろう

これから家買おうと思ってる人たちはどう考えているのか聞きたい。

2018-12-04

日本メディアマスコミには国際問題という視点が欠落している

私が"好きだから戦場に行く"と答える理由

http://news.livedoor.com/article/detail/15689803/

いま、日本メディアマスコミには「国際問題」という視点が欠落している。かつてはドキュメンタリー番組も多数作られていたが、「視聴率がとれない」といった理由で数が減る一方だ。海外では大手メディア取材に赴くこともあるが、日本大手メディア危険地帯へ行くことはない。

しかし、紛争ジャーナリズム断じて不要ものなどではない。そのため、フリージャーナリスト自己責任危険地帯へ行くしかないのだ。

私はジャーナリストでもないし、危険地域に行ける人間でもない。

行ける人は凄いと思う。

2018-11-05

漫画ぼくらの』に登場する教師・畑飼の主張を誰か崩してほしい

鬼頭莫宏先生代表作品ぼくらの』を読破した。

人生で読んだ漫画でも5本指に入るくらい面白い作品だと思う。

畑飼という男

ぼくらの』には畑飼という中学教師が登場する。

率直に言ってクズだ。

詳細は省くがあらすじは以下の通り。


自らに好意を抱いてきた本田千鶴という女子生徒と交際を始め、性的関係を持つ。

その後ホテルを予約してあるからと誘い出し、友人に本田千鶴を売った。

彼女性的暴行を受けただけでなく、その様子を撮影したビデオでの脅迫をされ、性的暴行を繰り返し受けることになる。

畑飼は彼女を売った後、別の女子生徒に手を出している。恐らく同様のことをするために。

本田千鶴は畑飼の殺害を決意するが突然の嘔吐感に襲われ、妊娠が発覚する。

子の母親殺人犯にしないため、殺害を断念する。

当の畑飼は妊娠を報告されると

出産ムービーが撮れるな。知り合いに産婦人科が居るんだ。子供は死んだことにしといてやるよ」

と言い放つ。

その後彼女はある力を持ち、畑飼の殺害を再度決意するのだが……。

(詳しくはぼくらの三、四巻を参照)


ぼくらの』という作品はそのストーリーから人を選ぶ鬱漫画と言われるが、作中で最も胸糞悪くなるのはこの畑飼に関する展開だと断言する。

作中でこの男、断罪されることなく生き続ける。何故かというと友人で性的暴行に加わった共犯者に、医者警察弁護士政治家がいたかである

果てはそのコネを利用し大臣を目指すなどと言い出す始末。

どこまでもふざけた男だが、本題とそれるので割愛

ちなみに『ぼくらの』はアニメ化されており(賛否あるが)、アニメ版の畑飼は女子更衣室の盗撮に勤しむ小物に変更されている。


第六巻における主張

第六巻では、本田千鶴の友人である切江洋介が主人公を務める話がある。

切江洋介は小柄で太めな体型で、内向的であるからいじめを受けていたが、やさしい心の持ち主で優れた洞察力と思考力を持つ男子中学生だ。

そんな彼が、件の畑飼と話をしに行く。

ここが今回記事タイトルにした畑飼の主張だ。


畑飼の主張

「親から愛情不足やトラウマからあいうことをしたということで納得したいのか? 俺はそれができるからやっただけだ」

「悪いのは本田自身だ。本田は自らの選択でああなった。俺に迫ってきたのはあいつの選択で、他の男子中学生と付き合う選択肢もあった」

かに本田千鶴同級生男子バカっぽいと思い、大人の畑飼に自ら接近している。

「大体中学生教師が手を出すなんて普通の考えでするわけないだろ? その時点で裏があると考えないあいつが悪い。俺は常日頃から『俺はうそを教えるかもしれない』と言っていたぞ」

  • でも、そんな目に遭わせたのは先生選択では。

「それはそうだ。個人一人一人にとって他人目的のための道具だ。だから俺にあんな風に扱われる選択を取った本田が浅はかだったってことだ」

「あのな、何か問題が起きた時に原因を自分以外に求めようとするのは、ダメ人間共通する良くない癖だぞ」

「まず、本田が考えるべきことは、自分が何か誤ったことをしたか考えて、自分を変ることだろ? それから俺のところに来るなら今度は俺が反省点を考える」

この後も似たような話が続き、畑飼は切江にナイフで刺され、終了する。

しかし前述の通り生きている。


畑飼の主張について考える

まず畑飼自身のやっていることは、犯罪行為である

未成年淫行は近年厳しく処罰されている。16歳以上で両親公認結婚を前提にしたお付き合いのような特殊な事例でもない限り。

作中の日本の設定が現実世界とは違うが、そこは大きく変わらないはずだ。

ましてや本田千鶴中学生。一発アウト。

犯罪者が何を言ってるんだこいつ、で一蹴してしまえばいいだけの話ではある。

ただ畑飼の行動が色眼鏡になっているだけで、主張自体は間違ってないのではないか

畑飼の言いたいことは要するに「自己責任」だということだと思う。

ジャーナリストが国の指定する危険地域に警告を無視して乗り込み、拘束されたことは記憶に新しい。

正直、自分も彼に関しては自己責任で、助けを求めるのは如何なものかと思うところはある。

彼は自らの選択で警告を無視して出国したのであって、政府命令されたわけでも身内に騙されたわけでもない。

畑飼の主張で行くならば、当人は自らの選択に間違いがないか考えるべきである

政府世間責任を問うのはその後の話ということになる。



この畑飼の主張を人種差別に置き換えて考えてみる。

迫害を受けた人が自分選択に誤りが無いか考える。

しかし当然ながら生まれもっての特性差別される理由も誤った選択もあるわけがない。

であれば当然変わる必要もなく、迫害差別を行う人間が自らの過ちを考え反省し変わるべきである

こうして考えると至極全うに感じる。

だとしても、この考え方は受け入れたくない。

人種差別に当てはめればまっとうな考えだというのもおそらく間違っている。

しかし、はっきりと否定するだけの頭を自分は持ち合わせていない。

誰か自分の代わりに反論し、この主張を崩してほしい。

繰り返しになるが、この記事は畑飼を肯定するものでは一切無い。

フィクションに何を本気になっているんだと言われれば、それまでだが。


追記

反応ありがとうございます

皆さんのご意見で納得できそうです。

特に未成年責任を問うのはどうかという指摘から保護者という子の行いに責任を持つ存在を完全に失念していたことに気が付きました。

そのことを含めて今一度考えてみたいと思います

作品を読んでからだとどうしても畑飼に対する特定感情があり、正常に考えられないため、第三者視点意見を頂けるのはとても貴重で、嬉しく思います

国連真実を指摘する記事が歪める福島真実

この記事

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20181104-00102874/

本論は啓蒙であるが、例示が正しくない。


まずは科学事実からということで、福島県放射能測定マップを見て欲しい。

http://fukushima-radioactivity.jp/pc/


2011年2018年マップを読めば

原発事故当時と比べて放射線量が高い地域は大幅に減少している

放射線量が高い地域もまだごく一部存在している

という2点が読み取れるだろう


リスクある原発の廃絶という目標」を言い訳にして前者を無視すること、あるいは「福島被災地域の復興という目標」を言い訳にして後者無視することはどちらも科学事実に反する間違った態度であると言わねばならない。


記事冒頭に挙げられた「年間20mSvを下回るがまだ線量の高い地域重要部分なのに記事では省略されている)に子供妊婦を帰還させるべきではないという国連特別報告者報告」と「被爆による疾患の増加は有意に見られず出生時異常の増加もないという予測を述べた原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)報告」は何ら矛盾するものではない。

石戸記者は前者は「被爆リスクは高い」後者は「被爆リスクは低い」だから矛盾すると雑な論理を展開しているが、前者と後者は同じ福島でも全然違う場所の話をしていると考えねばならない。

なぜなら後者放射能の高い地域から避難が(比較的)迅速に完了したことによる結果として健康被害がなかったという話であり、暗黙の前提として今後もわざわざ危険地域に入って過剰な放射線を浴びに行ったりはしないという考えによる予測であるからである。極端な例を考えれば、「福島安全になった」という雑な考えを持って事故の起きた原子炉建屋の中で長期間暮らしたりすれば当然健康被害が出ると考えられる。

国連を全て一緒くたにしはいけないという指摘をする記者が、福島という地域を雑に一括りにして「安全」という評価を下してしまうのはとても残念なことである福島市も公的避難は行われていないし、会津などにいたってはそもそも風評被害しかない。国連と同じで福島も一つではないのだ。当たり前のことなのだが自分のことになると見落としてしまうのはよくあることであるが。


さて、問題放射線量による安全危険の線引きが実際何が適切であるかということだろう。実のところ放射線量安全危険の線引きは専門家にも難しい。

一応こんな記事を探してきたから暇なら読んでくれ。

http://tomioka-radiation.jp/2016/09/30/1msv_and_20msv.html

放射線普段から人間が浴びているという科学事実やその線量は例示しつつ、20mSvがどうなのかの名言は避けてるね。

今回国は国際的避難基準を元に20mSvを帰還の基準にできると考えているようだが、避難基準と帰還の基準は別なのでは?というのは誰もが考えつく指摘である

いや20mSv以下なら避難しなくてよいのでは?と反論が見られるかもしれないが、事故の混乱の中で住民を残らず強制的避難させる基準が高めになることは何ら不思議なことではない(そもそも隣の村が強制的非難させられてるのに自分たちは対象でないからといってのんきに住み続けてあまつさえ自主的に逃げ出す人を非難するのもどうかという気もするので基準より多くの地域で実際に避難が起こることは想定内であるべきであった)。

さっきの記事を読んだ人なら航空機乗務員目標である年間5mSvより大きな値を設定するのはおかしい(基準航空産業を不当に圧迫していると主張するようなもの)ではないかと感じる人も多いと思う。


「年間20mSv安全だと専門家は主張している」なる主張に反証を一つ上げておく。2011年時東大の教授だった小佐古敏荘氏のことを思い出して欲しい。彼は子供たちに年間20mSvまでの被爆を許容するという政府方針に涙ながらに抗議し、政府役職を辞任したのである記憶力の低い国民たちは覚えてないかもしれないが(皮肉)、当時は大きなニュースだったはずだ。

結局のところ年間何mSvまでなら安全かは専門家でさえも正確には誰もわかっていないし、小佐古氏の主張が正しいとは限らない。しかし、放射線量がまだ多めである地域子供たちを帰還させるという「人によっては泣いて嫌がること」を実施しようとするのは、まさに人権問題だと思うし、特別報告者が人権委員会話題にしようとしたこと自体は(それをそのまま結論にするのは安直であるとしても)まさにやるべき仕事だったと思う。これは決して石戸記者の指摘する福島に対する差別偏見という全く別の人権課題相殺されるべきものではない。

結論としては、国連権威(そんなもの本来最初からないのだが、国連世界政府ではないし、そもそも政府だってそんなに信頼してはいけない)を利用する人を非難し、国連への誤解を解くという目的を果たしながら、福島の一部に残る放射能問題専門家意見権威としてとり上げた上に都合の良いように解釈して自分の望む結末に捻じ曲げるという非常に残念な記事であった。



余談1:国連人権委員会について

今回の記事を見て、国連人権委員会特別報告者など要らないと単純な反応をした者が多くいた。特別報告者の報告をそのまま権威付けに使おうとする一部の反原発派の姿勢問題であったと思うが、国連人権委員会あるいは特別報告者というのは第三者委員会のようなものとして必要とされていると思う。原子力の専門家集団ほとんどが発電所建築専門家であり原子力ムラ(実際そんな村は存在しないので不当な呼称であると思うが)と貶されることもある。実際福島以前の基準やらかしていたわけで、専門家というのも常に当てになる存在ではない。(特に右派には)人権委員会日本関連での事実誤認事件が気になっている人もいるだろうが、人権委員会廃止を唱えることはロシア中国北朝鮮安全保障委員会ですら問題になるレベル)における人権侵害問題を軽視することにもつながると考えるべきだろう。


余談2:実際どの地域避難者を帰還させるべきかという政治判断問題についての個人的意見

もう一度2018年福島県放射能測定マップを見て欲しい

http://fukushima-radioactivity.jp/pc/

年間20mSvは一時間あたりに治すと2.3μSvである地図オレンジ色の点に相当する(こう考えてもかなり高いし、こんなごく少数の点に人を戻していったい何をしたいのだろう)。地図を見ればもうほとんどの地域が水色から白なのである。せめて半分の10mSvか四分の一の5mSvに設定すべきではないだろうか。帰還の完了を焦らずに住民安心という福祉政治的にも重要視すべきだと考える。

2018-10-27

人質騒動での日本マスコミへの疑問

むしゃくしゃして書いている

マスコミ安田純平さんの人質騒動に関して自己責任論とジャーナリズム論を振りかざしているけど、

危険地域での取材情報受益しているのは一般大衆なんだろうか。

危険地域情報危険を冒して取材する記者いるから入手できる

・その情報を知りたい一般市民がいる

マスコミの本分がそこにあるのであれば記者に手厚い保護必要

それが十分な報酬をもって危険カバーするべく記者に対価が支払われるのが理想ではないのか

今回の一件は危険を知りながら十分な予防もできず使命感で行動した安田純平さんの結末であり

その誹りを受けるのはその情報に対価を払うべきマスコミではないのかと思う。

十分な対価をもらっていたか不明だが同業者間で危険対処に関して情報が出てこない時点で

ジャーナリズムは金儲けはしてはいけないのだろう

大手マスコミ不動産業が主な収入源なのが皮肉だが

2018-07-06

誰も自分の家が土砂災害危険地域だと気づいていない

人生で初めて避難指示が出た!

けど近所は誰も避難してないよ。

実際この地域は山が近いけどコンクリで固められてて、土砂災害が起きたことは一度もないからだと思う。

実際自分避難勧告や指示を見ていて「土砂災害危険性が高い地域」ってどこや?って思ってた。

から気になって土砂災害危険地域調べたら、なんと自分の家も含まれてるじゃん。

そして土砂災害危険地域マップサイトわかりにくすぎ。25歳が調べてわかりにくいんだから、父母の世代やジジババなんか絶対わからんでしょ。

自治体ホームページもクソみたいにわかりにくいし。

避難指示の出てる地域がどこかだけじゃなく、土砂災害危険地域マップリンクも一緒に示してないと、「あーうちの地域の山のそばは危ないんだな」ぐらいにしか思われてないと思う。

こういうのって日頃の周知が大事なんだろうけどなかなか難しいよね。うーん。せめて自治体ホームページもっとわかりやすくしてほしい。Yahoo避難情報の方がまだわかりやすかった。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん