「動画共有サイト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 動画共有サイトとは

2019-06-22

無料提供されるウェブサービスはもう限界なのか? コンテンツブロック機能の普及に思う

nanapiが今月末でサービスを終了することが発表された。【重要】暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ | nanapi [ナナピ]

nanapiは何かと検索するとヒットすることも多く、日常生活におけるためになる情報を発信してきたが、ついに更新

終了し、ページ自体アーカイブとして残すという決断をしたのだそうだ。

ここ数年、無料提供されてきたニュースサイトウェブサービス有料化や終了が相次いでいる。記憶に新しいのは

ジオシティーズだろうか。過去にはInfoseek Iswebや、フリーティケットシアター、そしてプロバイダ系では@nifty

接続会員向けに提供してきた@homepageなどが存在していたが、いずれも閉鎖してしまい、現在1990年代2000年代

貴重な個人サイトを再び見ることはほとんどできなくなってしまった。

閉鎖の理由は昨今では必須とされるhttps通信にどうしても対応できないとか、既に利用者も減っておりこのまま継続

する必要が無いと判断されたなどいろいろな理由が考えられるが、ここ数年で一気に普及してしまい終了につながる

ことにもなりかねない問題が出てきた。コンテンツブロック(いわゆる広告ブロック)機能の定着である

コンテンツブロック機能簡単歴史

コンテンツブロック機能は、過去から一部のユーザーにとっては当たり前のように利用されてきたが、hostsを書き換

える方法や、その機能を搭載したブラウザを導入し設定をしてようやく使えるようなものが多かったため、2013年あたり

までは大きな問題にはならなかったのだろうと思う。しか2014年、続けて2015年に転機が訪れた。

2014年の「uBlock(現在はuBlock Origin)」と、2015年のiOS9で搭載された「コンテンツブロッカー」の登場である

それ以前は、NoScriptやAdblock PlusPCでは主流のコンテンツブロックソフトとして使用されてきたが、上記ソフト

と比べてしまうと洗練されておらず、使いこなすにはそれなりの知識必要とされた。uBlockはメニューから1クリック

するだけで特定コンテンツ許可または無効化したり、フィルターの強度を調節したり設定をすることが非常に容易に

できるようになった。元々、増田Firefoxビルトイン画像無効化機能とNoScriptを使うユーザーであったが、2014年

はいわゆる口コミでuBlockの存在を知り、インストールをした。NoScriptとは違う、インストールするだけであらゆるコ

ンテンツが表示されなくなることに衝撃を受け、当時はまだ使用回線ADSLで遅かったのもあり、それ以来使用するよう

になる。光回線になってからしばらく使用を辞めたが、あまり広告の多さにあっけらかんとなってしまい、もはや中毒

だなと思いつつもコンテンツブロックは使い続けることになってしまった。

iOS9は既にご存知と思うが、解説すると、コンテンツブロック機能が入ったアプリを導入して有効化することにより、

ページを読み込む際にコンテンツブロックする機能だ。無料または有料で提供されているアプリインストールしなけ

れば使うことができない。しかし、これもまた、今までの同じような機能よりも格段に洗練され使いやすい。日本人にお

けるiPhoneの普及率がそれなりに高いことも相まって、また2015年にはすでにスクロール追従して表示される広告や、

ページの閲覧を妨げるような広告非難されていたこともあり、一気に普及した。

しかし、コンテンツブロックが普及したことによって無料提供されていたサービスが終了したり、有料化をすることに

なってしまったのも事実として考えられよう。

明らかに減り続けた広告から収入

増田ウェブサイトを作って運営していたことがあり、現在でもその一部は続いているが、無料サービスが終了すること

によって提供し続けるにはそれなりの資金必要とするため、広告掲載している。しかし、毎週欠かさず更新をしてい

ても、閲覧数が増えるのと広告収入が増えるのは比例しなくなっており、全盛期には1日2,000円ほどあった運営収入は、

現在では多くて1日に500円程度、酷いと100円を下回っている状態となってしまっている。サイトへの訪問者数は増えて

いるのに、広告による収入が増えない、これではサーバーの増強をしようとすると自費で賄わなければならず、何度かは

増強したが、これ以上増強をすると赤字となってしまう。そんな状況になってしまったのだ。このままではサイトを閉鎖

するか、身を削ってでも維持するかを選択させられそうな状態になってしまった。nanapiでは、個人運営するサイト

は違い、多くのライターを雇って記事を増やし続けたため、ライターに払える分の収入ほとんど広告から得られなく

なったとして今回の更新終了という結論に至ったと考えても不思議ではないだろう。実際に理由は書かれていないため憶

測にすぎないが、実際ライター単価は上昇傾向にあり、今後そのようなビジネススタイル運営されているサービスは同

じような末路を迎えるようになるのではないだろうか。

アットウィキがした決断Web未来はどこへ

ご存知の方も多いと思うが、アットウィキが今年になってからコンテンツブロック機能を利用してサイトを閲覧した際

に「広告ブロック禁止」と表示するようになった。アットウィキには元々アットページズという無料ウェブホスティング

サービスがあったが、2018年02月末で閉鎖してしまっている。減り続ける広告収入の中苦渋の決断ブロックしている

ユーザーに対してメッセージを発信するようになったが、すぐに回避方法発見されてほとんど意味を成さなくなって

しまった。どれだけ難読化しようとしてもページの内部を見られるJavaScript実装している機能のため、すぐに回避

段ができてしまう。元々無料で見ることができていたニュースサイトほとんどの記事も、現在では月額制サービス

移行してしまい読むことができないものも増えてしまった。月額制サービスというのは継続的に利用するのであれば払う

価値があるとは思うのだが、たまたま検索して見つけた記事を読むために払うというのに月額制サービスしか存在しない

のはどうかと思う。ログインせずに一定期間はその記事だけ1記事分の料金を支払えば見られるみたいなサービスのほうが

使用されるのではないかと思うが、まだそういったシステム実装するのは難しいようだ。Google Contributorというも

のが海外では展開されているが、日本ではまだ展開されていない Google Contributorが利用できる国 そのため、現在では

コンテンツブロックをした人から収入を得る方法が、サイト自体への寄付か、有料化という選択肢しなくなってきて

しまっており、今後もコンテンツブロック利用者が増えれば、もはや無料提供してきたものは終了せざるを得なくなる

だろう。アフィリエイト収入という手もあるが、しつこいくらいにAmazon等への商品リンクを載せるサイトにはすでに

嫌悪感を抱く人も多いように思う。noteという日記の続きを有料化するサイトもあるが、そういったプラットフォーム

は頼りたくない人も多いだろう。既にウェブサイト収益化して維持するという手法通用しなくなっているのではない

だろうか。

ならばYouTube? いや、もうやめてくれ...

YouTube動画を共有するサイトだったが、現在ではYouTuberと呼ばれる人が低品質テレビ番組のようなもの投稿する

ことによってかなりの収益を得る方も出てきたようだ。残念ながら、増田YouTuberを嫌いというよりは、あの手の安っ

ぽいテキストの後ろで人間が踊るような動画はあまり好きではない。vTuberは新しい文化に思えたが、既に引退者もかな

り出てきているようだ。ほとんど毎日動画撮影してテロップ等を付けてアップロードするといったような作業普通

人間が続けるのは大変だと思う。検索するとYouTuberブームも相まって大量の必要ない動画が出てくるため、ほとんどYou

Tube検索機能使用しなくなってしまった。Google検索にもいえることだが、あまりにも公式ではないウェブサイト

ヒットしすぎではないだろうか。YouTubeはこれから批判を受けつつも動画共有サイトとしては最大手なので続くと思わ

れるが、パーソナライズ化をしてほしいものだと思う。

これからどう歩むべき?

ウェブサイト運営での収入には大した期待をしない、もう続ける必要が無いと感じれば見てくれている方がサイト運営

なら閉鎖をしてしまってもいいと思う。個人サイトでも有名なサイトであれば閉鎖理由を諸事情とかじゃなくて収入

得られなくなったとでも書いて閉鎖すれば多少の影響力はあるだろうか?などと考えてしまう。Google Chromeはこれから

コンテンツブロック制限を厳しくし、サイト改竄的なコンテンツブロック機能使用できなくする予定のようだ。

これからどうなるかはわからないことだらけだが、ウェブコンテンツ完全無料ではない。そのことを日記を見て感じて

いただければと思う。

2018-08-06

読解力測定

問:下の文章は、動画共有サイトコメントです。文章を読み、以下の問に答えなさい。

素晴らしい演奏です。関谷先生らしく、実に無理が無く音楽的です。三善先生は、先日亡くなられました。先生音楽は、武満徹さんや、黛敏郎さんと並んで、東洋日本代表する音楽であると思います。三善先生の、この「五つの童画」は。こんなものじゃ無いと思います最近コンクールで、若年層に歌われる機会が多いせいもあり、安全運転ミス発見されない配慮ばかりが目立ちますピアノ田中希代子演奏のような、身を削る厳しさと、共通様式にあると思っています。

設問1:筆者の主張に当てはまるものを下記より選びなさい。

ア:楽曲ポテンシャルを引き出せていないが、素晴らしい演奏である

イ:楽曲ポテンシャルを引き出せていないので、素晴らしい演奏とは言えない。

ウ:楽曲ポテンシャルを引き出せているので、素晴らしい演奏である

エ:素晴らしい演奏であり、楽曲ポテンシャルを引き出せているが、楽曲ポテンシャルはまだある。


設問2:筆者の主張に当てはまるものを下記より選びなさい。

ア:この楽曲を取り上げる若年層の演奏は、田中希代子演奏のような、身を削る厳しさと共通様式にある。

イ:ピアノ田中希代子演奏は、安全運転ミス発見されない配慮ばかりが目立つ。

ウ:三善先生は、武満さんや黛さんより音楽面以外で優れており、敬称を呼び分けるべきだ。

2018-06-24

今日学んだこと

AMV(Anime Music Video, いわゆるアニメMAD)の文脈

HMV(Hentai Music Video)というジャンルがあり

海外ポルノ動画共有サイト投稿されていたりする

ダンスミュージックに合わせてエロアニメのシーンが編集されている

2017-09-18

マニアの間で「神」扱いの異常 “猫虐待鬼畜無職の素顔

マニアの間で「神」扱いの異常 “猫虐待鬼畜税理士の素顔 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/212574 #日刊ゲンダイDIGITAL

 異常な動物虐待マニアの間では「神」と呼ばれていたという。

 鉄製のケージに閉じ込めた猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶるなどして殺害した鬼畜男が捕まった。動物愛護法違反の疑いで27日、警視庁保安課に逮捕されたのは無職岡本泰典容疑者(40=藤沢市)。岡本容疑者は昨年1月~今年4月にかけ、少なくとも12匹の猫を虐待し、その模様をネット動画共有サイト投稿していた。

岡本容疑者は自宅から約80キロ離れた深谷市にある、かつて親戚が住んでいた廃屋の近くに、鶏肉を入れた鉄製のワナを仕掛けていた。小屋は人目につかないところにあり、周囲に住人もいなかった。そこで捕まえた野良猫を縦横29センチ×奥行き65センチの狭いケージに閉じ込め、繰り返し熱湯をかけたうえ、逃げ惑う猫を黒焦げになるまでガスバーナーであぶった。またショコ棒と呼ばれる紐のついた棒で猫を吊り下げ、そのままグツグツ煮えたぎる熱湯に沈めていた。死体肛門にノズルを突っ込んで水を注入したり、キバペンチで引っこ抜くなど、目を覆いたくなるような行為を繰り返した」(捜査事情通

2017-08-03

見た目ばかりで中身のなくなったニッポン

女のせいだ

邦画少年マンガお笑い動画共有サイトインターネット

何もかもがつまらなくなる

2017-02-06

ブートレグコレクターを辞めた日の乱文

( 1 ) ライブ音源の礎を築いた男

 この節ではライブ音源を礎と築いた伝説とまで称されるマイクミラードという人物を紹介しよう。

自身に関してはWikipediaをはじめとして、雑誌特集個人ブログ記事を通して幅広い話題があるので人物名のみの紹介で割愛する。

( 2 ) パラノイアが産み落とした文化に巣食うパラサイト

 前節でも話に触れたマイクミラードが伝説のテーパーと言われる所以は、何も伝説と称される名演を残したことだけではない。

本人の意図せぬ部分である可能性はあるが、彼の歩む足跡に付随したテープトレード文化の発展に貢献した軌跡である

 本稿はテーピングポリシーに則ったアーティストテープトレード文化に対して触れることはない。

確固たるシステム、または精神が介在することのない海賊版流通経路、関わる人間達の側面に対して潜考するための草稿である

容赦願いたい。

 マイクミラードがパラノイアと誇張表現を得るまでに至るには、収集家、好事家といった類の人種が関与する。

ブートレグ非合法製品として公に出来ない側面がある。

聖地と呼ばれる西新宿販売される製品も、データを取り出した後は製品としての価値形骸化する。

生産数が限られた廃盤製品とは違い、複製されることが前提であるブートレグは実物として鑑賞に耐えうる強度を持たない。

昨日の日付の演奏も、インターネットの海を眺めれば数時間もしない間に流布されたライブ音源を入手出来る。

それは砂浜に漂着した瓶詰め入りの手紙のように。

 収集物に関しては興味を持たない人間には一銭の価値も感じられないものが多い。

生前の身内のコレクション二束三文で手放したという事例を耳にする限りでは少ない話ではない。

"事物本来実用的な機能から切り離されて日常とは別の体系に組み込まれること"という哲学者が打ち立てたコレクション定義を借りて、ブートレグコレクターを表するなら鑑賞を前提としない膨大な演奏の記録を持つ人種である

だが、彼らのコレクションアーカイブとして日の目を見る日は来ない。

 密造酒は興味を持たない人間には味を噛み締めながら酔うことは叶わない。

それは味を理解出来る人間しか味を説明出来ないことでもあり、コレクターが希少価値を訴える相手が同種の人間に限られる。

 マイクミラードは自身の録音が外部に供給されないようにテープデジタル信号を付加するなどの工程を経た。

それは自身の録音のコピーが出回った際に誰が流布したか把握するように念を押した作業であった。

現在では容易にミラード・テープを見つけることが出来るが、当時は残したアーティスト演奏の内容、また入手のし難さから数多くの好事家が録音を欲した。

中には彼の死後に彼の生家を訪ねた者もいるという。

趣味で集め始めた者がいつしかコレクションの穴埋めをするという脅迫観念に囚われ、寄生した。

彼が懸念した事態は奇しくもミラード・テープ愛する人物達から評価と、年月を経たテープトレード文化の発展の影に忘れ去られた。

市場が介在しない空間で語られる希少価値という曖昧価値観汚染された人種はやがて、パラサイトとなる。

( 3 ) 日本テープトレード文化

 マイクミラードが残した同時期から日本でも同じ状況であり、秘密裏に録音された多数のライブテープ存在する。

古くは音楽雑誌での投稿コーナー、インターネット黎明期於いてファイル共有ソフト、好きな内容を書き込むことの出来る掲示板まで、ライブ会場で知り合ったアーティストファン同士の交流から現在ではSNSまで水面下ではあるが数多くのブートレグ生産され、流通する。

 Dead Headsに倣うように群れを成して活動した録音者達が、日本アーティストの録音を販売したことで逮捕される事案も聞かない話ではない。

YouTubeから連なる動画共有サイトでも初期の段階では、日本アーティスト動画も数多く見受けられた。エンコード情報を消す手段を知らない者から得られなかった者に供給される状況は、テープヴァインに連なってコンパクトカセットDAT使用ダビングによる劣化する状況を再現する。

とあるアーティストニコニコ大百科の項目では、ブートレグ存在を明記されるほど動画共有サイトの発展は影響を及ぼした。

 ともあれ、YouTubeでも著作権侵害での削除要請が相次ぎ、現在では日本アーティストライブ録音を公に聞ける場面は少ない。

コンサートワッチを嗜む人間は録音現場であるライブ会場で知り合うこともあり、時には機材者の駐車場の取り合いになることもある。

デビューを前提に結成されたアーティストではデビューからブレイクに至るまで、また精力的に活動する現在までの公演の80%の記録が現存すると言われている。

中には若かりし頃の学園祭の記録も存在する。

現在ではマスタリング手法が容易になったこと、高品質内臓マイクを備えた録音機材が安価であることも鑑みる簡単ミラード・テープ匹敵すると言っても過言ではない録音を生産出来る。またスマートフォン流行による簡易的な録音も存在する。

 日本のテーパーの多数派自身の録音を"自炊"と称して扱う。

特に売上の上位に列なるアーティストの大規模なツアーが行われる期間には、音楽交換掲示板投稿の量も膨大に膨れ上がる。

彼らの多くはメールで連絡を募り、アップローダーを利用したオンライントレードを行う。

海外ではDimeを中心とした界隈があるが、ライブ会場に足を運べなかったファンが、その日の間に新しい演奏を聞こうとするのは日本でも難しいことではない。

時にテーパー、トレーダーの各種が集う場所には目的の物を耳にすることで出来なかった愚痴被害報告の類も見受けられるが、

ライブ会場でのアナウンスにもあるように禁止行為ということを理解しながら禁忌に触れようとする連中である

善も悪もないのが前提だ。

 表立って行動しない録音者から音源を入手した後に、希少価値を訴え、人の褌で相撲を取るトレーダー一定はいる。

マイクミラードが至った思考時代うねりを渡ろうと、現在のテーパーにも精神は濃厚に受け継がれる。

( 4 ) 決別

 筆者自身も隠しもしないがテーパーであり、コレクターでもある。過去形だが。

 ひとつの音声ファイルでも再生時間は数時間になり、非可逆圧縮音源だとしても保存容量は比例して肥大化する。

ブートレグを入手することのメリットを語るとすれば、自身生前以前のライブ音源を聴けることや限られた会場でのみ披露された楽曲を聴けることであろう。

 だが、マイクミラードが録音を残したことは後世を憂いてのことではない。彼は自身の録音が拡散されることを望まなかった。

彼の近親者のみが入手したfirst-generation copiesと呼ばれる最初コピーは、彼の直筆のイラスト文字が散りばめられ包装としても凝ったものであった。

簡素ダビングでも済む作業に余計な一手間を付け足したのは、彼がパラノイアであったからではない。

喜ばせることを前提として、実物としての鑑賞にも耐え得る付加価値を生み出そうとしたからだ。

複製の芸術でもある写真表現手段選択するアーティスト生産数を限定して、価値を高める。

マイクミラードは自身の録音の希少価値を高めようとした。

現在流通するミレード・テープコピーに彼の意思は介在しない。

 それは現在でも同様に個の間柄から逸脱しては配布されるブートレグ於いては録音者自身意図は抜け落ちる。

ミラード・テープ精神テープトレード文化で生まれた星の数ほどあるブートレグにも共通する。

またテーピングポリシーを持たないアーティストファンの間では、流通しないライブテープを持ち合わせないトレーダー相手にもされない。

テーパー同士の限られた関係性の中でしか交換されることのない録音も存在する。同時に寄生虫繁殖する。

 自身経験を振り返っても、総再生時間にして年単位匹敵する膨大なライブ音源を耳にすることはない。

愛着思い入れのあるブートレグ、またはテーパーとしての自身の録音を耳にすることの方が有意義であろう。

ライブ音源を耳することの最大限の感情再現性にある。時にライブ会場の音響よりも優れた音質で聞かれる演奏には違った感情が湧き上がるかも知れない。

アーティストの込めた感情は違った形ではあるにしろ、いつか聞きたい者の耳に届くことだろう。

 パラサイトから見れば喉から手が出るほど欲するブートレグの大半のデータを削除した。

人生を賭けて手に入れようとしたライブテープを入手した時から遅かれ早かれ決断しようとしたが、この瞬間に決別をしよう。

 ミラード・テープは彼の友人のために。何より彼自身のためにある。我がテープは我が友のために、誰より私のためにある。

Thank You Tapers. I Love You Baby. Fuck You Traders. I Hate You Baby.

2017-01-20

動画共有サイトB9(中華サイト)について

B9は日本人が数人程度でアップロードされている。

管理人格のdfdfasは約2人で投稿を繰り返している。この人達は自前。

もう一人の投稿者はろさ,wish,Atismataという三つのアカウントもつ人物日本人

動画の多くをμtorrent動画共有サイトひまわり動画から賄っている。

主にこの3人程度がB9の主な投稿者である

そして彼らは動画再生数や投稿数および紹介によってアフィリエイト収入を得ている。

B9は主に動画再生による広告収入によって賄われている。

著作権者許可されていない動画投稿によってアフィリエイト収入を得る事は著作権法第38条に抵触し、

これを根拠として速やかにその営利運営を停止しなければならない。

実はB9は日本のある企業運営しているという説もあり、本社住所を著作権の及ばない中国に置いているといった、

アメリカ本部を置きつつ本当の住所が大阪だったFC2と同じ手口である

日本警察はいつまで彼らを野放しにするのだろうか。是非とも捜査検挙に踏み切って欲しい所である

2014-12-06

アニメで知ってる声優が出て来ると「〇〇〇wwwww」と書き込む風潮

もはやトレンド化しつつある動画共有サイトでの一幕。

例えば、別のアニメで非常に知名度の高いキャラクターを演じた声優が別のアニメに出演すると「〇〇〇wwwwww(※例えば藤原啓治だと、ひろし(野原ひろし)といった具合)」

というような書き込み弾幕で発生する。

男性声優場合はそれが顕著で「杉田wwwww」とか「若本wwwwww」とかといった感じで声優名が書き込まれる。

ともあれ、それに何ら不備なんてないじゃないか!という声も少なからずある。

だが、そうした書き込みアニメ本編とは何ら無関係ではあるまいか?

何もこれは動画共有サイトに限った話ではない。

例えば、Twitter2ちゃんねるの実況板を覗くと登場シーンになると、「宮野wwww」とか「下野wwwww」といった書き込み散見される(※うたプリ)。

アニメキャラクター書き込みならともかく、知らないかもしれないアニメキャラクター名や、おっかけやマニアでもない限り分からない声優名を書き込む人達がいる。

これはどの媒体でも同じで顕著だ。

これのどこが問題なのかというと、

コイツらはアニメ本編よりも声優アニメに出ている、という事実が嬉しいらしいという事だ。

誰もアニメ本編に関心がないのである

それらの行為アニメという一コンテンツに対する冒涜以外の何物でもない。

そういう輩にアニメとは確たるや等と語らないで欲しい。

アニメ声優によって成り立っているのではなく、アニメを心から好きだと言う人達(視聴者スタッフも含む)によって成り立っている。

それでも声優が好きなのであれば、アニメという媒体でなく声優個人を応援すればいいのではないか。

故に、アニメをダシに声優を称賛する風潮は間違っている。

2014-11-07

動画共有サイトの「コメント」は全部それらサイト著作権がある件

最近TBS権利主張し出してるから、あえて言わせてもらった。

TBS権利があるのはせいぜいはそこが保有してる動画のみ。

コメントはその動画で発生したとしても発生させる装置動画共有サイトが作ったものであって

TBSなどの豚局が自由にしていい、という権利はない。

動画共有サイトからコメント権利を譲歩あるいは購入するのが望ましい。

コメント著作権は主張しても裁判で絶対負けるからしない方がいい。

エイベックスタカラといい、TBSもやはりゴミクズだったか

2014-11-06

ニコ動プレミアムユーザー「月500円払えないほど貧乏なの?」

普通特別何かニコ動でやりたいなら別として、無料でも見れるものに月500円も払えるのか疑問だわ。

そういうのを刺身とか肉とか娯楽に使うよな、普通

そういうのと一切合財無料で高画質(笑)で見れるだけって特典にもならん特典に縋りついてるプレミアムユーザーの言い分には

何か悲しくなる。

下手をしたらその辺の動画共有サイトよりも低画質な動画を高画質と思い込めるんなら500円払ってるんだし幸せだと思うよ。

少なくともツール使ったり他の無料サイト行った方が賢いけどね。

でもそれじゃあプレミアムユーザーが可哀想だから、あえて言うつもりないよ。

2014-09-04

有料動画共有サイトお金落とす理由分からんし分かりたくもない

コンテンツが充実してるからお金を落とす。

これも何か変だよなぁ。

他者著作権を使って色んな動画事業やってる、要するに他人の褌で相撲を取るようなサイト

有料化して果たして何か意味あるのかと思う。

筆者は基本的にはお金を落とす事に懐疑的な昔の人で、ニコニコ動画FC2動画黎明期の盛り上げ方の一人でもあったので

ニコニコ動画有料化実施されてからは、そうした事では極力利用しないようになった。

殆ど全ての有料会員は多分黎明期を知らない人ばかりでそれぽっちのお金を落とす事に優越感に浸ってるけど、

無料動画時代を知ってる人なら尚更お金を落とす気にならないと思う。

勿論ゲームプレイ動画とかアニメキャラクター総集編まとめみたいな動画は欠かさず見てたりするので、

動画視聴者としては見るのが当り前にあった事は認める。

はいえ、有料化すればするほど規制っていうのは激しく厳しく妥協を許さないので段々、動画共有サイト本質を見失っていくのが

有料化の弊害であるとするならば、無料動画共有サイトがどんどん立ち上がっていくのは決して悪い風潮ではない。

しろ、そうした二次サイトが増える事で、有料化サイトの不便さが益々身に染みて感じられてくる人にとって簡単に移住出来る環境であれば

助かる人は多いんじゃないかと思う。

例えば、急な転勤でテレビはともかく不便な地方に行った時、ニコニコ動画しか見る事がない環境下だったら

一週間無料アニメが視聴できると言っても中々時間が合わずに見送られる事もあると思う。

そんな中で一週間後には他の数万というユーザー無料で見れたアニメを今度はお金を落として視聴しなければならなくなる。

そうなると、当然ニコニコ動画に対して不便だと感じられるようになるだろう。

そこに登場するのが無料動画共有サイトなわけだ。

無料動画共有サイトの特徴は、簡単に言えば黎明期ニコニコ動画の事だ。

違法視聴という言葉が浸透していなかった正に無法地帯だった頃のニコニコ動画模倣した動画共有サイトならば、それは

需要が大いに感じられる事だろう。

そもそも、無料動画共有サイトに慣れ親しんできた人にとって、ニコニコ動画有料化による動画共有の差別化視聴者が離れる事を意味している。

有料化が顕著になり、かつその都度コンテンツが増えれば増えるほど人はそうではない所に行こうとする傾向がある。

事実、なんとか動画やAny6などの有料動画共有サイトは5年も経たずに閉鎖あるいはドメイン放棄された状態のままなのだ

ニコニコ動画も同じく有料化が進んで今や巨大サイトにも拘らず要らないコンテンツイベントが多くなり、また動画共有サイト本質である

不特定多数の人同士で動画を共有するという当たり前の機能すら制限されていく姿を見ると、

段々一挙手一投足をも検疫するような不自由動画共有サイトになるのを見守るしかなくなるんじゃないかと思うばかりだ。

2014-09-03

ニコニコ動画無料垢向け広告CMがウザすぎる

何がウザいって全く興味のないアイドルとかニコニコ動画で有名な生主(ここ重要!)が素人番組よろしくニコニコ超会議とか訳分からん企画に出ますよってCM

本当にあてつけかと思う位酷い。

何が一番悪いって広告流したら金入るんだろ

それなら前みたいに画面両端に広告貼るだけでいいだろ

ところが今起こってるのは見たい動画再生ボタンを押すと最低5秒はそのCMを見なくてはならない事に尽きる。

しかも、このCM、0時や2時の時報の前後でもお構いなしに流される訳で、ウザい時報が終わったと思ったらその間の何秒かのCMを再度流される訳だ。

そこまでして宣伝しないと行けないのか?

ニコニコ動画がここまで拝金主義になってしまうとは世も末という訳か。

そりゃ他の動画共有サイト移住する奴が多いわけだ。

2014-07-31

明日アニメ配信サイトが潰れるっていうけど実情はトカゲの尻尾切りに留まる

どうせ潰した所のアニメ引っこ抜いてニコニコ動画とかで公式配信として流すのは明白で

ただサーバーエンコの状態になるから画質も荒々しいのが配信されてしかも金取るから人は集まらない

その上、そういう状況下にあると人間はどうして金を払ってこんな糞画質のアニメを見なくちゃならないと思うようになり

結果、他に動画サイト配信サイトなんかに移住する。

昔、ニコ動アニメを次々に権利削除しまくって掃除した時の状況と酷似してる。

動画共有サイトのくせに出版社とかアニメ会社が金、金!言い出して共有サイトの意義が失われれば

そうならない、そうなってない動画共有サイト移住するのは当たり前。

どうしたら集客が見込めるかしっかりマーケティングしないからイタチゴッコになっている現状を顧みなければ

多分明日アニメ配信サイトが潰れたとしても公式配信に需要は決して高まらない。

2013-09-22

ニートエロサイトを作ったら結構デカサイトに成長した

こんばんは。27歳のニートです。

ひょんなことからエロサイトを作ったら結構デカサイトになったのでそのことについて書きたいと思います

作成サイト

巨乳動画ストリーム
http://kyonyudouga.com/

まぁよくある動画共有サイトを使用したエロサイトです。

1日のPV数はPCSP合わせて60万PV

サイト開設の経緯

就職活動で躓き自信喪失し、はれてニートに。

さすがにニート生活にも飽き、何かやりたいなと考えた時にアフィリエイトを思いつく。

実はアフィリエイトについては以前から知っていて実際にやったこともありました。

しかしその時は全く稼げず、またその時は他にやることもあった為すぐにやめてしまいました。

ニートである今なら時間たっぷりある。

腰を据えてやったらどうなるだろうと思い、再度アフィリエイトを始めることにしました。

どんなサイトを作ろうかと考えた時に真っ先思いついたのがエロサイトでした。

ええそうです。エロが好きだからです。

サイト開設後の経緯

まずFC2ブログで開設しました。

アダルトサイトアクセスを集める手法としてアクセストレードと呼ばれる

他のアダルトサイト相互アクセスを送り合う手法が主流です。

そのため他サイト画像リンクが増え、とても使いにくいものになっています

画面をずっとスクロールさせないとコンテンツに辿り着けなかったり、ひどいところは騙しリンクもあります

当初は私もアクセストレードメインで集客をしており、サイト画像リンクだらけ。

ちゃごちゃしていてコンテンツの位置もわかりにくいというお世辞にも良いサイトとは言えませんでした。

そしてアクセストレードというのは結局のところ自サイトアクセス数により送れるアクセス数限界があるため、ある程度のところでアクセス数頭打ちになります

実際のところ私のサイトも1日3万PV程度で頭打ちになりました。

そのためやる気を無くし半年放置して2ちゃんまとめブログを始めました。

しかしそれも上手くいかず半年で閉鎖。

そこで2ちゃんまとめブログ運営で得たノウハウエロサイトの方で実行したことろこれが上手くいきました。

実行したこと

デザインをすっきりさせわかりやすい構成にする

これは一般サイトでは当たり前のことなのですがエロサイト大手サイトでさえ非常にわかりにくい構成のサイトが多いです。

一方で2ちゃんまとめブログ大手サイトほど他サイトへのリンクも少なくわかりやすい構成になっていました。

なので思い切って画像リンク等を全て外し、わかりやすデザインに変更しました。


②多更新にする

当時2ちゃんまとめブログキニ速VIPPER速報

後発のブログが多更新武器に台頭してきていました。

そこで私もエロサイトに多更新を取り入れ1日に1~3回更新だったのを1日24回、1時間に1回更新というスタイルに切り替えました。


③表示速度の改善

エロサイトはとにかく重たいところが多いです。

それは①で書いた通り画像リンクが異様に多いからというのもあるのですが動画共有サイトを利用したエロサイトは誰でも簡単に作れるため

その辺りがかなり適当なところが多いのです。

CSSspriteの使用やCSS,JSファイルのminify等ページの表示速度に関する施策を行っていないところがほとんどです。

なのでその辺りのことを一通り勉強し実行しました。


スマートフォンページの最適化

無料ブログ運営しているエロサイトスマートフォンページをしっかり作っていないところがほとんどです。

ほぼ広告ページとしてしか使用しておらず、コンテンツと紛らわしい広告を載せていたり、

コンテンツがあっても共有サイトプレーヤーサイズスマホ画面サイズに合わせていないなど

サイトとして使えるものほとんどありませんでした。

そこで私はスマートフォンページのテンプレもしっかり作り込み最適化させました。


これらを実行した結果、ページ数が増えるに従い検索からアクセス右肩上がりで増え

PCページ40万PV/日、スマホページ20PV/日というサイトに成長しました。


アクセスが増えた後いくつかの動画配信サイトとサンプル配信提携をすることが出来ました。

これには凄く驚きました。こんなことがあるのかと。

企業自分サイトが認められたようで凄く嬉しかったです。

SEOについて

SEO施策はググれば出て来るような基本的なことしかやっていません。

SEO業者も利用していませんし、今のところこのサイトしか持っていないので自演リンクも一切やっていません。

ただソースを綺麗に書くように意識はしています

SEOについてもエロサイトは基本すら出来ていないところが多いのでそれだけでライバルと差をつけることが出来ます

ちなみに私のサイトビッグキーワードアクセスを集めているのではなく(一応「巨乳」で4~7位くらいですがそのワードでの流入は少ないです)

大量の細かいキーワードアクセスを集めています

ロングテールってやつですね。

ロングテール検索順位の変動にビクビクせずに済むので良いです。

wordpress

先日FC2ブログからwordpress移転しました。

やはり無料ブログでは出来る事に限界があり、エロサイトはいえ良いサイトにしたいという思いがあったからです。

そのためデザイン機能にはかなりこだわりました。

デザインは某サイトパクリインスパイアしましたw

wordpressでの運営経験もなくサーバー関係スキルもないので移転にはかなり苦労しました。

キャッシュってほんと大事ですね。


我ながら良いサイトに仕上がったことと移転を期に今までの足跡を残そうと日記を書きました。

サイトの構成や使用プラグイン


jQueryプラグイン

glider

jwplayer

Sidr(スマホ)


WPプラグイン

001 Prime Strategy Translate Accelerator

Contact Form 7

Count Per Day

DB Cache Reloaded Fix

Exec-PHP

Head Cleaner

Infinite Scroll

Multi Device Switcher

Quick Comments

Search Everything

Search Regex

W3 Total Cache

WordPress SEO

WP-DBManager

WP-PageNavi

WP-PostRatings

WP-PostViews

WP Hyper Response


アフィリエイト収入について

多分これが一番気になるところだと思います

ぶっちゃけると月の収入はだいたい100万程度です。

そのうち7割程度がスマホページから発生したものです。

アフィリエイトという観点からスマホページの重要性がわかりますね。


現在PHP勉強してスクレイピングシステムを構築中です。

あとcookieを利用したブックマーク機能も実装したいです。

エロだけじゃなくて一般サイトWEBサービスも作りたいと色々模索しております


どうしようもないクズニートでも頑張ったらこれぐらいのことは出来ました。

ニートでも頑張れば出来るんだ!と思って頂けたら幸いです。

-----------------------------------------

03:59追記

たくさんのブックマークありがとうございます

とても嬉しいです。

確かに見やすくて使いやすいな。
けどリンク切れ報告フォームはなくていいの?実際他のサイトでそれが有効に使われてるのかはよくわからないが…
カテゴリけがシチュエーション別とかもあるといいなーと思ったけどこれ以上多くすると大変かな。あまり項目を多くするとまた見にくくなるかもしれないし。

お褒め頂きありがとうございます

リンク切れ報告フォームは以前は置いていたのですがあんまり報告してくれないんですよねw

自動リンク切れをチェックするシステムを導入する予定なのでそちらで行います

シチュエーション別もFC2の時はタグを利用してリストを作っていたのですが

FC2タグエクスポート出来ないのでwordpressではなくしちゃいました。

出来ないことはないのですが手作業でタグを登録し直さなければならないので…

かい方法が見つかったら実装させてみます

それだけのスキルを身につけたらどこかに就職できそうだw

就職しても多分続かないです。社会不適合者なんですよw

WordPressテーマは何を使っているんだろう?

テーマPCSP共に自作のものです。




-----------------------------------------

25日02:13追記

えーと下の方でステマだとおっしゃっている方がおりますがそのサイト製作者と私は別人です。

私はRubyなんて使えません。

巨乳動画ストリームは手動で更新しております

こういう事を書くと余計に怪しいと思われてしまうのでしょうけども。


あとステマ意味を履き違えてらっしゃると思います

ステマというのは運営者や製作者、その関係者が”利用者のフリをして”モノやサービスを薦める行為の事です。

運営者や製作者自身が「こういうのやってるんですけどどうですか?作ったんですけどどうですか?」と紹介するのはステルスではないただの宣伝です。

上でも書きましたが我ながら良いサイトに仕上がったので見てもらいたいなと思ったのです。

見てもらって感想を聞きたいなと。

エロ動画サイトってアクセスが多くてもコメントほとんど付かないし感想を聞く機会がほとんどないんですよ。

でもFC2ブログだとさすがに恥ずかしいのでね。

wordpressならまぁ見せても恥ずかしくはないんじゃないかと思いまして。


で、宣伝効果は正直あまりなかったです。

この日記はたくさんブックマークされましたけどサイトの方はほとんどブックマーク増えてません。

トップページブックマーク数22ですよ。

もうちょっとブックマークしてくれてもいいじゃないですか…

この日記からの流入も1日1000ユニークくらいでした。

私のサイトの1日のユニーク数の60分の1くらいですね。

肝心な時にサーバーが落ちてたせいもありますが。


結局この日記を書いた主な理由はただの自己満足自己顕示欲ですね。

ただそれだけのくだらない日記でございます

それがもし誰かの役に立つのなら幸いですと、ただそれだけのことでございます

2013-09-18

Ruby on Rails可愛い子が集まるエロサイトを公開するまでの24H

仕事で3ヶ月ほどRuby on Railsに触れる機会があったので、色々と調べているうちにRailsエロサイトを作るのが流行っているというのを知りました。

そこで、自分でも作ってみようかと思いました。

2番煎じなのは重々承知ですが、とにかく作ってみることが重要なのです。

最低限、自分で使うことが出来るレベルにはしたいと思います

今回のエントリでは、個人的にエロサイト作成して公開するまで自分でやった方法を紹介します。

※公開後の状況なども書き込みします。

作成したサイト

可愛い子が集まる動画共有サイト

CuteClipper : http://cuteclipper.night-generations.info/

目標

準備するもの(私の環境

目次

  1. ( 0:30)作成したい機能を考える
  2. ( 1:00)ドメインを取得する
  3. (12:00)アプリ作成する
    1. 基本部分を作成する(rails new)
    2. Xvideosをスクレイピングする(gem : nokogiri)
    3. 動画管理タグで行う(gem : acts-as-taggable-on)
    4. 動画ストック機能追加(javascript)
  4. (16:00)本番環境で動かしてみる -環境周り-
  5. (17:00)Google Analytics / ウェブマスターツール に登録
  6. (20:00)公開の準備をする
  7. (24:00)公開
  1. 今後の野望

( 0:30)作成したい機能を考える

既にあるものなら新しく作る必要はないわけで、、、今回は自分の使いたい機能を作ってみました。

Xvideosの動画サイトの多くは、動画を選択すると他のサイトブログみたいなやつ)に飛ばされてしまい、

そのサイトで、動画のある場所を探さないといけないことが多くてめんどくさい。

動画がないこともシバシバ

自分で作るのならh300さんのように分かりやすサイトにしたいと思いました。

たくさんの動画を観て廻るものの、本当にいいと思う動画は大体3本くらいです。(自分場合

なので、3本まで動画ストックする機能があるといいなと思いました。

( 1:00)ドメインを取得する

今回はムームーさんでドメインとりました。

本番環境herokuドメインの設定も簡単で助かりました。

(12:00)アプリ作成する

基本部分を作成する(rails new)

rails newしてdb作成して、基本的なアプリ作成しました。

Xvideosをスクレイピングする(gem : nokogiri)

動画情報の解析のため、RailsGemのnokogiriを使用しました。

nokogiriはhtmlなどの解析をして、情報を取得することができます

Ruby - Nokogiriでスクレイピング - Qiita [キータ]

動画ストック機能追加(javascript)

動画ストック機能javascript作りました

WebStorageを使用してストックしています

//localStrage.setItem("key","value");
localStorage.setItem("test","テスト");

//localStrage.getItem("key");
localStorage.getItem("test"); //"テスト"

こんな感じで、DBを使わずストックが可能です。

レイアウト改善(gem : twitter-bootstrap-rails)

レイアウトにはあまり時間を掛けず、bootstrapを利用しました。

殆ど時間を掛けずにそこそこのレイアウトが作れます

twitter bootstrap railsを使ったら職が見つかり彼女も出来て背も3センチ伸びました。 - ppworks blog

タグクラウドを実装(gem : acts-as-taggable-on)

タグクラウドはacts-as-taggable-onで簡単に実装できます

備忘録.りくわいやー

(16:00)本番環境で動かしてみる

とにかく本番環境デプロイするんだ!!

ということで、ここまでで出来上がったものを本番環境にアップします。

本番環境にはherokuを選びました。

herokugitpushをするだけで簡単に本番環境デプロイ出来ます

とにかく動かすという目標のためにはherokuベストチョイスです。

スピードに関しては、海外サーバという点が難点ですが、今回はjavascriptをメインにしたことで、それほど問題はありませんでした。

(17:00)Google Analytics / ウェブマスターツール に登録

サイトを公開する場合、解析が必要となります

解析の仕方を覚えるためにもGoogle Analyticsを使用しました。

(20:00)公開の準備をする

公開の準備として以下の作業をしました。

ただ、公開することを最優先にしたので、しっかり作りこんではいないです。

  1. title,キーワードなど基本的なSEO実施
  2. ソーシャルブックマークTwitterなどのソーシャルボタンをつける
  3. googleクロール申請をする
  4. この記事を書く

(24:00)公開

公開します。

今後の野望

動画投稿をみんなでできるようにする。

今の投稿方法だとエラーが発生しやすいので修正してからじゃないとなぁ

ストック回数の多い順にソート出来るようにする。

ストック回数のカウント機能は実装してあります

後は、並び替えるだけなんですが、まずはカウントが貯まるまではソートも何もないので・・・

動画の評価を出来るようにする。

ストック回数だけじゃ物足りないので、評価をつけれるようにしたいです。

Xvideos以外の動画も観れるようにしたい。

もっとたくさんの動画を観たいよね。

まとめ

Webアプリを作ること自体は、思っていたより簡単でした。

でも、たくさんの人に使ってもらえるものを作るというのは、とても大変ですね。

今回、CuteClipperを作りながら、他のWebアプリを観てきました。

オリジナリティアイデアの優れたアプリが沢山あります

そういうアプリの中で、自分アプリを埋もれさせない努力を続けていかないといけないですね。

がんばります。というやる気がでました。

2013-08-13

http://anond.hatelabo.jp/20130813143145

やってて楽しいから、はその答えじゃないの?

あと、厳しい言い方だが人前で何かを公開したのなら、その場のレベルに応じた批評覚悟しなきゃいけないのよ。動画共有サイトなんて、プロアマの垣根がないようなところなんだから草野球選手プロ野球チームに混ざるようなもんですよ。

技術的に未熟な点が引け目になってるんだろうけど、それならそれを取り返すような何か(練習して技術を上げるでも、他の方向に目を向けるでも)を出せるように奮起するしかない。

# 少なくとも軽音楽の分野では、楽器うまい奴がプロになれるわけじゃないのよ。ゴールデンボンバーとか分かりやすい例。

ということでレベルに応じたコミュニティに参加してそこの内輪だけで楽しむのとかがいいんじゃないでしょうか。

批評に耐えられないのなら、動画をアップしてそのまま放置してそれに対する反応を見ない、という手もあります

2013-08-07

割れが減らない最大の理由はアップロードできるサイトが残ってるから

アップロード者を逮捕たからといってアップロードがされなくなるのではない。

見せしめが役に立たないことは現状を顧みても分かることだろう。

それは元を叩かないからいつか同様にアップロードがなされるためである

割れも同様でアップロードされるサイトブクマ登録して常日頃監視してるのはアップロードされることを知っている。

まり元を叩けばアップロード者もダウンロード者も減る。

大手サイトMegaupload(メガロ)が閉鎖して数か月ないし数年経ってるが、似たようなアップロードサイトがあってもメガロ以上にアップロード者や

ダウンロード者がいたという雰囲気はない。

全集中してたのが有志により分散化したため、結果としてアップロード者は減っててダウンロード者もアップロードサイトをそこ以外知らないから、

忘れ去られるかそれ以上に似たサイトを探そうという気力が失せてアップロードしなくなる。

同じような事例が2chにもある。

例えば、書き込みをさせない、サーバーもろともアクセス規制を敷いた所、そのサーバー利用者の多くは次第に2chをやらなくなっている。

それはひとえに2chという掲示板媒体依存してた何よりの証拠だろう。

一方で動画共有サイトでも一度閉鎖すると殆どの人は移住先を探すのだが、一向に見つからない時はやはり中毒を自覚して探さなくなっている。

割れというのは、アップロードできる環境とそれを供給するサイトがあってこそ成り立つから、そのうち一つを取り除いてやれば割れの解消に繋がるのだ。

すなわちアップロードサイトの根絶こそが割れを減らすのである

2013-06-25

2007年当時のニコ動動画共有サイトの最盛期だったなあと思う

金儲けさえしなければ分け隔てなく誰も彼も思うように動画アップロードして共有してたのに

色気出すためにプレミアムという金儲け差別策のせいで元から住み着いてたニコニコ動画の住人たちが皆離れて行ってしまった。

動画共有するのに金が掛かるとか本当に本末転倒だと思う。

その意味2007年当時のニコ動世界を席巻してたなと思う。

今は色んな共有サイト消化試合してて何だかなと感じてる

昔のような発見や新しい物を探求する心はもう無くしてしまったんだなあ

2013-05-31

http://hamusoku.com/archives/7518172.html

 テンポの良いダンスビートユニークな“乗馬ダンス”でビルボードチャートを賑わすヒット曲となり、世界韓流旋風を巻き起こしている韓国歌手PSYの「江南カンナム)スタイル」。しかし、これまでYouTube上のランキング1位を記録していた同曲が、突如ランク外へ転落するという“珍事”が起きている。

 事が起きたのは、動画共有サイトYouTube検索結果表示の仕組みを変更したことを12日に発表して以降のこと。変更後の新たな仕組みでは、動画クリック回数より視聴時間を重視し、検索結果の順位に反映されるという。

2012-11-13

動画共有サイトは無くならくていい。司法的にも必要存在なんだろうね

動画共有サイトアップロードする人は皆違法刑事罰与えても問題ないのでは?と思うんだけど

何故か今になってもまだ逮捕者いないんだよね。これって黙認されてるとか、実は司法側も閲覧しててファンなんじゃないかと。

2012-08-24

動画共有サイトって一向になくならないけど何故だろう?

日本所在の個人運営ならともかく、FC2など本籍アメリカ治外法権場所に置かれると対応できないからです。

そのため動画共有サイト違法と叫ばれながら違法の中の合法という曖昧立場になっているのです。

少なくともFC2動画系列ひまわり動画SayMove!がこれまで検挙されていません。

個人で逮捕書類送検されている事例は多くが日本の別の動画共有サイト違法アップロードたからです。

殆どは元サーバープロバイダへの通報による発覚であって動画共有サイト自体の責任でなく個人責任です。

個人が潰れても動画共有サイトが潰れないので(この手のサイトが)一向になくなる気配がない、ということです。

今度ダウンロード違法化の過程アップロード者への罰則も強化されるそうですが、恐らくとかげの尻尾切りで終わるでしょう。

2012-06-21

ダウンロード厳罰化したら損失を被る個人や業界

ニコ動つべ等の動画共有サイトFC2など企業単位やらかしてる所はもれなく終了。中華サイトB9や韓国パンドラ等も終了。

それに関連してフリーソフト含むダウンロードツールを配布してるサイトsharetorrent、それらでアフィってるサイトも当然終了。

レンタルビデオ店。ダウンロード幇助で終了。

CD-R/DVD-R/BD-Rや専用ハードを作ってるソニーパナソニックなどの業界、開発・販売してる電機、家電電子(工)などが多大な損失を被る。

しかしたらこれで景気が回復するかもしれないね、可能性はゼロだと思うけど。

これで音楽CDがバカ売れするといいね!

2011-09-29

日本海外Warezについて

動画共有サイトにおけるアニメをアップロードする際の「慣習・しきたり」にワロタwwwwww:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)

これを見て書きたくなったので。

日本以外のWarez

多くの場合、複数人で構成される「チーム」単位音楽映画アプリケーションゲームなどをクラックアップロードされている。

それほど専門的な知識を必要としない音楽映画アップロードを行う「チーム」は星の数ほどある一方で、リバースエンジニアリングなどの知識が必要になるアプリケーションゲームアップロードする「チーム」はそれほど多くはない。

「チーム」は、Topsiteと呼ばれるごく限られた人しかアクセスできないFTPサーバーWarezアップロードする。

Warezを扱うFTPサーバーは、アップロード量:ダウンロード可能量=1:1とか1:2とかいう制限があるのが常なので、それらTopsiteにアクセスできる人(キャリア)は「チーム」が直接アップロードしていない別のFTPサーバーに広めようとする。キャリア間の争いは熾烈で、ダウンロードからサーバーへのアップロード自動化したり、協定を結んでキャリアチームを作ったりする人もいる。

Torrentに関してもFTPと同様であり、torrentファイルストック検索可能にするトラッカーサイトにもダウンロード量に制限がある会員制のものがあるため、キャリアたちはそちらにもWarezを広めようとする。

「チーム」がリリースしたWarezがググって出てくるようなrapidshareとかオープンなトラッカーに出回るのはもっと後だ。

このように多層化されているため、「チーム」自体が摘発されることはそれほど多くない。

ちなみに「チーム」がFTPサーバーアップロードする際のファイル名や中身などについては厳格な決まりがあり、その一部はここで見ることができる。

Standard (warez) - Wikipedia, the free encyclopedia

日本Warez

日本場合は他の国と大分事情が異なり、「チーム」がリリースするという文化はほぼ無い。個人がめいめいにアップロードクラックを行っている。

とは言っても全くのバラバラというわけではなく、クラックアップロードに利用される掲示板は数カ所に固定されている。

海外のように多層化されているわけではなく、一次放流者が直接オープンP2Pとかにアップロードするのでちょくちょく逮捕されている。

P2Pが登場する以前までは、会員制の掲示板Web割れ)やFTPサーバーでのやりとりが主流だった。

当時の様子については以下の記事が非常に秀逸なので読んでほしい。

今日から僕のwarez人生について書いてみようと思うよ。 part1:アルファルファモザイクだった

Web割れはP2Pが登場してから長らく下火だったが、プロバイダP2P規制の普及やrapidshareなどの大容量ストレージサービスの登場によりここ数年でP2Pを凌ぐほどに盛り返している。今回逮捕された動画共有サイトの隆盛もこの流れに位置づけられるんじゃないかな。

参考

Category:Warez - Wikipedia, the free encyclopedia

Warez - Wikipedia

2011-06-24

あるネット上の炎上の話。

どうしてこの憎しみを晴らすことができようか。(否、晴らすことはできない)

動画共有サイトyoutubeアップロードされた「いじめ動画」は2chネラーの心に火をつけた。

すぐさま、特定、晒し、中傷、電凸が行われ、まさしくいじめ加害者達は大衆による私刑を受けようとしている。

僕自身、いじめ動画を見て憎しみを覚えた。

この話を書くにあたってもこの憎しみが原動力になっていることは否めないが僕達自身は冷静にならないといけない。

僕達が人格人間であり尊厳を持ち、また、他者の人格を尊重するなら、つまり人間であるなら、

そう簡単に、その憎しみを個人的には晴らすべきでない。

まず彼ら(被害者加害者も両方)を傷つけることを避けることは一番の至上命題にしなければいけない。

少なくとも、被害者をないがしろにする正義は君だけの正義にすぎず、被害者からしたらむしろ迷惑だ。

加害者を傷つけることを避けることはもはや不可能だが、それでも注意を払わなければいけない。

人間であるかぎり、例え殺人者であろうと人格を尊重すべきなのだ。

そして未だ彼らは子供であり、未発達であり、更生の余地があることを考えると余計慎重にならなければいけない。

私たちは、相手が不正義すなわち悪ならば、何をしてもいいわけではない。

冷静に対応するということは、冷酷に残酷対応するということではない。

フェアに、彼らがどういうミスを犯してしまいどう償うべきなのか、そして被害者はどう対応してもらいどう保護されるべきなのか、

それを議論し考え、僕らの立場からは集団的圧力、非難として諭すのである


いじめた奴を徹底的に潰せ」。ただ単にこう暴言を吐くだけではいじめはなくならない。

あなたが通った学校でもいじめはあったでしょう?私が通っていた学校でもいじめはありました。

いじめを防ぐために学校はどういう対処をすべきなのか?一切の揉め事をもみ消すべきなのか?喧嘩は許すべきなのか?いじめをどう定義するのか?社会に出て生じるいじめとどう折り合いをつけるべきなのか?

私たちがより良い社会を作るために、それぞれの価値観を持ち寄りどうすればよくなるのかを議論し改善することができるはずだ。



もちろん非難も大切な行動の一つだ。

社会的制裁は悪というものを全人類に知らしめ、今後同様の悪をすれば実態を伴うリスクがあることを示唆する。

しかし、非難一辺倒は、単なる集団の暴走に終わり、彼らの生活基盤を破壊するだけに終わる。

感情は行動の原動力となり、巨大な圧力となる。圧力は他者の行動を変え、未来はより良い社会に向かうかもしれない。

暴言を吐き嫌がらせをし違法動画拡散し、子供を中傷する人間は、いじめ加害者となんら変わらない。

むしろ、そういう陰湿ないじめをする人間いるからこそ日本学校職場いじめがなくならないのかもしれない。

目には目を、では世界盲目になるだけだ。

弱い者ほど相手を許すことができない

許すということは、強さの証だ

そして、加害者にはもう一度チャンスを与えるべきだ。

もし、今までの罪をあらため今後同様の罪を犯さないならばのうのうと無かった事のように生活をする権利を与えるべきなのだ。

いじめは悪である。非難されてしかるべきものである

加害者を最終的に許し、のうのうと暮らさせることはいじめを許すことにはならない。

我々が悪意と誹謗中傷だけに終始すればするほど、彼らは私たちを脅威とはみなすが、話は聞かなくなるだろう。

結局は問題はうやむやにされ、再発防止策は甘く、「いじめ」をこの学校だけの問題に終わらせ、被害者は報われず、そんなことにさえなりかねない。

この動画はいじめ動画じゃないという人が居るかもしれない。

本当の所はいじめられた本人にしかからない。

彼が嫌だと思っていたとしたらいじめだし、まったくもってそうじゃないならいじめではないかもしれない。

しかし、現状、彼から本当の事を聞くことは不可能だ。

学校からの圧力もあるだろうし、世間体もある。

だいたい、いじめと悪ふざけの境界線なんてないのだ。

最初は悪ふざけで相手も嫌がってなかったものでも、簡単にエスカレートいじめになる。

被害者は内心いやでも友達付き合いもあるし言い出すことが出来ない。

ただ僕は、このじゃれあいの不公平性と、彼の表情から実質的いじめであろうと判断したにすぎない。

でも、僕自身もいじめをしたことはある。

彼は僕のことをどう思っているかしらないが、僕自身は親友だと思っていたし、幼なじみだった。

そんな彼に対し、僕は毎日登校時に、彼の後ろに周り、靴のかかとを踏むのだ。

今思えば、あれはいじめだったと思う。本当の親友であれば、そんな悪ふざけなんてしないはずだ。

僕は彼をおもちゃとして遊び、人格を踏みにじったのだから僕自身も反省しなければいけない。

往々にして、多くの人はいじめに関わっている。

明らかな差別いじめ暴力をする人もいるし、同調圧力に負けて結果的にいじめに加担する人もいる。

いじめが悪いことだと知っていることを、それを止めることが出来るかは別問題だ。

塾でそれなりに中の良かったA君とB君は、エアガンの貸し借りで揉め、A君はB君をいじめるようになった。

受験を控えたある夜、極めつけにA君はB君の腹をおもいっきり蹴り、それ以来B君は塾に来なくなった。

B君は最後最後蹴られるまで笑っていた。B君にとってA君は友達以上の友達だったはずだ。

その後、A君自身も、B君をいじめて塾を辞めさせたというレッテル事実)を貼られ、クラス全体から、「無視」、「関わらないようにしよう」「陰口」という新たないじめに会うことになる。

僕は終始、傍観者だったし、受験前だったから極力関わらないようにしていた。つまりはいじめに加担したということだ。

その1年後。僕はいじめられていたB君と電車の中であった。

その時はいじめがあったこともB君の名前すら忘れていて別の友人の名前を出してしまった。

「よぉ、ひさしぶりやな尾崎

「あ、、、あれ、、、もしかしてC君!!!!」

「誰やねん。」

「あれ?C君だろ!?」

「違うわwwBだよ」

「あ!!Bかwwww塾で一緒だった。」

「Cって誰だよwww」

みたいな会話だった気がする。

ちなみに、B君の実名はもう忘れた。

いまの僕はどちらかというといじめられる側にいるが、運良くいじめられずには済んでいる。

いまなら、相手をおもちゃとしてではなく、一人の人格として尊重することもできると思っている。

でもいじめを止める自信はやっぱり無いなぁ、、、。

からさぁ、俺達はもっと違う対応のしかたが出来ると思うんだ。

なんていう話はいじめられたことの無い人間幻想かもしれないね

2010-12-28

そろそろ2001―2010年の日本アニメシーンを総括しようか

 2010年も終わりに近づいてきている。誰もやってないようなので、過去10年のアニメシーンの歴史を総括的にまとめてみた。

まずは、日常系」「萌え系」の定着・発展が00年代においては欠かせない潮流だった。それは90年代にもないことはなかったが、2002年の「あずまんが大王」のヒットでその流れが決定的となった。

それと共鳴するかのように進行したのがアニメにおける男の排除だった。「マリア様がみてる」(2004年)、「けいおん!」(2009年)など。「学園モノ」、「日常生活ときたら、登場人物は「女だけ」というのが一つの定番になったのが00年代だった。

一方で、宇宙とか、巨大メカといったSF的要素は衰退した。これは俺が以前にも書いた(例えば、http://anond.hatelabo.jp/20100923234530http://anond.hatelabo.jp/20100925223605)。90年代末期に限っても「無限のリヴァイアス」(1999年)とか、「カウボーイビバップ」(1998年)とか、このジャンルで話題になった新作アニメは多かった。しか00年代はこのジャンルでの新作アニメのヒットは数少なく、「ガンダム」とか「マクロス」の続編とか、ほとんど定番モノの続編ばかり出るJRPG業界のような状況になっている。

から未来人も、宇宙人も、超能力者もいない、あるのは淡々と続く日常だけ」(本当はいるのだが)という世界を描いた、涼宮ハルヒの憂鬱」(2006年)の爆発的ヒットは象徴的というか、ほとんど時代の要請だったと言えるかもしれない。

90年代後半から2000年代初頭にかけて定着したのが「深夜時間帯のアニメだった。深夜時間帯ということと、ターゲットマニア向けに特定されているということでこ、これまではありあえなかったジャンルからテレビアニメ化がされるようになった。それが、「AIR」(2005年)、「君が望む永遠」(2003年)、「ひぐらしのなく頃に」(2006年)などエロゲー同人ゲー発のアニメである

萌え系の定着と並んで、00年代のもうひとつの巨大な変化は、インターネットで見る」習慣の定着だった。動画共有サイトYouTubeの台頭は、これまで数十年続いてきた日本人アニメ視聴のスタイルを抜本的に変えてしまった。「らき☆すた」(2007年)も、ニコニコ動画に“違法に”アップロードされなければこれほどまでにヒットしなかったのかもしれない。「らき☆すた」本編にも、ニコニコ動画での反応を取り入れたかのような演出が入ることもあった。

インターネット視聴の定着は、ネットで話題になったアニメはワンクリックで見れるという手軽さからオタクライトを促進させた。その一方で違法動画流出が横行し、1990年代まで隆盛を誇っていたOVAというジャンルを衰退させる一因となった。

自分なりの整理としてはこんな感じ(キッズ向けは専門外なのでご指摘を仰ぎたい)。

2011年以降は、さて私たちにどんな変化を見せてくれるか。

http://twitter.com/#!/zaway

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん