「努力・友情・勝利」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 努力・友情・勝利とは

2018-10-18

ドラゴンボールの一件で思い出したんだけど、

俺は子供の頃からジャンプ漫画がほんと無理で、

ほとんどまったく読まずに生きてきたんだよね。


何が嫌って「努力・友情・勝利」が嫌いだから

そもそもジャンプ文法が肌に合わなかったんだけど、

同じくらい苦手な理由があって、

ほら、20年くらい前のジャンプって小学生の間では

いじめっ子が読む漫画」って印象なかった?


クラスの中でも粗暴で声と体格の大きい

いじめっ子が好き好んで読んでる印象が強すぎて、

ジャンプは悪い奴、嫌な奴が読む漫画なんだって思ってた。


で、そんな「いじめっ子」にとっての「努力・友情・勝利」って、

友情は「いじめる側の仲間たち」だし、

勝利は「喧嘩で勝つこと」だし、

努力は「喧嘩に負けないように強くなること」

になるわけじゃないですか。


そもそもジャンプ漫画って結局は暴力が強い方が勝つ、

そこに友情努力というエッセンスが乗ればいい話に見える。

ってギミックだと当時は感じていたわけですよ。


要するに、ひ弱で友達も少ない陰キャな俺にしてみれば、

完全に敵が読むものって印象がめちゃくちゃ強かった。


それから年を重ねてもその印象は抜けなくて、

どうしてもジャンプ漫画が好きになれないし、

読もうとも思えなかったんですよね。


ただ、そんな中で数少ない読んだ作品

ヒカルの碁』と『デスノート』だったんだけど、

ぶっちゃけあの2つって、陰キャのための漫画じゃん?


明らかにいじめっ子

暴力で成り上がってきた人間に対するアンチテーゼ

奴らが暴力を鍛えていた間に、

俺ら陰キャが静かに磨いてきた知能での

反逆、仕返し、ぶち壊しだったわけで。


からこそ、リア充のように振る舞いつつも

本質が明らかにぼっち陰キャ夜神月共感するし憧れるわけじゃん。


てなわけで俺は基本的ジャンプ漫画が好きじゃないし、

オタクってみんなジャンプのこと嫌いだと思ってたわけ。


が、昨日の騒動を見て、オタクがみんなしてドラゴンボールを褒め称えてて、

あれ?お前らオタクなのにジャンプを支持するの??

それが普通なの??明らかに暴力の塊じゃん。

俺らを迫害してた暴力のものじゃん???


てな感じで混乱したわけ。


以上。

2018-04-19

ウマ娘ってライブする必要あるの?

そりゃ自分のような萌豚的な思考を言えば「ある!俺たちのために!」ではあるが、ウマ娘やあちらの世界のお客さんや競馬場自体ライブメリットっていうのが見つからない。

例えばウマ娘が全員トウカイテイオーみたいにライブするのが大好き!ライブが生きがい!ライブなしじゃだめ!っていうのならわかるんだけど、主人公スペシャルウィークをみるのに最初のウイニングライブで戸惑ったりして、ウマ娘全員が共通意識としてライブ重要視しているようには思えない。

では、競馬をしているお客さんだ。いや、もしかしたら彼らは世界陸上を見るような感じで競馬(賭け事)をやっているわけじゃないのかもしれないが、まずステージに登るのが不定ライブってどうなんだ?と思う。いや、もちろん、「ウマ娘なら全員好きだぜ」みたいな人が居たとしてもおかしくはない。おかしくはないが、声が大きいのはどちらかというと現実世界でも「ライブ出演回数が○回だけですよ!」とイキリ立てる厄介なオタクのほうだ。そういうのは声に出さないだけで「推し」の出番が少ないと不満に思う人は多い。最大で18人、その中から3人しか出られないライブって明らかにギャンブルすぎる。もしかしたらあちらの世界ではどの子が出るかわからないライブチケットを買って、その3人を願うのがギャンブルなのかもしれない。でも、それなら普通アイドルコンサートいくし、アイドル売りしたいならユニット組ませて定期的にそのユニットライブしたほうがいいに決まってる。

なぜなら出演者競技できまるライブ競馬場、つまり会場にとってデメリットしかいからだ。最大で3/18のライブのためスペースを割かなければならない。例えば、順位が決まってからグッズを売り出す形式にしたとする。当然、その前日、かなり遅くてもレース開始までには18人分のグッズ在庫を抱えなければならない。そしてその3人以外は完全に売れ残る。競馬場にとってはデメリットしかない。また、もしレース開始直前で全員分売るとしても、基本的に一番人気のウマ娘のグッズしか売れないだろう。かといって競馬面白さはその不確定さだ。実際アニメでも、初出場のスペシャルウィークが大逆転を果たしてウイニングライブを勝ち取る。そのため、基本的一定数は仕入れて置かなければならない。18人分をだ。

ウマ娘自体にも、客にも、競馬場にもまったくメリットがあるとは思えないウイニングライブ

メリットがあるのはメタ的な視点をもってサイゲームと、歌手デビューを狙っている声優か。

アニメをせっかくやってるんだからもっと気を使ってウイニングライブをやるメリットを伝えてもらいたい。

 

(追記) 5/14

なんで今頃ブコメが集まってるのかわからないんだけど、一部「パフォーマンスがないと新規が釣れない」や「華がない」的なニュアンス意見をみるけども、それは違うんじゃないかと思います

事実、(昨晩の放送をまだみていませんが)今の段階でライブを重点してるような話になっていない。

新規を釣るためならもっとアニメバンバンライブ映像差し込むと思うし、ゲームとして華が必要というのならばプリコネみたいにフォーカスを当てたシナリオを用意してくれる方が1000倍ぐらい嬉しい。(もっというと、艦これよろしく史実に沿ったセリフを充実させてくれる嬉しいし、勉強になる。なんとなく、ハルウララは弱いけど弱いゆえに人気、ディープインパクト馬鹿みたいに強い。馬だけに!wって程度の知識しかないのを広めてくれるし。)

完全にウイニングライブが浮いているというのが5/14、昨晩の放送はまだみていない自分意見です。

 

やっぱり「競馬ってだけじゃパンチが弱いかアイドル要素を盛り込んだ・ゴリ推した」というサイゲの意図がスケスケなのでそれが木村唯人の顔と一緒に頭に浮かんでしまう。

「華がない」というのもそうじゃないとおもう。なぜならガルパンゆるキャン△などの「美少女+何か」というのはそれだけで要素が大分強い。艦これけもフレなどの擬人化コンテンツにおいても(艦これで言えば那珂ちゃんけもフレで言えばペパプなどのアイドルキャラはいるけれども)ステージが無ければパンチが弱いなんてこともない。

現在ウマ娘みていてもライブがないからクソ・面白くないなんてまず思っていない。ライブを見せろとも思わない。もっとスポ根アニメよろしく努力・友情・勝利を見ていたい。と自分は思ってる。ライブみてーって人がいたらごめんさい。

気持ち悪い表現申し訳ないが「スペちゃんは今の状態で既に尊い」。その尊いスペちゃんが歌を歌ってくれるのは尊さの臨界点を越えてマックスエボリューションであるが、ここに前提として「ウマ娘はウイニングライブをする=全員歌う」となると何故か尊さの許容範囲が上がって歌ぐらいだとマックスエボリューションにならない。なにをいってるかわからないと思うので、簡潔に言うと「女の子オタク(もしくは自分)はサプライズが好き」という事である申し訳ありません、こんなこといっていますが拙者はオタクではござらんのでコポォ

2018-01-30

anond:20180129175200

減ったというか変わったんじゃないか

努力・友情・勝利

癒やし・友情愛情バブみ・尊み みたいに

 

意外と熱さは残ってたりするんだよね

分かりやすい悪役とか、それに打ち勝つかっこよさみたいなのが減ってるな

消費者高齢化

2016-08-06

ゲイアウティング事件について語る

自分LGBTのいずれかであるが、カミングアウトすることには相当な勇気必要なのは理解出来る。

NHKだったり先進的なメディアではLGBTは異常でなく個性であり、分け隔てなく扱うべきというスタンスが目立つ。

それだけを見ているとまるでマイノリティに優しい世界のように見えるが、現実はそこまで進んでいない。

平等に見えるのは企業でもそこそこいいところだけであって、コンプライアンスが昨日していないような会社では平気で差別がある。

 

ましてや学生コミュニティでは(一部大人コミュニティでも)「弱い奴が悪い」という価値観リア充の中に蔓延しており、

もちろん、頭のいい人間が集まる場合部分的に慈悲や思いやりを見せる場合もあるが、それは偏屈コミュニティの中でのパフォーマンスに過ぎず、

本気でそういう人間と関わるのは面倒だから当たり障りのない対応をするというのが基本であり、

関わるほどにマイノリティマジョリティの溝のようなものはまだまだ埋められないと感じるだろう。

だってキモイじゃん」というのが正当な理由として扱われているのが現状なのだ

 

漫画なり動画なりアニメであっても、同性愛者やトランスジェンダーネタキャラキワモノとしての扱いであり、

受け入れられるのはそれをネタにして道化を演じることができるモノのみである

努力・友情・勝利には不要なのか、決してそういうサブキャラクターの辛さについて語られることはない。

自分自分であることの苦痛だったり、正体を隠して生きなければ人狼のごとく批判対象になってしまうという、

まるで亜人のような、B級人間であるかのような感覚普通の人は理解できない。

 

髪や肌の色が違うこと(もちろんそれによって苦しむ人もいるだろうが)とは違い、そうであるが故に尊厳を踏みにじっていい対象になってしまうことの屈辱と辛さは、目の見えない人に視覚を伝えるようなものなのだ

この部分は個人の感受性に大きく影響を受けるため、当人がどの程度それに苦痛を感じるかには個人差がある。

そのため、その苦痛が大きい人ほど、アウティングによるダメージは蓄積していくだろう。

 

彼が弱かったから悪いという意見があるが、それは存在のもの否定するのに等しい。

受け入れられない人間は受け入れられないのだ。

物理的なアレルギーがあるように、心理的アレルギー理解しなくてはいけない。

学生のノリで劣っている人間嘲笑対象にし、優越感を得たいという心理理解出来る。

しかし、それを咎めることができないこの世の中では、こうして裁判になり、世の中に取り上げられ、

人を貶めてはいけないという事実を全員で再認識する必要があるだろう。

 

一部の人間は裁判までするなんてと、裁判をすること自体がおこがましいという意見もある。

それは彼らがゲイ差別しているからだろう。

社会に受け入れてやっているのに裁判までして、たて突くのかと彼らは感じているのだ。

性同一性障害当事者裁判を起こした時の反応もそれに基づくだろう。

結局、彼らはいつまでも弱者のままで、会社に運良く入れてもそういう事情文句が言えない環境にあることが多い。

そういう不遇や不平等を解消するためにも裁判という手段があることを知ることが、弱者にとっての唯一の武器になるのだ。

 

結局、まだまだこの世の中は弱者を叩き、不条理なことをし、不正を働いたとしても、

それを咎めることで自分に悪影響が及ばなければいいやと考える人間で溢れかえる限り変化はないだろう。

そういう見過ごす者たちが責任を取らされる立場にならない限り、何も変わらないのだ。

きっと、普通人間はそのリスクコストから逃げたいばかりで、本当の意味でみんなが過ごしやす社会なんてものは求めていないのだ。

2014-07-03

http://anond.hatelabo.jp/20140703023626

別のトラバにつけた返答が、このトラバへの返答になるので貼っておく。

http://anond.hatelabo.jp/20140703025201


以下は、返答としての不足分を補う文章となる。

そもそも、これは読み物ではない。

自分自身が後で何度も読み返すことになるので、読むのが楽だから読み物の体裁で書きはするが、だからと言って大勢の読者を想定して、例えば努力・友情・勝利三本柱に据えて書いたりはしない。

ついたトラバの相手の文章次第でつけるトラバは変わるので、どういう文体も取り得る可能性がある。

匿名下においてまで偽善者ごっこをする気はないし、また、いい加減に食傷したものについては沈黙せず「食傷した」と素直に言うだけの話である

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん